-天気予報コム-

Flag counter

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

半年。そして今日の買い物

 今日、というか明日で日本を発ってアルジェリアに向かってから6ヶ月です。慣れてきてからは時間の流れるのを早く感じるようになってきました。協力隊時代はこういう感覚になるのは1年半経って残り6ヶ月の頃のはずだったので、ずいぶん適応性も上がったように感じます。

 ということで、今日は金曜で休日、明日はメーデーで休日です。今日の買い物はこんな感じ。

購入物

牛肉の塊 350DA
リンゴジュース1L 300DA
→イースト菌を入れてシードル(発泡リンゴ酒)を仕込みました。
グアバジュース1L 240DA
→リンゴジュースと同じく酒にしようか、ジュースのまま飲もうか迷ってます。
リンゴ酢473ml 120DA
→健康のため炭酸入りミネラルウオーターで飲んでみてます。
トイレ掃除用洗剤
6個入りチーズ×3 65DA,75DA
トマトソース 290DA
→パスタ用
アルミホイル5m
→なんか短い気がしますが、まぁあれば便利なのでとりあえずゲット。
サランラップ10m
→なんか短い気がしますが、まぁあれば便利なのでとりあえずゲット。
雑巾3枚
→大きいのは持っていましたが、雨漏り時の水吸い取り用に使っていました。が、ちょうどいい大きさのものがなかったのでget。
包丁
→先々週に折れてしまったので早急に必要だったので買いました。
ステンレス製おろし金
→何かと便利そうなのと錆びにくそうだったのでget。
AMSTERDAMビール500ml(11.6%) 150DA×8
→ガツンと濃い味のビールです。8本はさすがに重かったなぁ。

 で、パソコンショップに行くべく白タクに乗りましたが、あいにく店は閉まってて無駄足になり帰りは運動がてらの散歩になってしまいました。そうそう、アルジェリアで初めてアイスを食べました。25DA。レモン味だからすっきりしていると思いきや、他のお菓子と同じく下品なほどに甘かったです。ま、冷たいものを食べたいような陽気でしたから我慢ですけど。


Cats&Dogs in Algeria

20100414

20100428002

20100428005


アルジェリアの犬と猫です。
ムスリム国家なので、犬は忌み嫌われているはずですが、ここは多国籍CAMP。
ということで野良犬にえさを与えている困った人もいます。

 日本にいたら野良犬に関わるのことが何の問題なのかさっぱり分からないでしょうが、途上国経験の長い方なら分かるはずですよね。そう、狂犬病。犬に限らずほぼすべてのほ乳類が掛かる可能性があり、発祥すると致死率はほぼ100%。ということで、途上国では極力野良犬との接触は避けるべき何ですね。
 とはいえ、生まれたての子犬はかわいいんですなぁ。子猫もレーザーポインターに反応してなかなか遊べますし。犬はほとんどレーザーポインタには反応しませんが。

 まぁ、ともあれ増えてくると「駆除」しないといけないのが、CAMPのスタッフの安全を守るための義務。毒入りの肉を食べさせて殺すとかCAMPから追い払わないといけないんですな。「可哀想」とか偽善者的な発言は却下です。生き物の命は平等じゃありませんから。エゴと言われようが、これ現実です。かわいいからとか頭がいいから殺しちゃダメって発想のほうがいかにも非理論的であり独善的な発想ですからね。当事者にとっては、生き死にのリスクが掛かると毅然とした処置は必要ですから。

 あ、ちなみに猫も狂犬病に罹るリスクはありますんで。

Untangleを導入してみたその7(Virus Blockerが初めて役に立った)

前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/04/untangle6clean-.html

さて、私が管理しているUntangleの画面はこんな感じ。
Virus_find01

 結構ブロックしたり、フィルタしたり色々がんばってくれてます。で、今までVirus Blockerことウイルス対策はUntangleでは有効にしてませんでした。理由は以下の通り。

1.フリー版だとスキャンエンジンはClamAVなので正直あまり検出精度が良くない(virustotal.comなどで見ても明らか)。
2,ウイルスを事務所で見つけた際に検体をvirustotal.com等でチェックする際に検出すると送信できないので、この場合は都度機能をOFFにする必要がある。
3.サーバに負荷を掛けてしまう。クライアントではなくUntangleでないと出来ない(正確には「費用対効果が出ない」)Protocol Filter、Web Filter、Firewallなどの方が優先度が高い。

 とまぁこんな感じで最近まで機能をOFFにしてました。が、最近は内部からウイルスによるSPAMメール送信も落ち着いたようでサーバも安定稼働しだしたので(それでも日に1回は再起動してるけど)、Virus BlockerをONにしてみました。
 すると……上の画面をよく見るとVirus BlockerでDocument Blockedgが2になっているのでした。ログを見るとこんな感じ。

Virus_find02


 ウイルスを置いたサイトから送り込まれたファイルを阻止した感じです。早速、このサイトをWebフィルタでブロックし、このウイルスをダウンロードして検体を各ベンダーに送りました。
 ということでまぁ、一応役には立っているようです。なお、ファイルのスキャンはhttpとftpのみしかしてません。うちのインフラはあまりよろしくないので、メール周りでウイルススキャンをするとメール送受信タイムアウトの原因になったりしそうな気がしたので。

