-天気予報コム-

Flag counter

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

只今、アンナバ

とうとう帰任です。1年4ヶ月という長いようであっという間のアルジェリア生活も今日でひとまずピリオドを打ちます。

が、4:45事務所出発なのに寝たのは3時。更に前の晩は結構飲んでしまいました。
ということで寝坊しました(汗)。
が、同じ部署の方が見送りに起きて下さっていたので、叩き起こしてもらい車には間に合いました。起こして貰ったのにお礼もろくに言えずだったのが心残りです。

今は二日酔いで睡眠不足と最悪のコンディションですが、最初の空港で無事チェックインして搭乗を待っているところです。

HP iPAQ Voice Messengerの互換電池を探してみた

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/09/hp-ipaq-voice-m.html

 数ヶ月前から、HP iPAQ Voice Messengerの電池の減りがやたら早くて困っています。
しかもAC→USBコネクタな充電器でチャージすると何故か気がつくと充電中に電源が落ちてしまってます。まぁ、アルジェリアの個人契約したSIMなので、誰からも掛かってこないので実害はないですが(爆)。

 とりあえず電池が完全にへたっているだけじゃないとは思いますが、とりあえず、予備電池を確保すべくググってみました。標準の電池の型番は488417-001。よく使うrowaで探したけど見つからず。さすが、どマイナー携帯。

 結局海外サイトで発見しました。Batterybay.netと言うサイトです。直リンはココ。
http://www.batterybay.net/Battery-for-HP-iPAQ-Voice-Messenger-HP-Silver-p/hpcs-hiq160sl.htm
 さてさて、無事に到着するでしょうか。無事に動作するでしょうか。

 まー、iPod Touchを手に入れて以来、あまり遊んでないですけど。やっぱタッチパネルは楽ですよ、うん。電話の機能(W-CDMA&GSM)だけなら、別に会社用SIMを入れているNokiaの6120Classicで必要十分ですし。
 とか言いながら面白携帯を見つけたらついつい買ってしまうと思いますけど(笑)。

Windowsのバージョン情報とOfficeのバージョン情報を取得するスクリプトをvbsで作ってみた

 仕事場で、ITトラブル対応を受ける際に、申込用紙を書いて貰っています。が、Windowsのバージョン情報やOfficeのバージョン情報をサービスパックまで正確に記入している人は皆無です。ということで、誰でも簡単にWindowsのバージョン情報とOfficeのバージョン情報を知ることが出来るスクリプトをvbsで作ってみました。
 こんな感じです。

Win_ver

Office_ver

 OSは32bit/64bit、エディション、サービスパックまで出ます。言語も日・英・仏は出ます。私の環境じゃココまで判別付ければいいので、それ以外の言語は"Other"で出力するようにしました。
 OfficeはOfficeのインストールパスとWINWORD.EXEのファイルバージョンで判別してますが、うまいこと行ってません、unknownって出てるし。実際ネットで調べた際のOffice2003SP3のWINWORD.EXEのファイルバージョンと私の環境のバージョンが違っているみたいです。ウチの環境だと日本語版Office 2003ProSP3に仏語のMUIを入れたからかも知れませんが。

 ちなみにOSの情報を取得するクラスに関しては以下が参考になりました。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/Aa394239

 まぁ、分かる人にはかなりいい加減だとバレバレですが、とりあえずソースを公開しておきます。コメントアウトしたとこもそのまま載っけておきます。以下を適当な名前でテキストエディタにて保存して(シフトJIS、改行コードはCR+LFね)、hoge.vbsみたいな感じでリネームして保存後ダブルクリックすれば動くはずです。
 WindowsはXP(32bit)、Vista(32bit)、7(32/64bit)でのみ確認(XP以降なら大体大丈夫だと思いますが)、Officeは2003、2007、2010でのみ確認してます。まぁ、Office2000とOfficeXPでも動くはずですが。
 ここにもソースをアップしておきました。


Option Explicit
' check Windows & Office Version and some additional information
' 2011/02/19 made by platon

