-天気予報コム-

Flag counter

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

フィリピンの携帯事業者GlobeのSIMロックの掛かったUSBモデム(Huawei E153)のロックを一時的に外してSUN BroadbandのプリペイドSIMカードでインターネット接続に成功した

前回ネタはこちら。

http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/12/sun-broadbandsi.html

フィリピンの携帯事業者GlobeでもHSDPA(3.6Mbps)対応USBモデム+プリペイドSIM+5日間無制限接続のセット販売が995PにてSMモールで発見しました。ぶっちゃけ、Globeの方は、SIMカードの度数のチャージが通常の音声通話用SIM用のload cardと同じ物が使えるので潰しがきいてお勧めです。SUN Broadbandに至ってはそこらの店ではなく、SUN Broadbandのショップでないと売ってない模様なので結構面倒です。まぁ、その分SUN Broadbandのサービスは安めですけど。


 ともあれ、GlobeのこのセットはT@tooと言う名で売られていました。USBモデムの見かけは派手ですが、SUN Broadband用のと同じく、Huawei製のE153でした。それぞれの事業者用にSIMロックが掛かっているのも同じでした。……そして一時的なSIMロックの外し方まで全く同じでOKでした。方法は前述の記事を参照して下さい。

 なお、この記事のカキコもGlobeのUSBモデムを一時的SIMロック解除して、SUN BroadbandのSIMカードにて通信をして書き込んでいます。

 また近日中にT@too用のSIMカードやらUSBモデムの写真はアップするつもりなので乞うご期待。

 そうそう、SmartでもUSBモデム付きの定額無制限インターネット接続キットがSMマートで売ってました。で、Smart、Globe、SUN Broadbandの3社ともほぼ同じ価格(1000P弱)で提供してますが、いずれもモデムの速度の上限は3.6Mbpsっぽいです。というか多分全部HuaweiのE153じゃないかと思われます。
 なお、Smartだと1200~1300P程度出すともうちょい最大速度が速いUSBモデムが買えるらしいです。まー、上限が速くても実際の速度は遅いので、買う価値があるかは微妙ですけど。

フィリピンの携帯事業者Sun broadbandのSIMロックの掛かったUSBモデム(Huawei E153)のロックを一時的に外してSmart buddyのプリペイドSIMカードでインターネット接続に成功した

関連ネタはこちら。

http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/10/sun-cellularsim.html
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/10/smartsim201110-.html
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/10/globesim201110-.html

 Sun broadbandのインターネット接続用SIMとUSBモデム(Huawei製 E153)に5時間無料インターネット接続サービス付きのセットを990ペソで今日衝動買いしました。ま、既にSmartのSmart Broというスマホで定額インターネット接続可能なSIMカードを持っていたのですが、チャレンジャーなので買ってみました。
 で、当然ながらSun broadbandのSIMとUSBモデムの組み合わせでのインターネット接続はOKで接続ソフトはこんな感じ。そういや、色違いで同じような接続ソフトをアルジェリアで見たことがありますわ。Huawei社のUSBモデムは接続ソフトやファームウェアがローカライズされて世界中で使われているっぽいですな。

Sun_broadband_wireless01

接続速度はこんな感じ。GPRS接続っぽくて遅い感じ。
Sun_broadband_wireless02


……のようでしたが、サイトによってはそれなりの速度が出てました。まー、HSDPAの割には遅すぎですけど。
Sun_broadband_wireless04

 ちなみにIPアドレスはこんな感じ。2chに書き込もうとするとIPアドレスが公開proxy扱いされてカキコできませんでしたorz。
Sun_broadband_wireless03


 で、ここからがじゃんかーの腕の見せ所。SUN Broadband向けのUSBモデムにSmart社のSIMカードを突っ込んでみましたら、こんなん出てRejectされました。
Sun_broadband_wireless05_insert_sma


 見るからにSIMロックが掛かっている感じですが、ココまでは想定内。で、ググって調べてHuawei UnlokerやHUAWEI_MODEM_Code_Writer等のソフトでSIMロック解除を試しましたが、ダメでした。
 もうダメかと思ったとき一筋の光明が。
http://ezpctricks.blogspot.com/2011/05/how-to-unlock-huawei-e153-usb-modem.html
http://www.mediafire.com/?o2571d2oov2kbj9

 上記リンクの「Huawei Unlocker.exe」を使用して試行錯誤したら繋がりました。手順はこんな感じ。あ、生IMEIを一部消し忘れてるけどまぁいいか(笑)。
Sun_broadband_wireless08_execute_hu

1.Smart buddy SIM差しでHuawei Unlocker.exeを実行。
2.「Reflesh」でCOMポート設定→「IMEI入力」→「CALCULATE」→「READ MDM DATA」を何度か実行
3.一時的にunlock成功。
4.インターネット接続も確認。スマホのテザリング経由でのインターネット接続よりかなり速いです。
あ、APNの設定とかはSMART用に設定を追加が必要ですので念のため。Access NumberはSUN Broadbandの物と同じく「*99#」です。APN周りの設定に関しては以下が参考になります。
http://aljoriz.blogspot.com/2010/03/how-to-unlocking-smartbro-white.html

