-天気予報コム-

Flag counter

« 青年海外協力隊員にお勧めする国民年金の付加保険料納付(月額400円) | トップページ | 無料で電子メール証明書を取得&更新してみた2009 »

青年海外協力隊員の職場向けな商用利用OKのアンチウイルスソフト(COMODO Internet Security)

 協力隊員時代は、派遣先でのウイルス対策で苦労しました。
 個人利用では無料で使用可能なアンチウイルスソフトはたくさんありますが、これらはライセンス的には派遣先でのパソコンにインストールするとライセンス違反になってしまいます。
 従ってライセンスに抵触しない商用利用で無料のもの使うとなれば、ClamWin位だと思っていました。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/04/12/clamwin.html
ただ、これは常駐型ではなく、定期的に起動して全スキャンしないといけないので、リテラシーの低い職員が使うパソコンに入れてもウイルスの侵入を防ぐ効果はかなり低いものでした。


 が、最近ネットを調べたら、商用利用もOKな常駐型のアンチウイルスソフトがあることを知りました。
COMODO Internet Securityです。アンチウイルスだけでなく、Firewall機能も付いているみたいです。おまけに日本語にも対応とのこと。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/05/18/comodo_internet_security.html

 なお、商用利用もOKってのはここで記載されてます。
http://www.comodo.com/news/press_releases/09_05_06.html

以下は引用です。
And unlike the stripped down versions of commercial software or "crippleware" that other software vendors offer for free, this is the full, completely functional version of the product with a free license which will never expire. A full list of new features can be found at: http://www.antivirus.comodo.com/

 ダウンロードは以下から可能です。なお、対応OSはWindows XP/Vista/XP x64/Vista x64だそうです。
http://personalfirewall.comodo.com/download_firewall.html

導入に関しては以下が参考になります。公式サポートしていないにもかかわらずServer系OSにも導入可能ってのはちょっと良いですね。
http://www.ahirunum.net/2009/05/comodo-internet-security.html

 ただ、検出率に関してはあまりよろしくないようです。
http://ssupdater.com/modules/Forums/index.php?showtopic=3938&st=0
http://www.hpmz.jp/blog/index.php?itemid=1067

 ってことで私は個人用には乗り換えるつもりはないですが、一応紹介でした。そうそう、私自身が使っているアンチウイルスソフトはAviraのAntivir Personalです。あと、AVG Freeも別PCにて使ってます。前者はUIが日本語じゃないのでパソコンに詳しくない人には勧めてません(性能的にはお勧めなのですけど)。AVG FreeはUIが日本語対応で分かりやすいので周りに勧めてます。この関係で自分のパソコン環境の内1つに入れておいてます。
 あ、そうそう、日本語対応のFreeのアンチウイルスソフトと言えばAvast!もありますが、昔誤検出でシステムに必要なファイルを消されたことがあるので、個人的には好みではなく周りには勧めてません。


 と言うわけでCOMODO Internet Securityのインストールを試してみました。XP Pro SP3日本語版へのインストールは問題なしです。ちなみにWindows2000 Pro SP4 フランス語版に入れようとしたらインストーラの起動時にエラーとなりました。
 で、オフラインでのアップデートについても実験しました。以下のページによるとbases.cavをオンラインのPCからコピーして持ってこればよいとのことです。
http://forums.comodo.com/empty-t40131.0.html

 このファイルの場所はc:\Program Files\COMODO\COMODO Internet Security\scanners\bases.cavにあります。ただ、オフラインのPCのこのファイルを上書きしようとしてもエラーになります。COMODO Internet Securityを終了してもこのファイルの上書きは出来ませんでした。と言うことで以下の手順を取るとオフラインでもウイルス定義の更新がうまくできました。

1. オンラインのPCにてウイルス定義を更新し、最新のbases.cavを入手する。
2. 1.で得たファイルをUSBメモリなどにコピー
3. オフラインのPCでCOMODO Internet Securityを終了する
4. オフラインのPCのc:\Program Files\COMODO\COMODO Internet Security\scanners\bases.cavを任意のファイル名にリネームする。
5. 2.のファイルを4.のパスにコピー
6. オフラインのPCを再起動する。
7. 4.でリネームしたファイルを削除する。
これで、オフラインアップデートは出来るみたいです。

 なおbases.cavは50MB以上あるので結構でかいサイズです。
 あと、COMODO Internet Securityをインストールするときには「COMODOライセンスサーバとコンタクトをとり無料のライセンスを有効にしようとしています」と出ます。
Comodo_inst01

恐らく、インストール時にアクティベーションのためオンラインである必要があるみたいです。……と思って試しにオフラインのPC(LANアダプタを無効にしたパソコン)でインストールをしたところ、無事にインストールできました。何だったんでしょ、「~ライセンスを有効にしようとしています」のメッセージは?

 あ、そうそうキングソフトのKINGSOFT Internet Securityも商用利用可能で無料なバージョンもあるみたいです。が、日本語環境以外で動くのかがちょっと分からないです。UIが英語などに対応していないと協力隊員の職場ではちょっと使えないでしょうけど。
http://www.kingsoft.jp/licensepack/is_co.html

また、無料版KINGSOFT Internet Security Uはオフラインのパソコンにインストールされたパターンファイルを更新することが可能なようです。但し、インターネットに接続した別のPCに同じ無料版Kingsoft Internet Security Uを導入している必要がありますが。
http://www.kingsoft.jp/support/is/kis_311.html

ということで、これも試しにWindows 2000Pro SP4 フランス語版にインストールしようとしてみました。
Kis_install01
このバージョンは日本語OS用なので入れても文字化けするかもしれませんよみたいなことが出てます。MUIとか導入したら化けないかもしれませんけど。
 で、これを無視して続行すると………


Kis_install02
 文字化け化けなインストール画面になりました。無理して導入しても良かったのですが、協力隊員が職場のPCに導入することを想定すると無料版KINGSOFT Internet Security Uは入れない方が良さそうと言うことが分かったのでここでキャンセルしました。

 なお、英語サイトも確認しましたが無料版はなく、180日期間限定試用版か有料版しかありませんでした。
http://kingsoftresearch.com/KingsoftInternetSecurity09.aspx

« 青年海外協力隊員にお勧めする国民年金の付加保険料納付(月額400円) | トップページ | 無料で電子メール証明書を取得&更新してみた2009 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「青年海外協力隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青年海外協力隊員にお勧めする国民年金の付加保険料納付(月額400円) | トップページ | 無料で電子メール証明書を取得&更新してみた2009 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30