-天気予報コム-

Flag counter

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

平成21年度春期情報処理技術者試験で何を受けようかな

 なんか来年度から大きく情報処理技術者試験の受験区分が変わるみたいです。
旧区分との対応表はこんな感じです。
http://codezine.jp/article/detail/2085?p=1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%87%A6%E7%90%86%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%AE%E5%A4%89%E9%81%B7
 今回の変更はずいぶん大きいようです。

 んで、初級シスアド、第二種情報処理技術者(現基本情報処理技術者)、ソフトウェア開発技術者持ちな私は何を受けようかとちと悩んでます。
 テクニカルエンジニア(ネットワーク)は以前受けて落ちましたけど、 春期にネットワークスペシャリストは実施しないので受験候補としてはこんな感じです。

データベーススペシャリスト
エンベデッドシステムスペシャリスト
情報セキュリティスペシャリスト

 業務経験年数から言ってデータベースかなぁと思うのですけど。情報セキュリティスペシャリストは旧制度のテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験でC++、Java、Perlのすべての言語に対応する必要があるって書いてあるのでちょっとガクブルですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2_(%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3)

まぁ、とりあえず12月はLPI Level2にでも挑戦するかなぁ。

電子証明書等特別控除getに挑戦その2

 前回ネタは、こちら。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2008/11/get-e2c3.html

 本日amazonから公的個人認証サービス対応ICカードリーダライタ'(SCR331DI-NTTTCom)が到着しました。ということで、セットアップを始めました。
 ドライバのインストールは難なく終わりましたが、住基カードをICカードリーダライタに認識させるのに一苦労しました。

 はじめにカードリーダ導入後、e-Taxソフトをインストールして、開始利用手続、利用者識別番号の取得、e-Taxソフトの導入、まではうまくいきましたが、初期登録作業の途中で躓きました。電子証明書の登録の際、証明書が入っている住基カードが認識されなかったのでした。

 原因は、「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」を入れていなかったからです。これを入れないといくらカードリーダが認識されてても住基カードは認識されません。さらにこの利用者クライアントソフトの実行のためにはJREランタイムのインストールが必要でした。

 んで、気を取り直して初期登録作業を続けたら無事セットアップは終了しました。でも、平成20年の所得税の電子申告はまだデータ作成できないみたいです。
 というか、そもそも税に関しては全くの素人なので、ここからデータを作って無事申請が出来るのかが心配です。ということで、その3に続く、はず。

 あそうそう、私の住んでる自治体の住基カードは接触式/非接触式のどちらでも使用可能なみたいです。スロットの中にカードを挿しても、FeliCaみたいにリーダの上に置いても、どっちでも使えました。

ということで、今回参考にしたリンクを挙げておきます。

e-Taxで確定申告
http://www.nta.go.jp/e-tax/index.html

公的個人認証サービスポータルサイト
http://www.jpki.go.jp/

平成19年分 確定申告書等作成コーナー
https://www.keisan.nta.go.jp/h19/

e-Taxで確定申告をしよう
http://e-tax.life-k.com/

電子証明書等特別控除getに挑戦その1

 サラリーマンをやっている方々にとっては年末調整の時期ですよね。目下、学生のような無職のような私には関係のない話です……。が、来年頭に確定申告をする必要があるみたいです。最初の会社を辞めて協力隊に参加する際も確定申告が必要でしたが、このときは親に任せたので自分で確定申告をするのは初めてになります。

 で、確定申告の際に、e-Taxを利用すると電子証明書等特別控除で税が5000円控除されるというのは昨年聞いたことがありましたが、今年平成20年に関しても申請出来るみたいです。
http://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/koujo.html

 この制度の利用のためには住基カードの取得と住基カードリーダの購入、そしてパソコンとインターネット接続環境が必要のようです。現状不足しているのは住基カードリーダだけなので、早速amazonで購入しました。「NTT-ME SCR331DI-NTTCom」というモノです。
 住基カードは接触式と非接触式があり、自治体によって採用しているタイプがまちまちです。私の地元の市では接触型でしたが、購入したリーダは接触式と非接触式の両方に対応するタイプです。おかげでちょっと高くて5000円の控除額を超えてます(笑)。が、今後引っ越しする可能性を考えた上で両対応の物を買いました。

と言うことで、参考リンクです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/E-Tax
http://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/koujo.html

 医療費控除が今年は今年は出来るかなと思いましたが、10万円には達しそうにないです。が、「10万円又は所得金額の5%のいずれか少ない金額」以上の医療費を支払った場合が条件なので、7月末で退職した私の場合はこの条件額が10万円を下回りそうなので、計算してみました。…… 約92000円でした。多分数千円足りない位になりそうです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/01_01.html

 あと健康診断を年内に受けるつもりですが、これは医療費控除には入れられないみたいです、残念。でも、家庭の常備薬も控除の対象とは意外でした。マスクとか目薬の領収書を取っておいた方が良かったなぁ……。
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/2654/indexkaku.htm

