-天気予報コム-

Flag counter

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

Untangleを導入してみたその1(まずは導入)

 オープンソースで公開しているUTM(統合脅威管理Unified Threat Management)ソフトウェアであるUntangleを導入してみました。

UTMとはこのようなものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E8%84%85%E5%A8%81%E7%AE%A1%E7%90%86

で、Untangleについては以下が参考になります。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070731/278725/
http://wiki.untangle.com/index.php/Main_Page
http://mechapanda.seesaa.net/article/104380794.html
http://bo-biroku.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/untangle-026c.html
http://d.hatena.ne.jp/bungoume/20090926/1253941493

 OSはLinuxの2.6.26のようです。Linuxに関してある程度知識がないと設定とかは難しいかも。ま、私は一応LPICレベル1持ちなので特に困ったことはないですけどね。とりあえず、設定はブリッジ動作にして、今書き込んでいるパソコンもこのUntangle導入PC経由です。
 まだ、細かい設定はしていませんが、動作したデバイスについて紹介だけしておきます。
PC:東芝dynabook Satellite K20
NIC:
 東芝dynabook Satellite K20内蔵有線LANアダプタ(内側向けに使用中)
<PCカードアダプタタイプ>
 IO DATA CBET100-CL(外側向けに使用中)
 BUFFALO LPC-PCM-CLX2(テストでMACアドレスを認識するのは確認済み。動作は未確認)
<USBタイプ>
 BUFFALO LUA3-U2-ATX(テストでMACアドレスを認識するのは確認済み。動作は未確認)
 Planex UE-200TX-G(テストでMACアドレスを認識するのは確認済み。動作は未確認)

 これから色々設定して業務に不要な通信をバリバリ取り締まろうかと思ってます。しかし、Core2DuoのノートPCで24時間運用でいつまで壊れず動くかなぁ……。あと、メモリも1GBだけなので300台以上のホストを管理するには増設が必要っぽいですね。出来ればメモリ4GBと64GBのSSDなんかがあると最高なんだけど。

無料のウイルス対策LiveCD

 無料のウイルス対策ソフトAVG Freeで有名なAVGが「AVG Rescue CD」というウイルス対策のLiveCDを公開したとのこと。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100325_356681.html
http://www.avg.com/jp-en/press-releases-news.ndi-230155

 英文ページを見る限りでは、個人用途に限定されていないようです。つまり会社で使っても問題はないみたいです。ちなみにダウンロードはこちら。但し、英語版です。まぁ、この手のソフトを使う方は日本語版じゃなくても大丈夫じゃないかと思いますが。
http://www.avg.com/us-en/avg-rescue-cd

 余談ですが、個人用途に限定されていますが、他社のウイルス対策のLiveCDも紹介しておきます。
○Dr.Web Live CD
http://www.freedrweb.com/livecd/

○Avira AntiVir Rescue System
http://www.avira.com/en/support/support_downloads.html
http://dlpro.antivir.com/package/rescue_system/common/en/rescue_system-common-en.iso
→こちらはライセンスに関して商用利用の可否の記述が見つかりませんでした……。あと、実際に使ったことないんですな、実は。まぁ、そのうち試してみます。

Windows7で困ったことその2

 また、Windows7で困ったことが発覚しました。
https://bbcc.softbank.jp/personal/05_riyou/index.html

 IP電話アプリである、BBコミュニケータが使えません。64bitだからではなく、32bit版でもだめみたいです。WindowsXP Modeでも駄目です。BBコミュニケータだと自宅に電話をしても無料というのが大きいのでちょっと痛いです。まぁ、最悪Skype Outがあるからいいんですけど……。
 さらに悪いことに新規加入を打ち切るようです。ということは近い将来サービスを停止してもおかしくないです。
https://bbcc.softbank.jp/personal/09_info/2010/100301_001.html

 やれやれ、困ったもんだ。

今日のお薬

 流行り物に詳しい方ではないのですが、最近近辺で流行っているものに乗っかってしまいました。というか流行病に罹ったと言うべきですか。扁桃腺を腫らして発熱が続き2日間ほど仕事を休んでしまいました。