Untangleを導入してみたその6(CLEAN MXのIPアドレスリストを利用してウイルス侵入を遮断)

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/04/untangle5autosh.html

 今回も前回に続きブラックリストIPアドレス情報元です。これはウイルス配布元サイト一覧のようです。
http://support.clean-mx.de/clean-mx/virusesstats

 これらのIPアドレスをUntangleのFirewallで設定に追加すればOKです。
 ちなみにこWebサイトに気付いたのは、前回と全く同じでうちの事務所で使っているUntangleのアクセスログ上の不審なIPアドレスへのWebアクセスがあったから検索したところこのブラックリストにhitしたというわけです。

 でも、FirewallにこんなにたくさんのIPアドレスフィルタを食わせるとメモリ消費とCPU負荷がかなりかかりそうで心配です。それに多すぎてまだ全部登録してませんし。登録するにも一仕事です。


 しかも今日はLAN内でSPAMメール発信PCがまた出現してしまい、スループットが著しく落ちてしまいそれにもマンパワーを取られましたし。というかスループットが落ちて異常に気付いたというのが正解ですが。ということで、また1台MACアドレスフィルタに追加しました。っていうか、ネットにつなげなくなったらさっさと名乗り出ろよ~、全く。どうせローカルスタッフの使用PCだろうけど。彼らは問題が発生しても報告連絡相談という概念がほぼ無いに等しいから、よっぽど業務に不都合がない限り言ってこないし(日本人や第三国人だと早急にトラブル対応依頼の連絡が来てます)。
 こういう業務のスキームが途上国とそうでない国の決定的な違いだというのが分からんかねぇ。

 そういや、無償利用可能なUTMをリストアップしているblogを見つけたので、めもめも。
http://blog.isnext.net/issy/archives/218
 MACアドレスフィルタリング、Firewall、Webフィルタ、アンチウイルス(ClamAVの性能はしれているのでどっちでもいいけど。)、L7-Filterの機能があってブリッジモードで動作して安定性の高いものがあれば、Untangleからいつでも乗り換えるんですけどねぇ。とりあえず、後日時間のあるときに動作評価でもするかな。ちなみにUntangleについては、同じプロジェクトの他のCAMP所属の方からも問い合わせが来ました。やっぱりP2Pフィルタリングがお手軽に出来るというのは大きいのかなぁ。

 そうそう、UntanglenoP2Pフィルタ(というか、L7-Filter)ですが、誤検出しているっぽいです。一部のDNSのパケットをKuGooとPPLiveと誤検出している模様です。ということで、この2つのプロトコルに関しては今のところフィルタを外してみました。ま、どうせうちの事務所じゃBittorrent、Gnutella、iMech、Aresばっかりですから影響はないでしょう。
 あと何でか知りませんが、先週木曜辺りからUntangleのDaily logが取れてません。何でかなぁ。

Untangleを導入してみたその5(autoshunのIPアドレスリストを利用してBotnetを遮断)

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/04/untangle4-a2b8.html

 前回と少しネタはかぶりますが、FirewallでBotnetからの攻撃を防ぐのにIPアドレスのブラックリストをゲットするサイトを見つけました。
http://www.autoshun.org/
 元々はSnortというIDS(Intrusion Detection System)こと侵入検知システムのプラグインであるautoshunで使用しているIPアドレスのリストのようです。IDSについては以下を参照のこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%B5%E5%85%A5%E6%A4%9C%E7%9F%A5%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

 これをUntangleのFirewallで設定に追加すればOKです。
 ちなみにこのautoshunに気付いたのは、うちの事務所で使っているUntangleのアクセスログ上の不審なIPアドレスへのWebアクセスがあったから、検索したところautoshunのブラックリストにhitしたというわけです。

 ちなみにUntangle自体にIDS機能としてSnortが入っているようです。多分、「Intrusion Prevention」がSnortだと思われます。ただ、私は使いこなし切れてないので、デフォルトの設定のままですけど。参考リンクを挙げておきます。
http://forums.untangle.com/intrusion-prevention/4290-upload-snort-rules.html

Untangleを導入してみたその4(Protcol FilterでIRCをブロック、FirewallでBotnetを遮断)

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/04/untangle3-629e.html

 あと関連ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/04/12yahoo-a9a5.html


 以前から気にはなっていましたが、事務所のネットワーク内にウイルスに感染してSPAMを大量に発信しているボット化しているパソコンが存在しています。どのアドレスかは内緒ですが、ここのブラックリストにしっかりと載ってしまっています。
http://projecthoneypot.org/list_of_ips.php?ctry=DZ&by=15&t=s

 この大量SPAM送信はWiresharkでパケットキャプチャしたら一目瞭然です。通常のSMTPだと1秒間に何セッションも同時に別々のサーバ、別々のFROMアドレスを騙って接続を試みるなってあり得ませんから。こういう挙動をするPCをMACアドレスレベルでネットワークから切断を行い、「ネットワークに繋がらなくなった」と申し出てくる人をあぶり出して対応する作戦をとっています。
 パソコンが数十台という単位の事務所なら1台ずつウイルススキャンをしてもいいのでしょうが、あいにく400台以上は接続している巨大LANなので、こういう苦肉の策を取るしかなかったりします。

