-天気予報コム-

Flag counter

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

最近マジで忙しいです

最近ようやく仕事のペースを掴めるようになって自分のスタイルの活動が出来るようになったと感じてます。
……って帰国4ヶ月前にこうなるのってのも遅すぎな感がありますが。

以前はパソコンの前に座ったまま目に前の職員とも挨拶位しか話をせずに、コツコツバグ取りをしていたこともあります。でも、今は、職場をうろうろして職員に声をかけて無駄話をするようになったおかげでいろんな裏事情や彼らのニーズをたくさん拾えるようになりました。拾いすぎて、処理する量より多いのが難点ですが(笑)。
最近は時間はさほどでないものの、仕事の密度は明らかに日本にいるときに近づきつつあります。

数ヶ月前は精神的に病んでいたのと毎日の胃痛・腹痛のためほとんど職場に行かなかったこともありましたが、今は体に合う胃薬と睡眠薬のため体調は随分良くなりました。まぁ、今の睡眠薬は精神安定剤や抗鬱の効果もあるようなので、この辺りも効いているのだと思います。
ただ、薬を飲み出してから何だかあちこちに忘れ物をすることが多くなった気がします。

仕事がうまく行き始めたのは、人口局の職員自身が何が必要かを考えてそれを私にも言ってくるようになったからだと思います。たとえば、「ACCESSをもっと勉強したい」とか聞いてくる人も何人もいました。こんなやる気を見せられるとこちらもそれに応じたくなります。

ともあれ、今はエンジン120%フル回転で活動してます。でも、朝は重役出勤してますけど(爆)。でも、仕事はちゃんとしてるからいいとしてます。最後まで諦めず、彼らの要望に答えて、「終わりよければすべてよし」な活動にしたいと思います。

まずは、明日が仕事納めで、その後の4日間は金曜の休日、犠牲祭、正月休みと4連休です。そのあいだに遅れに遅れた4号報告書を片づける予定です。本当は1/5はジンベエザメツアーですがそれも断念しました。


あ、そうそう職員との無駄話で色々恋愛話とかもします。
けど、言ってやりました。

「俺は今は恋愛より仕事の方が大事だ!」

 恋愛に興味がない訳じゃないですが、ともかくそれに匹敵する位仕事に燃えてるということなんですけどね。
あとは、無理をしてぶっ倒れないように体調管理をしないとなという感じですが、そのために重役出勤をしているのでしたと一応言い訳を(爆)。いや、家でもネットで仕事に必要な情報やワクチンソフトとかアンチスパイウェアをダウンロードしていて3時まで起きてるのがザラなんで朝9時に目が覚めるときもあるんですわ。
 前なら「今から行っても気まずいからなぁ……」でしたが、今は「病院行ってました」とか「旅行会社で帰国の飛行機の見積もり取ってました」とか堂々と言い訳するまで厚かましくなれました。逆にシェフに「ソフトをインストールするから明日7:30に来てくれ」と言われても、どーせあなたも遅れるでしょと思って8時に行ったりしてます(笑)。そのときは、案の定シェフがまだ来てませんでしたし。

随分、ジブチ人化してきたかなと思う今日この頃です。

オフラインアップデートの出来るワクチンソフトその2

前回ネタは随分前ですが、こちらです。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/07/post_a33d.html
最近知りましたが、Bitdefender 8 Free Editionでもオフラインアップデートが出来るみたいですね。
要は、ネットに繋がっていないPCでも他のPCでダウンロードしたパターンファイル(ウイルス定義ファイルとも言います)を持ってこれば、更新できると言うことです。

ただ、このワクチンソフトは非常駐型なので、常駐型のものと併用する必要がありますが。あ、ver7でも同じようにオフラインアップデートファイルが提供されてるみたいです。

参考にしたのは以下のページです。
http://www.geocities.jp/cool_bitdefender/Ver8.html

ワクチンソフト本体のダウンロードは以下のurlです。
http://www.bitdefender.com/site/view/Download-Free-Products.html

で、オフラインアップデートファイルのurlは以下です。

○Bitdefender 8 Free Edition用
http://download.bitdefender.com/updates/bitdefender_v8/cumulative.zip


あと、以前紹介したantivirについての紹介ページがリンク切れになっていたので、新たにリンクを貼ります。
このソフトもオフラインアップデートが可能です。

○AntiVir Personal Edition
http://www.free-av.com/antivirus/allinonen.html
http://www.free-av.com/en/download/index.html

