-天気予報コム-

Flag counter

日記・コラム・つぶやき

新しい季節。新しい生活。

 blogの方では書いてませんでしたが、1年程のニート生活(厳密には定義から外れる年齢だったし、no-educatedでもなければ、no-entrainedでもないんですけどね)を今月から卒業して働いてます。
 実家を出て、兵庫県南西部の某市で一人暮らししてます。仕事場は揖保の糸で有名な某市の某工場です。某ばっかりですな。まー、誰が読んでるか分からんので、むにゃむにゃとボカしてます。

 ともあれ、日本国内で住民票を異動させるのは初めてです(海外に抜いたのは2度ありますが)。いろいろ生活を定常状態にするにはまだ時間とお金が掛かりますが、毎日が新たな発見で生活を楽しんでます。とりあえず、スマホのUSBテザリングでインターネットに繋いでますが、早く光回線が開通すると良いなぁと思ってる今日この頃です。

2011年12月版セブ(フィリピン)語学留学に持ってくると良い物リストその1

 はい、既にセブ英語留学から帰国して半月も経っていますが、色々調べた情報をまだblogにアップしてません。期待させた関係者の皆様、スミマセン。ってことで、とりあえずは持って行くと良い物を挙げてみます。まずは、医薬品と食料です。

<薬類>
○総合感冒薬
○漢方系胃腸薬
 →神経性胃炎用と二日酔いや食べ過ぎ用は別々に買うと便利。
○下痢止め
 →ストッパとかお勧め。ただ、必ずしもピタッと下痢は止まるとは限らないので注意。
○解熱鎮痛剤(イブなどのイブプロフェン系がよい)
 →マラリアの場合に備えてバファリンは避ける(マラリアではアセチルサリチル酸は禁忌)
○部屋にスプレーする虫除け
 →日本でも冬場は売ってる薬局が非常に少ない。ドミでは特に要らないけど、旅行に行くときとかに便利。
○体に噴射する虫除け
 →セブにも売ってるが成分がきつめ。
○ビタミン剤など
 →お酒をよく飲む人はヘパリーゼプラス(錠剤)をネット通販で買うと良いかも(これは日本でも役に立ちます)。
○喉スプレー
→のど飴的な物(Strepsils[ストレプシルズ])は薬局やスーパーで売っているけど、喉スプレーは見たことがない。空気が汚いせいか気候の変化のせいか、鼻や喉をやられることが多いのであると良いと思われる。

※鎮痛解熱剤(バファリンとかイブのようなもの)はセブの薬局でも売っているけど、総合感冒薬(パブロンとかルルとか)が見当たらないんで、これは是非推奨。


<食べ物>
○ご飯用ふりかけ
○インスタント食品
 →かさばるので程々に。ラーメンは日本の物の方が遥かにローカルのインスタント麺より美味しい。
○粉末のお茶
 →緑茶や烏龍茶の粉末をウオーターサーバーの水に溶かしてペットボトルで持ち歩くと良いかも。

※高いけど大抵の調味料やインスタント食品は大きなスーパー(SMやアヤラモール)に置いてる。キッコーマン醤油、味噌、日本の会社のインスタント麺なども売っている。なので、別に無理して持って行かなくても良いかも。

この木なんの木気になる木

父が拾ってきた木の枝が一体何なのか家族で調べる大会になりました。

この木なんの木気になる木


今回はgoogle先生に頼らず『野山の樹木』という本で私が見つけました。

恐らく『サンゴジュ』でしょう。
この木の根本に先日のエントリに書いたナラタケが生えていたから、気になったとのことだそうです。

この木なんの木気になる木

無事帰国してます

久々の書き込みですがヨーロッパ旅行中は何かとゴタゴタしてて、書き込みが滞ってました。

とりあえず、無事の帰国をご報告しておきます。
…しかし、梅雨明けの大阪は灼熱高湿地獄で何もしてなくて部屋にいるだけで汗が滝のようにでます。エアコンのない私の部屋(父親が今どき珍しいクーラー嫌いで家に1台しかないんですわ、実は)で片付けをちょっぴりするだけでも、汗だくですわ。

