-天気予報コム-

Flag counter

学問・資格

Ubuntu 10.4 Server上でCaptureStream Ruby版を使ってNHK語学講座をダウンロード

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/09/pcubuntu-104-se.html
http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=69691288&blog_id=27561

 今回はイマイチ処理能力のないタッチパネルPCにインストールしたUbuntu 10.4 Serverを如何に活用するかと考えた結果、CaptureStream というNHKの語学講座をダウンロードするソフトを実行できそうだと分かりました。

そして、CaptureStream Ruby版を使ってCentOS 5.5上でNHK語学講座をダウンロードするを参考にして、用途が決まっていなかったUbuntu Serverにて語学講座のダウンロードを行おうとしてみました。

 CaptureStreamのUbunti版もあるのですが、こちらはGUIなのでGnomeはおろかXも動いていないサーバ機では動作しないので、軽量なruby版を使用する事にしました。また、ウチのサーバは32bit版なのでflvstreamerはここにあるUbuntu用に配布している最新版(2011/09/20時点ではhttp://ftp.twaren.net/Unix/NonGNU/flvstreamer/linux/flvstreamer_ubuntu-jackalope-x86-32bit_latest)をダウンロードしました。で、ファイル名をflvstreamerにリネーム。そして、CaptureStream.rbと同じディレクトリに置きました。

 そうそう、rubyも当然ながら必要ですので、以下のコマンドでインストール済か確認して下さい。rubyが入っていないと当然動作しません。

$sudo apt-cache search ruby|more

 なお、この際flvstreamerの実行パスが通っている必要があるんで、flvstreamerを置いたパスを~/.bashrcの最後あたりに追記して下さい。 なお今回にはあまり関係ないですが、Ubuntu 10.4 Serverではカレントディレクトリにパスが通っていなかったのでカレントディレクトリにもパスを通しました。

PATH="./:~/nhk_radio:$PATH"

 で、あとは参考にしたサイトと同じ設定で無事動作しました。手作業で毎週ダウンロードだと忘れるので、cronを使って自動実行設定もしておきます。
ウチの環境だとホームディレクトリ配下にnhk_radioディレクトリを作成してCaptureStream.rbとflvstreamerの両方を置いているのでこんな感じにしました。

<2011/10/13修正>
下記コマンド設定ではcron実行時にflvstreamerを置いている場所「~/nhk_radio/」にパスが通っておらず、正しく実行されないので修正しました。ついでに実行ログも出すことにしました。


$ crontab -l
# m h dom mon dow command
0 11 * * 1 PATH="~/nhk_radio;$PATH" |ruby ~/nhk_radio/CaptureStream.rb >> ~/nhk_radio/Capture.log 2>&1

<2011/11/28追記>
更に修正しました。さて、これで来週はうまく行くでしょうか?

$ crontab -l
SHELL=/bin/sh
PATH="~/nhk_radio;/usr/bin;$PATH"
# m h dom mon dow command
0 11 * * 1 ~/nhk_radio/get_stream.sh
$
$cat ~/nhk_radio/get_stream.sh
#!/bin/sh
PATH="~/nhk_radio;/usr/bin;$PATH"
export PATH
date >> ~/nhk_radio/Capture.log 2>&1
/usr/bin/ruby ~/nhk_radio/CaptureStream.rb >> ~/nhk_radio/Capture.log 2>&1

NHKの語学ラジオ番組に興味を持った

 フランス語の勉強を始めてすでに7年目ですが、未だに仏検2級にさえ合格できず今秋は6回目(のはず)の仏検受験をする予定です。もっと熟語と動詞の語彙量と活用を完璧に叩き込むのが課題だというのは分かっていますが。


 ま、それはさておき本題へ。

今まで私はフランス語をどのように勉強してきたかというと、こんな感じ。

1.NHKのTV語学番組を見る
2.大阪日仏学館(アリアンス・フランセーズ)で受講
3.青年海外協力隊の語学訓練
4.ジブチで青年海外協力隊員として活動
5.アルジェリアでの仕事にて使用
6.モンペリエで語学留学で勉強


