-天気予報コム-

Flag counter

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

Windows Media Playerに登録したMP3ファイルの曲リストを出力したい(BlogPet)

platonの「Windows Media Playerに登録したMP3ファイルの曲リストを出力したい」のまねしてかいてみるね

WindowsMediaInfoExporterというプラグインを持ってるものしか使えませんでした状態で「ID3v1タグの書き込み」に登録したMP3について知りたい方が、v1○ID3ファイルにするとアルバム名まで分かれば、フリーのCDDBに取り込んだとCDDBにインをいろいろ替えてみましたところ、もう一つおまけ。
手持ちのがいいの設定にも対応が詰めな部分はFreeの文字コードはv1(ID3Edit1.org/CDのソフト)UTF-c99d49a672ef/CDの持ってるものしか使えば、そろそろID3Uni20040610(mp3エンコーダだとアルバム名まで分かれば、テーブルが良いみたいです(ID3再生したいわけですが表示されるからも曲リストをしたらダウンロード可能ですね。

*このエントリは、ブログペットの「とんこつ」が書きました。

Windows Media Playerに登録したMP3ファイルの曲リストを出力したい

Windows Media Playerに登録したMP3ファイルの曲リストを出力したい

 今回は、備忘録です。
 手持ちのCDからリッピングしたmp3ファイルは大抵Windows Media Player 10で管理&再生してます。
で、何を持っているのかを出力しようと考えてます。出先でCDを借りる際に自分の持ってるものを借りなくて済むようにしたいわけです(時々すでに借りたCDをまた借りてしまうことがありますんで)。

 でいろいろ調べたところ、Windows Media PlayerにMedia Info Exporterというプラグインを追加すれば良いらしいです。
以下のページの右端の「WinterPlayerPack.msi」をクリックしたらダウンロード可能です。
http://www.microsoft.com/windowsxp/downloads/powertoys/wm_winterfun.mspx
直リンは以下です。
http://download.microsoft.com/download/b/a/8/ba836c39-01ab-4071-954d-c99d49a672ef/WinterPlayerPack.msi

 で、入れたところ無事WindowsMediaPlayer10に取り込んだ曲データを出力できました。
まぁ、私の場合曲単位ではなくアーチストとアルバム名まで分かればいいんで、EXCELにインポート後、出力データから曲名を手動で削除するという面倒なことをしましたが。まぁ、これくらいはVBAを使えば簡単にできるはずなんですけどね。気が向いたらツールを作るかも。

 そういえば、ちょっと関連事項でおまけ。
 通常、フリーのmp3エンコーダだとCDDBはFreeのものしか使えませんが、ツールを使用すると商用のCDDBからも曲データを取得できるんですねぇ。まぁ、最近は面倒なのでCD2WAVではなくWindows Media Playerを使うことが多いですけどね。
http://www.cail.biz/CD.html

 あと、もう一つおまけ。
インストール不要なメディアエンコーダがあります。CDDBにも接続できるようで日本語にも対応してます。
CDのリッピングだけでなく、各種音楽ファイルに対応してますね。
http://www.bonkenc.org/


で、ID3タグも入れてくれますが、いつも使っているtag編集ソフトであるID3editだとリッピングしたmp3ファイルのタグが表示されませんでした。
ということで、ID3タグの対応が気になったので調べてみました。
ID3タグの文字コードはBonkEnc v1.0.7の設定で以下の条件で調べました。
1.「ID3v2タグの書き込み」にチェックを入れて「ID3v2タグの書き込み」にチェックを外した状態で「ID3v1タグの文字コード」をいろいろ替えてエンコード。
2.「ID3v1タグの書き込み」にチェックを外して「ID3v2タグの書き込み」にチェックを入れた状態で「ID3v2タグの文字コード」をいろいろ替えてエンコード。

