-天気予報コム-

Flag counter

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

初冬の一人旅

 今週末(12/1)に協力隊の同期で同職種なメンバーと東京で飲み会があります。ま、そんなにたくさんのメンバーが集まるわけではなさそうですが、久々の顔合わせということで行ってきます。

 で、せっかく東京まで足を伸ばすならいつものように秋葉原だけというのも何なので、土日で旅行もしてこようかなと一思案中なのです。かなり寒くなってきたので、あまり無理な行程を組むとすぐに風邪を引きかねないのでどうしようかなと思ったのですが。
 とりあえず、ちょっと遠いですが旬も過ぎましたけど、ぬれせんべいで一時有名になった銚子電鉄なんかどうかなと思いました。結構ローカル線好きなので。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%9A%E5%AD%90%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%89%84%E9%81%93%E7%B7%9A

 ま、これに土曜に乗って、夕方の飲み会に間に合わせようとするとかなり強行軍になりそうなんですけどね(汗)。昼前に銚子に着くには、夜行バス、寝台列車、、早朝の新幹線、飛行機などを使う必要がありそうですし。

……っと計画するだけで頓挫するかもしれないですけど。そのときは都区内の温泉でまったりでもするかなぁ。他に東京近郊でお勧めスポットがあればどなたか教えて下さいな。あ、TDLとかTDSなんてのは却下ですので。一人で行くほどの度胸はありませんので(笑)。

外付けUSB接続HDDケース(MAL-0435S)が認識しない。

 帰国してから無駄にHDDばかり買ってしまい、気が付くと合計2TB以上になっています。
 気になったので計算すると、500+500+500+400+300+320+160+80+10+120+80+40=3010GBなのでした(笑)。思ったより大量ですな(汗)。あ、ノート用とかも含んでます。あと、10GB未満のHDDやらフラッシュメモリ系やらは加算してませんので。
 で、すべてPCに内蔵できるわけもなく、一部は外付けHDDケースやらを使っていますが、9月に購入したパラレルIDEの3.5インチHDDが2台内蔵可能な外付けケースの様子がおかしいのでした。MARSHAL製のMAL-0435Sというやつです。まぁ若干怪しめの製品かなと思ってましたが、冷却ファン付きなので良いかなと思って買ったのでした。
http://www.marshal-no1.jp/products/MAL-0435.html

 このHDDケースが私のデスクトップPCでは認識されません。自作PCなので問題有りかなと、USBカード(AREA BACK WING2 SD-U2N2-W2)を増設しましたが、やっぱりダメでした。別のノートPCだと認識するけど、大きなサイズのファイルのコピーが失敗するときがありました。

 で、ネットで調べると……同じような不具合がある人がいるみたいです。で、メーカに問い合わせると新品交換対応してもらった方がいるそうです。
http://bbs.kakaku.com/bbs/05391210628/

ということで、早速メーカに問い合わせを行いました。でも、サポートページを見ると「回答には土日祝日を除き3~7営業日程度お時間を頂いております。」とのこと。3営業日なら分かるけど、7営業日ってのは時間がかかり過ぎじゃないですかねぇ……。
http://www.marshal-no1.jp/support/index.html

とりあえず、返事を待ってみますわ。

64bit版CentOS5にForefox2をインストールしてみた

 自宅サーバには64bit版CentOS5を入れていますが、Firefoxが未だに1.5.0.12という古いバージョンだったので、ver2系にupdateしてみようとしました。
 んが、CentOS5のリポジトリにはFirefox2は登録されていないのか、yum install firefoxなどを実行してもver2にならないのでした。
 ググると大抵の人はtar.gzからインストールする方法を紹介している人が多かったのですが、ぐうたらなplatonはrpmから入れようとしたのでした。いや、src.rpmを探して自前でビルドすると言うともあるんですけど。