 とまぁ、こんな感じです。
 で、NHKの語学番組と言えばラジオがあるのを思い出し、Webサイトを見に行きました。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/french/kouza/
おー、過去1週間のバックナンバーをインターネット経由で聞けるのを初めて知りました、良い時代になったねぇ。


 加えて、これをダウンロードしてオフラインで聞く方法があるのも知りました。便利なソフトですな。
http://sourceforge.jp/projects/capturestream/releases/

 ということで、お金を掛けずにフランス語を勉強する方法を紹介してみました。ま、ホントはテキストを購入した方がより効果的なんでしょうけどね。ま、私は耳を慣らすのが目的なんで流しっぱなしで良いんですけど。

これも資格マニアのサガ、か…

 就活なうです。
 まとまった時間があるので、さらに資格も色々取ろうと本を買い込んでます。取りたい資格は沢山、でも勉強は大変ですわ。

 今年5月に受けられなかったフランス語の資格DELF B1。秋にリベンジをしたいところですが、いくら頑張っても日本では不可能なことが発覚しました。というのも、より重要な資格である情報処理技術者資格である「ネットワークスペシャリスト」の試験日とブッキングしているのでした。これはちと悔しいです。DELFを受験するためだけにフランスに行くことも可能ですが、まぁそんな暇があったらさっさと就職するのが賢明でしょうな。


 DELFはまぁ仏検2級で代替が概ね効きますけど、ネットワークスペシャリストはASAPに合格したい資格です。今のところ、ネットワークエンジニアを目指しているので、この資格(とその知識)は非常に重要な意味を持つ訳です。加えて、将来的に欲しい『職業訓練指導員資格』を取得する際の受験資格のうちの1つだからです。IT系の学科を卒業していない私にとっては、他のルートに比べると受験資格を得るのに最短のルートの筈です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%B7%E6%A5%AD%E8%A8%93%E7%B7%B4%E6%8C%87%E5%B0%8E%E5%93%A1_%28%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%87%A6%E7%90%86%E7%A7%91%29

 ま、そんな感じでCCNAとネットワークスペシャリスト取得を目標にしつつ、日々過ごしてます。

pdf化した電子書籍のリーダに何を買うか迷い中なう

先日業者に自炊(自前で本を裁断してスキャナに読み込み吸い(炊)だし、pdf等の電子書籍にする)依頼したpdf化したデータのベリファイしてます。まぁ、多少ページの面積サイズがおかしな所があるけどまぁ許容範囲。
あ、私も富士通PFUの両面ADF A4スキャナScansnap F510と背表紙を切断する事務器具を持ってますが、業者に頼んだ方が人件費が安いことに気付き自分でまだ自炊したことないです。

 で、困ってるのが、電子書籍リーダ端末として何を購入するか。読む予定は主にフランス語の参考書と問題集。3000~4000円以上のIT系の書籍はびびりなので怖くて取り込んでません。ま、10年後には電子書籍がもっと一般化するでしょうけどね。場所も取らないし、何冊も1kg以下で持ち歩けるし。

 家にいるときは1680x1080な液晶モニタで2ページ表示で問題なさげだけど、持ち運びにどうするか迷いつつ、希望と候補を挙げます。


★希望
・持ち歩くのでそれなりに電池が持つこと。2~3時間は却下。最低7時間以上。
・無線LANも対応希望。たまにはFlash対応でWebサーフィンもしたいので。
・Android Store位は対応して欲しい。
・解像度は1280x800 or 1280x768以上を希望・
・解像度1024x600以下は却下。同じ解像度のmbookを持ってるので、1024x600ならmbookを使う。ま、電池が持たなそうと、OSを軽量化しないともっさりだろうけど。
・microSDHC対応希望。SDXC対応だろ将来性があっていいけど、まぁいまの所ならmicroSDHC 32GBで十分かと。
・安定性がよいこと。
・GPSと電子コンパスもあれば楽しいけど必須ではない。
・当然壊れにくいこと。
・あまり重かったり分厚くないこと。B5ノート並みなら却下。
・HDMIの出力はどうでも良い。