QuickTime Player 7.4.1(mp3再生ソフト)
ID3 v1文字コード
CP1251
ISO8859-1
ISO8859-2
ISO8859-5
ISO8859-7
ID3 v2文字コード
ISO8859-1
UTF-8
UTF-16LE
UTF-16BE
ID3 v1:ISO8859-1、v2:UTF-16LE
scmpx 1.51(mp3再生ソフト)
ID3 v1文字コード
CP1251
ISO8859-1
ISO8859-2
ISO8859-5
ISO8859-7
ID3 v2文字コード
ISO8859-1△(ID3表示×)
UTF-8△(ID3表示×)
UTF-16LE×
UTF-16BE△(ID3表示×)
ID3 v1:ISO8859-1、v2:UTF-16LE×
ID3Edit 1.6
ID3 v1文字コード
CP1251
ISO8859-1
ISO8859-2
ISO8859-5
ISO8859-7
ID3 v2文字コード
ISO8859-1×
UTF-8×
UTF-16LE×
UTF-16BE×
ID3 v1:ISO8859-1、v2:UTF-16LE
SuperTagEditor 2.01(ID3タグ編集ソフト)
ID3 v1文字コード
CP1251
ISO8859-1
ISO8859-2
ISO8859-5
ISO8859-7
ID3 v2文字コード
ISO8859-1
UTF-8×
UTF-16LE×
UTF-16BE×
ID3 v1:ISO8859-1、v2:UTF-16LE×
ID3Uni 20040610(ID3タグ編集ソフト)
ID3 v1文字コード
CP1251
ISO8859-1
ISO8859-2
ISO8859-5
ISO8859-7
ID3 v2文字コード
ISO8859-1
UTF-8×
UTF-16LE
UTF-16BE×
ID3 v1:ISO8859-1、v2:UTF-16LE
AXN-205(ポータブルmp3プレーヤ)
ID3 v1文字コード
CP1251
ISO8859-1
ISO8859-2
ISO8859-5
ISO8859-7
ID3 v2文字コード
ISO8859-1
UTF-8
UTF-16LE
UTF-16BE△(ID3表示×)
ID3 v1:ISO8859-1、v2:UTF-16LE


NGな部分はID3 v2タグへの対応が原因のような感じですね。
基本的にはID3 v1を使用して、ID3v2を使用する場合は文字コードはUTF-16LEの設定にするのが良いみたいです。でも、そろそろID3タグはv2対応のソフトで編集した方がいいのかなぁ……。

ちなみにID3について知りたい方は以下を参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ID3%E3%82%BF%E3%82%B0

いやはや、おまけのネタの方が長かったですな(笑)。

余談ですが、テーブルが詰め詰めなのはbrタグで二行改行すると異常に改行されるからなんですな。

フィリピンでの携帯国際ローミング

GWにフィリピンのセブに3泊4日でダイビングに行く予定です。ということで、フィリピンはお初なのでいろいろ調べています。別に不要だとは思いますが使えるならば使ってみたいというじゃんかー魂なplatonは携帯のローミングについて調べているのでした。
 で、私の持っている携帯がローミングに対応してます。
AU(W51SA)はGSMに非対応なので、SIMをGSM対応の携帯に差し替えて利用するグローバルパスポートで対応可能になります。
http://www.au.kddi.com/kaigai/ge/goriyo/index.html
http://www.au.kddi.com/kaigai/ge/world_area/asia.html

softbankの方はGSMもそのまま対応な705Pです。
http://mb.softbank.jp/mb/international/area_price/area_search/detail.html?id=537092824&back=true

AUの方は別途GSMに対応した電話を用意する必要がありますが、Nokiaの3310を持っていたりします。ま、ACアダプタが220V用なので現地で充電の必要がありますけど。

 ということで、どっちが通話利用が安いのか調べました。
フィリピン国内でもいくつか電話会社があるようで最安値段で比較しました。セブでサービスしてなかったら意味がないんですけどね(笑)。

AUの場合
事業者対日本[円/分]対国内[円/分] それ以外[円/分]着信メール対応
Digitel17575 265155×
Globe Telecom×
Globe Telecom-PH
PH Sun Cellular×
SMART

softbankの場合
事業者対日本[円/分]対国内[円/分] それ以外[円/分]着信メール対応
Globe Telecom17575 26580

 ってことで着信のことを考えるとsoftbankの方がお得みたいです。国際電話ならネットカフェなどでskypeを使えばよさげだし。出発前にはメールの自動受信を止めないとパケ死してしまいますな。
まぁ短期間の旅行だからSIMカードを買う程じゃなさそうだけど、ネタで買うのもいいかな(笑)。いまでも期限の切れたタイのSIMカード持っているし。どうせホテルに連絡とか、レストランに予約とかダイビングショップに連絡くらいにしか使わないと思いますけどね。

