-天気予報コム-

Flag counter

青年海外協力隊

platon's pageの更新情報2012/02

 えーと、本家サイトの更新情報です。

 JOCVネタの隊員向けリンク集を整理しました。デッドリンク(特にJICAはすぐにページを作っては消すから困る)やページの移動に対応して修正しました。しかし、最近は本家サイトは年に数回しか更新してませんなぁ。まぁ、書くネタが年々減ってきている(あるいは他のBlogなどのサイトに情報が沢山あって書く必要がない)という状況ですからねぇ。
http://www.geocities.jp/platon_ymg/JOCV/link.html

いじょ。

NHKの語学ラジオ番組に興味を持った

 フランス語の勉強を始めてすでに7年目ですが、未だに仏検2級にさえ合格できず今秋は6回目(のはず)の仏検受験をする予定です。もっと熟語と動詞の語彙量と活用を完璧に叩き込むのが課題だというのは分かっていますが。


 ま、それはさておき本題へ。

今まで私はフランス語をどのように勉強してきたかというと、こんな感じ。

1.NHKのTV語学番組を見る
2.大阪日仏学館(アリアンス・フランセーズ)で受講
3.青年海外協力隊の語学訓練
4.ジブチで青年海外協力隊員として活動
5.アルジェリアでの仕事にて使用
6.モンペリエで語学留学で勉強


 とまぁ、こんな感じです。
 で、NHKの語学番組と言えばラジオがあるのを思い出し、Webサイトを見に行きました。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/french/kouza/
おー、過去1週間のバックナンバーをインターネット経由で聞けるのを初めて知りました、良い時代になったねぇ。


 加えて、これをダウンロードしてオフラインで聞く方法があるのも知りました。便利なソフトですな。
http://sourceforge.jp/projects/capturestream/releases/

 ということで、お金を掛けずにフランス語を勉強する方法を紹介してみました。ま、ホントはテキストを購入した方がより効果的なんでしょうけどね。ま、私は耳を慣らすのが目的なんで流しっぱなしで良いんですけど。

pdf化した電子書籍のリーダに何を買うか迷い中なう

先日業者に自炊(自前で本を裁断してスキャナに読み込み吸い(炊)だし、pdf等の電子書籍にする)依頼したpdf化したデータのベリファイしてます。まぁ、多少ページの面積サイズがおかしな所があるけどまぁ許容範囲。
あ、私も富士通PFUの両面ADF A4スキャナScansnap F510と背表紙を切断する事務器具を持ってますが、業者に頼んだ方が人件費が安いことに気付き自分でまだ自炊したことないです。

 で、困ってるのが、電子書籍リーダ端末として何を購入するか。読む予定は主にフランス語の参考書と問題集。3000~4000円以上のIT系の書籍はびびりなので怖くて取り込んでません。ま、10年後には電子書籍がもっと一般化するでしょうけどね。場所も取らないし、何冊も1kg以下で持ち歩けるし。

 家にいるときは1680x1080な液晶モニタで2ページ表示で問題なさげだけど、持ち運びにどうするか迷いつつ、希望と候補を挙げます。


★希望
・持ち歩くのでそれなりに電池が持つこと。2~3時間は却下。最低7時間以上。
・無線LANも対応希望。たまにはFlash対応でWebサーフィンもしたいので。
・Android Store位は対応して欲しい。
・解像度は1280x800 or 1280x768以上を希望・
・解像度1024x600以下は却下。同じ解像度のmbookを持ってるので、1024x600ならmbookを使う。ま、電池が持たなそうと、OSを軽量化しないともっさりだろうけど。
・microSDHC対応希望。SDXC対応だろ将来性があっていいけど、まぁいまの所ならmicroSDHC 32GBで十分かと。
・安定性がよいこと。
・GPSと電子コンパスもあれば楽しいけど必須ではない。
・当然壊れにくいこと。
・あまり重かったり分厚くないこと。B5ノート並みなら却下。
・HDMIの出力はどうでも良い。

この条件を元に色々調べてみました。

○iPad2
・外部記憶装置のスロットがない。
・解像度がXGA(1024x768)なのでパス。
・値段が高め。
→まー、microSDHC非対応で外れますな。大学の同期は(医療系の)仕事で活用してるそうですが。