この条件を元に色々調べてみました。

○iPad2
・外部記憶装置のスロットがない。
・解像度がXGA(1024x768)なのでパス。
・値段が高め。
→まー、microSDHC非対応で外れますな。大学の同期は(医療系の)仕事で活用してるそうですが。


○小型(7インチ未満)Androidタッチパネル
・7インチ未満は解像度不足でパス。
・あと、軽いけど電池の持ちが不安。


○中型Androidタッチパネル(8~9インチ程度)
・軽い
・やや高い
・解像度は色々
・Samsung Galaxy Tab 8.9 Wi-Fi 16GB Android Tabletがよさげ。
→日本未発売の上、iPad2に輪を掛けて高い。でも1280x800は魅力的。
http://www.expansys.jp/samsung-galaxy-tab-8-9-wi-fi-16gb-android-tablet-black-219868/
・怪しい中華パッド(1280x768)が2万弱であるけど半年持てば御の字な感じらしい。
→ジャンカーとしては面白いんだけどね。


○大型Androidタッチパネル(10~11インチ程度)
・重い、でかい
・WSVGA(1024x600)とかの解像度のもあるけどこれは却下
・有名メーカのは高い(東芝のRegzaとか、Eee Padとか)
・電池の持ちは高品質のものに関してはまずまず。
・高品質なのはCPUもいいのが載ってる。
・このサイズなら超低消費電力のCoreiシリーズなWindows Tabletにも食指が伸びそう。


ま、今年7月に出たばっかりでまだ下がる余地があるけど今の要望に一番近いのはRegza Tabletだろうなぁ、Android 3.1対応だし(逆に古いアプリの対応に一部問題があるという話もあるそうだけど)。

 電池の持ちで言うとEee Pad Transformer TF1だけど、キーボードが邪魔だし5万コースはさすがに厳しい。

 ちなみに手持ちでpdfリーダになりそうなのは3世代目iPod Touch 8GBとIS01です。前者は解像度が低いので非実用的、後者は解像度は横長にしないと読みにくいし、Androidのバージョンが古くて最新のソフトが使えないのが難点です。ま、しばらくはIS01とThinkPad X61(電車じゃ使えないけど)で我慢してRegzaが下がるのを我慢するかなぁ……。

 あ、最後にとって付けたようにいますが、青年海外協力隊員候補生の皆さんには参考書・技術書の電子化はお勧めですよ。持っていく荷物の重量を圧倒的に減らせますから。ま、pdfデータのバックアップもしっかり持って行く必要があるかと思いますが。少なくとも東京や大阪では持ち込み自炊サービスをやってるところがあるし、高解像度でOCR(文字認識)をしても、ページ数が少なければ1冊400~600円で済むんでお勧めです。あ、著作権はしっかり守って下さいね。
 でも、電子データで持って行ったらドミトリー(首都の隊員用宿舎)のマンガや単行本が減っていくのは何か寂しいですけどね(笑)。そーいや、ジブチのドミに置いてきた『とっさの一言フランス語』のCDはまだ無事に残ってるのかなぁ。

 以前は、現地活動用には予備のためノートPC2台がお勧めと私は主張してましたが、タブレットの解像度によってはノートPC1台とタブレット1台という選択肢もありかなと思います。ま、タブレットは長期間溜め込んだデジカメや動画のストレージには向いてませんがね。
 アルジェリアでの仕事の経験を踏まえてまた現時点でのお勧め携行グッズを考えないとなぁ。年々状況が変わりますしね。

 ともあれ、こんなわがままな私にお勧めの情報端末を教えて下さいな。

仏検オワタ

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/06/post-d17c.html

 バタバタしてる上、ホテルの自室でWifiが使えないダメダメなホテルなので更新が遅くなりました。
ってかexpedia.jpじゃ部屋でWifi使えるって書いてたのに……。ということで、ホテルの評価は下げておきました。地下鉄の駅とコインランドリーが近いのとは評価出来るんですが。