とりあえず、今月にでもエアコンを買おうかと画策中です。でなきゃ、旅行の写真整理をする気力も出ませんので。

モンペリエに持ってきて良かったもの、要らなかったもの等々

 ここモンペリエに来てはや6週目。
 海外に出ていつも書いてるような感じで、持ってきて良かったもの、要らなかったものリストでも作っておきます。


<持ってきて良かったもの>
・粉末だしスープの素
→こっちでは見たことないです。出汁を取れば作れるかも知れませんが、費用・重量対効果を考えると、是非持って行くと良いかと思います。後述のそばの出汁、天ぷら、煮物など万能です。単なる昆布だしより使い勝手がよいです。ちなみに私はヒガシマルのを持って行きました。

・粉末昆布スープ
上述の方が使い勝手がよくお勧めですが、これでも薄口醤油と組み合わせると問題なし。

・粉末緑茶&粉末ウーロン茶
→ペットボトルの水に溶かせば簡単に使えます。最近はミネラルウオーターじゃなく、専ら水道水で作ってますけどね。約40gずつ持ってきましたが1ヶ月2週間でまだなくなりません。ビールばっかり飲んでるからかな(笑)。

・マルタイ棒ラーメン
→ラーメンがこちらで売られていても、これは世界最強。豚骨マニアは必携。って、まだ消費してませんが(笑)。

・胃腸薬
→漢方薬系の薬は見かけないんで、日本から持っていくのが得策です。

・ICチップ入りクレジットカード
→金属端子が表に付いているクレジットカードです。最近のは殆どそうだと思いますが、そうでないものもあります。ICチップなしだと、サインが必要だったり使えない場合もあります。

・パソコン
 無線LAN及び有線LAN両方対応が良いです。あまり古いものを持って行くなら、4~5万円で新品を購入した方がよいです。フランス語アクソン記号を入力可能な設定にしておくとベター。詳しくはググるか下記ページの記号表からコピー&ペーストをして下さい。
http://www.geocities.jp/platon_ymg/html/tool-charconv.html
フランスのDVDもみたいなら、DVDドライブ付きor外付けDVDドライブも持ってきましょう。

・iPod Touchやスマートフォン(iPhoneやAndroid)など無線LAN対応の情報端末
 パソコンと違って持ち歩きが楽なので、語学学校でちょっとしたネットへの書込には便利です。あと、旅行時jに地図やホテルの予約書をpdfファイルに変換して持ち歩けるのが便利です。

・地球の歩き方
→ついでに近隣国への旅行を考えているなら、フランス編だけではなくヨーロッパ編、もしくは当該国のを持ってくると良いかと思います。

・コンセント変換アダプタ
日本のA型コンセントをこっちのC/SE型に変換するものです。日本ならダイソーで200円で売ってたかも。但し、フランス以外(イギリスやドイツなど)に行くなら、高くても他のタイプにも変換可能な多機能タイプを買うのが得策かと。

・たこ足アダプタ(日本用)
いくら100-240V対応でもプラグが日本のAタイプのものばかりだとたこ足プラグが必要です。私のお勧めは、1つで3口に増やせるタイプ×2個です。

・USB充電用ACアダプタ&USBケーブル型携帯充電ケーブル
→何かと重宝します。但しACアダプタは安いもの(500~1000mA)でなく出力が2000mAのものをお勧め。その方が同時に充電する際、充電が早いです。

・携帯型無線LANルータ
パソコンに詳しい人じゃないとお勧めしませんが、部屋で有線LANコネクタはあるけど、iPhoneとかはそれじゃ繋げないorzって時に役立ちます。なお、これを持っていく場合は有線LANケーブル2本もお忘れ無く。

