-天気予報コム-

Flag counter

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

モンペリエ(Montpellier)のスーパーを調べてみたその2

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2011/04/montpellier-c27.html

 さらにモンペリエの買い物スポットを語学学校の授業後に調べに行きました。

 トラム(路面電車)の1号線の終端であるOdysseumに郊外型のショッピングモールがあります。
http://www.montpellier-agglo.com/tam/page.php?id_rubrique=31&id_fichier=47

http://www.ikea.com/fr/fr/store/montpellier
 日本でもおなじみのIKEAもありました。物価の高めのフランスではIKEAはかなり安く感じました。まぁ、借り暮らしのstudio(ワンルームマンション)住まいなので、家具は要らないんですが、据え付けの筈のフライパンが無くてクレームを付けたらいつ準備出来るか分からないとふざけたことを言われたんで買いに行った訳です。
 他にもスーパーがあったのでついつい食料を色々買い込んで気がついたら40ユーロくらい使ってました。お陰で2週間引きこもっても十分持つくらい食料の在庫がありますが(笑)。

 なお、私は外から見ただけですが、水族館decathlon(フランスでは有名なスポーツ用品店)もありました。

 そうそう、昨日は語学学校のある中心街でもPolygoneと言う名前の大型商業施設があったので行ってみました。
 こっちもスーパー(置いてるプライベートブランド商品を見る限りではMonoprix系みたい)やgo sports(これもフランスでは有名なスポーツ用品店)がありました。
 あと、書籍・DVD・ゲーム・パソコンなどを扱っているFNACもPolygoneの地下にありました。manga(一応フランス語のbande dessinéeとも書いてたけどしっかり「manga」と書かれてた)のエリアはほとんど日本の漫画やアニメ商品が並んでました。DVDに関しては日本より安いものも結構あったので思わず買ってしまいそうになりました。名犬ジョリーなど懐かしのアニメもあったり、One pieceの最新刊(日本よりは当然遅れていますが)が置かれてました。パソコン関係は残念ながら日本より高いです。
 モンペリエの地図(フランス語版ね)はFNACやGo Sportsに会ったような気がします。まぁ、私は中心街の雑貨屋で買いましたが。

 なお、どこも日曜は午前中のみ営業もしくは閉店なのでご注意を。明日は午後から自転車で海に行く予定です。よって買い物は今日のうちに済ませたかったんで、買い物大会をしてしまった訳です。明日は浪費はしない予定です。

 あ、そうそうMontpellierで日本関係のイベントがあるのをPolygoneにあるゲーム屋に置かれてたフリーペーパーで知りました。5/21、5/22にあるみたいですが、漫画・アニメ・コスプレと言った系統のイベントのようです。
http://www.japansun.fr/
 最近のアニメや漫画は全然詳しくないのですが、日本のカルチャー(既にサブカルではないでしょ)がどう捉えられているか知る良い機会なので見に行ってもいいかなと思ってます。この頃はDELFの試験が終わってないので、遊んでる余裕があるか分かりませんが。それに街の中心街から離れている上、トラムの終端からさらにバスで行かねばならない僻地っぽいんで。

 最後に語学学校ネタ。
 宿題を忘れたり、宿題をする問題を間違ったり、宿題の課題のとらえ方を間違えたりしてますが、まぁ無事にやってます。ただ、クラスのレベルがDELF A2相当っぽいけど、他の人は英語・ポルトガル語・ドイツ語などのラテン語系が第一言語の人が多く、語彙数が多くてついて行けない部分があります(私が日常会話用単語を忘れてしまっているのも原因かも知れないけど)。ただ、文法に関しては基本を叩き込まれてるんで負けてませんが。DELF A2とB1の両方を受けるつもりなのでB1対策をしてもらえるのかそのうち相談をした方がいいかもしれません。

モンペリエ(Montpellier)のスーパーを調べてみた

 モンペリエ(Montpellier)の中心と言えばコメディ広場(la place de Comedie)。この辺りにあるスーパーや日用品を売っている店情報をあげておきます。他にこの種の情報があればわざわざblogのネタにしませんが、見当たらないのでまとめておきます。
 なお2011年4月26日現在の情報なので、その後情報が変わっても責任は持ちませんのであしからず。

