-天気予報コム-

Flag counter

« オフラインアップデートの出来るワクチンソフトその3 | トップページ | 報告書終了……4号だけど »

thunderbird 1.5.0.9でちょっと困っていることを解決

 最近、Thunderbird 1.5.0.9で新規アカウントを追加しても表示されなくて困ってます。『共通受信トレイ』なぞは使っていません(この機能は嫌いなので使いません)。さらに、ツール→アカウント設定にさえアカウント設定が現れませんが、同名のアカウントを作ろうとすると、既にありますと怒られてしまいます。拡張機能をすべて読み込まないセーフモードでThunderbirdを起動してもダメでした。でも、自動でメールチェックには行っているようです。直接当該フォルダを消すのも何だしなぁ。
 ネットで調べた限りでは、再インストールとメールBOXの削除で解決している情報しか見当たりませんでした。
「オプション」→「詳細」→「一般」→「設定エディタ」でabout:config相当の機能なんかを直接触らないといけないのかなぁと思いましたが、当該アカウントに関連するキーワードは一応あるけど、ここからの設定変更じゃダメなのかな? やはり当該アカウントに対応するフォルダ丸消しで大丈夫なのかな……? でも明らかにpref.jsに当該アカウントのメールアドレスとかPOPサーバ名を見かけるということは設定情報が入っているようです。それに、また勝手に当該アカウントのメールBOXフォルダを自動で作られそうだなぁ。
http://level.s69.xrea.com/mozilla/tips.html


よくよくabout:configを眺めると、当該アカウントの設定情報がやけに少ないようです。一部伏字にしますが、これだけしかありませんでした。
user_pref("mail.server.server8.hostname", "XXX.XXXXXX.dj");
user_pref("mail.server.server8.name", "XXXXXXXX@XXXXXXXXX.dj");
user_pref("mail.server.server8.type", "pop3");
user_pref("mail.server.server8.userName", "XXXXXXXXX");
他のアカウントだと、もっと設定情報が以下のような感じでありましたが。

user_pref("mail.server.server7.ageLimit", 30);
user_pref("mail.server.server7.check_new_mail", false);
user_pref("mail.server.server7.check_time", 0);
user_pref("mail.server.server7.daysToKeepBodies", 30);
user_pref("mail.server.server7.daysToKeepHdrs", 30);
user_pref("mail.server.server7.directory", "C:\\Documents and Settings\\XXXXXX\\Application Data\\Thunderbird\\Profiles\\wvfq1yng.default\\Mail\\XXXXXXX");
user_pref("mail.server.server7.directory-rel", "[ProfD]Mail/XXXXXXX");
user_pref("mail.server.server7.hostname", "XXX.XXXXXX.dj");
user_pref("mail.server.server7.leave_on_server", true);
user_pref("mail.server.server7.name", "XXXXXX@XXXXXX.dj");
user_pref("mail.server.server7.numHdrsToKeep", 30);
user_pref("mail.server.server7.serverFilterName", "SpamAssassin");
user_pref("mail.server.server7.spamActionTargetAccount", "mailbox://XXXXXX@XXX.XXXXXX.dj");
user_pref("mail.server.server7.spamActionTargetFolder", "mailbox://nobody@Local%20Folders/Junk");
user_pref("mail.server.server7.type", "pop3");
user_pref("mail.server.server7.userName", "XXXXXXX");

まずもって、mail.server.server8.directoryがない辺りが怪しいですねぇ。とりあえずバックアップを取ってからpref.jsをいじりますかねぇ。

ということで、pref.jsを直接エディタでUTF8で開いて、mail.server.server7を真似してmail.server.server8を作り直しました。あと、メールBOX用のフォルダもmail.server.server7のをコピーして.msfファイルを削除して、あと、若干ちょこちょこっと修正した後、起動すると見事アカウントは表示されました。
 が、以下のようにローカルフォルダの名前らしきところの表示が化けてしまいました。まぁ、直しましたけどね。

Thunderbird_config

 さらに、すべての送信メールがデフォルトでhtmlメール送信になってたりと色々変わってます。差出人情報も一部壊れてしまったようです。むぅ。
 他にも気付いていないところで初期化されてるところがあるかも。

 ま、ともあれ問題は解決しました。でもこの追加して表示されなかったアカウントはパスワードが分からないので、メールが取れませんでした。結局、Thunderbirdからこの問題のアカウント設定を消したのだったりします(爆)。
 これで気付きましたが、thunderbirdはmail.server.server8の設定を消しても8は欠番にしてmail.server.server9を8に詰める仕様ではないみたいです、どうでもいい話ですが。

« オフラインアップデートの出来るワクチンソフトその3 | トップページ | 報告書終了……4号だけど »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「青年海外協力隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オフラインアップデートの出来るワクチンソフトその3 | トップページ | 報告書終了……4号だけど »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30