 実際この手で3つのパソコンの感染を確認し、本日1台の利用者は申し出てくれたので、このパソコンからウイルス駆除も上手くできました。あと2台の利用者も向こうから言ってきてくれるとありがたいんですけど。ただ、SPAM送信元はこの3台だけですまないと思います。毎日少しずつ、パケットキャプチャをしてチェックが必要かと思われます。

 ここで、パケットキャプチャをした際にSMTP以外にもちょっと目を向けてみました。一部のウイルスに感染すると外部から遠隔操作を受けることになる場合がありますが、この際、IRCプロトコルで通信を行う場合があるという情報を見ました。ということで、早速Wiresharkで確認すると……しっかりログに出てました。さらにIRCの通信元のIPアドレスを確認すると、ボットネットのIPアドレスに含まれてました。こりゃほぼ間違いなく、IRCでこのIPアドレスから何か送られていたでしょう。ということで、早速UntangleのProtocol FilterにてIRCの通信を遮断しました。LAN内でIP Messengerを使っている方もいますが、Untangleを跨いだ通信はしないので問題ありません。

 さらにボットネットのIPアドレスはここから仕入れました。
http://www.emergingthreats.net/rules/emerging-botcc.rules

 これらのIPアドレスが発信元のパケットをすべてdropするようにFirewallに登録すればさらにセキュリティ向上と思い、1つずつIPアドレスを登録し始めました。……が、あまりに多すぎてまともに登録したら1日で終わらないと気づき、カンマ区切りでのIPアドレスの複数登録が可能か試したら無事OKでした。UntangleのWikiの記述を確認したらしっかり書いてましたね。
http://wiki.untangle.com/index.php/Firewall
http://wiki.untangle.com/index.php/IP_Matcher

 この書き方で登録すると、もののの15分ほどで設定終了。あとは、これだけの多量のIPアドレスの指定となると処理が重たくなってシステムがフリーズしないかが心配なところです。今のところ(って言ってもセッションの少なくなる夜間ですが)通信速度の低下は特に見られません。

アルジェリアでここ1~2週間前から不定期にYahoo!メールが開けない

アルジェリアでここ1~2週間前から不定期にYahoo!メールが開けない場合があります。
具体的にはhttp://mail.yahoo.co.jpにアクセスするとこんなメッセージが表示されるのでした。

これはWindows7 Pro 64bit版のIE 8の画面です。確認したらIEは32bitでも64bit版でも同じでした。
Ahoo_mail_error

これはSeamonkey 2.0.3の場合。
Ahoo_mail_error_seamonkey


これはGoogle Chrome 4.1.249.1045の場合。
Ahoo_mail_error_chrome


 今いる事務所の固定IPが迷惑メール送信元のブラックリストに載っているのが原因かなぁと思っていたのですが、どうもそれだけではなさそうです。人によっては同じ時間帯でも上記の画面が出たりでなかったりです。さらに同じPCでもブラウザが違うとOKだったりNGだったり。もう訳分かりません。ブラウザ依存かクッキー依存かなんだかさっぱり分かりません。
『恐れ入りますが、本件についてはお問い合わせをお受けしておりません。ご了承ください。』って書いてある以上、Yahoo!に質問しても無駄だろうし。

 確認した限りではこんな感じ。
Windows XP Pro SP3日本語版
 IE 8→NG
 Firefox 3.6.3→OK
 Chrome→NG

Windows 7 Pro 64bit 日本語版
 IE 8→NG
 Firefox 3.6.3→NG
 Chrome→NG
 Seamonkey→NG

 proxyを使ったりUser Agentをごまかすと何とかいけそうな気もしますが、Webメールは業務で使ってないし、Yahoo!メールは基本的にメーラで送受信しているので特に影響を受けていないので様子を見ます。既にPOPアクセス可能なようにYahoo!デリバー(広告メールの受信の承諾)を設定している人なら対処が出来ます。が、この設定はYahoo!メールにログインしてから設定するため、Yahoo!デリバー未設定でYahoo!メールが開けないようになった場合打つ手がありません。不定期に開けるようになった際に急いでYahoo!デリバーを設定するしかないですわ。
 
 あ、そうそう事務所内でボットに感染してspamを送り続けてるPCのMACアドレスを特定したので(奇跡的に今のところ1台だけ)、ネットワークから遮断しました。これで苦情が来たらそのPCのウイルスやらルートキットやらの駆除の対応をすればとりあえず、spamメールサーバブラックリストから削除して貰うための条件を1つクリアできるかなぁ。あとはSMTPはポート25は塞いでサブミッションポートを使うように時間をかけて周知する位しかできることがないです。

2010/04/20追記
 昨日夕方にMy Yahoo!にログインしてからメール画面を開くとエラー画面にならないとの情報を得ました。そのときは確かに動作してました。
 が、今確認するとmy.yahoo.co.jpの名前解決が出来ないようでエラーになりました。他のページだと普通に開けるのに何でだろう? というかmail.yahoo.co.jpもnslookupで名前解決できないし、うーん困ったな。