 ちょっと強引な入れ方なので、まねをして動かなくなっても一切責任を持ちませんので悪しからず。うちでは動いてますけど。

○firefoxのrpmパッケージのダウンロード
以下で、firefoxのバージョン2系のパッケージをダウンロードします。
http://www.rpmfind.net/
私は64bit用でFedora用っぽいのをwgetでダウンロードしました。
で、元々Firefoxは1.5系が入っているのでアップグレードオプションにて実行。

# rpm -Uvh firefox-2.0.0.3-4.fc7.x86_64.rpm
警告: firefox-2.0.0.3-4.fc7.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 4f2a6fd2
エラー: 依存性の欠如:
system-bookmarks は firefox-2.0.0.3-4.fc7.x86_64 に必要とされています
libgtkembedmoz.so は (インストール済み)devhelp-0.12-11.el5.i386 に必要とされています
libxpcom.so は (インストール済み)devhelp-0.12-11.el5.i386 に必要とされています
gecko-libs = 1.8.0.12 は (インストール済み)devhelp-0.12-11.el5.x86_64 に必要とされています
gecko-libs = 1.8.0.12 は (インストール済み)devhelp-0.12-11.el5.i386 に必要とされています
gecko-libs = 1.8.0.12 は (インストール済み)yelp-2.16.0-15.el5.x86_64 に必要とされています

○system-bookmarksのrpmパッケージのダウンロード
同じくwww.rpmfind.netでsystem-bookmarksをダウンロードし、インストール。

# rpm -Uvh fedora-bookmarks-8-1.noarch.rpm
警告: fedora-bookmarks-8-1.noarch.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 4f2a6fd2
準備中... ########################################### [100%]
1:fedora-bookmarks ########################################### [100%]

警告が出ますが気にせずインストール。

○forefoxのアップグレード
その他の依存性に関しては無視してアップグレードしました。すでにインストールされてるライブラリのようだし。ちょっと思い切りが要りましたがね。

# rpm -Uvh --nodeps firefox-2.0.0.3-4.fc7.x86_64.rpm
警告: firefox-2.0.0.3-4.fc7.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 4f2a6fd2
準備中... ########################################### [100%]

で、Firefox1.5の時と同じメニューアイコンから起動すると無事起動しました。

Firefox2


……んが、1つミスったことに気づきました。Firefox2.xの最新版は2.0.0.9なのでした。私は2.0.0.3を入れていますな。あー間抜け。ということで、あとでパッケージ取ってきてアップグレードしておきますわ。

Windows Live メールでHotmailをオフラインで読み書きできるようにしてみよう

前回関連ネタはこれかな?
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/08/post_0e21.html

 最近、Microsoftが新たなメールサービスであるWindows Liveメールを正式リリースしたようです。以前からβ版gの提供はしてましたけどね。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/11/08/17447.html

 要は、Hotmailのアカウントがメールソフトでも使えるようになるみたいです。まぁ、一部の古くからのHotmailアカウント(2004年9月28日以前にOutlookExpressでメールを取れる設定をしているもの)では現状でもOutlookExpressで使用可能だったのですけど、これに該当しない場合は、WebからしかHotmailを送受信できませんでした。ただ、HotmailからLive Hotmailにアップデートする必要があるらしいですけど(Webでガイド通りに設定するとすぐに変更できますが)。

 ということで、オフラインでもHotmailを使いたいダイヤルアップ接続な方には朗報だと思います。

 似たような名称がいくつも出てきているので、ここで整理しておきます。サービス提供以前に名称が二転三転してややこしいみたいですけど。

Windows Live メール:Outlook Expressの後継のメール送受信ソフト
http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_Live_Mail

Windows Live Hotmai:Hotmailの後継のメールサービス
http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_Live_Hotmail

Windows Live:MSN後継のサービス
http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_Live


……と紹介するだけでは、試してみました。
メールアカウントを持っていない場合はこちらから、取得できます。「Windows Live Hotmailおすすめパック」になりますかな。
http://get.live.com/mail/options

メールソフトであるWinsows Liveメールのみの取得ならこちらです。
http://get.live.com/wlmail/overview

私が現状使用しているWindows Live Hotmailアカウントは2004年9月28日以前からのHotmailアカウントを引き継いでいるので、Outlook Expressでもメールを送受信できるので、今回新たに取得して実験してみます。