じゃんく買い取り109kg

えーと、じゃんくな話ですがパソコンではありません。

 本日家の不要品の処分をしました。
 最近ミニコミ誌に不要品の引き取りをしている業者の紹介が載っているのを見ました。市のゴミ回収に出すのに比べて安価に処分できるらしく、不要な電化製品、パソコン、鍋、フライパンなども買取りますとのことでした。昨今の金属の高騰を受けてなんでしょうかね。
 あ、パソコン用ディスプレイは買取ではなく無料引取りでしたが。まぁ、いまどきブラウン管タイプのディスプレイは買取してると思えないし、もっていく手間を考えると近場で手数料なしで引き取ってもらえるなら御の字です。ちなみにTVは家電リサイクル法対象なので買い取りは引き取りしてくれなくて、処理代金の支払いが必要な模様です。

 で、売った結果の重量が掲題の通りです。
 詳細はこんな感じです。あ、支払金額じゃありません。もらった金額ですので。

物品数量単価金額
雑品41個10[円/個]410円
76kg10[円/kg]760円
アルミ3kg1300[円/kg]390円
バッテリー26kg30[円/kg]780円
雑品4kg10[円/kg]40円
合計2380円

 いやはや、すさまじい重量でした。よくウチの車に載りました。これでもまだまだplaton家のゴミが片付いたわけではありませんけどね。
 で、「鉄76kgって何やねん!」との突込みがありそうですが正体を明かすと、うちのへんこ親父が拾ってきたバーベル7.5kg×2、5kg×2、2.5kg×2の30kgが入っています(拾ってきてから使った形跡全くなし)。あとはパソコンのケース、錆びて折れた物干し台、謎の鉄筋コンクリートに使うような鉄筋なんかもカウントされているかな。

 なお雑品には真空管ラジオまでありました。50年保存したら骨董品になるんでしょうけど、うちには四次元ポケットのような無限の保管スペースがあるわけではないので処分です。今まで捨てられなかったのも以上なんですけどね。あとは20年前のバッテリーバックアップ電池の切れたワープロとか、10年くらい使ってなかった壊れた芝刈り機とか。

 ということで、買い取ってもらえないほど古いとか壊れているパソコンとディスプレイを処分したいなら一度相談するといいかも。
http://bazzar.jp/

回収しているモノは以下で調べられます。TVも条件によっては無料で引き取ってくれるみたいです。
http://bazzar.jp/recycle/index.html

営業拠点も大阪だけじゃないみたいです。
http://bazzar.jp/network/index.html


 そうそう、うちの親父には「当然」相談なしです(笑)。家の不要物を処分する話を持って行くと、使いもしないのに「使うから捨てるな」と怒るだけなので。不要なモノを持っていることと不要なモノを捨てるのにお金がかかると言うことを理解していない困ったちゃんですんで。

>身内の方
うちの親父にはこの件は内緒にしておいてくださいな。

HDD載せ替え苦戦中(BlogPet)

platonの「HDD載せ替え苦戦中」のまねしてかいてみるね

えーと、メーカーサポートもあるので乗り換え版がVistaの機能を持って先にちゃんと読まんと後のダウンロード版を購入しようと言うことでトライしてました。
○AcronisTrueImage11Homeを試しているとダメですが安いみたいだとはなくサードパーティ製のサイトに挑戦しGhost2003もあるので乗り換え版(DSP版)のデスクトップPCでブルーバックに挑戦します!
リカバリでブルーバックや、このソフトの方法が、標準の仕事のブルーバックや、Vista対応らしいので乗り換え版)のHDD自体を繋いで試す限りではまっても打ち切られてもエラーが、HDDを試しているとダメです。
http://www.com/jp/domino04/pc/domino04/shop/jtechinfo/default.ec-0211AFC

*このエントリは、ブログペットの「とんこつ」が書きました。

HDD載せ替え苦戦中

 えーと、思わぬところではまってます。って、今の仕事の状態みたいだ(汗)。

 っとそれはさておき。リカバリメディアから320GBのHDDに展開してもエラーが出て先に進みませんでした。ということで、標準のRescue and Recovery 4ではなくサードパーティ製のツールを試しました。

○Norton Ghost 2003
ソフト自体がVistaに対応していないので、WindowsXPのデスクトップPCにインストールし、移行前と後のHDDを繋いで試しました。が、S-ATAに対応していないバージョンしか手元になく、メーカーサポートも打ち切られていると言うことで駄目でした。