……それはさておき、仏検2級。これを合格するのを目標にモンペリエに語学留学したと言っても過言ではない。DELF A2やB1なんて飾りですよ、偉い人には分からないんです。と言いながら怪我でB1キャンセルは怪我の痛みと共に凹みましたが。

 で、6/19当日は試験会場には30分程前に到着。遅刻は1分たりとも認められないとのこと。日本だと許されるのに。多分、日本会場からの情報漏洩の関係だと思われます。

 で、前々から苦手だったところがまたしても改善ならず。熟語・動詞のシノニムの時制・活用だけで20点ってのが納得いかない。ここをいつも殆ど落とします。今回もほぼ0点。

 お陰で書き取り14点満点を除いた問題の合計が50点。しかし、書き取りは今までの経験では8点程度しか取ったことがない。合計60点ないと二次試験には進めません。ということで99.9%不合格と思われ。

 しかし、気になったのが明らか10歳以下の子供数人が2級を受験していたこと。準2級はフランスで開催してないので、海外駐在の子供で少なくとも3級に合格しての挑戦と見られます。こういうのに負けるとマジ悔しいなぁ。私がフランス語を勉強始めた頃に生まれた連中があっさり合格するとか。ま、読めなさげな漢字もあったっぽいんで、そう易々と合格しないと期待しますが。仏検は良くも悪くも、「フランス語の読・書・話・聞」だけではなく、日本語との相互変換出来ないと合格出来ませんから。個の辺りが決定的にDELFとは違います。

 なお余談ですが、フランス人の知人によると日本語検定は、試験問題は全て日本語で書かれているとのこと。DELF的ですね。

仏検受験票無事到着

 届かないとかでどこかで一悶着あると覚悟していた、仏検の受験票ですが、無事私の住む学生寮の私のポストに刺さっていました。これで一安心。……写真がいるそうです。ま、海外に出るときはトラブル時に備えて顔写真は持って来ているので問題なしです。あとは当日まで無くさないこと、当日無事に忘れ物無く試験会場にたどり着くだけですな。

 さて、最後の追い込みを……と思いつつ、自分の送別会をこつこつ計画中なのでした。

モンペリエで見つけた文房具屋と雑貨屋

 今日はプリントをまとめて入れておくクリアフォルダが欲しくて帰宅途中にぶらついていたら文房具屋(papeterie)を見つけました。で、カラフルでおしゃれな(つまり私には似合わない)ものを1.95€で発見したので早速購入。他にもボールペンなど事務用品一般がありました。地図とかも売ってたはず。で、場所はここ。
 コメディ広場から南西方向に2つある道のうちrue des Etuves(Opera Comedieを正面にして右側の道)をまっすぐ行って150m程の道の左側にあります。


大きな地図で見る


 あと、このrue des Etuvesをまっすぐ行って、Boulevard du Jeu de Paumeと突き当たる角に均一料金じゃないけど、100均風の雑貨屋がありました。品揃えは以前紹介した2€ショップより良かったです。ま、今更買うものはなかったですけど。
 あ、別送品をコリッシモで送る用の梱包補強用のテープくらいは買っても良いかと思いましたが、安っぽいセロハンテープの親玉みたいなのが4つ入りで2.50€だったのでパスしました。日本の布テープみたいな丈夫そうなのがなかなか海外ではないんですよね。パリのBHVとかに行ったらあるかも知れませんが、以前行ったときは探しませんでした。

DELF A2結果


前回ネタはこれかな、申し込みの時だし。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/05/delf-a479.html

 本日結果を取りにポール・バレリー大学まで行ってきました。
……合格でした。ついでに一緒に受けたスイス人の友達も受かっていたので、SMSでその旨送ったらありがとう&おめでとうって返事来ました。彼の場合、既に帰国しており証明書が郵送なので先に教えてあげた方が良いと思ったわけです。