・防寒具
→山沿いに行くときには6月でも10℃程度の場所はあります。軽くて風を通さないタイプのものがよいかと。

・スニーカー
→絶対要ります。ってか、海外旅行全般において必須です。サンダルなんてクロックスもどきがとかを後から買えます。おしゃれも良いけど、実用品も必要です。

・電子辞書
お勧めはカシオ。最近のは仏仏辞典もあるので、人に説明する際にも重宝します。近隣諸国に旅行予定があれば、スペイン語・ポルトガル語・イタリア語・ドイツ語などもオプションで追加しておくと万全です。

・Eneloop+充電器
→上述の辞書用に持ってきました。

・ルーズリーフ+バインダー
ノートだと宿題が出た際に、先生にその部分を提出するのに厄介です。ダイソーの100~200枚程度のがお勧め。

・筆記用具
こっちでも売ってますが、日本人には日本で売っている文房具の品質じゃないとやっぱり不満が出ます。

・USBメモリ
電子チケットや地図などを印刷する際、ネットカフェにデータを持って行くのに重宝します。まぁ、Skydriveにファイルを置いて、カフェでダウンロードして印刷でも良いですが、あまりパスワードをネットカフェで入力したくないので私はこうしてます。

・手ぬぐい
→関空のダイソーで買いました普通のタオルは現地で買えるのは分かってましたが、かさばらないものを買っておこうと思ってゲットして正解。汎用性があります。

・ナイロンタオル
→体を洗うのに普通のタオルじゃ垢を落とした気分にならない人にお勧め。ってか、海外行くときは大抵持って行きます。軽石もあると良いかも。

・オロナイン軟膏
→少しの擦り傷にはよいです。深い切り傷の場合はおとなしく私のように病院に行きましょう。

・海外旅行保険
→必須ですね。滞在期間(概ね出国から90日)と支払い方法(当該カードでの旅行代金支払いが条件の場合もある)によってはクレジットカードに付帯しているものでも十分かも。私はカード1枚は自動付帯、もう1枚は旅行代金支払いで付帯だったのでこれでカバーするつもりでした。ってか、怪我したし、トランクのキャスターが1個壊れたし、申請する気満々です。

・デジカメと予備電池と充電器
→解像度や品質を気にしないなら携帯に付属してるものでも十分かも知れません。私の場合はGPS付きだったので、どこでいつ撮ったのか情報を付加出来るので重宝してます。あと耐衝撃性と耐水性もね。ちなみに私のカメラはDMC-FT3です。

・日本の携帯電話(GSM対応)
 いざというときの連絡手段です。auはGSM対応機種が少ないですが。あと、目覚ましにも良いです。メール自動受信は切っておかないとパケ死する可能性があるので要注意。また、海外パケット定額提携事業者がどこかもチェックしておくと良いでしょう。フランスだとauはF Bouyguesです。なお、海外パケット定額の計算単位は一日ですが、日本時間の0~24時が1日の基準となるので要注意です。
 なお、iPhoneだと3GやGSMのデータ通信を切っておかないと、自発的に通信して無くても勝手に通信をして知らぬうちにパケット代が掛かってるという悲惨な状態になる可能性があるので要注意。音声通話と無線LANのみ使用するように設定しましょう。

・腕時計
 こちらでDELF等の試験を受ける場合、テスト中に残り時間を知るには腕時計が必要です。当然ですが、携帯電話はOFFにして鞄に直せと言われますんで。スイス人の友達はそのためだけに安い使い捨て感覚の腕時計を買ってました。
 ま、それ以外だと別になくても問題ないですけど。


<要らなかったもの>
・醤油
→大手スーパーじゃ置いてないところはないです。キッコーマンもあります。Oddyseumのスーパーで何種類か置いていました。

・ごま油
→スーパーで売ってました(全てのスーパーじゃないけど)。勿論ちょっと高いですが、重量を考えるとわざわざ日本から持っていく理由はありません。

・頭痛薬
→アセトアミノフェン(欧州じゃパラセタモルと言われてる)系の薬は安く買えます。但し、1錠がバカでかいですが。

・変圧器
→私の持って行った電子機器は全て100-240V対応だったので、必要なしでした。これ重いから結構負担になるですよね。途上国だと電圧変動が酷くて機器を壊す危険性があるけど、フランスは大丈夫でした。