○小型(7インチ未満)Androidタッチパネル
・7インチ未満は解像度不足でパス。
・あと、軽いけど電池の持ちが不安。


○中型Androidタッチパネル(8~9インチ程度)
・軽い
・やや高い
・解像度は色々
・Samsung Galaxy Tab 8.9 Wi-Fi 16GB Android Tabletがよさげ。
→日本未発売の上、iPad2に輪を掛けて高い。でも1280x800は魅力的。
http://www.expansys.jp/samsung-galaxy-tab-8-9-wi-fi-16gb-android-tablet-black-219868/
・怪しい中華パッド(1280x768)が2万弱であるけど半年持てば御の字な感じらしい。
→ジャンカーとしては面白いんだけどね。


○大型Androidタッチパネル(10~11インチ程度)
・重い、でかい
・WSVGA(1024x600)とかの解像度のもあるけどこれは却下
・有名メーカのは高い(東芝のRegzaとか、Eee Padとか)
・電池の持ちは高品質のものに関してはまずまず。
・高品質なのはCPUもいいのが載ってる。
・このサイズなら超低消費電力のCoreiシリーズなWindows Tabletにも食指が伸びそう。


ま、今年7月に出たばっかりでまだ下がる余地があるけど今の要望に一番近いのはRegza Tabletだろうなぁ、Android 3.1対応だし(逆に古いアプリの対応に一部問題があるという話もあるそうだけど)。

 電池の持ちで言うとEee Pad Transformer TF1だけど、キーボードが邪魔だし5万コースはさすがに厳しい。

 ちなみに手持ちでpdfリーダになりそうなのは3世代目iPod Touch 8GBとIS01です。前者は解像度が低いので非実用的、後者は解像度は横長にしないと読みにくいし、Androidのバージョンが古くて最新のソフトが使えないのが難点です。ま、しばらくはIS01とThinkPad X61(電車じゃ使えないけど)で我慢してRegzaが下がるのを我慢するかなぁ……。

 あ、最後にとって付けたようにいますが、青年海外協力隊員候補生の皆さんには参考書・技術書の電子化はお勧めですよ。持っていく荷物の重量を圧倒的に減らせますから。ま、pdfデータのバックアップもしっかり持って行く必要があるかと思いますが。少なくとも東京や大阪では持ち込み自炊サービスをやってるところがあるし、高解像度でOCR(文字認識)をしても、ページ数が少なければ1冊400~600円で済むんでお勧めです。あ、著作権はしっかり守って下さいね。
 でも、電子データで持って行ったらドミトリー(首都の隊員用宿舎)のマンガや単行本が減っていくのは何か寂しいですけどね(笑)。そーいや、ジブチのドミに置いてきた『とっさの一言フランス語』のCDはまだ無事に残ってるのかなぁ。

 以前は、現地活動用には予備のためノートPC2台がお勧めと私は主張してましたが、タブレットの解像度によってはノートPC1台とタブレット1台という選択肢もありかなと思います。ま、タブレットは長期間溜め込んだデジカメや動画のストレージには向いてませんがね。
 アルジェリアでの仕事の経験を踏まえてまた現時点でのお勧め携行グッズを考えないとなぁ。年々状況が変わりますしね。

 ともあれ、こんなわがままな私にお勧めの情報端末を教えて下さいな。

JICAのWORLD REPORTERがまたリニューアルしてる

 前回ネタはこちらかな。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2008/10/world-leporterb.html

 JICAが青年海外協力隊員の生の声を伝えるページ『World Reporter』のサイトを2010年9月頃リニューアルしたようです。
http://worldreporter.jica.go.jp/
一応魚拓も取得。
http://megalodon.jp/2010-1004-0609-34/worldreporter.jica.go.jp/

 しかし、2年単位でころころとページ構成を平気で変えますなJICAは。以前の大事なコンテンツを平気でNot Foundにするし。『情報の蓄積』、『情報の価値』についてもう少し学習して欲しいところです。

 ちなみに消されたページはこんな感じ。以前も似た感じで隊員の「Blog」のページを開設してました。魚拓取っておいて良かったなぁ。
http://megalodon.jp/2008-1010-0845-56/worldreporter.jica.go.jp/blog/djibouti/