 で、内訳。

こんな感じで4科目ありました。
Comprehension des Ecrits(読解)
Production ecrite(文章作成)
Comprehension de l'Oral(聞き取り)
PO = Production Orale(口頭表現)

それぞれ最低5点以上、合計で50点以上なので結構要求する点数自体は低いです。
内訳は読解:21.5/25、文書作成:16/25、聴き取り16/25、口頭表現24/25のトータル77.5/100でした。

2年前に受けたDELF A1は92点でした。当然A2の方が難しいのですが、協力隊2年間ちゃんと活動してたら受かるレベルなのでま、妥当な結果と受け止めてます。

…が、B1は下記日記の通り、傷病に付き不戦敗。160€無駄にしましたわ。ま、また機会があったら日本で受けるかな。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/05/post-89f6.html

 しかしテストの本番は6/19(日)の仏検2級。5度目の挑戦だからいい加減受からないと情けないです。

 あ、そうそう、今日病院にも行きました。抜糸はまだとのこと。その割に以前と違い絆創膏の親玉みたいなのを貼られただけです。風呂に入って回りを清潔にするようにとのこと。で、その度に絆創膏を替えろとのこと。個人的には処方箋に含めてもらえれば保険で申請できたのに入れてくれませんでした。
 あと、看護師の女性が絆創膏の張り方が最悪でした。ナイフで切った傷なのに傷に対して90°回転した方向で貼りました。……外部からの見た目の傷で判断したんだろうけど、縫う程の傷なんだからちゃんと傷の方向を確認して貼って欲しかったものです。

 で、診察で23ユーロ取られました。今回の処方箋は鎮痛剤だけだったので7€弱。

見せてもらおうか、フランス共和国の医学力とやらを

5/26はDELF B1の試験の筈が、前夜にお腹が空いてハムを切ろうとしたのが運の尽き。右人差し指までずばっと切ってしまいました。どれくらいの勢いかというと「金太マスカットナイフで切る」位です。

 で、ちょっとヤバいと思い、手元にあったキッチンペーパー(トイレットペーパーと間違えて買ったの)で圧迫止血。朝には出血は止まってましたが。じくじくと痛く、試験どころではない感じだったので、頭痛薬を飲んでまた寝ました。ここでさっさと病院に行けば良かったんですが。

 結局病院に向かったのは夕方19時前。学生寮の受付で晩に開いてる病院を紹介してもらい、
大学病院の救急外来に行く羽目に。救急なので、当然優先順位(フランス語でも発音は違うけど英語と同じで「triage」)毎に処置されます。私の場合は一刻一秒を争う訳じゃないので、3時間程待たされました。
 待たされる前に最初に応急処置をされましたが、血で固まって張り付いたキッチンペーパーを剥がすのがこれまた痛い。日本語で叫んでも良かったけど、痛さを伝えるために「オゥフ」じゃなかった、「アイー」と言って痛さを伝えました。ま、何語でも叫べば痛いのは伝わるでしょうが。

 で、以前も同様のケースがあったので予想はしてましたが、多量の血を見たショックで気分が悪くなり、ベッドに寝かしてもらいました。多分血圧が急激に下がったんだと思います。ただ、今回は手足の先がしびれて来たので焦りましたが、それを伝えるにも辞書を鞄から取り出さないと出来ない。……と言うことで自然回復をまちました。

 で、1時間もすると起きれる程度には回復。海外旅行保険の申請をするにしても、一時的に相当お金が掛かるのは分かっているので、その分を経験値で取り返すべく普段の留学生活なら絶対見れない救急外来をしばしウオッチング。運ばれてくる人の2,3割の人は混乱してるのか、大声で何か叫んでました。酔っ払いや暴れん坊将軍、もとい暴れる人対策なのか、体格の良いガードマンも数人いました。えれえれとリバースしてるときの叫び声も聞こえてきました。
 そうして、後で状況を聞かれる際に備えて必要な単語を辞書で調べたりもしました。