蜂蜜酒作成inアルジェリア

 ジブチで青年海外協力隊員時代にやっていた料理、というか食べ物飲み物の自作を先週から始めました。
 先週は、びわ酒と偽キムチ(牛コンソメ風)でした。

 今週も買い物で三つ葉、大根、謎の菜っ葉を買ってきました。謎の菜っ葉は既に茹でた後炒めてマルゲーズ斗ともにパスタの具にして美味しく頂きました(まだ残っているけど)。で、三つ葉は塩を振って冷蔵庫に入れてます。

 で、先週買ってきたけどまだ使っていない材料がありました。蜂蜜とイースト菌です。
 通常、イースト菌と言えばパンを作る発想しかありません。が、この菌要は酵母菌です。ということで当分を嫌気性環境で発行させるとアルコールが生成します。つまり糖分+イースト菌+水でお酒が出来ます。
 今回はこのうち簡単な蜂蜜酒を仕込みました。蜂蜜1に対して水3~4で仕込みました。嫌気性発酵なので二酸化炭素も発生するため、密閉容器に仕込むのはお勧めしません。爆発する可能性がありますので。また、他の金による発酵を防ぐため本来は熱湯殺菌した容器を使うべきですが面倒なので、ミネラルウオーターのペットボトルにイースト菌少々、そして漏斗を通して蜂蜜を入れ、最後に水を入れました。まぁ、早ければ常温で2~3日で呑める状態になるかと思います。

 まあ、ジブチ時代はアルコール飲料が相対的に高かったので(一応ボランティアだったので、基本的に現地でのインカムは最低限の現地生活費だけなので)意味がありましたが、今の生活では別段お金には困っていないうえ、ビールを買った方が明らかに安かったりします。ということで、もっぱら趣味の世界です。

 さて、今日は昼食に続き、晩飯も自炊予定なので、買ってきたマルゲーズ(牛ソーセージ)とイカ2杯をどう料理しようかな。昼はスパゲッティだったので、ラーメンかフォー(米麺)を使うかなぁ。

あ、イカは塩辛を作るという案もありますけどね。

酔っ払ってしてはいけないこと

 若い頃に比べて体が受け付ける酒許容量も下がっているわけですが、それを未だに自覚できないせいでいろいろ後で反省することがあります。
 ……例えば

・酔ってメールを送る。
・酔ってskypeする。
・酔ってblogを書く。

 とか。ま、分かっているんですけど酔っているときの方が抑圧した感情というかこの軟禁された地にいる寂しさで色々思っていることをそのままぶつけてしまいがちな訳です。ぶつけられた皆さん、ごめんなさい。
 とまぁ、こう書いている今もしっかり10.5%のビール1本空けているんで酔っているのでした(笑)。

 何より上記に挙げたことは2番目以外は証拠が残ってしまうわけで見返すと恥ずかしい限りだったりします。ま、skypeでも音声じゃなくてテキストチャットだとログが残りますけど。

 二日酔い防止のためにヘパリーゼでドーピングしても、酔っている状態が出来るのには変わりありませんからねぇ。あ、そうそう最近は出来る限り飲酒は2日に一回のペースにしてます。帰国したときに健康診断でγ-GTPの値が怖いんで。

アルジェリアでAU携帯でeメールを送受信してみた

 前回一時帰国した際、GSMにも対応しているAU携帯であるW62Sをヤフオクにて落札してアルジェリアに持ち込みました。この機種はラジオもテレビも付いてませんが、動作も軽快で海外で使うには十分なスペックです。なにげにおサイフケータイも付いてますが、もちろんそんなものはアルジェリアでは使えません。

実は普通にAUのSIMカードをSIMロックフリーなGSM携帯に突っ込めば通話は出来るんですが、eメール及びcメールをちゃんと日本語で受信できないので、この携帯をチョイスしたわけです。以前はW64SAを持ってきて、そのSIMカードをSIMロックフリー化した706SCに差し込んでたんですけど、CメールもEメールも送受信できなかったので、W62Sをゲットした次第です。

 で、最初は通話は出来るけど、メールが送受信できないという状態になってました。が、今日試すとうまくメールを送れました。何が違ったのか? 確認するとローミングしている事業者が違ったようです。

http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2009/09/post-cfda.html
上記のネタで書いた通り、アルジェリアにおけるAUのローミング先事業者はALG MobilisとDjezzyです。が、Djezzyの電波をつかんでいるときはどうもe-メール送受信が出来ないっぽいです。ということで、Mobilisの電波をつかむように手動設定しておきます。

ただ、Djezzyの方が通話エリアが広いようです。この地図によるとMobilisだと私がいる街が圏内になってませんが、この地図の情報自体が古いんだと思います。
http://www.gsmworld.com/cgi-bin/ni_map_jpkd.pl?x=10&y=2&z=2&cc=dz&net=ot&opts=4
http://www.gsmworld.com/cgi-bin/ni_map_jpkd.pl?x=10&y=2&z=2&cc=dz&net=mp&opts=4


 なお、同じ理由か知りませんが、GSMトライバンド対応のsoftbank携帯(705P)も私のいるキャンプやスキクダの街では圏外です。コンスタンチーヌまで出れば圏内になるんですけど。なお、docomoに関しては大抵問題なく通話&メールが使えるっぽいです(私は使っていないので聞いた話ですが)。