 また、日曜は基本的に午前のみ営業か閉まっているんで、日曜午後にモンペリエに到着した場合、スーパーで買い物は難しいと思います。というか、レストランやカフェ以外の店は大抵閉まってます。あ、平日でも昼休みで2~3時間くらい普通の店も閉めてたりします。


○Monoprix
Rue de VerdunとRue de Magueloneの間でコメディ広場沿いにあります。食料品はそれなりに揃っていますが、日用品はイマイチです。料理を保存するタッパーとかを探しても見つけられませんでした。ちなみに醤油、ごま油、和そば、わさび、味噌汁(但し1人前ずつではなく3人前がまとまったもの)なども置いてたのでびっくりしました。

○小さいスーパー(名前失念。後で調べます)
 コメディ広場からRue de Verdunをまっすぐ行ってしばらくすると右側にあります。この店は日曜も開いてたので、到着日に食料品などにありつけました。ここも醤油を売ってました。ビールやワインもありますが冷やされてません。まぁ、他の店でもビールやワインは冷やさず売っている場合が多いみたいです。

○2ユーロショップ
100均みたいなもんです。コメディ広場からRue de la Logeに入り、2本目の通りのGrand Rue Jean Moulinへ左折します。しばらく歩くと右手に「2ユーロ(日本語じゃないよ、ユーロの単位記号ね)」と書いた店があるのでそこです。タッパーとかの生活用品やハンガー、洗濯かご、包丁なども安く買えます。
 なお、その近くにもう一件雑貨屋(Give me 5)があります。こっちは2ユーロじゃなくちょっと高いけど同じく生活用品を売ってます。皿、コップなどなど。

○カルフール(Carrefour)
 フランスのスーパーと言えば、カルフール。フランス語で「交差点」を意味します。だからといって交差点沿いにしかない……と言う訳じゃないと思いますが。ともあれ、Montpellierにあるはずだと言うことで公式ページで調べました。まだ、言ったことがないのでそのうち探検に行きます。
 ってことで中心街から徒歩またはトラム(いわゆる路面電車)で行ける程度の店を中心街から近い順に挙げておきます。

・Market MONTPELLIER CROIX D'ARGENT
開店時間
 月~土: 8:30~20:30
 日: 8:30~12:00
住所 1742 avenue de Toulouse LA CROIX D'ARGENT
http://www.carrefour.fr/magasin/market-montpellier-croix-d-argent
Webページを見る限りではコメディ広場沿いのようです。が、あるのに気付いてませんでした。明日授業の前に時間があればチェックするかな。

・City Montpellier Laissac
開店時間
 月~土: 7:00~22:00
 日: 9:00~13:00
住所:6 place Laissac
http://www.carrefour.fr/magasin/city-montpellier-laissac
この店も通学路沿いのはずなんですが、気付きませんでした。

・Market Montpellier Jacques Coeur
開店時間
 月~土: 8:30~21:00
 日: 9:00~13:00
住所:ZAC Port Mariane Jacques Cœur Ilot B
http://www.carrefour.fr/magasin/market-montpellier-jacques-coeur
トラム1号線のPort Marianne駅近くのようです。

・Market Montpellier Justice
開店時間
 月~土: 8:30~20:30
住所:1454 Avenue de la Justice de Castelnau
http://www.carrefour.fr/magasin/market-montpellier-justice
トラム2号線Charles de Gaule駅近くのようです。

 ちなみに今日、というか昨日(4/26)にプリペイド携帯電話のSIMカードを買いましたが(事業者直営のOrangeの店)、これは2ユーロショップのある通り沿いにありました。

語学留学一日目の感想

 ということで、語学留学授業一日目の感想です。毎日書くかはインシャラーです。
今日の感想(「かんそう」を変換すると「換装」が最初の候補に出るんで砂、私のATOKは)を列挙しておきます。


○モンペリエの感想
・パリと同じで浮浪者が多く、物乞いされる。昨日今日だけで5回以上はされた。
言葉が通じないフリで完全無視。こちらから用事もないのに道ばたで知らない人から話しかけてくる場合は、忘れ物をしたり落とし物をしたときに対応するくらいで十分です。こっちは心身を削って稼いだお金をそう簡単にくれてやる気にはなりません。でも、クラスメイトは信心深いのかあげてましたけど(別の物乞いが直後に来たら来たらさすがに断っていたけど)。