○AntiVir Personal Edition VDFウイルス定義ファイル
http://cowscorpion.com/dl/AntiVirPersonalEditionVDF.html
http://www.avira.com/en/support/vdf_update.html


2007/01/02追記
AVG Free7.5を使ってウイルスまみれのPCから駆除を行った後bitdefender8 Freeを試しました。
結果、新たなウイルスは発見されませんでした。
この次、同じPCでantivirを動かすと新たにいくつかのウイルスが検出されました。

 ま、順番に使ったから厳密にはそうとはいえないけど、AVG Free7.5とbitdefenderより、antivirの方が検出率がいいのかなぁって感想でした。ただ、bitdefenderとantivirはexpire dayが設定されていたのでオフラインアップデートばかりしている場合延長方法はどうなるのか気になるところです。

2009/05/02追記
Antivirはライセンス期限の延長は基本的にオンラインでしかできません。が、ライセンスファイルをダウンロードして上書きすれば、オフラインでもライセンス期限の延長が出来るそうです。
http://www.avpusers.org/faqs/update.html#license
http://www.free-av.com/en/download/download_servers.php

Bart PE にNICドライバを追加したい

Bart PEっていう非常用ブートCDがあります。
HDDから起動しなくなったときの復旧の手段の一つとして非常に有効です。

私の場合はHDDから起動しなくなったりHDDが読めなくなったら大体このようなことをします。

1.セーフモードで起動出来るか確認、救出データのコピー。
2.Windows2000/XPの場合は回復コンソールからの起動。chkdskの実行
3.Windows9X/Meの場合はDOSモードで起動後scandiskの実行
4.BartPEなどの起動CDからの起動。ネットワーク経由での救出データの転送または、別HDDを接続して救出データのコピー。
5.Linux等のLiveCD(Ubuntuなど)で起動。ネットワーク経由での救出データの転送または、別HDDを接続して救出データのコピー。
6.別PCにHDDを移植して救出データのコピー。scandisk、chkdskの実行
7.別PCにUSB-IDE変換アダプタで接続して救出データのコピー。scandisk、chkdskの実行。


ともあれ、Bart PEは協力隊員にも1つもっておくことをお勧めします。

作り方は以下をご覧下さい。
http://journal.mycom.co.jp/special/2003/winpe/001.html
人口局の職員にこれについて紹介したら喜んでました。

ただ、問題がいくつかあります。
新しいNIC(平たく言ってLANカード)に対応していない場合があると言うことです。
最近、以下のPC(HP Compaq dc7600 Small Form Factor)がUNICEFの援助でUPS、プリンタ、液晶モニタWindowsXPの正式ライセンスとともに人口局に入ってきてセットアップ中です。UNICEFの担当者はWindowsXPのライセンスをちゃんと付けるとは偉いですな。でも、Office2003も付けて欲しかったなぁ。このPCでノーマルなBartPEで起動するとNICが認識されなかったのでした。
http://h50146.www5.hp.com/products/desktops/dc7600sf/specs/p521-256-80-xp.html

ちなみに人口局が自前で買った2台のHPは違法コピーでした。おまけにUPSなし。仏文で書く人口局向けのレポートでは「自助努力で機材をそろえた努力は賞賛すべきである」とかくけど、JICA向けの報告書には「今まで仏文レポートでも常に指摘し、口頭でも問題点を指摘してきた『壊れたパソコンのパーツやUPSの電池』の購入の方がコストが安いとエンジニア担当職員・シェフ・ディレクターに説明済みなのにこれを無視した彼らの考えは浅すぎる。」と厳しく書くつもりです。
ジブチには『ものを直して使う』という概念がほとんど存在しません。椅子が壊れても放置。あ、壊れないように使うって概念もありません。今日も引っ張って切れた電話機の線を直しに行く予定ですし。私はInformatitian(情報技術者)であって、電話機屋さんじゃないんだぞ、まったく!