で、今見ると、Not Found。
http:///worldreporter.jica.go.jp/blog/djibouti/


 あと、Blogを名乗るなら更新情報をRSSやらAtomで更新情報を配信しろよと言いたいです。JICAの中の人、Blogの意味をちゃんと理解して下さいね。別にコメント欄やトラックバックを付けないのは荒らし防止を考えると問題ないと思いますけど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Blog
 各ページをファイルにせずにphpで生成しているのも、不味い内容があったらすぐに公開停止しやすいようにするためかなぁと穿った見方をしてしまうのは職業病ですわ。
 それと、JICAボランティア(青年海外協力隊及びシニア海外ボランティア)の公式Blogのポジションにしたいのであれば、SEO対策位して欲しいですな。例えばgoogleで「青年海外協力隊 blog」で検索しても上位にはこのページが見当たりませんし。


 さて、厳しい意見はここまで。
 WORLD REPORTERはリニューアルして全体的に見やすくなったし、コンテンツを提供している各々隊員がよりいっそう頑張って情報発信しているようです(以前も隊員は頑張ってんで他を提供していたけど、JICAが頑張って更新しなかったとも考えられるけど)。どのページが人気があるかをトップページに持ってきたのも既存のJICA的発想じゃないなぁ(褒め言葉)と感じました。
 あと、ジブチ隊員が頑張って頻繁に更新しているのも非常に嬉しいです。派遣隊員の絶対数的にジブチ隊員は非常に少ないはずですが、頑張って情報発信してるようです。まだ暑いと思うんで、無理せず情報発信して下さい。
http://worldreporter.jica.go.jp/j21-4suzuki/
http://worldreporter.jica.go.jp/j21-3nakayashiki/

 多分以前のBlogシステムだと、JICAの面倒なチェック体制(私はこれで現役隊員時代に事務局に対してブチ切れましたが)の関係であまり頻繁に更新できなかったのを大きく変更して、出来る限りリアルタイムに隊員の声を掲載できるようにしたのかなぁと思います。

 私の時代にこのシステムがあったとしてもこの場では情報発信しなかったと思いますけど。ネットでは実名を出さない主義なので。でも私と同じ主義でJICAの公式Blogには載せず、こつこつ更新している人も沢山いると思います。それぞれメリット・デメリットがあり、どっちのやり方がいいか悪いかということはないと思いますが。


<2010/10/11追記>
 atom.xmlが各隊員のディレクトリ配下に置いてあるので、これで更新情報を取得できるようです。例えばこんな感じ。Firefoxnでフィードアイコンが出ていなかったのでRSSやatomに対応してなかったと思ったら勘違いでした。
http://worldreporter.jica.go.jp/j21-4suzuki/atom.xml

http://worldreporter.jica.go.jp/j21-3nakayashiki/atom.xml

 もう一つおまけ。worldreporter.jica.go.jpに対応するIPアドレスを調べてたらこんなページ見つけました。
http://125.206.122.91/
ちょっと格好悪いですなぁ。

青年海外協力隊員の職場向けな商用利用OKのアンチウイルスソフト(COMODO Internet Security)

 協力隊員時代は、派遣先でのウイルス対策で苦労しました。
 個人利用では無料で使用可能なアンチウイルスソフトはたくさんありますが、これらはライセンス的には派遣先でのパソコンにインストールするとライセンス違反になってしまいます。
 従ってライセンスに抵触しない商用利用で無料のもの使うとなれば、ClamWin位だと思っていました。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/04/12/clamwin.html
ただ、これは常駐型ではなく、定期的に起動して全スキャンしないといけないので、リテラシーの低い職員が使うパソコンに入れてもウイルスの侵入を防ぐ効果はかなり低いものでした。


 が、最近ネットを調べたら、商用利用もOKな常駐型のアンチウイルスソフトがあることを知りました。
COMODO Internet Securityです。アンチウイルスだけでなく、Firewall機能も付いているみたいです。おまけに日本語にも対応とのこと。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/05/18/comodo_internet_security.html

 なお、商用利用もOKってのはここで記載されてます。
http://www.comodo.com/news/press_releases/09_05_06.html