○Acronis Migrate Easy[ブイマグ特別版]
Vista対応らしいですが、WindowsXPのデスクトップPCで試す限りではこれもエラーが出て使えませんでした。

 ということで、Acronis Migrate Easy 7の試用版でうまくいくか試してからこれを買うか、このソフトの機能を含んだAcronis True Image 11 Homeを購入しようと考えてます。
 今晩のうちにXPのインストールまで出来ると思ってましたが、Vistaのリカバリで引っかかるとはねぇ。

そうそう、ラネクシーのソフトのダウンロード版を買うなら今ならリニューアルセールで5/30まで10%OFFらしいので、vectorで購入するより以下から買う方が安いみたいです。
http://www.ec-shopping.net/shop/PRT00010/default.php

Migrate Easyのダウンロード版なら通常価格:1,980円(税込)→キャンペーン特価:1,782円(税込)です。
http://www.ec-shopping.net/shop/PRT00010/default.php?cPath=84_89

 Acronis True Image 11 Homeなら、LE版を持っているしGhost2003もあるので乗り換え版が買えるんでダウンロード版のお値段はこんな感じです。
通常価格:4,830円(税込)→キャンペーン特価:4,347円(税込)
http://www.ec-shopping.net/shop/PRT00010/default.php?cPath=84_86

<2008/04/11更新>
 XP Proのインストールに挑戦しました。…結果はNGです。
 OEM版(DSP版)のXP ProSP2でインストールすると途中でブルーバックになり止まってしまいました。
 MSDN用のXP ProSP1aだとHDD自体を認識しませんでした。

<2008/04/12更新>
 以下のIBMのサイトにちゃんとXPインストール時のブルーバックや、HDDを認識しない場合の問題解決の方法が書いてました。いやはや、ちゃんと読まんとダメですなぁ。とりあえず、この方法でトライします。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-02303AD#before
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-0211AFC

ThinkPad X61のHDD載せ替え(160GB→320GB)

 前回ネタです。

http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2008/04/thinkpadx61_852b.html

 早速、日本橋に行ってS-ATA 2.5インチHDD320GBを買ってきました。調査通りWestern Digitalのsofmapが安くて約15000円でした。で、リカバリ用にポータブルDVDマルチドライブ(BUFFALO DVSM-P58U2/B)も買ってきました。これも調査通りワンズが安くて8680円でした。ま、ネットだともうちょい安いところもありますが、「もうがまんできなぁーい」なので即ゲットです。

 んで、早速リカバリメディア(CD1枚とDVD1枚)を買ってきた外付けDVDマルチドライブで焼いたあと、HDDを載せ替えてリカバリ実行中です。さて、今晩はどこまで作業できるかなぁ。

今後の予定はこんな感じです。

1.リカバリメディアの作成(済)
2.HDDの換装。(済)
3.Vistaのリカバリを実行。(実行中)
4.Acronis Disk Director LEをインストールしてパーティションを分割。割り方は以下の通り。
 Cドライブ(50GB):基本領域1。Windows Vista Home Basic用。VMwareからも使う可能性あり。
 Dドライブ(60GB):基本領域2。Windows XP用。
 Eドライブ(C,Dを除いた残り)拡張領域内論理領域1。データはここに入れる。
5.Vistaの各種アップデートと不要アプリの削除(Nortonとか)。
6.Vistaへのワクチンソフトのインストール(AVG Free)。
7.XPのインストール。
8.XPパーティションへのドライバの適用。各種ユーティリティのインストール。
9.XPの各種アップデート。
10.VMWareをXP上に導入。
11.VMWareでCドライブのイメージを取得してEドライブに仮想HDDイメージを作成。
12.11.で取得したイメージもしくはCドライブを使用してXP上のVMWareから起動可能か確認。(これが一番の難所)
13.12.でHDDイメージから起動可能であればバックアップを取っておく。
14. XPパーティションへの各種アプリのインストール。
15. XPパーティションへの旧PC(ThinkPadT42)で使用していたデータを移行する。
これで、X61をメインマシンに入れ替えが出来るはずです。

ThinkPadX61到着&自分色に染めてやるぞ

 えーっと、前回ネタは以下です。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2008/03/pc_2796.html