Dim WSHShell
Dim strOS
Dim strSP
Dim strOSLang
Dim vbCrLf
Dim xlApp
Dim strOffice
Dim lngOfficeLangID
Dim strOfficeLang
Dim msoLanguageIDInstall
Dim OSInfoCollection
Dim OSInfo
Dim str3264bit
Dim strWordVersion
Dim strWordVersionDetail

vbCrLf = Chr(13) & Chr(10)
msoLanguageIDInstall = 1

Set WSHShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set OSInfoCollection = GetObject("winmgmts:").InstancesOf("Win32_OperatingSystem")

str3264bit = WshShell.Environment("PROCESS").Item("ProgramFiles(x86)")
If str3264bit <> "" Then
str3264bit = "64bit"
Else
str3264bit = "32bit"
End If


For Each OSInfo In OSInfoCollection 'Loop is simply to reffer the first member of collection
strOS = OSInfo.Caption
strSP = OSInfo.CSDVersion

If CInt(OSInfo.OSLanguage) = 1041 Then
strOSLang = "Japanese"
ElseIf CInt(OSInfo.OSLanguage) = 1033 Then
strOSLang = "English(US)"
ElseIf CInt(OSInfo.OSLanguage) = 1036 Then
strOSLang = "French"
ElseIf CInt(OSInfo.OSLanguage) = 2057 Then
strOSLang = "English(UK)"
Else
strOSLang = "Other (" & CInt(OSInfo.OSLanguage) & ")"
End If

Next

MsgBox "Windows version: " & strOS & vbCrLf & _
"32bit/64bit: " & str3264bit & vbCrLf &_
"Service Pack: " & strSP & vbCrLf & _
"Language: " & strOSLang


strWordVersion = strGetWordVersion
If strWordVersion = "" Then
MsgBox "No Office is installed!"
Set WSHShell = Nothing
Set OSInfoCollection = Nothing
WScript.Quit
Else
strWordVersionDetail = strCheckWordVersion(strWordVersion)
End If

Set xlApp = CreateObject("Excel.Application")


'Select Case xlApp.Version
' Case "14.0"
' strOffice = "Office 2010"
' Case "13.0"
' strOffice = "Office 2007"
' Case "12.0"
' strOffice = "Office 2003"
' Case "11.0"
' strOffice = "Office XP"
' Case "10.0"
' strOffice = "Office 2000"
'End Select

lngOfficeLangID = xlApp.LanguageSettings.LanguageID(msoLanguageIDInstall)

If lngOfficeLangID = 1041 Then
strOfficeLang = "Japanese"
ElseIf lngOfficeLangID = 1033 Then
strOfficeLang = "English(US)"
ElseIf lngOfficeLangID = 1036 Then
strOfficeLang = "French"
ElseIf lngOfficeLangID = 2057 Then
strOfficeLang = "French"
Else
strOfficeLang = "Other Lang"
End If

MsgBox "Microsoft Office version: " & strWordVersionDetail & vbCrLf & _
"Language: " & strOfficeLang
xlApp.Quit()


' liberate object
Set WSHShell = Nothing
Set OSInfoCollection = Nothing
Set xlApp = Nothing

'----------------------------------------
Function strCheckWordVersion(strVersion)
' check Word detail version
' terget version is below
' WORD 2000, 2002(XP), 2003, 2007 ,2010
'
'----------------------------------------
Const Word2000Rel = "9.0.0.2720"
Const Word2000SR1 = "9.0.0.3821"
Const Word2000SP2 = "9.0.0.4402"
Const Word2000SP3 = "9.0.0.6926"

Const Word2002Rel = "10.0.2627.0"
Const Word2002SP1 = "10.0.3416.0"
Const Word2002SP2 = "10.0.4219.0"
Const Word2002SP3 = "10.0.6612.0"

Const Word2003Rel = "11.0.5604.0"
Const Word2003SP1 = "11.0.6359.0"
Const Word2003SP2 = "11.0.7969.0"
Const Word2003SP3 = "11.0.8173.0"

Const Word2007Rel = "12.0.4518.1014"
Const Word2007SP1 = "12.0.6211.1000"
Const Word2007SP2 = "12.0.6425.1000"

Const Word2010Rel = "14.0.5123.5000"

strCheckWordVersion = ""

