-天気予報コム-

Flag counter

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

東芝のTV REGZA 32ZP2のWebブラウザのUAを調べてみた

 ふと気になったので、先日購入したREGZA 32ZP2に付いてるブラウザのUAを調べてみました。

ユーザーエージェント: Mozilla/5.0 (DTV; TSBNetTV/T32013713.0203.7DD; TVwithVideoPlayer; like Gecko) NetFront/4.1 DTVNetBrowser/2.2 (000039;T32013713;0203;7DD) InettvBrowser/2.2 (000039;T32013713;0203;7DD) YahooDTV/1.0 (Video=0x03;Audio=0x01;Screen=0x01;Device=0x00;Remote=0x10)
OS:DigitalTV
ブラウザ:InettvBrowser 2.2
設定: JavaScript ○ Cookie ○ Flash ○ Java ×
表示環境: 960x540 (32bpp)
言語: ja (Japanese)

 液晶自体の解像度はフルハイビジョンなのにWebブラウザで動作するときは960x540なんですな。ってか、このBlogのトップページを表示しようとしたらメモリ不足になりました。うーん、メモリけちってるなぁ。
 で、早速SafariにこのUAを設定してYahoo!のトップページを表示したら……TV用のポータルが表示されました。字が大きいんですなぁ。

【2011年12月時点】フィリピンプリペイド携帯電話網インターネット接続サービス比較@セブ

 関連記事はこちら。
フィリピンの携帯電話事業者GlobeのプリペイドSIMでのデータ定額サービスに関して(2011年10月時点)
フィリピンの携帯電話事業者SmartのプリペイドSIMでのデータ定額サービスに関して(2011年10月時点)
フィリピンの携帯電話事業者Sun CellularのプリペイドSIMでのデータ定額サービスに関して(2011年10月時点)
フィリピンの携帯事業者Sun broadbandのSIMロックの掛かったUSBモデム(Huawei E153)のロックを一時的に外してSmart buddyのプリペイドSIMカードでインターネット接続に成功した
フィリピンの携帯事業者GlobeのSIMロックの掛かったUSBモデム(Huawei E153)のロックを一時的に外してSUN BroadbandのプリペイドSIMカードでインターネット接続に成功した

 2011年12月中にフィリピン英語語学留学でセブ島に滞在したのですが、この際に携帯電話網インターネット接続サービスを色々実際に利用したので、この時点での情報をまとめます。なお、基本的な日常会話レベルの英語が理解出来ない方には、フィリピンでのプリペイド携帯電話網インターネット接続サービスの利用はお勧めしません。それ以下のレベルにかみ砕いて説明するのが面倒なもんで(笑)。


●はじめに
 まず、フィリピンでメジャーな携帯電話事業者はGlobe、Smart、Sun broadbandの3社です。いずれも携帯電話網を利用したインターネット接続サービスを提供しています。この際、SIMカードはプリペイドでも可能ですが、音声通話用と異なるSIMカード(つまり、その辺のキオスクで売っている物ではない)でなければ、インターネット接続サービスが利用出来ないものがあったりするので要注意です。

 まずはSmartです。通常の音声通話(+SMS)用のSIMカードとロード用(フィリピンではチャージのことをロードと呼ぶ)はSmart Buddy(グリーンのもの)で、『定額』インターネット接続できるものはSmart Bro(オレンジのもの)です。Smart Broは、iPhoneなどで使う用のmicroSIMの切り取り線も付いてますね。
Sn3s0223


グリーンのSmart Buddy用のロードカードはSmart BuddyのSIMカードにしかロードできません。一応Smart Buddyでもインターネット接続は設定次第では可能ですが、定額ではないのでお勧めしません。この写真のSmart BuddyのSIMカードは40~50ペソ前後でそこらのキオスクでも携帯電話屋さんでも扱っています。
Sn3s0226


 逆にオレンジのSmart Bro用のロードカードは、Smart BroのSIMカードにしかロードできません。Smartで定額インターネット接続したい方は、緑色ではなくこのオレンジ色の『Smart Bro』のSIMカードとロードカードを探して下さい。
Sn3s0225