<Windows Live Hotmailアカウントの取得>
1.「Windows Live Hotmail」の設定を行うと、Hotmailアカウントの取得が出来ます。「Windows Live Hotmail」を押下するとWindows Live IDの登録画面に移動します。
http://get.live.com/mail/options

2.で行頭に*印がある項目は入力必須欄なので、入力または選択して「OK」を押下します。なお、メールアドレスで@以降は@hotmail.co.jpと@live.jpが選択可能です。
 登録完了後、表示モードを「Windows Live Hotmail の拡張バージョン」か「標準バージョン」かが選べます。通信速度が遅いインターネット接続環境であれば、「標準バージョンがよいでしょう」。
021
022


ということで、以上でWindows Live Hotmailの取得は終了です


<Windows Live Mai>
今度は、HotmailをメールソフトであるWindows Live Maiから送受信するための設定方法を説明します。

1.Windows Live Maiをダウンロード
以下のページから「今すぐダウンロード」を押下すると、Windows Live Mailのインストールファイルのダウンロードが開始します。これをデスクトップなどに保存して実行します。
http://get.live.com/wlmail/overview

2.使用条件の同意
画面の指示に従って、使用条件を確認し、同意するなら「同意する」を押します。同意できないなら、Windows Live Mailをインストールしちゃダメです。
03

3.インストールのカスタマイズ
必要のあるところのチェックを入れて下さい。platon的には全部いらないのですべてチェックを外しました。
そのまま待っていると、ダウンロードが開始され、終わるとインストールが始まります。完了すれば「閉じる」を押します。
04

4.Windows Live Mailの起動
自動的にWindows Live Mailが起動します。私の場合すでに常用しているアカウントをOutlook Expressやらβ版のWindows Live Mailを使っていたので、設定が済んでました。なので、今回上記で取得したメールアドレスを登録します。
07

あと、起動時に以下のダイヤログが出るので、好きに選んで下さい。私はチェックを外しましたけど。
06

5.アカウントの追加
メニューより、「ツール」>「アカウント」を選びます。
08a

次に開いたウインドウで追加を選びます。
09

「電子メールアカウント」を選び、「次へ」を押します。
10


「電子メールアドレス」には先ほど取得したhotmailのメールアドレスを入れます。パスワードもこのメールアカウントに設定したものを入力します。「パスワードを保存する」にチェックを入れておくと、毎回送受信の際にパスワードを入力する必要が無くなります。表示名は、メール送信時に相手のメールソフトで表示される名前になります。補運妙なりハンドルなりニックネームを入れるなりどうぞ。「電子メール アカウントのサーバー設定を手動で構成する」はチェックしなくてOKです。hotmailであれば、自動で適切に設定されます。
入力後、「次へ」を押下します。
11

設定が、完了しました。
12


6.送信のテスト
さて、設定が終わったので、ちゃんと送受信出来るかを確認するため、自分のメールアドレス宛にメールを送信してみます。「新規作成」を押下すると、以下のようなメール送信画面が出ます。宛先に自分のメールアドレスを入れ、件名、本文を入力し「送信」を押します。
13

7.受信のテスト
メニューから、「送受信」>「すべて送受信」を選びます。
14

すると、正しく設定されていれば、以下のようにテストメールが受信されます。
15

基本的に使い方はOutlook Expressと同じような感じようなのでWindows Live Mailの操作方法に関してはこれ以上はここで説明はしません。というか、他のメーラを使っているため常用する気はないので(笑)。


最後に、Windows Live Mailではなく、OutLook2003/2007でWindows Live Hotmailのメールを送受信したい場合は、以下のソフトを追加すれば可能になるとのことです。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7aad7e6a-931e-438a-950c-5e9ea66322d4&DisplayLang=ja

