-天気予報コム-

Flag counter

« mbookで実験その1:「Paragon Drive Backup Express v9.0を使ってリカバリ」 | トップページ | mbookで実験その3:「クラスタサイズ16KBのNTFSパーティションにSP3適用済みWindowsXP Tablet PC Editionをインストール」 »

mbookで実験その2:「クラスタサイズ16KBのNTFSパーティションにWindowsXP Tablet PC Editionをインストール」

 mbook実験大会その2です。
 クラスタサイズ16KBのNTFSパーティションにWindowsXP Tablet PC Editionをインストールしてみました。

 NTFSの使用がSSDのプチフリーズの原因の一つとも言われているようです。普通にNTFSでフォーマットするとクラスタサイズは4KBに設定されます。このクラスタサイズを大きくすることでプチフリーズが軽減されるとかされないとかと言う情報を聞いたので早速試しました。

☆前提条件
 使用インストールDISK:MSDNのWindowsXP Tablet PC Edition disk1(1897.2)とdisks2(1898.1)を使用
 OSインストール後の手順:
  SP3を適用→mbookのドライバをインストール

☆NTFSのクラスタサイズの変更手順
以下のページを参考にして手元にあるWindows Vista Starter Edition(普通の人は持ってないですよね)で起動して、修復モードにて起動してコマンドプロンプトを開きました。
http://my.opera.com/kawasemi/blog/2009/02/07/windows-7-beta-rescue-dvd
Cimg0068

Cimg0066


 その後、diskpartコマンドを実行してブートローダ領域をfatで31MB確保し、残りをクラスタサイズを変更したNTFSでフォーマットしました。その他詳細は以下を参考にしています。
http://my.opera.com/kawasemi/blog/2009/02/22/mini-9-ntfs-64kb

 そして、再起動後XPのインストール時にインストール先を上記のNTFS領域に指定しフォーマットせずにインストールを実行します。

 ちなみにXPに付属のdiskpartだとdiskpartコマンド内でformatが実行できない(実行可能コマンド一覧にない)ので、ご注意を。ただ、XPの起動DISKにはformatコマンド自体は存在しているっぽいので、同じことは実行可能っぽいです。が、フォーマット対象のボリュームorドライブ名の指定で難儀したので、私はXPの起動DISKを使用してのdiskpartとformatは断念しました。


○実験1
<条件>
 SSDの16GB全容量をFAT32で設定してインストール。
<結果>
 WindowsXP Tablet PC Editionは問題なくインストールされました。


○実験2
<条件>
 SSDの31MB(fat)を起動領域、残りの容量をNTFS(クラスタサイズ64KB)で設定してインストール。
<結果>
 WindowsXP Tablet PC Editionのインストール後の最初の再起動時にブルーバックになり、インストールは失敗しました。
Cimg0067


○実験3
<条件>
 SSDの31MB(fat)を起動領域、残りの容量をNTFS(クラスタサイズ16KB)で設定してインストール。
<結果>
 一度インストール途中で止まったが、電源を切って、インストールを続行するとWindowsXP Tablet PC Editionは問題なくインストールされました。CD-ROMの読み込みに問題があったっぽい挙動でした。


 そうそう、diskpartコマンドを実行するときに参考にしたページだと、『「オペレーティングシステムの選択」が毎回毎回表示される」』と言う問題に関して、31MBのFAT領域をWindows PEでDiskPartを起動してdiskpartするか空いているドライブレターにマウントする方法が説明されていました。
 が、私の場合は、空のNTFSフォルダにマウントする方法をとりました。具体的には以下の手順を取りました。
1.c:\bootというフォルダを作成
2.管理ツール>コンピュータの管理>ディスクの管理を開く
3.当該パーティションを選択し、「ドライブ文字とパスの変更」をコンテクストメニューから開く
4.「追加」を選択し、「次の空のNTFSフォルダにマウントする」を選択し、「参照」ボタンからc:\bootを選択し、「OK」を押下。

 あとは隠しファイルを表示する設定にしておけば、c:\boot\boot.iniを編集することで上記の起動時の鬱陶しい表示を消すことが出来ます。
 なお、boot.iniを編集後はアンマウントした方がいいです。何かシステムの復元関連の隠しフォルダがこのフォルダは以下に勝手に出来てましたし。これが原因だと思いますが、マウントしたままSP3を適用しようとしたら空き領域が少ない旨でエラーになりました。

Sp3_err

 と思って、マウントを解除しましたが、同じエラーでインストールは正常に進み……ませんorz。うーん、困った。
システムの復元を無効にしても同じくエラー。とりあえず、fat領域のマウントを後回しにしてもう一度同じ手順でインストールしてみますわ。

<追記>
 fat領域のマウントをせずにSP3適用を実行しましたが、やっぱり同じエラーが出ましたorz。4KBクラスタのNTFSでインストールするか、FAT32でインストール後convertコマンドでクラスタサイズを指定するかどっちにするべかな……。まぁ、FAT32のイメージはバックアップ取ってあるのでこっちから試すかな。あ、今回はインストール媒体を変えたせいか、インストール時に止まることはありませんでした。

« mbookで実験その1:「Paragon Drive Backup Express v9.0を使ってリカバリ」 | トップページ | mbookで実験その3:「クラスタサイズ16KBのNTFSパーティションにSP3適用済みWindowsXP Tablet PC Editionをインストール」 »

mbook」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« mbookで実験その1:「Paragon Drive Backup Express v9.0を使ってリカバリ」 | トップページ | mbookで実験その3:「クラスタサイズ16KBのNTFSパーティションにSP3適用済みWindowsXP Tablet PC Editionをインストール」 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30