それはさておき、人口局が購入したPCは一応HPの正規品ですが、HPから出荷時にはDOSが入っていて、店が違法コピーしたっぽいです。違法コピーにはメーカもグルだと考えて間違いないでしょうな。
なお、このまえ、ジブチでJICAに隊員ドミにJICA予算でPCを設置して欲しいという要望を出そうとするための準備の一環としてジブチ中のPCショップ(と言っても5軒位)で見積もりを取ってもどこにも正式ライセンスのWindowsXPは存在しませんでした。Microsoft何とかしてよ、全く。

それはさておき、UNICEF援助PCのNICはHPのページによると「10/100/1000BaseTX ギガビットイーサネットコントローラ(RJ45、WOL、Alert On LAN対応)×1」だそうです。って、これじゃ型番がわからんやん! と諦めるのではじゃんかー失格です。


諦めません、見つかるまでは!(なんか、彼女捜しみたいだな、このキャッチフレーズは(爆))。

で、前置きがとても長くなりましたが、私が一番探していた情報は、これ。Bart PEにドライバを追加方法です。
チップセットのドライバに対応してないのが残念ですけど、まぁ致命的でないのでいいか。
http://www.nu2.nu/pebuilder/help/japanese/drivers.htm

っと、時間がないのでドライバ捜しはまた今度。

<2006/12/31更新>
人口局予算で買った2台のPCのOSのライセンスは何と正規品でした! 一体どこで買ったんだろ?
でも、入ってるOffice2003が違法なのは何とかしてほしいですわ。シェフに言ったら「ジブチテレコムの友達が持ってくるから問題ない」とか。ま、これがジブチの現状です。


Gmailから携帯電話にメール送信したら……

前回ネタはこちらです。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/12/post_e698.html

時々日本のプロバイダメールが使用不可能なときがあるので、gmailへの転送、gmailからのプロバイダメールのアドレスからの送信を行っていますが、少し困ったことがあります。

親のAUの携帯にwebのgmailから送信すると文字コードがUTFになり、文字化けして読めないと言うことです。
googleもUTFで送りますよとここに書いてます。
http://mail.google.com/support/bin/answer.py?answer=22841&query=UTF&topic=&type=f&ctx=search

 ご丁寧なことに題名まで化けるようです。さらに到着遅延までおこり(これはgmailではなくAUのせいかもしれませんが)、日本の真夜中2時の丑三つ時に謎の文字化けメールを受け取る羽目になったそうです。
と言うことで、大変ご立腹で普段なら夜中のメールには即返信しない母が、「何このメール」と切れメールを送ってきました。いや、文字化けしたのはこちらの知識不足だから謝るけど、日本時間22時に送ったのが4時間後に届いたのは知らんがな。


メールというのは即届くものとは限りません!


 何時間遅れるか、あるいはそもそも届かないことだってあるものだと言うことを知った上で電子メールというものを利用するよう皆様心がけて下さい。あ、国際郵便だって似たような状態ですけど(爆)。
 ということで、gmailをお使いで携帯宛にメールを送る方はお気を付け下さい。恐らくPOPメールでgmailを送信した場合はこのような問題は起こらないと思うのですが。
日本の携帯もそろそろUTFに対応して欲しいと思う今日この頃です。mixiとかもフルブラウザでないとUTFが未だに対応してないのもあるみたいだし。こういうことも独自規格への拘泥による弊害、国際化の障壁の一つだと思うのであります。iモードも未だにUTFはNGなんですかねぇ。

 そうそう、gmailにはこんな仕様(エンジニアの立場からは不具合と言うべきですけど)があるそうです。gmailのメアドというか、googleのユーザ名には「.(ピリオド)」は使わない方がいいようです。
ただ、友達のgmailアカウントに「.(ピリオド)」をどこかに一つ足したものを作成したらそっちにも届くって意味ではないよう。
webのgmail上からyour.username@gmail.comを送信アドレスに加えた場合、 と y.o.u.r.u.s.e.r.n.a.m.e@gmail.comにも同じものが届いてしまうと言うことらしいです。
重要なメールはwebのgmailからgmail宛には送らない方がよいと言うことですよね、これって。

http://mail.google.com/support/bin/answer.py?answer=10313&query=UTF&topic=&type=f&ctx=search

うーん、gmailも奥が深いな。

2007/01/17更新
gmailをwebから送る場合でも、UTF以外を使用可能なのに今頃気づきました。とほほ。
「設定」→「全般」→「送信メッセージのエンコード」で変えられます。

謎のSDカードUSBリーダのWindows98用ドライバを捜せ!