<持ってこれば良かったなと思ったもの>
・電子書籍化した日本語でのフランス語文法書
→私は全部本の状態で持ってきたのでかさばって難儀してます。最近は吸い出し代行業者に頼んでpdf化するの方法もポピュラーになってるみたいですね。あ、自宅には自炊に必要なスキャナと裁断機は揃ってますけど、その用途で使ったことがありません(笑)。

・扇子
 暑くないから要らないだろうと思ったら大間違い。暑いときは暑いです。1本持って行くと良いでしょう。ホストファミリーの家に滞在なら、お土産に良いかもしれません。が、既に何本も受け取ってる可能性もあるので要注意。


<こっちで買ったもの>
・フランスのプリペイドSIMカード
海外で使えるSIMロックのかかっていない携帯電話を持っているので私はSIMカードとチャージ料だけ支払いました。SIMロックのかかっていない携帯電話を持っていない方は、電話機本体も一緒に買うと良いでしょう。銀行口座を開いて1年単位で長期間滞在するなら(現地銀行口座などが必要らしい)、プリペイドではなくポストペイドの方が良いかも知れませんが、こっちの情報は私も良く分かりません。ただ、昔の日本と同じで長期契約を条件に本体1€とか安く売っているところもあります。

・乾麺
→スーパーで売ってました。あと、そば、うどん、ラーメンなども売ってます。勿論スパゲッティが最安ですが。

・モンペリエの地図
→Fnacや近所のKIOSKみたいなところで売っています。旅行案内所のでも大体事足りますけど、方向音痴産には買うのをお勧めします。

・絵はがき&切手
→旅行する度に知人に送ると良いです。はがきは売っていても切手は売っていないこともあるので、切手だけストックして持っておくのも良いです。

・ソムリエナイフ
→ワインを飲むときに使います。IKEAや2ユーロショップで売ってたと思います。実用品だけどお土産になるかも。

・もやし
→私の好物。コメディ広場のモノプリで売ってます。茹でても炒めても美味しいです。

・ソーセージ
→炒めてマスタードを掛けると最高。

・ビール
→ジュースより安いくらいなので毎日飲んでます。相当な他品種なので、1ヶ月以上毎日違う銘柄を飲めます。

・シュークルートの缶詰
→アルザス地方名産のキャベツとソーセージの煮物です。料理が面倒なときはこれをレンジでチンで安価で簡単に食べられます。続くと飽きるけど。

・目覚まし時計
→2ユーロショップで買いました。電池の方が高く付きそうだったのですが、8本で2ユーロ程度でIKEAで売っていたアルカリ単三乾電池が最安値でした。

・たこ足コンセントタップ(フランス用)
→部屋でコンセントと接続機器が遠い場合に重宝します。IKEAが安かったです。ま、7ユーロ程度でスーパーでも買えるけど。

・ワイン、スパークリングワイン
→びっくりする程安いのに旨いです。色々試してみて下さい。

・Tシャツ
→時期的に思ったより暑かったので、スポーツ用品店で3枚14ユーロ程度で買いました。

・日焼け止め
→普通にこちらの薬局で売っています。SPF50+とかもありました。夏場は日焼け止めなしで長時間出歩くと焼けるので要注意。

・ティッシュペーパー
 18個入りとかが結構安く売ってます。どんとまとめて買っておいても、持ち歩いていると無駄にはなりません。トイレに紙がないときとかってよくありますから……。

