-天気予報コム-

Flag counter

« My SoftBankの登録方法、ログイン方法が変わったなんて聞いてねぇよ! | トップページ | アルジェリアにSAL便で食料到着 »

ウイルス駆除の後始末---タスクマネージャを起動しようとすると「C:\windows\system32\winjpg.jpg」の実行エラーになる問題の解決方法

 備忘録的メモです。
 WindowsXPにてタスクマネージャを起動しようとすると、WSH(Windows Script Host)からC:\windows\system32\winjpg.jpgを起動しようとしてエラーになる症状の解決方法です。メモしながら対処した訳じゃないので、多少記述間違いがあるかもしれません。またすべての環境でうまくいくとは限りませんので、真似する人は自己責任でヨロシク。

1.ウイルス対策ソフトにてウイルス本体(C:\windows\system32\winjpg.jpg)を駆除。
→通常のウイルス対策ソフトだとここまでしか出来ないようです。これ以降は手動で後始末が必要となります。
2.レジストリエディタにて「\\HKEY_CLASSES_ROOT\exefile\shell」配下の「Scan for virus,s」をキーごと削除。
→これでexeファイルを右クリックした際のコンテキストメニューから余計な記述「Scan for virus,s」を削除できます。
3.レジストリエディタにて「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Image File Execution Options\taskmgr.exe」のサブキーDebugerを削除。
→これでタスクマネージャの実行をした際にwinjpg.jpgがどーたらこーたらというエラーは出なくなって、タスクマネージャが正常に起動するようになります。

 ポイントはレジストリエディタで「winjpg.jpg」という記述を探し、問題のパソコンと正常なパソコンでの記述の違いを見比べて差異を把握することです。
 いじょ。

« My SoftBankの登録方法、ログイン方法が変わったなんて聞いてねぇよ! | トップページ | アルジェリアにSAL便で食料到着 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« My SoftBankの登録方法、ログイン方法が変わったなんて聞いてねぇよ! | トップページ | アルジェリアにSAL便で食料到着 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30