 とりあえず、昨日X61ことThinkPadX61が届きました。一回り小さいです。
 でも、これを書いているのはまだ旧PCであるThinkPadT42なんですねぇ。購入時そのままだとちょっと自分の使いたい環境ではないので。
 で、今どういった環境でどこに不満を持っているのかを説明します。
<現状>
・OSはWindowsVista Home Basic
・メモリは1GB+2GB(早速昨日日本橋でメモリを購入して増設済み)。
・HDDのパーティションはCドライブ+リカバリ用の隠し領域。

<不満点>
1.パーティションがシステム用とデータ用に分かれていない。
→T42の時からそうだし、これを分割するとリカバリ領域からリカバリが出来なくなるんで仕方ないんですけど。
これはいろいろ調べている限りではCドライブを分割してもCドライブだけリカバリというのが出来るみたいですね。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-0190EE1
http://melog.info/archives/2008/01/20231702.html
ちなみに手元にあるパーティション分割ソフトはAcronisのPartition Expart LE 2003ですが、Vistaの対応はアップグレードにて対応らしいです。ただ、アップグレードしたらソフトはAcronis Disk Director LE(Build 2172)になるみたいですけど。
http://www.runexy.co.jp/support/vista.html
http://www.runexy.co.jp/files/acronis/ddle_2172/update.html
 urlで気づきましたが、この製品の会社プロトンはラネクシーに変わったみたいです。


2.Vista Home Basicは仮想PCで使いたい。
Vistaをメインで使いたくない理由は以下のようにいろいろあります。
・Vista Home Basicではいろいろ制約がある。
・VistaはGUIがすっきりしていない。
・動作的にもちょっぴりもっさりしている。
・Vistaに対応していないソフトもある。

ということで、出来ればXP Professionalをメインに入れ替えたいんですわ。でも、Vistaが動作する環境は持っておきたいので、まるまる入れ替えるのではなく、XP Professionalが動作する環境内の仮想PCでVista Home Basicを動作できればこの不満点は解決可能。
 ちなみに、XP Proのライセンスはほかに持っているので、Vistaからのダウングレード権を行使するつもりはない。というか、Home BasicはXPへのダウングレード対象外なんですけどね。
http://www-06.ibm.com/jp/domino02/NewAIS/aisextr_l.nsf/ByLetterNo/LTS07032?open&cid=JPEN1482012&
 ちなみにパーティションを切ってVista用とXP用にドライブを分割するっている手もありますが、これならめどが付きそうです。が、それぞれの環境の切り替えに再起動が必要なのでそれはしたくなかったりします。ま、仮想PCでVista Home Basicが使えないなら仕方ないですけど。

3.プリインストールのVista Home BasicのHDDデータを仮想PCのHDDイメージに使い回したい。
でも、Vista Home Basicのインストール媒体があるのではなく、出荷時に戻すHDDからのDtoDリカバリか、そこから作成する(まだ未作成)CD or DVDのリカバリ媒体の中にVistaのデータが含まているだけだったりします。なので、Vistaをクリーンインストールできるわけではありません。今、HDDに入っているVistaのシステムイメージを仮想PCで利用可能(仮想HDDイメージなどに変換などして流用したいということ)に出来ればいいんだけど。
 VMWare Converterってのを使うか直接VMWareにて実HDDをマウントすれば何とかなるかなぁと思ってるのですが。似たようなことをやられている方もいるみたいです。が、自作機ではなくHDDのパーティションに特殊な細工をしているメーカ製PCであるX61で同じことが出来るかは微妙ですが。
http://d.hatena.ne.jp/kanbayashi/20071205/p1


 まぁ、3.に関してはかなり無茶な希望かなと思ってますけど。とりあえず、リカバリ用DVDを作成してからいろいろさわりまくろうかと思っています。なお、X61用のリカバリDVDの作り方は以下です。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd06.nsf/jtechinfo/SYJ0-00FD13E

 でもデュアルブートにせよ、仮想PCを使うにせよVistaとXPの両方を入れるのだったら、HDDは250GBのに載せ替えが必要かな……。
 さて今日も今から日本橋出撃かな、どないしよっかな?

250GBだと10000円、320GBだと15000円くらいですな。
ちなみに私のところのX61に入っていたHDDはWesternDigitalのWD1600BEVS-08RSという5400rpmな160GBのSATA 9.5mmな2.5インチHDDでした。
http://www.wdc.com/jp/products/products.asp?DriveID=264

買ってすぐなのに改造を考えるとはまだまだ私もじゃんかーの魂は残ってますなぁ(笑)。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30