 まいずれにせよパケット定額などない世界なので、eメールの自動受信はしてはいけませんよ。マジパケ死しますんで。

アルジェリアにまつわるエトセトラ(ジブチと比較してみた)

昔、青年海外協力隊員でジブチにいた頃のネタをふと読み返して(アクセス解析でhitしてたので目に付いた)、同じようなネタを書いてみます。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/12/post_901c.html

○アルジェリアでかなりいやと感じるとき
……ジブチで慣れたからあまりないですね。もう達観の域なのかな。アフリカも4カ国目だし。


○アルジェリアでちょっと嫌と感じるとき
・EMSが1ヶ月経っても着かず、4ヶ月後に最寄りの空港に取りに来いというメモが届いたとき。
→ちゃんとdestinationの住所も書いてるのに何でやねん! 多分、保管料を請求されると思うので、そこではバトる覚悟は出来てますが。
・「アリババ」と罵声を浴びたとき。
→ジブチの時より嫌レベルは下がりましたが、嫌なもんは嫌です。気ぃ悪いし。あ、アリババと40人の盗賊のお話ではアリババは泥棒じゃない(正確には泥棒から宝を盗んでるけど)ですが、泥棒など侮蔑の意味でアジア人に使ってきます。物理攻撃を相手に加えると警察に捕まるのでそういう行為は出来ませんが。
・唾をかけられたとき。
→ジブチではバスから外に唾をかけられましたが、アルジェリアでは外からバスの中に唾をかけられました。お前らはラクダか!
・夜中に蚊がいるとき
→ま、マラリアの可能性はジブチよりは低いですけど、着任当初は部屋にいましたので、いやんです。今は電子蚊取りがあるので、下水管や部屋の隙間から侵入してくるのはかなり防げていると思います。でも、あの羽音は勘弁です。
・三流品のパソコンパーツをつかまされたとき。
→USBメモリは3個中外れ率100%です。ジブチはこんなにひどくありませんでした。ま、協力隊時代にアフリカの電子機器は不良品が多いと聞かされていた、そんなにショックじゃないですけど。それにたいした値段じゃないし。
・大雨の時に自室が雨漏りすること。
→アルジェリアは仕事が粗いです。
・みんなゴミをどこにでも平気で捨てること。
→これも同じです。遊牧民族はこんなもんなのでしょうか? 日本は3RことReuse、Reduse、Recycleの3Rを既に400年前に確立していたというのに。が、日本人でもゴミの扱いが悪い人はキャンプに少なからずいます。ま、多くはコメントしませんが。
・アルジェリア人「ヒーホー」や「ニーハオ」と中国語の挨拶をされたとき。
→「ボンジュール」か「サラームアレイクム」か、「無視」で対応です。
・買ったビールが既に気が抜けていたとき。
→ジブチの時はコーラでこれがありました。
・豪雨の時。
→雨漏りの危険性があるので。
・パソコンショップや調達部門から商品が入る日を知らされていたにもかかわらず、その予定通り入荷しないとき。
→まぁ、インシャラーの世界ですから。アッラーの思し召しです。見積もりでは値段を書いているのに注文したらマケンシュ(ない)とはどげんこつですか?
・パソコンソフトはほとんど違法コピーであること。
→これはジブチと同じですね。しかし、仕事でこれは困るんですな。しかも、中途半端にクラックの仕方を知っているし。どこかに正義のローカルエンジニアはいませんか?
・自分のものでないものの扱いが荒いこと。
→これもジブチと同じですね。
・現地人の多くが仕事に対するプロ意識が低いこと。
→プロ意識が高い人く尊敬に値する人もいます。でもそうじゃない人が大半です。困ったもんです。文化の違いか宗教の違いが原因か。現地人でも尊敬に値する仕事をする人がいるので、人種や宗教が理由じゃないと信じていますが。
・街で買い物していたらいきなり私の職場で働きたいので便宜を図ってくれと言ってくる奴に遭遇したとき。
→どこの骨と分からん奴を責任もって紹介できるわけないやん。アホですか、と言いたいところですが、フランス語で罵倒するボキャブラリーを持っていないので無難に「人事権はないので無理」と突っぱねました。まぁ、むこうもダメ元でそういうことを言ってくる文化なのですけど。私にはそういう図々しい文化は受け入れがたいです。


○アルジェリアでちょっと嬉しいと感じること
・アルジェリア人「コンニチハ」と挨拶されたとき。
→日本人認定されると悪い気はしません。が、そこからこっちは急いでいるのに、うだうだ「お前、ムッシュ○○をを知っているか? 俺は彼と働いていたんだ」と昔話を始められるときもあるので要注意。
・アルジェリア人の同僚にフランス語でうまく伝えられなくても、空気を読んでうまく対応してくれたとき。
→こういういい人がいるから、いくらアルジェリアで嫌なことがあってもアルジェリアはダメだとは言いたくないのですな。
・買い物で新たな食材がget出来たとき。
・買い物で新たな店を開拓したとき。
・買い物でジブチと同じものを見つけたとき。
→ジブチは初めての長期滞在の外国なので、やはりノスタルジーを感じるものを見ると琴線に触れます、ホント。
たとえそれがフランスからの輸入のビールだったとしても。