いつものようにWindows98環境が周りに多いのでUSB機器のWindows98用のドライバを捜してます。
今回のターゲットはこれ。既にバラしてます(爆)。

Pc171061


ブツはこれです。
http://www.geno-web.jp/Goods/GA06370880
ちなみにGENOで買いました。ここは2.5インチHDDとかも安く、面白いものを置いてるので、ジャンカーとしても一般人向けとしても通販サイトとしてお勧めです。

「GENO CARD READER」と書いてます。ヒントは中をバラしたときの部品「AU6331」です。

Pc171065

どうやらこれと兄弟というかOEMのようです。
http://www.diytrade.com/directory/global/buy/products/2066751/China_Manufacturers-Card_reader.html
メーカは「Shenzhen Lanko Technology Co.,Ltd. 」と言う中国の企業のようです。
しかし、中国語は読めない……。「サポート」とか「ダウンロード」と言う言葉さえ分からないです(泣)。
が、英語ページもあったので何とかなりました。
メーカでの紹介ページはここです。
http://szlanko.diytrade.com/sdp/385554/4/pd-1977783/2066774-991431.html

ドライバはここのAU6331っぽいです。しかし何で圧縮形式がrarなんでしょうな?
http://szlanko.diytrade.com/sdp/385554/4/pd-1977783/2066774-991431.html

そうそう、ここにもそれらしきドライバがありました。やっぱりrar形式でしたが。
http://pc210.com/downloadhtml/2006112135259.html

さてさてうまく動くかな?

2006/12/19更新
認識しました!

じゃんくましんの復活メモ≠ふっかつのじゅもん(Dynabook SS Portage 3010 CT編)

以前から、ジブチの隊員ドミにバッテリーなし、リカバリCDもなく、HDDが壊れたtoshibaのノートPCがありました。
こんな壊れたがらくた捨てろよと普通の人なら思うでしょう(というか、ゴミは残さないで下さい(笑))。

 名をば、「Dynabook SS Portage 3010 CT」といいます。薄型ノートで軽いのにPCカードスロットが2つあります。USBコネクタが1津しかないのはちょっと困りものですが。CPUはMMX Pentium266Mhzでメモリも64MBと今となってはWindows98くらいしかまともに動かないロートルマシンです。

 とはいえ、じゃんかーを名乗る以上、何とか生き返らせたいと思いつつ試行錯誤してます。で、交換用に2.5インチHDDも日本から中古のを取り寄せました。しかもこのPCは8.45mm厚を要求するので値段的にじゃんかー泣かせでしたが。
 ということで、有用な情報を最近見つけたのでリンクをメモっておきます。
このPCのドライバ・マニュアルなど
http://www.toshiba-tro.de/internet/machines/portege/port3010/port3010.htm

USBデバイスをDOSで認識させる方法(英語)
http://www.bootdisk.com/usb.htm

USBデバイスをDOSで認識させる方法(日本語)
http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=5894&forum=8&3


まだ、復活してませんが、もし動くようになったらまた報告します。

メガネに関する小ネタ

今回は協力隊にもパソコンにもジブチにも関係ない話です。
メガネ(サングラス)に関するお話です。

とは言っても、「メガネっ娘萌え~」と言う話ではありませんので(笑)。
イケメンがどんな格好をしようがイケメンであるように、かわいい子はメガネを付けようが付けまいがかわいいというのは間違いないです、はい。

で、1つめのネタです。
「サングラスが高いかどうか感じる価格帯が、メガネ・コンタクト派と裸眼派では大きく違う」と言うことです。
私は裸眼派なのでサングラスなぞ、可視光の遮断、紫外線の遮断、偏光レンズ仕様であればあんまりこだわらずユニクロの1000~2000円で十分だったりします。ですが、ジブチの200DF(約140円)フランサングラスはすぐ壊れるので、この前一時帰国隊員に依頼して通販で奮発して5000円のもの(一応アウトドアで有名なコールマンのです)を買いました。で、サングラスの値段に関して、メガネ・コンタクト派の人に聞いたら「安いよ」とのこと。
まぁ、メガネ一つで数万円かかるし、人によれば小学生の頃から何度も買い換えてきてるのでそのような価値判断になるんだなあと思いました。と、同時にメガネ・コンタクト派の人が以下に裸眼派に比べて余計な出費があるのか認識させられました。だから、協力隊員で派遣前・派遣中・派遣後に何十万もかけてレーシック手術をする人もいるんだなと思いました。裸眼派の私にとっては、残念ながら理解が難しい点です。
まぁ、酒を飲まない人にとってのバーでの酒代、ギャンブルをしない人にとってのギャンブル代、パソコンが趣味でない人にとってのパソコン代なんかも似たようなことでしょう。ただ、趣味でお金をかけているものと、メガネ・コンタクトでは生活必需品か否かという点で決定的に異なりますが。