・浮浪者がなぜか昼間から広場でビールを飲んでいる。
浮浪者なのかバックパッカー崩れなのか区別が付きませんが、道ばたの酔っ払いに関わるつもりはありません。
ってか、物乞いしてビール飲んでる神経が理解出来ません。働けよ、マジ。


・犬の糞だらけ。
飼い主のマナー最低です。この街では「下を向~いて、歩~こうよ、犬の糞を践まな~い~よ~ぉぉに~♪」って感じです。デジカメで風景を撮るときも油断しがちです。雨の後に流されるかと思ったら、軟化はしていたもののしぶとく地面に落ちてました。


・街がゴミで汚い。
パリだけかと思いましたが、そこかしこにゴミが投げ捨てられてます、ゴミ箱があるのに。しかも、人の集まる所ではゴミ箱も酒瓶とかでいっぱいだったりします。ってか、シンガポールまで厳しくしろと言わないけど、「ゴミはゴミ箱に」を教育か家庭でしっかり教える事は出来ないんでしょうかね。折角歴史ある建造物も落書きやゴミで台無しです。ゴミのマナーの悪さはジブチ・アルジェリアでも同じでしたが、諸悪の根源は旧宗主国だと分かりました。


・道の掃除はパリと同じ方法
早朝に散水車でゴミと砂埃を吹き飛ばしてるだけっぽいです。


・パリよりは安全に感じた
モンペリエは大学都市として栄えてきた経緯があるせいか、外国人が沢山います。が、パリに比べて治安が悪そうには感じませんでした。ま、パリの北駅付近とモンペリエの中心街を比べて行っているが間違いかもしてませんが。とはいえ、パトカーが街を巡回して、不審者を尋問してるのを見ました。
特に今は21時過ぎまで明るいので、治安が良さそうに見えるのかも知れませんが。


・スーパーの食品の品揃えは悪くない
売ってないと思っていた醤油(キッコーマンではない)、ごま油、味噌汁の素、わさび、和そばなどがMonoprixにあってびっくりしました。ワイン、シードル、ビールは安いです。ビールは500ml缶でも100円程度です。調子に乗って毎日飲むとまたγ-GTPが急接近、じゃなかった急上昇しそうです。
 但し、衣料品・調理器具やタッパーなどの日用品はMonoprixで見つけられませんでした。


・日本語による印刷して便利な地図が見当たらない
まー、パリとは違うので仕方ないですが。長期滞在者向けにスーパー、携帯電話ショップ、ネットカフェ、日用品販売店などが書かれたものが欲しいです。観光地図なら英語版が語学学校で貰えましたが。って、私月くれって事ですか、そうですか。暇があったらgoogle mapにでも追記するかな。


・日曜はレストラン以外はほとんど開いてない。
一部開いてる小規模スーパーもありました。ここでも醤油があってびっくりでしたが。日曜到着・月曜授業開始で日曜に買い物を全部済ませるのはほぼ無理です。


・歴史ある建造物が結構ある
好きな人には堪らないかも知れませんが、世界史赤点の私には英語でガイドされても半分くらいしか理解出来ませんでした。欧米人はヨーロッパ史は自国の歴史に含まれるので、みんなよく知っている感じでした。と言いながら、GPS機能付きデジカメであちこち撮りましたけどね。


・アラブ系のレストランが多い
ケバブ・クスクス・マルゲーズなどを出してる店が多かったです。ランチは自分で作る時間に起きられないので(そもそも弁当箱もスーパーで見つけられてないし)学校近くのこういった店で食べることになるでしょう。でも、そのうち飽きるだろうなぁ。


・中華料理店は当然ある。
ま、人間が住んでる所には大抵ありますが。そのうち食べに行くでしょう。突然豚肉食べたい症候群になるでしょうから。ま、生ハムやチョリソーとかがスーパーで2ユーロ程度で売ってるので、そこまでならないかも知れませんが。


・フランスで一番晴天の日が多い筈なんだけど……
早速スコールのような豪雨と雹が降りました。まぁ、1時間くらいで止みましたが。誰だ、雨男/雨女は?