SUN Broadbandの接続ツールでSmart BuddyのSIMが認識された証拠画像を挙げておきます。
Sun_broadband_wireless10_connected_

 但し切断後、再度USBモデムを接続すると接続ツールでエラーが出るので、やはりこの方法のSIMロック解除は一時的なものの模様です。とはいえ、まぁ毎回使用前にロックを外せばなんとか使える感じです。
 さて、今度はGlobeのSIMでも試そうかなぁ……。

香港で買った中華Tablet(GADMEI T820)について色々調べた。

 只今香港に来てます。フィリピン留学の途中に立ち寄りです。外国に行くと常に電気街に寄ってしまうのですが、ここでも例に漏れず香港でも寄りました。地下鉄荃灣線(Tsuen Wan Line)の深水埗(Sham Shui Po)駅D2出口から出てすぐにある『黄金電脳商場(Golden Computer Arcade)』に行きました。
 バンコク・ソウル・パリなどの電気街に比べ、思ったよりパチモノ臭は少なく正式版のソフトも多く販売されてました。まー、あまりディープなところまで行ってないから海賊版を見なかっただけかも知れませんが。とはいえ、アンチウイルスソフト販売会社のaviraが地下鉄広告を出してたりするので、ソフトはきちんと購入する文化がある程度根付いてるのかも知れません。

 ともあれ、この電気街の店で怪しげな中華Tablet(GADMEI T820)を1299HK$で購入。専用ケースも付いてました。解像度が1280x768と比較的大きいわりに本体はあまりで重すぎず、USB空の充電も可能なのが気に入りました。

 しかし、店頭の実機には公式のAndroid Marketがインストールされていたのに、私が買ったものには入っておらず。まぁ、中華パッドにはよくあることなので覚悟はしてましたが。ただ、店頭の実機に入っていたので何らかのインストール方法があると考え、翌日買った店に凸。……でも、商品の箱に書いてあるサポート先に電話しろとの冷たい対応。売ったら売りっぱなしかよ、
 おい。結局食い下がらずにホテルに帰って調べました。すると、firmwareのダウンロードサイトを発見。
http://www.everbesthk.com/8-download/gadmei_download.htm

 2011年9月9日版が画面の輝度を増加とシステムの安定性を向上、2011年10月7日版が3Gドングルのサポート強化だそうな。
 まー、このfirmwareを入れたところでGoogle公式Marketが入るとは限りませんが、とりあえずupdateは試してみます。文鎮化したらそれまでですけど。

なお、購入時のソフト情報はこんな感じ。
Android version: 2.2.1
Kernel version: 2.6.34 mountain.peng@droid03-sz #2
Build number: T820.V0.24.20110928

そうそう2011年10月7日版のインストール方法の日本語訳を載せておきます。あ、google翻訳なので変な日本語なので悪しからず。
http://www.everbesthk.com/8-download/gadmei/T820/UPGRADE_T820_20111007.htm

T820アップグレードガイド:

注:必要に応じてアップグレードのマシンは自動的に、すべてのデータが消去される、バックアップ用のファイルをコンピュータにコピーしてください。

1)まず、ダウンロードして抽出するソフトウェアをアップグレードします。

2)次のファイルが直接内でSDカードにコピーされます。

factory_update_param.aml、
u - bootの-512M- UartB.bin、
uImage_recovery、
licence1.ef、
update.zip(抽出不要)

3)SDカードを差し込み、T820がオフになっているかを判断。

4)"戻る"ボタンとパネルと電源ボタンをプロンプトが起動するまで押し続けます。
→『"戻る"ボタンと電源ボタンをアップデート画面が出るまで押し続ける』が正しいかも知れません。

5)T820は、自己更新します。

6)アップグレード後、T820は自動的に、再起動をシャットダウンします。

7)アップグレードは完了です。

 そうそう、Kingston製のmicroSDHCカード8GB(class4)が55HK$(約550円)だったので、このTablet用に衝動買いしました。まー、自宅に帰れば16GBのmicroSDHCがゴロゴロしてるから別に買わなくて良かったのですが安かったのでついつい手を出しました、偽物か本物かは知りませんが。


 で、先ほどfirmware更新は成功。ソフト情報はこんな感じ。って殆ど変わってないやん……。
Android version: 2.2.1
Kernel version: 2.6.34 mountain.peng@droid03-sz #2
Build number: T820.V0.24.20110929

 しかも、購入時に入っていたAppInstalller(apkのパッケージ色々)全部消えてるしorz。まー中華版アプリのapkばかりなので使わなかったと思うけどね。

 あと、z4root 1.3.0でrootは取得出来ました。が、マーケット関連のapkをIDEOSからコピーしてきたけどインストール出来ませんでした。また、miniUSB端子から充電可能と店員は言っていたのに、PCと接続しても「放電中」になってます。ホンマ、パチモンと言うより嘘ばっかやわ……。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31