-天気予報コム-

Flag counter

« 2013年8月 | トップページ

2016年11月

auへのパソコンからのメール問い合わせ方法について

157からauのサポセンへの問い合わせを最近よく行います。しかし、仕事が忙しくて等で忙しくてサポート窓口が開いてる時間に電話出来ないとか、掛けてもなかなか電話が繋がらないとか、オペレータに繋がないと分からない問題なのにWebや自動音声での問い合わせのご案内という名の押しつけなどを長々と聞かされなどなどで、ちょっと不便に感じています。ということで、メールで問い合わせ出来ないの…と思ったらありました。auユーザ歴もかなり長いのですが、初めて知りました。
 以下のページです。契約内容に関連した質問であれば、「auIDを利用してお問い合わせをする」を選択するのが良さげです。

https://www.au.kddi.com/cs/cs119/au_otoiawase/inquiry/

vSphere Hypervisor 6.0無償版.の商用利用について質問してみた

 随分久しぶりのエントリは、個人でも仕事でも使っている仮想マシン環境VMWareに関する小ネタです。
vSphere Hypervisor 6.0無償版の商用利用についてググると、恐らく問題ない旨のページがヒットするのですが、VMWare公式情報としてその旨記載したページが見つかりませんでした。
何となく気になるのでVMWareのサポートにに2016/11/10に以下の内容で質問してたところ、すぐに回答がありました。
 結論から言うと、vSphere Hypervisor 6.0無償版の商用利用は全く問題ないですよ、とのこと。但し、何処でそれに関して言及しているかに関しては回答が得られませんでしたので、100点満点の回答ではありませんでしたけど。
 とりあえず参考までに英語の原文と日本語訳を載せますが、日本語訳はいい加減なのであしからず。


<質問内容>
Can user use VMWare Vsphere Hypervisor 6.0 Free Edition for commercial use such as following as a point of EULA?

* for test environment for in-house company.
* for employee training for in-house company.
* for business service for in-house.

If it is OK to use it for commercial use, please point out in which document it is mentioned?


<質問内容(日本語訳)>
VMWare Vsphere Hypervisor 6.0無償版はEULA(エンドユーザライセンスアグリーメント)の観点で以下のような商用利用をすることは出来ますか?

●社内でのテスト環境での使用
●社内での社員向けトレーニングに使用
●社内での業務サービスに使用

もし、商用利用がOKであれば、その旨に言及している資料が何処にあるか教えて頂けますでしょうか?


<サポートからの回答>
Hi Team,

Thank you for contacting VMware Customer Support.

I will assist you on the Support Request # XXXXXXXXXXX.

As I understand, you have queries with regard to vSphere Hypervisor 6.0.

I would like to inform you that vSphere Hypervisor 6.0 can be used for both personal and commercial use.
Yes, User could use vSphere Hypervisor 6.0 for Testing, Training and for commercial use.

Please refer the links below for more information on vSphere Hypervisor 6.0:
http://www.vmware.com/in/products/vsphere-hypervisor.html

https://www.vmware.com/files/pdf/products/vmware-vmware-go-fq-en.pdf

Please refer the Knowledge Base article on downloading and licensing vSphere Hypervisor (ESXi 6.x):
http://kb.vmware.com/kb/2107518

However, vSphere Hypervisor 6.0 has a limitations that it cannot be managed by vCenter Server and number of vCPU(s) that can be created per VM is 8.

For further assistance, please provide your convenient time and the best contact number to reach you.

If I have addressed your concern, please let me know if I can go ahead and close the Support Request # XXXXXXXXXXX.

Awaiting your response.

Regards,


<サポートからの回答(日本語訳)>
皆さんこんにちは、VMwareカスタマーサポートにアクセス頂きありがとうございます。
お問い合わせのサポートリクエスト番号XXXXXXXXXXXのお手伝いを致します。
私の理解の限りではvSphere Hypervisor 6.0に関するご質問のようですね。
vSphere Hypervisor 6.0は個人用・商用の両方の用途でご使用可能です。
そして、商用利用でのテストやトレーニングにもご使用頂けます。
vSphere Hypervisor 6.0に関する詳細につきましては、以下のリンクをご参照下さい。
http://www.vmware.com/in/products/vsphere-hypervisor.html

また、以下のナレッジベースでvSphere Hypervisor (ESXi 6.x)のダウンロードやライセンスに関する記事をご参照頂けます。
http://kb.vmware.com/kb/2107518
https://www.vmware.com/files/pdf/products/vmware-vmware-go-fq-en.pdf

但し、vSphere Hypervisor 6.0には制限事項があります。vCenterサーバでは管理出来ず、1つの仮想マシンにつきvCPU数が8までとなっております。もし更にお手伝いが必要であればご都合の良い時間帯と連絡先電話番号をお伝え下さい。もし、私のご説明で問題が解決したのであれば、サポートリクエスト番号XXXXXXXXXXXのお問い合わせをクローズさせて頂きたく思います。
それではご連絡をお待ちしております。

« 2013年8月 | トップページ

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30