・洗濯物入れ用カゴ
 2ユーロショップで買いました。折りたためて便利ですが、専ら脱いだ服を入れておき、洗濯の歳はそのまま洗濯機の所に持って行くようにしてます。

・金属製ハンガー
 2ユーロショップで10本セットを買いました。プラスチック製も売ってましたが、数で勝負と言うことでこっちをチョイス。

・オイスターソース
→料理の幅が広がります。というか、platonの隠し味の定番です。

・粉末ニンニク&粉末バジル
→調味料で料理に変化を出せます。というか、platonの隠し味の定番です。

・タッパー
 料理を作り置きして冷凍しておくのによいです。2ユーロショップでもIKEAでもありました。ちなみに「タッパー」って商標登録らしいですな、ホッチキスと同じで。

 あ、衣類等の季節ものに関しては来る時期によって大きく変わると思いますので要注意。
 ま、思い出したら都度追記します。

さるこじー

 日本で写真を撮るときに笑顔で取れるように言う言葉と言えば、「はい、チーズ」。
 英語圏でも「チーズ」みたいですね。
 で、フランスでは「フロマージュ(チーズのこと)」と思いきや、そう言って写真を撮るのは、フランス語学習の外国人だけのよう。
 じゃ、「何て言ってるの?」とフランス人に聞くと、掲題の通り大統領の名前である「サルコジー」だそうな。

 チーズと同様、唇が横に伸びてるのが写真的によいんでしょうかね。ネタで「カーラ・ブルーニ(サルコジ大統領の奥さんでモデルかつ歌手)」と言ってみたけどあまりウケませんでした。個人的にはフランスの歌手の中では好きなんですけど。

 で、気になったのが一点。「じゃあ、サルコジ氏が大統領になる前は『チーズ』に相当する合図は何だったの?」とフランス人の友達に聞いてみたけど、明確な回答無し。うーん、次に大統領が替わったときに聞いてみるべか。ミッテランとかシャルル・ド・ゴールと言ってたとは思えないけど。

 ちなみにアルジェリアやジブチではそもそも現地人と一緒にほとんど写真を撮らなかったので、そういう疑問は出ませんでした。仕事モードの私はそういう無駄なことは極力排除してましたんで。まー、語学学習や文化理解という観点ではこういう無駄な知識が重要と思いますけど。
 あ、ジブチでは「フロマージュ」って言ってたかも。写真は残っていても、そういう情報は残ってないのが残念なところです。

コメントできない

 昨日から続いて珍しく雨が降りそうで肌寒いです。モンペリエはフランス一晴天時間が長いとか。ちなみに、ここに来てから雨模様は3日だけです。

 さて、本題。
blogの記事作成は出来るのですが、私からのコメントができない状況になってしまいました。
挙動を確認する限り、ココログ側での海外アドレス規制に引っかかっているような気がします。NGワードやブロックIPアドレスにも該当しないはずですが……。

ってことで、しばらく私からのコメントが出来ない可能性が大です。まー、自室以外のIPアドレスだったらコメントできるかも知れませんが試してません。
 ま、そういうことです。

豚の耳に念仏、豚の二足三文

 昨日は土曜で休日。

 遠足に参加せず(あ、今週は土曜じゃなくて、金・日ですが)、来週の試験のために勉強して過ごすつもりが予想通りグダグダした後、夕方になってから買い物に出かけました。ちょっと遠出でトラム2号線に乗り、Rives de Lezで1号線に乗り換え(Gare St-Rocheでも乗り換え可能だけど、ちょっとホームが離れてるのでパス)、そのまま終端駅のオデッセイム(Oddyseum)まで行ってお買い物。IKEAで調理用小物を買ったり(でも日本のような200ml程度の計量カップが見つからず落胆)、デカスロン(フランスの有名なスポーツ用品店)で乗馬用グッズを扱っているのを見てびっくりしたり、7.5mmと分厚いウエットスーツを眺めたりしてました。