・アジア人が奇異の目で見られない。
 ま、アフリカと南アメリカだけですかね、「シノア」「チーノ」「ヒーホー」「アリババ」とか言われるのは。
そもそも外国人が多い街だから、いちいち前述の罵声は言ってこないんですな。これだけでも少しストレスは少なくなりますけどね。

○語学学校について
あんまり特定されると私自身も特定される可能性があるので、学校名は出しません。ま、断片的な情報で調べたら分かると思いますが。


・口頭テストは意外に難問ではなかった
→テストの際ゆっくり喋ってくれていたのと何を聞かれるかおおよそ想像が付いていたので、先生が言っていることはほぼ理解出来ました。そう思い込んでるだけかも知れませんが。自己紹介や何でフランス語を勉強しているかとか。ま、自己紹介レベルの語彙はあるので自信はありましたが、男性名詞・女性名詞の冠詞とか活用とか発音は怪しいので、それなりのレベルに振り分けられました。
 筆記は日本にいるときにネットで受けましたんで、この日は私は受けませんでした。


・クラスメートは多国籍
 スペイン、アイルランド、ドイツ・スイス・ルーマニアなどのヨーロッパを始めオマーン、ブラジル、インド、日本など様々な国籍の人がいました。MAXで1クラス10人とのことで今週は7人でした。でも、みんな基本は英語・スペイン語・ポルトガル語などのラテン語系はマスターしてるんですよね。その辺りが私にはアドバンテージがないです。母国語と言語系が違うと大変です。まぁ、アラビア語が母国語の人もいるので(英語も話せる)、義務教育から高等教育で10年、その後独学でちょくちょく勉強して句照るのでそんなことを言い訳にしてられませんが。っていうか、日本語以外を話すときは私は聞き手に回ります。聞くのに集中して話すタイミングを逸してしまったり、大事なポイントを度々聞き違えたりするので。
 ま、挨拶レベルならアラビア語・ソマリ語・韓国語・中国語も喋れるとハッタリをかましてもいいのですが、ハッタリ以外の意味はないのとボロがすぐ出るのでそれはやめておきます。


・クラスメートは年齢も様々
 語学留学エージェントのサイトでの情報に比べ、平均年齢は若干高めのようでした。ま、その方が居心地は悪くないですが。おじさんの自覚はありますから。


・意外にに短期留学の人が多い
フランス近辺の国からだとバカンスで1~3週間程度勉強しに来る人も結構いるみたいです。こんな短期間で上達するのが羨ましいです。来週はオーストラリアだったかオーストリアから沢山人が来るみたいなので、クラスが混雑しそうですが。


・立地はよい
街の真ん中の広場からすぐです。ってか、スーパーの隣です。ただ、事務所と教室が別の建物で少し離れてます。日曜に下見をしていなかったら迷っていたでしょうな。


・クラスは毎週組み替えられる
 らしいです。月曜は毎週自己紹介タイムで結構潰されそうです。自己紹介は特に不自由してないので、少なくともあと7回はしないといけないと考えると面倒です。というか、自己紹介より毎週変わるクラスメイトの名前を初っぱなですぐに覚えないといけないのが、人の名前を覚えるのが苦手な私にはマジ辛いです。

 ま、そんな感じです。
 アルジェリアにいたときより日本語をほとんど使わないです。なので外国モードに体が切り替わったため、授業を受けてるだけでも疲れは相当溜まりますね。火水木はDELF受験対策クラスがあるので余計に疲れるでしょうから、体力温存をしないとね。

 毎日は情報を更新しないと思いますが、毎週くらいは頑張って更新したいと思います。写真も早速色々撮ってますし。

6度目のフランス来訪

 数えてみれば今回でフランスは6回目。
 最初は2005年4月にJOCVでジブチに派遣されたとき(帰任の際は別経路なので来ていない)。
あとはアルジェリアへの赴任・一時帰国・休暇などで4回。