さて、2つ目のネタです。
私はジブチでサングラスをかけるのは別にかっこ付けのためではないです。3つの理由があります。

1つ目の理由はもちろんジブチの日差しを遮るためです。

2つ目の理由は、自分の視線がどこを向いているかを周りに悟られないためです。いわば「海岸で『ないすばでぃ』なビキニお姉ちゃんに釘付けになりたいけど、釘付けなのを悟られたくないから」ってのと同じ理由です。いや、微妙に違いますけど。たとえば、土産屋とかの前を歩くとき、明らかにそちらを見ていると売り子の勧誘が確実にしつこいので、視線が合わなければ多少見ていても勧誘がうるさくないって訳です。


3つ目の理由は自分の顔色を悟られたくないということです。「目は口ほどにものを言う」と言ったもので、外を歩いているときには、無用にこちらの気分を悟られたくないというわけです。「アリババ」と言われてもまぁ、サングラスをかけてると多少こっちが頭に来ているのを悟られにくいと思います。向こうは挑発して言うから、こっちが怒るのを見て楽しむので、相手の思惑通りにしたくないわけです。サングラスをかけてると心持ち余計なからかいは少ない気がします。でも、「ジャポネ!」とか声をかけられる自体はの頻度はあんまり変わっていませんが。2つ目の理由と似てますね。

とまぁ、最近隊員同士のふとした会話から思いついた話でした。

無線LANカードLAK-CD011WLをWindowsXPで使用する

 またまた、じゃんくなネタです。
 昔、自宅で無線LAN化をするために買ったマイナーなLANカードTDKのLAK-CD011WLですが、あろう事か公式にはWidows98/Me向けまでしかドライバを公開していないのでした。
http://www.google.co.jp/url?sa=t&ct=res&cd=1&url=http%3A%2F%2Fwww.tdk.co.jp%2Ftjbda01%2Fbda01340.htm&ei=hxiDRd-GDaW42ALupfDaAQ&usg=__ACdaSj2ZRn6IX4GxvBioitHAU40=&sig2=JOkgkDCI3VWJIR4oyQkYGw

全くの無責任と言えましょう。IOデータやメルコならこんな放置プレイはしないでしょう。一流会社のすることではありませぬな。
 ということで、じゃんか~なplatonはまたまた互換性のあるドライバを捜すのでした。


TDKのLAK-CD011WLについてはCOREGAのPCC-11のツールの流用が可能だそうです。
http://blog.goo.ne.jp/negusenaoshi/e/e0feb173285571393d47e6057cb14035

でも、ひねくれ者の私は別のドライバが使えないか色々当たってみました。
そこで別のサイトを当たってみました。ここを見るとIntersil PRISM 2-3, Lucent Hermes and Symbol Spectrum 24 based PCMCIA 802.11b adaptersのリスト発見。
まぁ、PCカードタイプの無線LANカード以外のものも含まれてそうですが。

無論、「Corega PCC-11」も入ってました。
http://www.at.openbsd.org/amd64.html


今回はUSRoboticsの US Robotics 2410のドライバを試すことにしました。
http://www.usr.com/support/product-template.asp?prod=2410
→が、認識失敗。

仕方がないので実績のあるPCC-11で試すことに
http://www.corega.co.jp/support/download/wl_adp.htm#wlpcc11
→これも何故かダメ。他の無線LANカード用独自設定ユーティリティが入ってるとダメなのかな。と思ったので一旦他の無線LANカード用独自設定ユーティリティを消してから、インストールしたけどダメでした。うーむ。

こんどはIOデータのWN-B11/PCMを試してみるかな。
http://www.iodata.jp/lib/product/w/527_winxp.htm
→ダメでした。

ということで、結局LAK-CD011WLのドライバのnetcw2k.infを使う作戦にしました。
が、そのまま同じでは芸がありません。やっぱりひねくれました。
前回のネタで使ったIPC5038A用のサポートウェアを使ってみました。……動いてます。中身は同じなんでしょうな。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/12/ldwbbralan_7c30.html
ということで、2枚の無線LANカードが復活です。