○アルジェリアでちょっと微妙に感じるとき
・買い物をしているとき日本人と分かると、「ヒロシマ」、[ナガザーキ」と声をかけられるとき。
→どう対応しろと言うのですか。まぁ、彼ら的に世界中に植民地があった頃、アジアの小国がアメリカに喧嘩を売ったということに対する一種の尊敬の意味で言っているようなのですが。今度、どういう意味で言っているのかk時間があれば調査してみたいと思います。
・体調悪いときに「Ca va?(調子はどう?)」と聞かれて、めんどくさいので「Oui, ca va.(ああ、元気だよ)」と答えるとき。
→ここで、「Non, ca va pas.(いいや、調子悪いよ)」と答えると「Pour quoi?(なんで?)」と言われて理由を説明するのが面倒なので。ジブチでも同じでしたけど、ローカルスタッフとの接触時間がジブチに比べて圧倒的に長く同僚が多い、こういうシチュエーションに遭遇する確率が高いのです。
・アルジェリア人人の同僚から「日本のパソコンの方が安くて品質が高いんだろ、帰国したときに買ってきてくれよ」といわれたとき。
→結構言われます。確かに、前述した通り、アルジェリアでは三流品しか入ってこないと考えるべきなので一理あります。が、彼らの要求に応える義理はありません。アルジェリアに持ち込むアイテムは現地人の土産ではなく、自分の心身を保つための食材(マルタイの棒ラーメンとか)やら酒のつまみの方が重要なのが真実です。ま、ダメ元で行ってきているのだと理解してるので、その場では適当にOKとかD'accordとか返事をしても、対応する気ナッシングですから。ま、そこまで対応したいというような、誠実で自分の手荷物を減らしてまでも、そいつの願いに応えたいという人物が現れたらその限りではないですが、まぁそれはあり得ないでしょう。どっちにせよ、パソコン関連は彼らの月収に比べると半端なく高い(たとえ10000円でも)し、買ってきたらそのサポートまで無料で要求するのは見えてますし。日本語キーボードのパソコンを彼らが使えるように環境設定するなんてまっぴらごめんですし。
・水道水をペットボトルに溜めると明らかに濁っていること。
→ジブチより水事情は悪いです。が、断水でトイレが流せなくなったときのことを考えてある程度水道水はペットボトルの空きにストックしてます。

○アルジェリアで既に達観の境地にあること
・スケジュールを守ってくれないこと。
→ま、インシャラーの世界ですから。
・買い物をしているとやたらにメイドインヨーロッパや「original」ということを強調する。
→そういうものに限って、偽物だったり、「original」とラベルに書かれた互換品だったりします。もうギャグとしか受け取れません。
・アルジェリアの「地球の歩き方」がないこと。
→ジブチもありませんでしたが。きっとここは地球じゃないんでしょね。

ま、こんなところでしょうか。

偽キムチ再びinアルジェリア

ジブチ時代にも作った偽キムチ、今度はちょっと違うレシピで挑戦しました。

○材料
大根(根と葉両方):1束
赤唐辛子粉末:20gくらい
塩:適量
ニンニク:10欠片位(先日漬けたニンニク醤油漬けから取り出した)
牛エキス調味料:大体1個
魚醤:適量
タバスコ:適量

 今日の買い物で余力があれば魚・イカ・エビなども購入してきて本格的に作りたかったのですが、時間が無くて準備できませんでした。

ってことでこんな感じ。
Cimg2431


あと、余った大根で醤油漬けも作りました。
Cimg2429


 ジブチで作ったときもそうだったけど、こちらの大根は筋が多くおいしくありません。さて、どんなお味になりますことやら。

びわ酒を漬けてみた

とりあえず、今日の買い物で購入したもののリスト。

びわ2箱(40個弱) →果実酒用
葉付き大根700gくらい→偽キムチ作成用
広口ビン→蜂蜜酒用
プラスチック製小皿
プラスチック製ざる
プラスチック製円形タッパー3個セット→偽キムチ用
スナック菓子(中)4袋
オリーブ缶詰(120DA)→空き瓶に詰め替え予定
UPS用電源ケーブル10本(100DA/本)→仕事用
ニッパー→仕事用
ラジオペンチ→仕事用
Cタイプメス口ソケット(UPS電源ケーブルに取り付け予定)→仕事用
スキクダのポストカード4枚
油性ペン4本セット(120DA)
星の王子様仏語版(160DA)
穴空けパンチ・ホッチキス・ホッチキス芯外しのセット
30Lゴミ袋40枚入り(160DA)→仕事用
蜂蜜250g(230DA)
ドライイースト125g(60DA)→蜂蜜酒用
白胡椒40g(200DA)
メキシコ風スパイス40g(200DA)
オリエント風スパイス32g(200DA)
砂糖1kg×2(190DA)→びわ酒用
塩1kg(35DA)→漬物用
ビール[AMSTERDAM 500ml]4本
ビール[SOL 355mlビン]2本
ビール[AMSTEL 250mlビン]2本
マルチACアダプタ(3,4.5,6,7.5,9,12V対応)
コンセント変換アダプタ[A→C](60DA)
温度計付きデジタル目覚まし時計→早速故障っぽい。