 そうそう、来週のモナコ小旅行に向けて、日焼け対策の服を探しました。で、薄手の長袖シャツとストール(男性用もこう呼ぶのか知らんが)を買いました。ユニクロの買い物よりは値が張りましたが(一応carnet de volというブランドらしい。疎いのでググらないと知らなかったが)、まぁ気に入った色と柄の物だったのでよいかな。普段は服に全然お金掛けないし。


 その後、スーパーにて新発見ビールをまた買い込みました。まとまった時間が出来たらblog出ビールを一挙紹介する予定……は未定。で、肉コーナーで安い物(「PROMO」が目印)を探して目に付いたのがこの3点。

・鶏のハツ(X羽分、X≧20)
・豚の耳(1頭分、つまり2つ)
・豚足(1頭分つまり2足4本)

 ハツの調理は全然難しくないので(そのまま炒めただけ)、さっさと調理して晩飯で半分くらい食べました。

 問題は下の2点。食べたことはあっても、未調理の物を手にするなんて初めて。両方で2.5kg程なのに5ユーロもしないので、ついつい買ってしまったのでした。安い物には目がありません。
 とりあえず、帰宅後足を2本茹でました(大きな鍋がないので1足ずつ)。1回目の茹でこぼしは終了。2回の茹で汁はスープ用にします。で、もう1足も同じスープで煮込んでコラーゲンたっぷりなスープを作ってます。
 耳は1cm幅で切って茹でろと書いてあるので、とりあえず包丁で捌きますわ。これも、ついでにコラーゲンたっぷりなスープで煮込むかな。

 とりあえず、アフリカ時代とは違い自由で安価に豚肉を食える生活を満喫して、豚体型にまっしぐらでヤバいです。
 先日クラス写真を撮って、「どうも写りが悪いなぁ」と思っていたら、被写体の顔にお肉が付いてイケてないことに気付いてしまい凹みました。そこそこ毎日歩いてる筈なんだけど、それ以上に飲み食いしてるってことですな。もっと運動か、ビールを減らすか……。

 ともあれ、明日こそはDELF対策勉強を……と思ってますが、恐らく豚足&豚耳と格闘して、豚足ラーメンを食べると思われます。 あ、青ネギを買ってこないとなー。日曜はほとんどのスーパーは朝しか開いてないので早よ起きないとね。

只今、アンナバ

とうとう帰任です。1年4ヶ月という長いようであっという間のアルジェリア生活も今日でひとまずピリオドを打ちます。

が、4:45事務所出発なのに寝たのは3時。更に前の晩は結構飲んでしまいました。
ということで寝坊しました(汗)。
が、同じ部署の方が見送りに起きて下さっていたので、叩き起こしてもらい車には間に合いました。起こして貰ったのにお礼もろくに言えずだったのが心残りです。

今は二日酔いで睡眠不足と最悪のコンディションですが、最初の空港で無事チェックインして搭乗を待っているところです。

2010/12/03今日の買い物

今日の買い物の収穫物はこんな感じ。

タコ 3杯1kg 150DA
→とうとう発見。しかも安い!もっと買えば良かったなぁ。
ハンバーグ 125DA×2
→いつものお気に入りの店で購入。
キャベツ小1玉、白ネギ、赤玉ネギ合計100DA
レモン7個 35DA
大根小2本
人参1本
瓶詰めモヤシ 180DA×2
チュニジア産スパゲッティ 50DA
袋入りスナック菓子(小)6個 計70DA

コカコーラZERO 1L 60DA
コカコーラLight 1L 60DA
→どっちがカロリーが少ないでしょう? 答えは後ほど別のエントリにて。


ビール AMSTERDAM(11.6%) 500ml缶 150DA×4
ビール Beaufort(8.9%) 500ml缶 150DA×4
→久々に街で高アルコールビールを買った。

スモークチーズ2本
袋入りスナック菓子(大) 250DA×3
缶詰入り七面鳥のソーセージ×2

コンセントタップ 100DA×2
メガネ口電源ケーブル 50DA×2
ジャンプ傘 250DA
→買ってすぐに雨がやんだので無駄になった。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30