 そういえば、株取引でも損失が出てるのでこれも申告しないとなぁ。
源泉徴収なしの特定口座で開設してるんで、「年間取引報告書」の提出をすればいいようです。損失なので申告しないでもいいんだけど、譲渡損失の繰越控除が3年間有効なんでこれを使っておいた方が良さそうだし。
http://tax-hack.livedoor.biz/archives/50080916.html
http://www.naito-sec.co.jp/service/special-account.html
http://www.naito-sec.co.jp/qa/japan/02.html

 あ、そうそうサラリーマンで源泉徴収されている人は基本的に確定申告が不要な方がほとんどだと思いますが、その場合でも確定申告をe-Taxを利用すれば電子証明書等特別控除が受けられるそうです。なんか面白そうだと思う方は挑戦してみてはいかがでしょ。

フィリピンの語学留学(CPILS)で勉強した単語/熟語など

 小ネタでいろいろ出そうかと思ってましたが、思いついたのからCPILSで4週間勉強したときのノート(正確にはルーズリーフですけど)に残ってるのまで適当に挙げてみます。資格試験対策では全然見たことのない単語ばっかりです。熟語に関しては、他の意味も持つのもありますんで、ご注意を。

sibling:兄弟姉妹。
 「Do you have brother or sister ?」 と聞かなくても「Do you have sibling?」で済むみたいです。初めて知ったんですよね。TOEICの頻出単語でも見たことなかったし。

ex-boyfriend / ex-girlfriend:元彼氏 / 元彼女
 最初は「x-boyfriend」と思って「えっちな関係の男友達?」と勘違いしてました、ハズカシイ。

crush:片思いの相手
 こんなの知りませんがな。ただ、面と向かって自分の片思いの相手に使う言葉ではないそうな。

prenuptial:結婚前の
betrothed:婚約した
annulment:(婚姻の)取り消し
なんか結婚関係のネタが多いですが、そういうトピックについて勉強してたんで。

scam:詐欺、詐欺師
monkey business:いんちき、法律違反の行為


tipsy:ほろ酔いの
 ぐでんぐでんの酔っぱらいはdraukardですな。

make believe :…のふりをする。pretendと同じです。

a stone's throw:石を投げて届くほどの距離、near byと同じです。

fed up:関心を失う

get over:忘れる。forgetですな。

see eye to eye :意見が一致する。agreeですな。

bone to pick:議論すべき問題。problems to discussと同意とのこと。

cock and bull story:嘘の話

plumber:配管工。「b」は発音せず、「プラマー」とのこと。

attorney:弁護士。逆転裁判の英語版で確かにこの言葉出てきてたなぁ、そういえば。

janitor:掃除人

carpenter:大工

contagious:伝染性の

anesthesiologist:麻酔医

fast track:出世コース

teetotaler:絶対禁酒者

abstain:禁酒する

binge drinking:大酒を飲む、一気のみ

steady soak:ゆっくりと時間を掛けて酒を飲むこと。binge drinkingの反対ですな。

get ahead:出世する

indulgence:…に耽ること

boardroom:(会社の)会議室

culprit:罪人、容疑者

errand:使い、用足し、用事

ream:(500枚の)紙の束

alongside:…と一緒に。togetherと同じとのこと。

discord:意見の不一致。disagreementと同じとのこと。

forego:先んずる

take turns:交代で行う

っと、英語の復習を日記でしてしまいますた。でも、すぐ忘れるんよねぇ年だから。

2008年度秋期実用フランス語技能検定2級一次試験を受けてきた

 ということで、本日11/16に仏検2級を関大まで行って受けてきました。試験は15:00~17:25とずいぶん遅い時間からでした。先月末にフィリピンから帰国して試験対策に打ち込むはずでしたが……全然やってません、と言うか気力が沸かなかったというのがホントのところですが。

 ま、ともかく今後の進路に関わってくることなんで今回は主催者が用意した模範解答で自己採点の方をやってみました。いつもは面倒で自己採点なんてしないんですけど。
 今日の一次試験は筆記が68点、書き取り14点、聞き取り18点の合計100点です。で、前回春期の合格ラインは66点とのこと。私の結果は筆記は44/68、書き取り?/14、聞き取り10/18で書き取りを除いた合計が54点でした。書き取りが良くても総合計は60点辺りと思われるので不合格じゃないかなと思います。orz

 書き取りに関しては解答用紙に書く余裕しかなく問題用紙に書き写す暇なんてないのと採点基準が不明なので点数の予想が付かないんですわ。その上、採点は減点法で厳しいとのことなんで14点中12点をgetと言うことはまず無理そうです。

 前回の48点より上がったのはいいんだけど、力不足でした……。最初の前置詞穴埋め、単語埋め、同士の選択&活用の問題で点数を取らないとやっぱりダメですわ、ホント。長文読解は強いんですけど。

 はぁ、月末のTOEICでいい点取れるように気持ちを入れ直さなきゃ。あと、健康診断対策で2週間くらい毎日運動で尿酸値やコレステロールを下げないとなぁ。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31