以下は引用です。
And unlike the stripped down versions of commercial software or "crippleware" that other software vendors offer for free, this is the full, completely functional version of the product with a free license which will never expire. A full list of new features can be found at: http://www.antivirus.comodo.com/

 ダウンロードは以下から可能です。なお、対応OSはWindows XP/Vista/XP x64/Vista x64だそうです。
http://personalfirewall.comodo.com/download_firewall.html

導入に関しては以下が参考になります。公式サポートしていないにもかかわらずServer系OSにも導入可能ってのはちょっと良いですね。
http://www.ahirunum.net/2009/05/comodo-internet-security.html

 ただ、検出率に関してはあまりよろしくないようです。
http://ssupdater.com/modules/Forums/index.php?showtopic=3938&st=0
http://www.hpmz.jp/blog/index.php?itemid=1067

 ってことで私は個人用には乗り換えるつもりはないですが、一応紹介でした。そうそう、私自身が使っているアンチウイルスソフトはAviraのAntivir Personalです。あと、AVG Freeも別PCにて使ってます。前者はUIが日本語じゃないのでパソコンに詳しくない人には勧めてません(性能的にはお勧めなのですけど)。AVG FreeはUIが日本語対応で分かりやすいので周りに勧めてます。この関係で自分のパソコン環境の内1つに入れておいてます。
 あ、そうそう、日本語対応のFreeのアンチウイルスソフトと言えばAvast!もありますが、昔誤検出でシステムに必要なファイルを消されたことがあるので、個人的には好みではなく周りには勧めてません。


 と言うわけでCOMODO Internet Securityのインストールを試してみました。XP Pro SP3日本語版へのインストールは問題なしです。ちなみにWindows2000 Pro SP4 フランス語版に入れようとしたらインストーラの起動時にエラーとなりました。
 で、オフラインでのアップデートについても実験しました。以下のページによるとbases.cavをオンラインのPCからコピーして持ってこればよいとのことです。
http://forums.comodo.com/empty-t40131.0.html

 このファイルの場所はc:\Program Files\COMODO\COMODO Internet Security\scanners\bases.cavにあります。ただ、オフラインのPCのこのファイルを上書きしようとしてもエラーになります。COMODO Internet Securityを終了してもこのファイルの上書きは出来ませんでした。と言うことで以下の手順を取るとオフラインでもウイルス定義の更新がうまくできました。

1. オンラインのPCにてウイルス定義を更新し、最新のbases.cavを入手する。
2. 1.で得たファイルをUSBメモリなどにコピー
3. オフラインのPCでCOMODO Internet Securityを終了する
4. オフラインのPCのc:\Program Files\COMODO\COMODO Internet Security\scanners\bases.cavを任意のファイル名にリネームする。
5. 2.のファイルを4.のパスにコピー
6. オフラインのPCを再起動する。
7. 4.でリネームしたファイルを削除する。
これで、オフラインアップデートは出来るみたいです。

 なおbases.cavは50MB以上あるので結構でかいサイズです。
 あと、COMODO Internet Securityをインストールするときには「COMODOライセンスサーバとコンタクトをとり無料のライセンスを有効にしようとしています」と出ます。
Comodo_inst01

恐らく、インストール時にアクティベーションのためオンラインである必要があるみたいです。……と思って試しにオフラインのPC(LANアダプタを無効にしたパソコン)でインストールをしたところ、無事にインストールできました。何だったんでしょ、「~ライセンスを有効にしようとしています」のメッセージは?

 あ、そうそうキングソフトのKINGSOFT Internet Securityも商用利用可能で無料なバージョンもあるみたいです。が、日本語環境以外で動くのかがちょっと分からないです。UIが英語などに対応していないと協力隊員の職場ではちょっと使えないでしょうけど。
http://www.kingsoft.jp/licensepack/is_co.html

また、無料版KINGSOFT Internet Security Uはオフラインのパソコンにインストールされたパターンファイルを更新することが可能なようです。但し、インターネットに接続した別のPCに同じ無料版Kingsoft Internet Security Uを導入している必要がありますが。
http://www.kingsoft.jp/support/is/kis_311.html