 まぁ、海外の中ではアルジェリアに次いで多く出入りしてますな。

 そうそう、来るときは大韓航空仁川経由でCDG着でしたが、搭乗口にてエコノミークラスからビジネスに替えてもらいました。メチャラッキーです。おかげでいつものエコノミークラス肩こり症候群にはならず(普段、飛行機に乗るとほぼ肩と首を痛めてる)で豪華な食事にもありつけました。でも、DS Liteのタッチペンを落として無くしてしまいました(泣)。


 で、RERのB線に乗ってパリ北駅にて地下鉄2号線に乗り換え、anversで降り、先ほどホテルに着いたところです。シャワー付きと思ってたらシャワー・トイレ共同でTV・冷蔵庫・エアコンなしでした。備え付けのティッシュペーパーはおろか、コンセントもなぜかある洗面台にしか付いてません。そりゃ安いわ。これじゃ使い勝手もすこぶる悪いので、語学学校修了後、仏検を受けにパリに滞在するときはこの宿はパスですな。ま、無料Wifiは付いてたのでマシですが。
 奇遇なことに4/24にMonrellierにTGVで向かいますがこのホテルの名前もMontpeller。まー、名前負けしてる気がします。44ユーロと格安ですが、今までパリで泊まったホテルで一番設備が整ってません。

 ちなみに21時前でもまだ外は明るいです。夕食は機内で一応食べましたが、散策ついでに食べ物を探してきましたが、冷えた酒を売ってなかったので、結局パリ東駅近くのMonop(Monoprixの系列の小さいスーパー)で生ハムと炭酸水を買っただけで後は23時頃までうろうろ歩き回っただけです。

 私の泊まっているホテルのある地下鉄2号線anversも含め、北駅付近エリアは確かにパリ初心者にはお勧め出来ないですね。路上のションベン臭さが大阪の某所そっくりです。

 っていうか、思った以上に暑い~。ホテルも建物が石造りのせいか、熱を持ってます。ま、昼間に25℃まで上がれば致し方なしですが。

 あ、そうそうパリのホテルに着いたらまずすること。前述のMonopやMonoprixのようなスーパーを探すことです。ってか、ホテルを決めた時点で探しておくのが賢明ですが、1km程度ぶらぶらすれば大抵見つかります。ビールやワインを売っているのはよいのですが、店によっては冷やしたものがないのが頂けません。
http://www.monoprix.fr/TrouverMonMagasin/Nos-Magasins.aspx

 ちなみにanversの近くのmonopだとココみたいです。朝8:30開店なので、散歩がてらに朝飯を買いに行くつもりです。
http://www.monoprix.fr/trouver-mon-magasin/monop-magenta-paris-2011.html

 なお、パリ以外でも情報があるので結構使えます。明日向かうMontpellierでも恐らくここが最寄りのMonoprixだと思われます。まぁ、生鮮食料品はそんなに安い訳じゃないので、新規開拓が必要になると思いますが。
http://www.monoprix.fr/trouver-mon-magasin/monoprix-montpellier-comedie-montpellier-107.html

行ってきマンモス

只今、関空北ウイングなう。
仁川乗り継ぎで巴里に向かいます。
預け荷物は2.5kgオーバーでしたが、問題なし。

いつもなら、時間潰しはパソコンを取り出してですが、今日はiPod Touch。
なかなか便利やわ、ホンマ。ちなみにiPod touchには一切音楽は入ってなかったりします(笑)。

変圧器をどうする?……重量対策

 変圧器関連ネタはこちら。ってもう6年前に書いたネタなんやなぁ。それでもアクセス解析を見ると時々アクセスがあるので、そういう需要はあるんだなと思ったり。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2005/07/ups_2e45.html

 で、今年はワタクシ、4月中旬よりフランスのモンペリエに語学留学に行って参ります。8週間滞在+約2週間のヨーロッパ飲んだくれ旅行を計画しています。で、タイトルに書いた変圧器をどうするか考え中です。

 実は2月までいたアルジェリアにて、今まで愛用してきたダウントランスTI-200(input 220-240V: 200Wまで、input:110V: 300Wまで)が煙と異臭を漂わせてお亡くなりになりました。APCのUPS(電圧安定化機能付きの無停電電源装置)を通して接続していたにもかかわらず壊れたのでちょっとショックでした。ま、そういうこともあります。