ということで、今日は昼からびわ酒を漬けてみました。
○材料
びわ:適量。いくつかビンに入らなかった分はおいしく頂きました。久々のびわは甘酸っぱかったです。
Cimg2424

ウオッカ:適量、というか1Lのを1本。確かお値段3400DA。
Cimg2425

砂糖:適量。多分200~300g位使ったと思う。
Cimg2422

レモン:小2個

作りかけ。
Cimg2423

完成。あとは3ヶ月ほど熟成させるだけ。
Cimg2428

コマンド大好き

 私が初めて自分のパソコンを持ったのはまだWindowsも3.1といういにしえの時代で、WindowsもMS-DOSの上で動くアプリケーションに過ぎませんでした。
 なので、プログラムの実行はしばしばDOSプロンプトとよばれる画面でキーボードからコマンドを入力したものです。ま、今でもLinuxをはじめUNIX系OSの多くではコマンドを使う機会が多いですけど。

 ということで、Windowsにて普段はアイコンをクリックして起動しているプログラムをコマンドを指定して実行する方法の紹介です。
http://pasofaq.jp/windows/command/commandlist.htm
http://pasofaq.jp/windows/admintools/cpllistvista.htm
http://support.microsoft.com/kb/192806/ja

Untangleを導入してみたその3(L7-filterについて)

前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/04/untangle2-9b51.html

 今回はProtocol Filterについて。
 無償版Untangleはオープンソースのアプリケーションを利用しているということですが、ファイル交換ソフトの通信を遮断するのに使っている「Protocol Filter」ですが、中身はL7-filterのようです。よってフィルタルールの記述法についてcの設定がそのまま使えるようです。
 ということで、L7-filterのフィルタを紹介しているサイトのリンクを挙げておきます。
http://l7-filter.sourceforge.net/protocols

 ほとんどのプロトコルはインストール時に既に登録済みなので、あまり足す必要はないかと思います。ちなみにWinMX、Winny、Share、Perfect Darkなど日本でポピュラーなプロトコルに関してはここに登録はないようです。まぁ、うちの事務所じゃルータ勝手にポート解放を行えないので、これらの使用はきわめて困難かと思いますけど。

Untangleを導入してみたその2(動作確認環境をWikiに登録)

 前回ネタはこちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2010/03/untangle-56ff.html

 統合脅威管理ことUTMのUntangleの使用レポート第二弾です。
 今回はUntangle本家のサイトのcompatibility list(動作確認一覧)にデータを追加したのを報告しておきます。
http://wiki.untangle.com/index.php/Hardware_Compatibility_List

 ノートパソコンでの動作実績の記述はおそらく初めてじゃないかと思います(えっへん)。まぁフォーラムでPCMCIAのNICが使えるかという質問が出ているのを見る限り、ノートPCで運用している人はすでにいるようですけどね。なお、1GB+2GBのメモリを搭載しているとはいえ負荷がかなりなのか、不安定なので一日一回は再起動しないとネットに繋がらないことがあります(ブリッジモードで運用してます)。直接接続しているパソコンが200台弱、無線LANルータ経由で接続しているパソコンをあわせると300~400台は裁いているのでスペック不足なのだろうかと思います。
 本来はクアッドコアに4GBのメモリくらい欲しいですね。

 あと、NIC(ネットワークアダプタ)の動作報告も記載しました。日本のメーカのNICなので、どれを追加したかがすぐに分かるかと思います。
 会社でUntangleを使うにもかかわらず、人柱目的のため自腹でNICを4つも買いましたが、見事どれも認識されました。ま、安定動作するかは分かりませんけど。現状動作している1つしか長期稼働させてませんから。

 まぁ、時間があったら会社で余っているデスクトップPCにもUntangleを導入して動作確認リストに追加していきたいと思います。

 そうそう、Web FilterとProtocol Controlは大活躍です。Bittorrentトラッカーサイトや違法ファイルが多くアップロードされているmeggaupload.comなどのブロックも簡単にできます。もちろん、Protocol ControlでP2Pはほぼ全滅のはずです。出来れば無償のソフトで時間指定でアクセスブロックが出来れば言うこと無いんですけどねぇ。

 技術面でのブロックも大体うまくいってますし、規則面に関しても事務所でのインターネット利用に関して通達も出しました。内容的には「ファイル交換ソフトの使用など業務に影響のある通信はNG、発見次第ブロックを実行しますよ」という日本のまっとうな会社じゃ当たり前の内容です。ちなみに会社のネットワークでのファイル交換ソフトの使用は日本だとどんなに軽くても厳重注意や減俸、最悪懲戒レベルですが。
 が、ここは日本の常識の通用しない地の果て。この通達にもちゃんと従うかどうか分からない困ったちゃんがたくさんいます。ま、ネットワーク&セキュリティエンジニアとしてはこういうルール違反には断固対応する所存です。そのためにもここに私はいますから。
 ま、L7レベルでのフィルタリングはここの事務所の人間では回避するスキルのある人間はいないので大丈夫かと思います。しかし、MACアドレスフィルタリングは既にMAC偽装を行っている悪質な人間もいるようなので(その割にはホスト名を変更していないし、MACアドレスの変更も規則的なのでバレバレなお間抜けさんだけど)、事務所のパソコンを全台調査して吊し上げる勢いで調べにかかるつもりです。既に一部始めましたがまぁ、相当な労力が必要なのを痛感してます。MACアドレスの調査だけでなく、インストールされているソフトの調査およびその証拠を取るための画面キャプチャ、さらにウイルス駆除とかも割り込みで仕事が入りますからね~。