Tdk_lakcd011wl_for_wirelesslan2

ちょっと早いクリスマスプレゼント

今日も今日とて忙しい毎日ですが、心の安らぎを得るために最近やっていることがあります。
それは、「お香」です。

ジブチでもお香は売っています。棒状のも三角錐状のもあります。私は棒状のが好きですけど。ただ、倒れないように保持するのがちと面倒です。ということで、プチ日曜大工してみました。

Pc131040

太めの針金をぐるぐる螺旋状に巻いただけですが、なかなか便利です。調子に乗って何人かの隊員にちょっと早いクリスマスプレゼントとしてあげました。でも、何も説明なしにプレゼントしたら相当にいやがらせだろうなぁ(笑)。
ま、渡した人はみんなお香を炊く人だって調べたうえでプレゼントしましたけどね。

でも、作った代償に針金をペンチで曲げる際に左手4カ所に同時にマメが出来てしまいました。いたたたた。ということで、これ以上は欲しいと言われてもプレゼントしませんよん。
ちなみに原価は0です。アパートの前に捨てられてる針金を拾ってきて作っただけなので。1つ作るのにも10分弱程度でした。でも、心はこもってますよん。

LD-WBBR/A内蔵の無線LANカードの処分

 Linuxルータ化して色々いじろうかと思っていた、ELECOMのLD-WBBR/Aですが、何だか動作が安定しないので(220Vを変圧器で100V供給しているからかも)、いっそのことバラして単品の無線LANカードを取り出そうと計画しました。内蔵無線LANカード型番は、鳥取三洋製の「WLN-RFCD」。
ちなみに「LD-WBBR/A」自身の基板も鳥取三洋のOEMのようです。余談ですが、このルータはセキュリティ問題とGPL違反でググると色々ネタが出てきますけど。だから投げ売りされてそれを買ったのですけどね(笑)。

WindowsXP PCに刺すと以下のように「OEM PRISM2_IRRR_802.11_PC-Card」と認識。
「PRISM2 windows ドライバ PCカード」でググると以下のページがhit。ただ5Vって表示してるのが気になる。
http://www3.toshiba.co.jp/peripheral/support/i38wxp_2.htm
ということは、PRISM2 IEEE 802.11 PC-CardがIPC5038Aのドライバで動くと言うことではと考えられた。
よって、このドライバを以下のページで入手。

http://www3.toshiba.co.jp/peripheral/support/i38wxp_1.htm
→WindowsXP Pro with ThinkPad T42では認識。動作OK!

カード挿入時はこんな感じ。

Wlnrfcd01


で、ドライバ導入後のデバイスマネージャはこんな感じでした。

Wlnrfcd02

上の2つは内蔵有線LANと無線LANアダプタのアイコンです。


でも、専用ユーティリティを入れないといけないのはいただけませんねぇ。Windowsのネットワーク接続アイコンもワイヤレスタイプでなく有線タイプのアイコンが出ますし。ま、XP以前の古めの無線LANカードは仕方ないんでしょうけど。

いずれにせよ、JOCV事務所を無線LAN化した暁には隊員に貸与可能なカードが確保できました。いやよかったよかった。

2006年師走の出会いと別れ

 この時期、協力隊員は16年度2次隊隊員の帰国に伴う別れがあります。
と、ともにその入れ替わりにもうすぐ18年度2次隊の派遣もあります。ま、訓練スケジュール変更のため、例年より1ヶ月程遅いですが。
しかしジブチには、16-2隊員の帰国はありません。そもそも該当隊次隊員がいませんので。

 ですが私にとって、ジブチで生活してお世話になった人たちとのお別れはありました。
 それは、ジブチにホテルを建設するために来られていた人たち、いつもは「某民間会社」と書いてましたが、名前を出すお許しが出たので書きます、「大成建設」の方々です。無理だと思われていた超ハードスケジュールの中、ジブチでの2006年11月に開催された国際会議COMESAの会議場として使うため、「ここはジブチか?」と見まがう程の素敵なホテルを建てられました。
 あまりの素敵っぷりで今週は3回もバーに行ってしまいました(爆)。