 日本の総合感冒薬ではどうにも熱が下がらないので、病院に行って処方箋を書いてもらいこちらのきつめの薬でなんとかしようという作戦です。で、処方されたのがこんな薬。

Mxilase
http://drugs-about.com/drugs-m/maxilase.html
甘ったるい咳止めシロップみたいです。しかし、飲む際に溢れにくいように瓶の作りを考えてほしいです。ま、そのあたりが途上国クオリティなんだと思いますが。

DOLYC 500
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3
解熱鎮痛剤です。日本でも同じ成分のものは結構ありますね。ただ、1回あたりの分量が多いので処方通り飲むと胃を荒らすんですけど。

Klavox 625mg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A2%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%B3
抗生物質です。これも分量が多いので、医者の処方通り飲むと胃を荒らすんですけど。

Windows7の面倒なところ

 常用するパソコンはWindows Vista世代をパスしてXPの次は7を購入しました。まぁ、Vista Home Basic入りパソコンも買っていましたが、XP Proを入れ直して使ってます。
 で、64bit版Windows7 Professional Editionをただいま使ってます。Windows7もMSDNでライセンスをいくつか持っていますが、インストールの手間を考えて64bit版プレインストールモデルのノートPCを購入しました。64bit版であるデメリットはドライバ周りとかウイルス対策ソフトなどの対応が32bit版よりよくないという点がありますが、すでに64bit版Windows XPを自宅のデスクトップにて使用しているので、この点では今のところ面倒は感じていません。

 が、基本的なUI周りでXPに比べて不便を感じています。Aeroビューも無効にしてデザインもクラシックスタイルにしてますが(別にこうしたからと言って描画パフォーマンスが向上するわけでないのは知ってます)、XP風に変更できないいくつかの点が使いづらく感じます。


その1:スタートメニューの作りが全然違う
 Windows95以来のスタイルがVista以降で変更になっているのにはいまいち慣れられません。VistaだとXP風のメニュー表示に変更できるっぽいですが、Windows7ではそれが出来ないようです。


その2:タスクバーにクイック起動がない
 そもそもクイック起動上のアイコンと起動中のアプリの部分の表示の区別がないようです。クイック起動好きの私にとってはこの仕様はどうも使いにくく感じます。また、これに関連して「デスクトップの表示」のアイコンがクイック起動領域がなくなったため、右斜め下の時計アイコンの右に位置するようになってしまいました。まぁ、キーボードショートカットを使えば別にいいのですが、カスタマイズできないのはちょっと気に入りません。
と思っていろいろググってみたところ、解決策がありました。
http://win7forxp.seesaa.net/article/133737921.html
但し、一部記述が間違っています。クイック起動のパスは[%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp\Roaming\Microsoft\Internet Explorer]ではなく、[%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer]でした。


その3:Skypeがタスクトレイに入らない
Windows XPでSkypeを起動していて特に会話などをしていない場合はタスクバーで場所をとりません。しかし、Windows7だとなぜかタスクバーに居座ります。邪魔です。Windows Live Messengerでも同じような感じです。


その4:パスワード付きzipファイルが作成できない
どうもこの改悪はVistaからの模様です。ま、別にアーカイバを使っているので問題はないのですが、仕様の改悪のように感じます。
http://ascii.jp/elem/000/000/068/68030/

 まぁ使っているうちにまだいろいろ面倒に感じる点は出てくるかと思いますので、それもネタにしていこうかと思います。

再検査結果

 朝から再検査の結果を聞きに行ってきました。
 その結果、CPKはまだ正常値よりは高かったものの三分の一強にまで下がっていました。
アルジェリアを出る朝に足が吊ったのが原因かもとのことです。

 ということで、予定通りのスケジュールで戦場に戻ります。日本もあと36時間くらいだな。
そろそろ飛行機のチェックインもしなきゃな。

健康診断結果異常あり。CPKってなんぞや?