 あ、SUN Broadbandも定額インターネット接続用SIMは通常用SIMカードとは違いますし、ロード用カードも異なりますのでご注意を。詳細は後述します。


●USBモデム
 携帯電話網インターネット接続サービスは主にUSBモデムとセットで販売されています。いずれの事業者ともSIM+USBモデム+無料通信サービスのキットがあり、値段はいずれも1000P程度です。SMやアヤラモールの携帯ショップを回れば売っています。どちらかというとSMの方が携帯ショップは多いです。
 今回は、GlobeとSUN BroadandのみUSBモデムキットを購入しました。


 GlobeのはT@ttoo(タトゥー)というブランドで提供していました。派手な彩色です。
Sn3s0263


 GPRSやEDGE(GSM用の通信方式)だけではなく、3GのUTMS(日本で言うW-CDMA)はおろか、3.5GのHSDPAにまで対応しています。対応規格HSDPA 3.6Mbpsまでですが、当然ながら実測はそんなに速くありません。あ、Windows 7 64bit版でも問題なく動作しました。
Sn3s0265


 USBモデムも派手な彩色ですが、中身はSUN Broadand提供のUSBモデムと同じくHuawei社製のE153です。まぁ、SIMロックが掛かってますけど。
Sn3s0266


 裏面はこんな感じ。
Sn3s0267


 カバーを外すとこんな感じ。左側スロットにSIMカードを入れます。
 Sn3s0268


 SIMカードが入っていた封筒はこんな感じ。
Sn3s0269


 SIMカードはこんな感じ。通常、クレジットカードサイズの台紙の真ん中にSIMカードが付いているのですが、この台紙はちょっと小さめ。
Sn3s0270

 さて、お次はSUN Broadband。黄色がコーポレートカラーなのでしょうか?
Sn3s0244


 USBモデム本体と箱の裏面。モデムはSmart Broと同じく対応規格HSDPA 3.6Mbpsまでですが、更に高速対応のUSBモデムも1200P程度で販売していました。Smartと同じく、Windows 7 64bit版でも問題なく動作しました。余談ですが、T@ttoと同じくmicroSDカードリーダ機能も付いています。
Sn3s0249


 USBモデムの裏面はこんな感じ。
Sn3s0250


 SIMカードが入っていた封筒はこんな感じ。やっぱり黄色いです。
Sn3s0245


 SIMカードはこんな感じ。当然黄色いです。
Sn3s0246


 キャンペーン中でおまけのネックストラップを貰いました。言うまでもなく黄色いです。
Sn3s0247

●通信料金
定額インターネット接続の料金はこんな感じ。詳細はこのエントリの最初に張ったリンクをご覧下さい。
Globe :5日で220P
Smart Bro:5日で200P
SUN Broadand:1週間で250P(最安)

 スターターパッケージに無料で5日間定額インターネット接続サービスが付いていたので、Globeのロードカードは購入していないので写真はありません。
 Smart Broのロードカードは上述のオレンジ色の物です。街のキオスクでは置いていないので、ショッピングモールに行って買って下さい。
 SUN Broadandのはこんな感じ。
Sn3s0271

 裏のスクラッチを削ってあとは英語で書いてある手順に従って下さい。
Sn3s0272

●ロードカード入手性
Globe :通常の音声通話の物の使い回し可能。よって容易に購入可能。
Smart Bro:通常の音声通話の物とは異なる。SMやAyaraの携帯屋でないと購入は無理。
SUN Broadand:通常の音声通話の物とは異なる。しかも、100,300等の度数単位でなく、無料定額通話日数毎にカードが用意されている。加えて、通常の携帯屋では置いておらず、SUN Broadandの店に行く必要あり(SMモールにて購入した)。


●USBモデムでの通信速度と品質
とりあえず、通信速度を色々な条件で測定してみました。

×Globe :論外、糞レベル。12/18(日)の晩22:00頃に確認。
12/19 13:00@ITパークでは遅いが一応繋がった。
12/19 21:00頃@ドミトリーでは論外。
12/21 0:20頃@ドミトリーでは論外。
※Globe用のUSBモデムを購入しなかったのでSmartやSUNのUSBモデムのSIMロックを解除して測定しました。