 建設プロジェクトがひとまず終わり、たくさんいた社員の方も一人また一人と帰って行かれています。
彼らからは海外で働く技術者の背中、満足とは言えない英語でも外国人とのコミュニケーションをこなすこと(とても英語が上手な人もいましたよ、もちろん)、色々言葉に出来ないことを学んだように思います。帰国後も英語を勉強して、海外で仕事をしたいと思うようになったのは、大成さんと働くフィリピン人、インド人、イギリス人達と私のつたない英語が通じたことも少なからず影響しています。
 そうそう、毎週パソコンサポートの代わりに、昼食&夕食(どちらも日本食がしばしば出ました)・インターネット常時接続環境を使わせてもらえたことが、ジブチでの活動・生活の心の支えになってきたことも紛れもなく真実です。本当にありがとうございました。まだ、ジブチに残られるスタッフもおられるので、これからもよろしくお願いします。

 業種も違うので、帰国されてしまった方とはもう会う機会もないかも知れませんが、世界のどこかでまた会いたいと思います。そのときには私ももう一回り大きくなっていたいです、お腹周りではありませんよ(笑)。

 あ、そうそう、別れだけでなく出会いもあります。本日12/15に短期隊員9名、来年1には新調整員と18-2隊員が来ます。今まで、人との出会いで成長してきたように今回もそうであると信じています。

最近興味のあるインターネットサービス

最近、ぐっすり寝られます。
おかげで洗濯してる途中だろうが、ネット繋いだままであろうが寝てしまいました(爆)。5時間ダイヤルアップ繋ぎっぱなしorz……


それはさておき、最近注目のサービスです。スペインで始まったこの無線LAN接続共有サービス、とうとう日本でもサービス開始です。
http://jp.fon.com/
説明がちと難しいのですが、自分のインターネット常時接続環境を特殊な無線ルータを使用して同じサービスの利用者と共有するというものです。自分がこの環境を公開することで、出先で無料で他人のネット環境を使えるようになると言うものです。
googleやskypeなどの著名なネットサービス会社もいくつかサポートを表明しています。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/02/06/10769.html

また、一部のISP(エキサイト)やPCショップ(ツクモ)もサービスを提携とのことです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/04/news054.html

 難点は、自分の利用するISPがこのfonによる他人へのインターネット接続環境の公開を許可するか否かという点、他人のアクセスポイント経由での迷惑行為(spam、掲示板荒らし、ネット犯罪など)が発生した際の当事者の責任問題であると思います。誰でも匿名でこのサービスを使えるわけではないのですが、この辺りがどうなるか注目したいところです。

タダと新しいものに弱いplaton開始から5日間は無料(送料別)でfonルータ"la fonera"を配布してたので早速申し込みました。ま、これは国内住所向けのみでしたけど。今でも1980円で購入可能なようです。

ほかにも、こんなblogがあるので参考になると思います。
http://blog.fon.com/jp/

今後は各ISPがfonの許可/不許可に関して明確にしてもらえれば利用が進むと思います。そのうち、有志によってこの情報が集まるんじゃないかと期待してます。私も帰国後、これを考慮に入れてISPを選びたいです。
今まで日本で使えていた「無料無線インターネットアクセススポット」が爆発的に増えると思います。skype対応無線LAN電話なんかも出先でも現実的に使えるようになるかも知れません。

 また、短期派遣でセネガルに行くかも知れないとのことですけど、この時にもfonルータを持って行ってみたいです。向こうでADSLサービスは安価に利用できるようなので。
 ジブチでもこのサービスが安価に利用できる日が来ればいいんですけどね~。ISP代が高いし、独占企業だから無理でしょうけど

ともあれ、このプロジェクトにはしばし注目です。

<2006/12/16追記>
FON対応プロバイダ稼働か確認するため以下のような文面でwillcomとACCAに質問を送ってみました。
さてさてどうなることやら。帰国後ADSLにするなら、PHS+ADSLだとwillcomは相当安く済みそうなので興味があるのでした。で、willcomへのADSL提供サービス会社はACCAなので、ついでに質問したというわけです。
あ、mixiのfonコミュニティでのテンプレをちょっと借りましたけどね。その代わり、質問の結果はそっちにもフィードバックしますけど。

--------------------
お世話になってます。
FON対応のプロバイダがあるようです。
http://blog.excite.co.jp/pr/5080292/
BBエキサイトという会社で、ルーター試供品の配布を始めているようです。
特別な追加料金なしにfonを使用できるようですが御社ではfonのサービスへの対応のご予定はないのでしょうか?
対応の予定があるのであれば、現在使用中のADSL業者からの乗り換えを検討したいのですが。
ご回答の程よろしくお願いします。
--------------------