ということで、これも試しにWindows 2000Pro SP4 フランス語版にインストールしようとしてみました。
Kis_install01
このバージョンは日本語OS用なので入れても文字化けするかもしれませんよみたいなことが出てます。MUIとか導入したら化けないかもしれませんけど。
 で、これを無視して続行すると………


Kis_install02
 文字化け化けなインストール画面になりました。無理して導入しても良かったのですが、協力隊員が職場のPCに導入することを想定すると無料版KINGSOFT Internet Security Uは入れない方が良さそうと言うことが分かったのでここでキャンセルしました。

 なお、英語サイトも確認しましたが無料版はなく、180日期間限定試用版か有料版しかありませんでした。
http://kingsoftresearch.com/KingsoftInternetSecurity09.aspx

青年海外協力隊員にお勧めする国民年金の付加保険料納付(月額400円)

 えーっと、社会保険庁の回し者のようなタイトルですが、回し者ではありません(笑)。紹介したからと言って何も私の得になるわけでもございません。

 青年海外協力隊員や候補生はご存じだと思いますが、2年間の海外派遣期間中に国民年金の納付に関しては「任意加入」です。つまり払っても払わなくても構わないわけですが、大抵の隊員は加入して留守宅家族に依頼して毎月払うなり、口座振替で引き落とすなりしています。
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/hokenryo_ans01.htm

 あそうそう、最近はクレジットカード払いもOKなので、カード会社のポイントを溜めたい方は、クレジットカード払いで年間一括または半年一括納付がお得かと想います。平成20年からこの支払い方法が可能になったので、私の隊員時代には出来ませんでした。
http://www.sia.go.jp/top/credit/credit.html


 さて、現在日本に在住している私は国民年金を支払っています。これに付加保険料というものを月額400円支払えば、200円×加入月数分の年間年金給付額が増えます。また、国民年金任意加入期間でもこの付加保険料の納付は可能とのことです(社保庁のコールセンターに聞いて確認しました)。
 ってことで、協力隊派遣中にも付加保険料を支払えば、協力隊派遣期間24ヶ月×200円=4800円だけ年金の年間支給額がアップします。まぁ給付される年金額の増分は気休め程度ですが、2年間年金をもらえば元を取れるので非常にお得です。

 私は最近この制度を知ったので4月から加入しました。協力隊派遣前に知ってたら入ってたのになぁ。JICAの案内でもこのような制度があるってことは一切書類に記述がなかったですし。

 あ、そうそう、国民年金に上乗せして加入する保険で他に『国民年金基金』という制度もあります。
http://www.npfa.or.jp/

 しかし、これは国民年金の任意加入被保険者期間には入れないので、協力隊員身分で海外派遣時には利用できないみたいです。なお、付加保険料の納付と国民年金基金の加入は同時には不可能で、いずれかにしか加入できないそうです。
http://www.npfa.or.jp/member/faq/kanyu.html

ジブチ関連動画

youtubeにあるジブチ関連の動画を探してみました。

手短に雰囲気を見るには良い感じです。


かっこいいBGMとともにうまくまとまってます。軍や大統領の写真が結構多いのでフランス軍関係の方の投稿のように見えます。


TAXIから首都の町並みを撮影したものです。風切り音がちょっとうるさいですが、知っている町並みが出てくるとジブチにいたことがある人ならちょっと嬉しくなります。


 TAXIから首都の町並みを撮影したものその2です。余談ですが動画には映っていませんが、2:10付近で映っている場所の道路の反対側辺りに私は住んでいました。


ジブチとエチオピアを結ぶ鉄道です。お世話になっていた日本企業の方が撮影したものです。毎週水曜日の貨物便でエチオピアから野菜が届きます。なお、2003年にあった列車爆破事件発生以降は協力隊員はこの電車の利用は禁止されていますので、私は乗ったことがありません。エチオピアから来たバックパッカーがたまにこれを利用していたことはありましたが。


 最後に、ジブチの将来計画の動画です。ジブチ隊員からこんな動画があることを教えてもらいました。韓国企業がスポンサーで作っているっぽいです。こんな近未来都市になるには何年かかるんでしょ? ジブチ人ではなくヨーロッパ系の人が多く映っているのは気のせいでしょうか(笑)