△Smart Bro:遅いし、すぐタイムアウトになりあまり安定していない。平均すると室内で100~200kbps程度。

○SUN Broadand:Smartよりは安定性も速度も優れている。平均すると室内で200~300kbps程度。
12/18(日)の晩22:00頃に確認したら、スピードは低下して、ページ内の画像がエラーで表示できなかったり不安定な通信になっていた。
12/19 15:00頃@ITパークでは結構速い。
12/19 21:00頃@ドミトリーでは論外。
12/21 0:20頃@ドミトリーで500~2000kbps。なかなか速い…が、mixiやMy Yahoo!などの一部サイトではgateway timeoutでまともに開けず。

※各社とも曜日や時間帯に大きく依存する模様です。

●スマホでの使用
 SIMロックフリーでGPRS/EDGE/UTMS/HSDPA対応のAndroid携帯(Huawei社製のIdeos海外版)を持ってきていたので、これでもインターネット接続は試しました。スマホの処理能力が低いせいか、USBモデムで接続するときよりも通信速度は低かったです。
 なお、ほとんどの日本のスマホはSIMロックが掛かっているので、SIMカードを差し替えたらすぐ使えるワケじゃありませんのでご注意を。SIMロックの外し方まではココでは触れませんので、興味のある方はググってみて下さい。


●まとめ
 いずれの事業者も日本のようにどこでも好みのサイトをサクサク閲覧というわけには行きません。
が、あえて言うならSUN Broadandが一番安定していました(3番手なのでユーザが少ないから空いているとの噂)。また定額料金も最安です。が、ロードカードはSMのSUNの公式ショップまで買いに行く必要があるのが難点です(しかも並ぶ必要あり)。
 SUNほどSIMカードを買うのが面倒じゃなく、スマホで音声通話&インターネット接続もしたいという人にはSmartがお勧めです。
 Globeは……お勧めしません。

2011年12月版セブ(フィリピン)語学留学に持ってくると良い物リストその1

 はい、既にセブ英語留学から帰国して半月も経っていますが、色々調べた情報をまだblogにアップしてません。期待させた関係者の皆様、スミマセン。ってことで、とりあえずは持って行くと良い物を挙げてみます。まずは、医薬品と食料です。

<薬類>
○総合感冒薬
○漢方系胃腸薬
 →神経性胃炎用と二日酔いや食べ過ぎ用は別々に買うと便利。
○下痢止め
 →ストッパとかお勧め。ただ、必ずしもピタッと下痢は止まるとは限らないので注意。
○解熱鎮痛剤(イブなどのイブプロフェン系がよい)
 →マラリアの場合に備えてバファリンは避ける(マラリアではアセチルサリチル酸は禁忌)
○部屋にスプレーする虫除け
 →日本でも冬場は売ってる薬局が非常に少ない。ドミでは特に要らないけど、旅行に行くときとかに便利。
○体に噴射する虫除け
 →セブにも売ってるが成分がきつめ。
○ビタミン剤など
 →お酒をよく飲む人はヘパリーゼプラス(錠剤)をネット通販で買うと良いかも(これは日本でも役に立ちます)。
○喉スプレー
→のど飴的な物(Strepsils[ストレプシルズ])は薬局やスーパーで売っているけど、喉スプレーは見たことがない。空気が汚いせいか気候の変化のせいか、鼻や喉をやられることが多いのであると良いと思われる。

※鎮痛解熱剤(バファリンとかイブのようなもの)はセブの薬局でも売っているけど、総合感冒薬(パブロンとかルルとか)が見当たらないんで、これは是非推奨。


<食べ物>
○ご飯用ふりかけ
○インスタント食品
 →かさばるので程々に。ラーメンは日本の物の方が遥かにローカルのインスタント麺より美味しい。
○粉末のお茶
 →緑茶や烏龍茶の粉末をウオーターサーバーの水に溶かしてペットボトルで持ち歩くと良いかも。

※高いけど大抵の調味料やインスタント食品は大きなスーパー(SMやアヤラモール)に置いてる。キッコーマン醤油、味噌、日本の会社のインスタント麺なども売っている。なので、別に無理して持って行かなくても良いかも。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30