任国ガイドブック@ジブチ

 青年海外協力隊平成19年度秋期募集も11/9で終了したそうです。
 と言うのを、青年海外協力隊メールマガジンにて知りました。先日協力隊の説明会にOVとして参加していて募集要項には目を通しているはずなのですが、募集締め切り日まではいちいち憶えていないのでした(笑)。

 さて、いつもはこのメルマガは流し読みをするのですが、今回は目を留めるべき記事がありました。
 元ジブチ隊員の一人が「任国ガイドブック」というJICAのWebサイトのコンテンツの一つに執筆をされていたのでした。彼は隊次が一つ違いの方で、ジブチで私が最もお世話になった隊員のうちの一人なのですけど。
 と言うことで、リンクを張っておきます。同じ国の隊員でも十人十色な紹介方法があります。
http://www.jica.go.jp/activities/mailmagazine/voice/guidebook/17.html

 余談ですが、Q5の「ジブチでのスーパースターや有名人はどんな方ですか?」は「アーメド・サラ」っが正解です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%A9

 Q6の「 ジブチで有名な日本人は誰ですか?」はサッカーの中田だと思います。土産物通りで声をかけられるとき、「ジェットリー!」とか、「ジャッキーチャン(ジャッキー・チェンのことね)」と声をかけられる次に多いと思うので(笑)。


とりあえず、任国ガイドブックのトップページもぺたぺた。
http://www.jica.go.jp/activities/mailmagazine/voice/index.html

あと、メルマガのバックナンバーも貼っておきましょう。
http://www.jica.go.jp/activities/mailmagazine/backnumber/

パソコン関係メモ

えーと、手持ちのソフトのWindowsVista対応状況をちょっくら調べてみました。
まー、メインPCにVistaは当面入れる予定はないのですけど。

○シマンテック関係
http://service1.symantec.com/SUPPORT/INTER/tsgeninfojapanesekb.nsf/0/b09ad0b898c3047249256b6e003c2ae5?OpenDocument&seg=hm&lg=ja&ct=jp
私が持っているのはNorton Ghost 2003ですけど、これは対応していないみたいです。まぁ、インストールするのでなく、起動FD/CDで直接起動してHDDを丸ごとバックアップしたら出来そうな気がしますけど。でもVistaは仮想PCにしか入れていないし、Vista Starter Editionというマニアックなバージョンなので検証が面倒ですけど。

○B's Recorder Gold
http://help.bha.co.jp/cs/trouble3.php?ProCD=BHA&DirectID=1178
http://help.bha.co.jp/cs/trouble3.php?ProCD=BHA&DirectID=1052
なんだかんだと光学ドライブは結構買っているので、ver 3,5,8,9と色々持っていたりします(笑)。ま、付属品なのですべてOEM版ですけど。
 とりあえず、Vistaには8,9が対応しているとのこと。

 要するに、手持ちでリカバリC/DVDを作成可能なHDDバックアップソフトの対応OSを知りたかったのでした。
HDDからHDDにバックアップまたは大きなHDDに交換した際のデータのコピーに使うソフトだともっと選択肢は多いんですけど。
 皆さんもデータはいつ飛ぶか分からないので、バックアップはちゃんと1ヶ月に一回は取りましょうねぇ(自分はあまり取ってませんが)。デジカメの写真なんかは消えると目も当てられませんし。ま、メールに関しては最近はプロバイダのメールBOXの容量が大きくなっているので、消さずに保存出来るんで心配はありませんけど。

 以前からうちの親父にも口を酸っぱくして、「バックアップを取れ」と言ってたのに、全くバックアップしていないときにHDDが壊れ、挙げ句の果てには「おまえがHDDを壊した。責任を取れ」と無茶なことを言って来られましたし。確かにWindowsUpdateとか、ワクチンソフトの更新やメモリの増設はしたけど、それがHDDの破損を引き起こすなんて因果関係として考えにくいのに。ということで、親父PCにトラブルがあっても、「触ると壊れるからサポートいっさいしないよ」と切り捨てて、向こうからが謝るまではパソコン関係の質問は一切対応しない報復措置をとるつもりです(笑)。

