-天気予報コム-

Flag counter

« Untangle を導入してみたその11(WebFilterで追加したサイト一覧をexportしたい) | トップページ | え? アルジェリアにも携帯電話網で定額インターネット接続があるらしい »

Untangle を導入してみたその12(システムのタイムゾーン設定が何か変)

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/08/untangle-11webf.html


 Untangleの[config]->[system]->[Regional Settings]で[Timezone]が「(GMT+01:00) West Cetral Africa」に設定され、Current TimeもNTPで正確でした。が、SSHコンソールにてdateコマンドを実行するとなぜか2時間遅れの設定になっていました。
 また、[config]->[Networking]->[Troubleshooting]->[Packet Test]での時間表示が2時間遅れていました。

 ということで、Linuxでのtimezoneの設定がちゃんとなっているかを確認しました。

シンボリック/etc/localtimeの参照先は以下のようになっていました。
# ls -la /etc/localtime
lrwxrwxrwx 1 root root 29 2010-06-09 09:14 localtime -> /usr/share/zoneinfo/Etc/GMT+1

一見合っているように見えましたが、一応以下のように変更。
# mv /etc/localtime /etc/localtime_old
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Africa/Algiers /etc/localtime

これで、設定の矛盾はなくなりました。
# date
2010年 8月 23日 月曜日 08:37:44 CET

2010/09/02追記
上記の設定をしてもやはりsshのコンソールでは時間設定がおかしかったです。結局以下のコマンドを使って解決しました。
# dpkg-reconfigure tzdata
このコマンドで対話的に今サーバを設置している場所を指定したら上手く動きました。

« Untangle を導入してみたその11(WebFilterで追加したサイト一覧をexportしたい) | トップページ | え? アルジェリアにも携帯電話網で定額インターネット接続があるらしい »

アルジェリア」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Untangle を導入してみたその11(WebFilterで追加したサイト一覧をexportしたい) | トップページ | え? アルジェリアにも携帯電話網で定額インターネット接続があるらしい »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31