 さて、本日健康診断結果がでました。
 再検査に備えて絶食で朝から行くつもりでしたが……起きたら13:30でした。ま、昨日帰ってきたのが深夜1:30、寝たのが4時ぐらいだったので仕方ないか。
 ってことで、夕方にかかりつけのクリニックに向かいました。

 その結果……CK(CPK)という検査項目で異常値になりました。生まれてこの方協力隊の応募でさえも検査したことのない項目でした。筋肉細胞の代謝に関係があるそうです。で、Webを引用するとこんな感じ。

<UV法>
  男性:60~250 IU/l
  女性:50~190 IU/l
→今回の検査方法は不明ですが私の値は721U/Lと通常の3倍の速度のザク…、もとい値です。ま、計測法によって正常値の範囲は違うと思いますし、今回の検査ではそのような方法だったかは不明なので何とも言えませんが、明らかに異常値とのこと。

<検査で何がわかるの>
・骨格筋、心筋、脳などの損傷の程度を推測できる。
・アイソザイム分析により傷害された臓器を推定できる。

<どのようのときに検査するのか>
・神経・筋疾患が疑われる場合
・脳の損傷が疑われる場合

<この検査で疑われる病気>
高値の場合
  筋疾患:進行性筋ジストロフィ、多発性筋炎、皮膚筋炎など
  心疾患:急性心筋梗塞、心筋炎など
  脳疾患:脳血栓、脳梗塞、脳損傷など
  その他:甲状腺機能低下症、悪性腫瘍、薬物中毒など

<検査を受けるときの注意>
運動によって数値が上昇しやすい項目です。ジョギングなどの日常の軽い運動でも高値になり、高い状態が数日間続きます。検査数日前はなるべく運動を控え、検査当日は少し早めに病院に行き、気持ちを落ち着かせから検査を受けるようにしましょう。
http://ketueki.syanari.com/CPK.html
http://www.itawari.net/blood/cpk.html

 だそうです。早速即日採血して再検査。及び心電図も取りました。心電図的には問題なしとのこと。明日血液検査の再検査の結果が出るとのことですが、これで正常値でなければドクターストップだそうな。一応派遣会社にも現場事務所の社員の方には状況説明済みです。

 最近特に運動してないので(検査後に大阪市内を徒歩で1.5時間ほど歩いたのと、今日近くのホームセンターに自転車で買い物に行ったくらい)、それが原因で上昇しているのは考えにくいと思います。しかも疑われる病気は結構シャレにならないものずらずらと並んでます。

 ま、ドクターストップになったら最低1週間はアルジェリア行きが延びます。そうなると帰りの航空券はパーになること間違いなしですが………。ま、その時はその時です、自分の命は自分しか守ってくれませんし。 ホント、人のことまで構ってられないというのが現実的になってきました。海外での仕事は心身の健康第一なので、ちょっと困った感じです。ま、メンタル的には大分落ち着いては来ましたけどね。

帰宅しました

 さて、前回のエントリで書きましたとおり、日本に一時帰宅しました。大きな遅れもなく、関空では10分ほど早まっての到着でした。
ほぼ毎日が数百メートル四方の中での4ヶ月間の生活だったので、住み慣れた大阪の風景でも新鮮に感じました。

 そうそう、インターネット接続の速さにびっくりしました。家は契約ではADSL50M、実質速度は30Mbpsですが、明らかにアルジェリアの職場より同じPCを使っていてもレスポンスが速いです。あと、自宅サーバが外から繋がらなかったので原因を確認したところ、電源を入れても画面が表示されないところを見ると、電源・マザー・CPU・メモリのいずれか死んでいると思われます。まぁ、いずれもチェックする用の交換部品を持っているので、確認できますが。でも、そう長くはない休暇の中でそれを実施する時間が勿体なさそうです。ってことで、自宅サーバを立てるならすぐに動作する一式を買ってくるのが良いかも。

 ともあれ、久々に雨漏りとは無縁の部屋で寝られ、天然泥風呂でない湯船に浸かれるだけで幸せです。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30