-天気予報コム-

Flag counter

« スーパーマルチDVDドライブとDVD-R DLメディアの相性(AD-7170A vs ZDL-4X10PW) | トップページ | ジブチテレコムがADSLサービスの値下げをしたみたい »

サーバのHDD入れ替えと64bit版CentOS5.2のインストール

 最近、ずっとパソコンネタが続いてます。
 先日衝動買いで1TBのSATA HDDを9999円で買ってしまいました。これを前から500GBのHDDと入れ替えました。
で、それに伴って余った500GBのHDDをサーバ機に載せ替えることにしました。
 今までは80GBでCentOS5(64bit)でしたが、今度は500GBでCentOS5.2(64bit)。ついでにメモリも2GB(1GB×2)から4GB(1GB×4)にするつもりで1GB×2を買ってしまいましたが、帰ってきてマザーボードを見るとメモリスロットが2本しかないことに気付いた(;ω;)。ってことで、メモリの容量はそのままです。
 も一つミスったのは、手持ちのSATAケーブルが無いことに帰ってから気付いたことです。仕方ないので、翌日買いに行きましたけどねぇ。IDEケーブルなら家に腐るほどあるんだけど。

 ついでに内蔵していたCD-ROMドライブも使っていなし、風通しを良くするため撤去。
 インストールは外付けDVDドライブから行いました。どうせインストール時しか光学ドライブは使わないし。
 インストールはまぁ大きなトラブルもなく行きました。今回はSE Linuxを有効にしてみましたが、やっぱり色々引っかかりそうです。ちょっとFTPで接続しようとすると遮断されましたし。VNCも動作させるつもりだけど、道のりは遠そうかな。

 そうそう、最初インストールしたときはHDDがSATAにもかかわらず、/dev/hdaで認識されてました。BIOSでIDEエミュレートしてたようです。念のため「# hdparam -t /dev/hda」でHDDのアクセス速度を見ると…7MB/s。しかもPIOモードになってました。せっかくのSATAなのに性能が発揮できないとは勿体ない。

 ということで、BIOSの設定をいじってちゃんとSATA(正確にはSATA2)で認識するように設定しました。それだけじゃ起動時にカーネルパニックでも起こすかなと思いきや、起動しました。しかもHDDはちゃんと/dev/sdaで認識されて。すばらしい。
 で、さっきと同じようにアクセス速度を測ると、今度は約70MB/s!! SATAって速いんだなと実感しました。アプリの起動とかも体感速くなりましたし。そうそう、アプリと言えば、Firefoxは最初は3のβ版でしたが、自動更新で3.0.1になりました。前回のような面倒なことは一切なしです。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2007/11/centos5forefox2_98d6.html
いやいや楽ちん楽ちん♪ プラグインもWindows環境と同じものを入れておきました。


 あとは、SE Linuxを有効にした上でsamba、vnc、Vmwareの設定をさっさと終わらせてサーバルーム(元客間・現物置部屋とも言う)に戻したいところです。目標はVmwareでWindowsServer2003を動かすことです。
 CPUパワーを食うだろうから本当はデュアルコアCPUに載せ替えたいところですが、ココは低消費電力マシンと言うことで我慢しました(金がないというのもありますけどね)。

« スーパーマルチDVDドライブとDVD-R DLメディアの相性(AD-7170A vs ZDL-4X10PW) | トップページ | ジブチテレコムがADSLサービスの値下げをしたみたい »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパーマルチDVDドライブとDVD-R DLメディアの相性(AD-7170A vs ZDL-4X10PW) | トップページ | ジブチテレコムがADSLサービスの値下げをしたみたい »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30