 ようやく私が個室に連れて行かれたのは23時頃。お腹がぺこぺこでしたが、そんなことも言ってられない。縫われるのかどうかが心配で。実は生まれてこの方病院で手術を受けたことがない(生まれた時を除く)健康体が自慢でした。が、ここでその連勝記録も破られることに。
 「1ポイントだけですからね」、と聞こえました。「それって『縫う』ってことですか?」と聞くとメガネが知的ですてきな若い女医さんが返答。まー、傷口を見て医者が判断したんだから仕方ない。素人目に見ても唾を付けて塞がるような切れ方じゃなかったし。

 ということで、思ったより太いポリプロピレン製の糸(化学出身は素材にこだわるので質問する)1針縫ってもらいました。麻酔なし(或いはスプレーみたいなのを傷口付近に掛けてたので局所麻酔かも)ですが、まー最初にキッチンペーパーを剥がされたときの方がよっぽど痛かったので気にならず。
 心配だったので、「明日からニースに旅行だけど大丈夫ですか?」と聞いたら、問題なしとのこと。まー、ニース→モナコの満員電車が怖いですが。

 で、施術してもらった美人女医に処方箋を作成してもらい、抗生物質、痛み止め、包帯、その他諸々がそれに書かれてました。
 余談ですが、病院に行く前に薬局に薬を買いに行って知りましたが、フランスでは抗生物質は処方箋なしでは売ってくれないとのこと。

 最後に受付に戻ったら「ここじゃ支払いは受け付けられない」とのこと。家に請求書を送るとのこと……。って、最初の登録時に日本の住所書いたけど、請求書を日本に送る気? ちゃんと届くか心配なのでこっちでさっさと払いたいのでその方法を聞いたら、昼間に別の部署に行ってくれとのこと。ま、請求書を郵送される前に来週にでも行くとするか。しかし、抜糸の時期の説明が全くなかったのが何とも適当。これも支払いの時に聞くべか。結局病院の患者カードも作成してもらってませんし。

 で、病院を出たのが23:50頃。最終電車に間に合うか心配してましたが、何とかセーフ。但し、沿線沿いのPaul Varely(ポール・バレリー、DELFの試験場でもある)大学の酔っ払い学生共がうるさかったのはちょっとウザかったけど。で、St Roch(サン・ロック)駅で1号線から2号線に乗り換え最寄り駅までトラムに乗り無事帰宅。といった感じでした。

 DELF B1の受験代160ユーロ、病院代&薬代?ユーロ(4~500ユーロは覚悟)は勉強代と消えました。

フランス語のSMSで使われる略語を学んだ

 昨日宿題で出たのですが、携帯のショートメール(SMS)でよく使われる省略表現を教えて貰ったので、復習(la révision)&備忘録(le mémento)的に書いておきます。ちなみにフランス語で「省略」は「la abréviation」、英語だと「abbreviation」ですかね。で、省略語を「texto」と言うそうな。数字やアルファベットの発音を省略に使っているのが特徴的です。勿論、かなりくだけた表現ばかりです。
 なお、先生曰く、下記表現でもあまり一般的じゃない物もあるよと言われてたので、よく使う(と先生が言ってた)表現にのみ★印を付けておきます。しかし、ギャル文字に近いくらい分かりませーん。