 ……って、ちょっと仕事の話を書きすぎたかな(汗)。

スキクダで買い物

今日は金曜。週に一度の休日です。スキクダ買い物バスにも乗っていき以下のものを買いました。
・ニンニク5個入り×2
→ニンニクの醤油漬けを作りました。
・小型プラスチックケース×3
→工具類を入れる予定
・USBメモリ4GB
→エラーチェックをしたら案の定先頭から1.9GB以降は書き込みエラーが出てます。アルジェリアで購入したUSBは100%エラーがあります。二度あることは三度ある。3度とも別の店で別のメーカーのを買ったにもかかわらずです。この国は三流品しか手に入らないのかねぇ。
・垢すりミトン
・メス口コンセントプラグ×2
・コンセント変換アダプタ
・密閉可能ガラス瓶
→ウオッカで果実酒を作る予定です。
・ガラス製レモン絞りトレイ
→今まで手で絞っていたのがこれでちょっとは楽になります。
・蝿取りリボン4本入り×2
→これから蝿が大量発生する時期なので。
瓶の密閉用栓2個入り
→ワイン用の栓です。以前2つ購入したうち1つ無くしたので、予備に買いました。
・台ふきんっぽいタオル4枚セット
→以前も同じ店でハンカチ用に購入しました。いろいろつぶしがきくと思い、ほしいと思ったものはその場で買えと言うことに従い買いました。
・大きめの台ふきん
→以前に買ったものと同様、枕の上に敷いて使う予定
・金属製茶漉し
→お茶とかレモン汁を濾すとか。
・小さいポーチ
→工具とかパソコン周辺機器持ち運び用。
・はさみ
→カッターは持っていたけどこれは持ってませんでした。ちなみに同じ店で梳きバサミも売ってました。

 さて、今回は久々に買い物の際に撮った写真を紹介します。

護衛についている憲兵(ジャンダルム)の車。上の標識の右側の「SKIKUDA」が今日の目的地です。ま、キャンプも同じスキクダ県なんですけど、買い物ツアーで出るのは県庁所在地なのですな。
20100402004


 牛です。国道沿いでよく見かけます。他にも羊やロバも見かけます。
20100402005


 市場で売っていました。肉屋の前で売っていたのでどうもペットというわけではなさそうです……。
20100402008


 体育館くらいの大きさの屋内の市場です。八百屋と鶏肉屋ばかりでした。
20100402010


 市場その2。
20100402012


 酒屋の入り口。ムスリム国家なので、酒はあまり目につかないように売られています。
20100402013


 酒屋その2。こちらでは以前何度買ったことがあります。酒を買うと外から酒と分からないように新聞紙でしっかりと包んでポリ袋に入れてくれます。
20100402014


 酒屋その2の隣の携帯屋。以前忘年会の商品でここで携帯を買ったら不良品をつかまされて偉い目に遭い二度と買わないつもりでした。が、今日は4GBのUSBメモリを買ったところ、またもや不良品でした。「71」という名前のスーパーの近くにありますが、ここでは皆さん買わないように。
20100402015


 買い物からの帰り道。CAMPの最寄りの町の金曜市です。
20100402018


金曜市その2。お昼前なので既に片付けモードですけど。
20100402019

金曜市その3。片付けほぼ終わりって感じです。
20100402023

らぶらぶじゃんくふーど

今日はいつもの食堂でのランチではなく、外で買ってきてもらったサンドイッチを食べました。

写真では既に折れてますが、バゲットの長さは大体30cm位かな。
20100401

 中身はこんな感じで、ハンバーグのようなミンチ、ポテト、卵、それにチリソースがかかっていました。完全ジャンクフードです。
20100401001


 が、あまりにも多すぎたので、最後は中身だけお箸でつまんで食べて結局パンは半分近く残してしまいました。神様仏様バース様ごめんなさい。
20100401002


 余談ですが、お箸もフランスパンもフランス語ではバゲットと言います。ま、お箸については日本の話にならない限りはまず会話では使わないと思いますけど。

アルジェリアでフランス料理

先週の金曜は同じ課の方とお出かけしてランチを楽しんできました。ということで、料理紹介です。

魚介スープです。魚出汁がよく出ていて日本人の口にはかなり合います。これでラーメンを食べてもおいしそうです。
20100326001


フランス風春巻きです。外側はほぼ春巻きですが中身はコロッケでした。
20100326002


アルジェリアワインです。そんなに高いものじゃありません。日本円で2000円程度だったかな。
20100326003

20100326004


パエリアです。これで4人前ですが、いつも量が多すぎで食べきれないのでした。
20100326005


焼いた羊肉です。
20100326006


フランス料理に必須のバゲットことフランスパンとガレットです。ちなみにに写真にはないですが、かりかりに焼いたフランスパンに生ニンニクをすりつけるととてもおいしいガーリックトーストになります。
20100326

 これらにビール1本、ワインは4人で2本飲んで大体3000円弱でした。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31