Select Case strVersion

Case Word2000Rel
strCheckWordVersion = "Office2000"
Exit Function

Case Word2000SR1
strCheckWordVersion = "Office2000 SR-1"
Exit Function

Case Word2000SP2
strCheckWordVersion = "Office2000 SP2"
Exit Function

Case Word2000SP3
strCheckWordVersion = "Office2000 SP3"
Exit Function

Case Word2002Rel
strCheckWordVersion = "OfficeXP"
Exit Function

Case Word2002SP1
strCheckWordVersion = "OfficeXP SP1"
Exit Function

Case Word2002SP2
strCheckWordVersion = "OfficeXP SP2"
Exit Function

Case Word2002SP3
strCheckWordVersion = "OfficeXP SP3"
Exit Function

Case Word2003Rel
strCheckWordVersion = "Office2003"
Exit Function

Case Word2003SP1
strCheckWordVersion = "Office2003 SP1"
Exit Function

Case Word2003SP2
strCheckWordVersion = "Office2003 SP2"
Exit Function

Case Word2003SP3
strCheckWordVersion = "Office2003 SP3"
Exit Function

Case Word2007Rel
strCheckWordVersion = "Office2007"
Exit Function

Case Word2007SP1
strCheckWordVersion = "Office2007 SP1"
Exit Function

Case Word2007SP2
strCheckWordVersion = "Office2007 SP2"
Exit Function

Case Word2010Rel
strCheckWordVersion = "Office2010"
Exit Function
End Select

If CInt(Left(strVersion, 1)) = 9 Then
strCheckWordVersion = "Office2000 unknown"

ElseIf CInt(Left(strVersion, 2)) = 10 Then
strCheckWordVersion = "Office2002 unknown"

ElseIf CInt(Left(strVersion, 2)) = 11 Then
strCheckWordVersion = "Office2003 unknown"

ElseIf CInt(Left(strVersion, 2)) = 12 Then
strCheckWordVersion = "Office2007 unknown"

ElseIf CInt(Left(strVersion, 2)) = 14 Then
strCheckWordVersion = "Office2010 unknown"
End If


End Function

'----------------------------------------
Function strGetWordVersion()
' check Word version
' terget version is below
' WORD 2000, 2002(XP), 2003, 2007 ,2010
'
'----------------------------------------
Dim objFso
Dim objWshShell
Dim strWordPath(4)
Dim varPath
Dim strProgramPath(1)
Dim varProgramPath
Dim strWordName
' Dim strGetWordVersion
Dim intCnt1
Dim intCnt2

strGetWordVersion = ""
strWordName = "WINWORD.EXE"
strWordPath(0) = "\Microsoft Office\Office\"
strWordPath(1) = "\Microsoft Office\Office10\"
strWordPath(2) = "\Microsoft Office\Office11\"
strWordPath(3) = "\Microsoft Office\Office12\"
strWordPath(4) = "\Microsoft Office\Office14\"
strProgramPath(0) = "%ProgramFiles%"
strProgramPath(1) = "%ProgramFiles(x86)%"
varProgramPath = ""


Set objFso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objWshShell = CreateObject("WScript.Shell")


For intCnt1 = 0 To 4
For intCnt2 = 0 To 1
varProgramPath = objWshShell.ExpandEnvironmentStrings(strProgramPath(intCnt2))
If varProgramPath <> "" Then
If objFso.FileExists(varProgramPath & strWordPath(intCnt1) & strWordName) Then

' get file version
strGetWordVersion = objFso.GetFileVersion(varProgramPath & strWordPath(intCnt1) & strWordName)
' MsgBox varProgramPath & strWordPath(intCnt1) & strWordName & " version is " & strGetWordVersion
Exit For
End If
End If

Next
Next

' If strGetWordVersion = "" Then
' MsgBox "Word doesn't exist!"
' End If


Set objFso = Nothing
Set objWshShell = Nothing

End Function

Windows 7 64bit版 SP1適用

TechNetに登録してるので早速downloadして、Windows 7 Professional 64bit版にSP1を適用しました。
Win7_sp1_system


<2011/02/21追記>
私はThinkPad T400を使用していますが、SP1を適用後、Think Vantage System Update 4でエラーが発生して困っていました。ググったところ解決法が以下にありましたので、めもめも。
http://john-doe-memorandum.blogspot.com/2011/02/windows-7-sp1think-vantage-system.html
http://www.mydigitallife.info/2011/02/14/fix-thinkvantage-system-update-error-after-installing-windows-7-sp1/

あとは、もう1台Windows7機があるのでこっちでも同じ処置をするかな。

アルジェリアでインターネット接続を政府が切断?