 で、買い直そうかと思いましたが、この変圧器は1kg超の重量です。預け荷物重量制限が20kgのうち1kgと言うのは無視出来ない大きさです。ということで、本当にこのクラスの変圧器が必要なのか考えてみました。その結果、手持ちで100Vしか対応していない電気具は外付けポータブルDVDドライブだけでした。これだけのために1kgは勿体ないので、今回は海外通販で買ったちょっと怪しい80Wのものを持って行きます。これだと315gでしたし。

 また今回の渡航先はヨーロッパであり、途上国じゃないので電圧の変動や停電などはほぼ気にしなくて良いと践んでいます。ま、どうしても容量の大きなものが必要になったら5000円程度で買えると思っていますし。アルジェリアでも0.5~1kWクラスの大きなダウントランスは5000円程度で売っていましたし。

 ということで、学校の予約、飛行機の手配、TGVのeチケットでの予約なども着々と進めています。また、重たい外付け3.5インチHDDは今回は抜きにして、ポータブルHDDに絞り込もうと思っているのでデータの整理大会も行っています。

 あそうそう、2月末の帰国時にスーツケースの角が壊れてたので海外旅行保険を申請したら修理可能となり来週末には手元に戻ってきます。金属ではなくポリカーボネート製だったので修理不能と思っていたら、直せるとのことだったのでちょっと驚いています。

 あと、持って行く書籍も絞り込まないとな。今までの経験から言って沢山持って行っても読めないと言うのが分かっていますんで。

Linux版DiCEでDynDNSを利用しようとしてみた2011年版

 以前の関連ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2009/04/dice-6198.html

 日本に帰国してからはや1ヶ月。ようやく自宅サーバを復旧させました。
 何かメモリか電源かマザーボードの相性っぽい感じで電源を入れてもPOSTチェックの画面が出なかったのです。シングルチャネル差しでmemtest86を動作させるとメモリはOK。でも、その後試行錯誤してると直りました。元の構成に戻しただけなんですが。
 まぁ、サーバで24時間動作させてたので不安定だろうからさっさとブツを処分した方がよさげですが。既に後継のサーバも1年以上前に購入済みですし。今のところの結論は問題はマザボか電源と見ています。


 それはさておき。
 久々にDynamicDNSのサービスをの一つであるDynDNSを利用すべくログインしようとしました。が……ユーザIDかパスワードを間違えている、とのこと。とりあえず、パスワードの再発行のため登録していたメールアドレスをフォームに入れると……このメアドは登録されていません、と出ました。

 うーん、いつの間にかアカウントを失効させてしまったようです。メールボックスを確認すると去年の2月に失効する旨の警告メールが届いていたようです。この時期ものすごく忙しかったので、それどころでなく更新しなかったんでしょうな。あと、この時期は既に自宅サーバが落ちていたので、自宅のIPアドレスを知るすべもなかったと言う理由もあります。
 
 ともあれ、このとき取得していたサブドメイン・ユーザアカウントも失効してしまった訳です。ということで、DynDNSのサイトで再度IDとサブドメインを取得しました。……が、以前使っていたドメインの多くが使えなくなり、ドメインが提供されていました。
 まず、試しに無料でdyndns-home.comのサブドメインを取得しました。これでデーモン化したLinux版DiCE(方法は最初に書いた前回ネタに書いてます)で設定を登録しました。が、ちゃんと変更されない模様。Linux版DiCEが作られた時期に登録のないドメインは対応してないっぽいようです。ということで、以前と変わらず提供されている無難なドメイン「dyndns.org」で登録したらOKでした。

 前回ネタでも書きましたが、DiCEの文字コードはEUCなので、コンソール操作時はUTFからEUCに変えて下さい。単にログを見るだけなら以下のような感じで大丈夫ですが。

# nkf /usr/local/bin/DiCE/log/events.log | more

 まぁそんな感じでなので、今からDynDNSでサブドメインを取得してDiCEをお使いの方はご注意下さい。

<2011/04/02追記>
 あ、今気付きましたが、/usr/local/bin/DiCE/plug-in/dyndns.plgを編集したら新しいドメインも使えるんじゃないかな、と思いました。既にサブドメインを設定してしまって面倒なので試してませんが。チャレンジャーな方はどうぞ。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30