 余談ですが、HDDの寿命は経験的に3~4年程度のように感じます。私は年間1台以上は購入しているので、あまり、3~4年連続して使用することはないですけど。2年間協力隊でアフリカに行っている間自宅で24時間起動しっぱなしにしていたサーバでは2年ほどでHDDは壊れました(ま、それまでにも使ってましたけど)。あ、このサーバはマザーボードも不安定になったので売り払いましたけどね。

OV DAYの謝金

 えーと、久々の協力隊ネタです。
 色々ネタは持ってるのですが、日本の社会人に戻って以来なかなかえいやと書く気力が沸かないんですなぁ(笑)。まぁ、ともあれ今回はOV DAYの謝金について説明しておきましょう。
 青年海外協力隊員になるべく、選考試験を受け、見事合格した人は派遣前に60日強の国内訓練を受けます。ここで、語学訓練や、国際協力についての知識を深めたり、現地での危機管理などについても学んだりします。
 このようなプログラムの中で、直近まで派遣国で活動していたOVと呼ばれる元隊員を招いて、派遣国での生の声を聞いたり、同職種のOVに現地での活動のノウハウに関して質問したりなどを行う機会があります。これがOV DAYと呼ばれるものです。あ、他にも名物のロールプレイ(ドラクエとかじゃないですよん)もありますが、ネタバレするのもアレなので、ここには書きません(webで「グループワーク OV DAY」等のキーワードで探せば見つかりますけど)。

 で毎回、一つの派遣国につき1~2名程度のOV(確保が出来ない場合は元ボランティア調整員などの場合もある)を呼んでいます。日本に戻ってきたOVは既にJICAとの契約も切れていますので、概ね任国の調整員が最近帰国したOVに声をかけて人員を確保するといった形式になっていたりします。ま、こんな仕組みで私も19年度2次隊のために会社を休んで8月にOV DAYに参加してきたのですが。
 さて、このOV DAYですが、タイトルにもある通り謝金というものが出ます。ま、他にも交通費・宿泊費・日当なども出てますが。
 協力隊に関してはお金の話がしばしば関心を持たれることが多いのですが、OV DAYに関してそういう情報がネットを見る限りないので、ちょっとここで触れておきましょう。
 ということで、私がもらった「振り込み内訳書」の一部を抜粋します。

------------------------------------------------------------
1.講座名 OV DAY
2.講師名 (私の実名)
3.実施日 平成19年8月17日(金)
       平成19年8月18日(土)
4.内訳
 交通費 42830円
 宿泊費  9800円
 日当 4200円
 謝金 28000円
 小計 84830円
 源泉税額 338円
 振込金額 84492円
------------------------------------------------------------

で、各項に関しての補足です。
交通費は一律ではなくJICA算定基準によります。
 本州は基本的に陸路での料金、それ以外は飛行機を使った料金らしいです。私の場合は往復とも新幹線を乗り継いでの金額でしたけど。
 宿泊費は9800円一律です。ちなみに二本松訓練所付近では大体岳温泉という場所に宿泊しますが、時期によっては高いところしか空いていなかったり、2人1室からと言うところもあったりします。私のお薦めは櫟平ホテルのシングルルームプラン(1泊朝食付き)です。6000円台からあります。私の時はじゃらんで予約できました。
 日当も一律で2100[円/日]×2[日]=4200円です。
 謝金も同じく一律のようで28000円となかなかの額です。けど、個人的には候補生からの事前にメールで受けていた質問への回答やら任国の候補生への説明レジュメ準備で、十数時間近くつぶしたし、拘束時間の長さからして、まぁそれ相応の額かとは思います。
 源泉税額は……年末調整で返してくれないのかなぁ(笑)。ま、微々たる額ですけど。

 とまぁ、前回のOV DAYに関してはこうだったのですが、これ以降に関して同じような額が支給されるとは限りませんのであしからず。
 以上、現役協力隊員くらいしか気にならないターゲットの狭いマニアックな情報でした(爆)。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30