 アルジェリア政府がデモ対策のため、インターネット回線の遮断したほか、facebookのアカウントも削除しているらしいです。
http://www.net--election.com/news_XQAHJxJ7u.html
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/algeria/8320772/Algeria-shuts-down-internet-and-Facebook-as-protest-mounts.html

 ってか、facebookのアカウントのパスワードを知れるくらいには通信の監視をしてるってコトですな。見られて困る通信は暗号化する。これは海外で仕事をする上で常識だと思います。もっとも、暗号化でメールの送受信を禁止しているGDP第二位の某国とかもありますけど。

 とはいえココに現時点で私が書き込みが出来ていると言うことは、エジプトのように全面遮断している訳じゃないようです。でも、全面遮断されたらシャレにならないですな。そうなるとアナログモデム使用にて国際電話でダイヤルアップかなぁ……。
 一応パソコンはアナログモデム内蔵なので、最悪の状況でも固定回線さえ生きていれば何とかなると思いますが。
 ともかく、この先の政府の対応に対して目がそらせません。


<2011/02/16追記>
政府によるインターネット接続切断が実施されたというのは、トラフィック分析の結果を見る限りガセ情報ではないかという情報もあります。
http://www.algerie360.com/algerie/coupures-dinternet-et-blocage-de-comptes-de-facebookalgerie-telecom-evoque-des-%C2%ABinformations-infondees-et-mensongeres%C2%BB/
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=fr&u=http://www.algerie360.com/algerie/coupures-dinternet-et-blocage-de-comptes-de-facebookalgerie-telecom-evoque-des-%25C2%25ABinformations-infondees-et-mensongeres%25C2%25BB/&ei=9-JbTZb0Oca38QOw0tCVAg&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=2&ved=0CCgQ7gEwAQ&prev=/search%3Fq%3Dalgerie%2Binternet%2Bcoupure%2Bfacebook%26hl%3Dja%26client%3Dfirefox-a%26hs%3DRSj%26rls%3Dorg.mozilla:ja:official%26prmd%3Divns

 さてさて、どっちが正しいのやら。

3TB×2台、USB3.0対応の外付けHDDケースを探してみた

 只今、アルジェリアで2TB×2搭載の外付けUSB2.0 HDDケースを使っています。
2TB HDDを買った頃は1万円台後半でしたが今は安くなったもんですな。が、何かと手狭になってきたのと、海外に大容量の外付けHDDを持って行くため同じ容積・重量で1.5倍の容量のHDDが欲しいということで、タイトル通り3TB×2、USB3.0対応の外付けHDDケースを探してみました。

ラトックのRS-EC32-U3RとコレガのCG-HDC2EUS31-W辺りが対応しているっぽいです。

○RS-EC32-U3R
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/case/rsec32u3r_siyou.html
http://www.ratocsystems.com/products/ostaiou/2tb_over_hdd.html

○CG-HDC2EUS31-W
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101125_409240.html
http://corega.jp/prod/hdc2eus31-w/spec.htm


 あとはACアダプタが220-240Vにも対応してれば合格なんですけど、どっちもACアダプタは100Vしか書いてないのが残念。3TBのSATA HDDも若干値段が下がり始めたし買い時かなと思ってるんですが。

auも海外パケット定額サービスを開始するみたい

 既に昨年からsoftbankが海外でのフィーチャーフォンこといわゆるガラケーでのパケット通信の定額サービスを1480円/日(これは暫定で、2011年7月1日からは1980円/日)で開始してます。が、PCと接続しての通信は定額ではなく青天井とのこと。
http://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/area_price/packet/

 で、auが2011年3月から始めるのは2980円/日でPCでのデータ通信も定額とのこと。ちょっとsoftbankより高いですが、PCでのデータ通信もOKというのはよいですな。
http://www.au.kddi.com/service/kokusai/packet/index.html

 しかし最大の欠点は、対応国の少なさ。現状、アメリカ・中国・韓国のみとのこと。いや、お話になりませんな。
ま、電波法式の関係で仕方ないんだとは思いますが、GSMでも定額通信やってくれれば対応国も増えるのにねぇ……。

<2011/02/16追記>
docomoユーザじゃないので調べてませんでしたが、docomoでも同様のサービスやっているみたいですね。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/outline/content/kaigai_pake_hodai/charge/
お値段は張りますが、スマートフォンやPCでのデータ通信にも定額対応してるのがよいですな。また、softbankと同じ程度のサービス提供国数って感じです。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/outline/content/kaigai_pake_hodai/network/

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31