-天気予報コム-

Flag counter

« 偽アンチウイルスソフトが現れた! | トップページ | スーパーマルチDVDドライブとDVD-R DLメディアの相性(AD-7170A vs ZDL-4X10PW) »

壊れたG4 iBookを何とか動かしてみる

 ずいぶん前ですが、ジブチにいるときに某隊員から壊れたG4 iBookをもらいました。
http://images.apple.com/jp/support/datasheet/portable/ibook/pdfs/iBook_G4-9165.pdf

 故障内容の詳細は以下の<事例その2>に書いてますが、内蔵HDDが認識しなくなったのですが、HDD自体は取り出して別PCにつないでも問題ありませんでした。さらに、別のHDDを繋いでも認識しませんでした。あと、CDBootのLinux(Ubuntu)で起動したときもIDE周りでエラーが出ていました。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/11/post_361e.html

 ということで、HDDコントローラ(プライマリIDE)が死んでいるけど内蔵DVD/CDコンボドライブとセカンダリIDEが生きている状態のようです。修理に出すとロジックボード交換で5万以上はしそうな雰囲気なので、何とか使えるようにするかヤフオクで処分するか考えてました。
とりあえず、現状はメモリ1枚と元々内蔵していたHDDは部品取り済みです。なので、CPUはG3 800MHz、RAM128MBという状態です。OSインストールメディアとリカバリCDは付いてます。

 で、使う場合だと2パターンが考えられます。
<その1>
 FireWire(Windows風に言うとIEEE1394、ソニー風に言うとi-Link)接続の外付けHDDにMacOSを入れて動作させる。
→これを試してみました。ジブチから帰国時に買った2.5インチHDDをUSB/IEEE1394接続する外付けケースに40GBのHDDを入れて繋ぎました。この際、バスパワーでは全然動かないので、USBコネクタから電源を取るケーブル+100VからUSBのコネクタに5V1AのACアダプタで電力を供給しました。
 この結果、見事にMacOS 10.3はインストールできました。調子に乗って、別のノートPCに内蔵しているSO DIMM PC2700 1GBなメモリを増設してみたら、まぁまぁ快調に動作しました。USBが2.0じゃないのが非常に使い勝手がよろしくないですが。
Sa390300

Sa390299


 でも、Mac OS Xのインストールは初めてでしたが、色々個人情報を入れないと進めないのにはちょっと閉口しました。違法コピーの媒体じゃないけど、いちいち電話番号や郵便番号を入れないと進めないってのが非常に気持ち悪かったです。

 さて、メモリを増設&HDDをもっと大きなサイズにしてサーバ機にするか、ヤフオクでジャンク品として売り払かのどっちにしようかなぁ? 外付けHDDがぶら下がっているのと、いまさら5年前のG3 Macなので部品取り以外の目的で欲しい人はいないよなぁ。
 ネットとメールしたいだけなら、増設メモリ代(128MBではさすがに少なすぎ)と、外付けHDD代だけで譲っても良いですが、誰か要ります?
 私的にはOSがインストールできただけで満足なので(笑)。

<2008/09/14修正>
G3 iBookだと思ってましたが、G4でした。と言うことで記述を修正しました。

« 偽アンチウイルスソフトが現れた! | トップページ | スーパーマルチDVDドライブとDVD-R DLメディアの相性(AD-7170A vs ZDL-4X10PW) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

IDE周りでエラーと言われると
なんだか複雑な気分ですな

んでは、ATA周りと言い換えますかな。
シリアルATAが出てきた辺りからIDEって用語を使わなくなってきてるんですな。
IDEとATAも用語的には微妙に違うんだけどね。
 結局、このマシンはオークション行きになりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽アンチウイルスソフトが現れた! | トップページ | スーパーマルチDVDドライブとDVD-R DLメディアの相性(AD-7170A vs ZDL-4X10PW) »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31