JICAボランティア調整員二次選考結果

ようやく、選考結果通知メールの方が届きました。
 相変わらずFromヘッダにメールアドレスを入れないという信じられないメール設定でしたけど。おかげでまたもやプロバイダの方でSPAMメール扱いになっていました。一次選考結果通土メールでもこれと同じ設定で、「こちらの送信設定は間違っていない」とJICA側は宣ったわけですから、まぁ今回苦情を入れても設定が非常識であることは認めないでしょうけど。

 さて、メールヘッダがダメダメなのはさておき、結果です。

『さて、第二次選考の結果をもとに慎重に詮議を重ねましたが、この度は残念ながら貴意に沿いかねる結果となりましたので、ご連絡申し上げます。 』

と言うことで不合格でした。

 ま、ジブチに派遣でないのが先週の時点で分かっており、ジブチ以外の国にはあんまり行きたくはなかったので正直ほっとしています。
なので、7月のジュニア専門員を目指して再出発です。

 3月末(って明日やん!)はLPICレベル2試験、4/19は情報処理試験、6/21は仏検2級と目標はたんまりあります。それに4月から放送大学も継続入学、フランス語学校も復帰です。

 気を取り直して前に進みます!

旅立ちの見送り

 前回関連ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2009/01/--protrekget-e9.html

 昨日3/23に青年海外協力隊平成20年度4次隊ジブチ隊員の出国を関西空港までお見送りに行ってきました。
まぁ、第一目的はジブチの友人に購入依頼された腕時計を託すということだったりしますけど。嫌な顔せず物資運搬を引き受けてくれた新隊員に感謝です。

 今回は、久々に1隊次で4人という大所帯(他の国では4人位じゃ大所帯と言いませんが)で、途中のエチオピアまではエチオピア隊員やケニア隊員と同じ飛行機だそうで賑やかな雰囲気でした。
 私の時はジブチ隊員としては最後のフランス経由組だったうえ、同期が1人なのでこぢんまりとした旅でした。

 当たり前ですが、出国時の協力隊員はみんな意気揚々としてモチベーションに溢れた様子でした。その意欲を最後まで持ち続けていい活動をしてきて欲しいと思います。

 そうそう、私自身は先日ボランティア調整員試験を受けて、1週間以内には結果が判明する予定です。内々の情報では希望であったジブチへの派遣はない模様です。他の国に派遣か不合格かのどちらかになる訳です。

「WORLD REPORTER」 青年海外協力隊員の公式blogですかな?

 いつの間に出来たのか知りませんが、「WORLD LEPORTER」というJICAボランティア(協力隊以外にもシニアボランティアなどがあるのでこういう呼称を使うようです)の執筆によるblogが出来ていました。
http://worldreporter.jica.go.jp/blog/
Internet Archiveを見る限りでは少なくとも2007年10月頃には出来ていたようですけど気づきませんでした。
http://web.archive.org/web/*/http://worldreporter.jica.go.jp

 ということで、ジブチのネタも挙がってるか見ました。ちゃんと載ってます。
http://worldreporter.jica.go.jp/blog/djibouti/
とはいえ、隊員の実名がモロ出ているって点が、私なら執筆しないかなと言うのが感想だったりします。まぁ、内容自体はいつもながら良いと思いますけど。

 で、実はJICAは似たようなblog風の「世界HOTアングル」というページをすでに持っていたりします。こちらは2005年12月には出来ています。
http://web.archive.org/web/*/http://hotangle.jica.go.jp/
 さらに2008年10月01日には「世界HOTアングル」はhttp://www2.jica.go.jp/hotangle/index.htmlにアドレスを変更してリニューアルしているようです。ネタ的にかぶっている「WORLD LEPORTER」と「世界HOTアングル」。
 「世界HOTアングル」の方はボランティア以外にNGOの方やJICA職員野方も執筆されているようなので、そこで線引きするんでしょうかね。「世界HOTアングル」があるのに「WORLD LEPORTER」をわざわざ新設した理由がいまいちよく分かりませんねぇ。あるとすれば、更新が各国のJICA事務所で出来るようになったのではと想像しますけど。

 ま、とりあえずジブチの生の声が載っているので、皆さん見に行ってあげてください。応援メッセージを送る欄もあるんで、隊員候補生や各国に興味のある方は気軽にメッセージが送れそうな感じですよ。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31