★A demain(明日に) ⇒ @2m1
A lundi(月曜に) ⇒ @l1di
★A plus tard(また後で) ⇒ @+
Bien sûr(もちろん) ⇒ B1sur
Bon apprès-midi(良い午後を[午後にする別れの挨拶]) ⇒ BAP
Bonjour(おはようございます/こんにちは) ⇒ Bjr
Bonsoir(こんばんは) ⇒ Bsr
C'est pas grave(大した問題じゃないよ) ⇒ C pa grave
Ca y est(さあ出来た/これでよし) ⇒ Ayé
Comment ça va(元気ですか) ⇒ cmtcava
D'accord(了解) ⇒ Dac または dak
Désolé([être+désoléで]申し訳ないと思う) ⇒ dsl
En plus([en plus de~, …で]~の上さらに…) ⇒ En +
En tout cas(いずれにせよ) ⇒ Entouk
Impossible(無理な/不可能な) ⇒ 1posibl
J'espère que tu va bien?(君は元気だと思うんだけど) ⇒ jSpR ktu va bi1
Je t'appelle dès que je peux(出来る限り早く君に電話します) ⇒ J'tapLDKej'pe
Je te l'ai déjà dit(もうそれについては君に言ったよ) ⇒ jeteléDjadi
Laisse tomber (忘れて下さい) ⇒ L'S tomB
No comment(ノーコメント) ⇒ ne
Pourqour(なぜ) ⇒ pk
Qu'est-ce que c'est?(これは何ですか) ⇒ KesKe C
Quoi de neuf?(何か変わったことあった?) ⇒ Koi2.9 またはKoi2-9
Rien à signaler(特に報告することはないよ) ⇒ ras
S'il te plaît(おねがいするよ[「おねがいします」のくだけた表現])⇒ stp
★S'il vous plaît(おねがいします)⇒ svp
★Salut(やあ) ⇒ slt
Salut ça va? moi je vais bien(元気? こっちも元気だよ) ⇒ Slt ça va? moi jvBi1
Tu viens demain?(君、明日来る?) ⇒ Tu vi1 2m1?
Vraiment(本当に) ⇒ vmt
De la balle(高すぎる) ⇒ 2labal
Enervé(イライラしている) ⇒ NRV
Après-Midi(午後) ⇒ aprM
Aujourd'hui(今日) ⇒ auj
Maintenant(今) ⇒ mnt
Week-end(週末) ⇒ WE
★Coucou(やあ/おーい[呼びかけの言葉]) ⇒ cc
Qu'est-ce que tu fais?(何してるの) ⇒ KesKe tu fé?
Beaucoup(たくさんの) ⇒ bcp
Message(メッセージ) ⇒ msg
★Occupé(忙しい) ⇒ OQP
★Problème(問題) ⇒ pb
Qui(誰) ⇒ ki
Quoi(何) ⇒ koi
Rien(全然ない) ⇒ Ri1
★Cadeau(プレゼント) ⇒ Kdo
Café(喫茶店/コーヒー) ⇒ Kfé
Cinéma(映画館) ⇒ 6né
Maison(家) ⇒ Kaz (家のくだけた表現caseの省略)
Musique(音楽) ⇒ Zik
Restaurant(レストラン) ⇒ Resto
Train(列車) ⇒ Tr1
★Travail(仕事/勉強) ⇒ Taf
Voiture(車) ⇒ KS (車のくだけた表現caisseの省略)
Acheter(買う) ⇒ HT
Arriver(到着する) ⇒ ariV
Décider(決める) ⇒ D6D
Excuser(許す) ⇒ XQzé
Vas-y(さあ/行きましょう)⇒ Vazi
★Bisou(キス[メールの終わりに付けることが多い]) ⇒ biz
Pleurer(泣く) ⇒ sniff
Bavarder(ぺちゃくちゃお喋りする) ⇒ bavarD
★Rendrez-vous(合う約束/デート) ⇒ rdv
★Je suis(私は~[Jeは私、suisは英語のbe動詞の一人称単数"am"に相当])⇒ Shui(表記だけでなく発音もこのようにする場合あり)
★pour(~のために/~の間[前置詞で様々な意味を持つ]) ⇒ pr
★C'est(~は[英語のit'sに相当])⇒ C
★répondew s'il vous plaît(返事して下さい)⇒ rsvp
Réponse(メールの返信) ⇒ Re
Transfert(メールの転送、英語のFw) ⇒ Tr
Copie carbone(メールのCC) ⇒ CC
Copie carbone invisible(メールのBCC) ⇒ CC1

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31