壊れていくこととそれに立ち向かうこと

といっても、私のことじゃありません(笑)。

周りのパソコンです。

某NGO(というか、隠さなくてもいいですよね、AMDAです)、人口局、JOCV事務所、そして隊員ドミ。
HDDがおシャカになったり、電源が火を噴いたり、マザーボードがぶっ壊れたり、起動しなくなったり様々です。
ホント自分のPCが治ったからと言って安心できません。
昨日もドミPCの再インストールをしようとしてFORMATをするとエラー修正が一晩中終わりませんでした。あぁ、40GBのHDDだったのに。勿体ない。

ホント、連日問題続きで疲れてマジ疲れてぐっすり寝られます。寝れるならいいのか??

っと、今度は関連ネタのおまけ。
 WindowsXP/2000が起動しなくなった際に「回復コンソール」というものを使って修復できる場合があります。ま、今回の一連の問題で一部試したものもありましたが、結局失敗でしたが。
 通常、回復コンソールをインストールCDから起動しますが、WindowsプリインストールPCの場合はWindowsインストールCDが大抵付属しておらず、どうするのかちと困ります。また、インストールCDよりHDDのWindowsの方が新しいサービスパック適用後などはWindowsXPから回復コンソールをインストールできなかったりします。つまり、インストールCDまたは工場出荷時PCはWindowsXP SP1だけど、現在の環境はSP2の場合と言うときです。
と言うことで今回私のメインノートPCであるThinkpad調べたことをメモメモしておきます。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/beginner.nsf/btechinfo/SYB0-01CEB11
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd06.nsf/jtechinfo/SYJ0-023AA2E
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3Bja%3B883760&Product=windowsxpsp2

まぁ、自分のPCに関して回復コンソールにお世話になる位大事なファイルが壊れる状態になれば私は可能な限りのバックアップ後再インストールか、HDDの交換を検討しますけど。じゃ、回復コンソール入れたって意味ないじゃんと突っ込みが入りそうですが(爆)。

ジブチにまつわるエトセトラ

今回もちょっとネタの毛色を買えてみました。
ま、これを見てあまりビビらないで下さいとだけ言っておきます。
私の主観と経験に過ぎないし、楽しいことも自分で探せば色々ありますから。


○ジブチでかなり嫌と感じるとき
・「アリババ」と罵声を浴びたとき。
・石を投げられたとき。
・犬猫のウンコを踏んでしまったとき(日本より総対数は少ないのになぜかよく踏む)。
・夜中に蚊に噛まれまくって寝れないとき。
・パソコンが壊れたとき。
・高級スーパーで身なりの良いが厚かましいジブチ人少女に「お金ないからコーンフレーク買って」と自分も食べないような高いものをねだられたとき。
・流し台から下水が逆流してきたとき。
・風呂場から下水が逆流してきたとき。
・みんなゴミをどこにでも平気で捨てること。
・街がゴミ臭いこと。

ジブチでちょっと嫌と感じること
・ジブチ人に「ヒーホー」と間違った中国語の挨拶をされたとき。
・小学生どもに「チン・チュン・チャン」と中国語でからかってるつもりで話しかけられるとき。
・40DFのバス代を50DF硬貨で払うとお釣りがないとき。
・仕事中に停電のため、データが保存できずにパソコンがダウンするとき。
・折角作った日本食をジブチ人の友達に残されたとき。
・買った生卵が腐っていたとき。
・買ったコーラが既に気が抜けていたとき。
・雨の時(外がすぐドロドロになるので)。
・雨の後(蠅・蚊だらけになるので)
・スーパーの買い物でお釣りを少なく間違えられたとき。
・スーパーでたくさん買い物した後、「買い物袋はない」と言われたとき。
・誤って冷蔵庫を開けっ放しで出かけてかえってきたら卵が腐っていたとき。
・語学学校に行ったら、「今日は授業はないよ」とその日に知らされたとき。
・夜中の1時まで隣で下手くそなバンドが練習しているとき。
・眠れない早朝にコーランが聞こえてきて余計に寝れなくなるとき。
・パソコンソフトはほとんど違法コピーであること。
・自分のものでないものの扱いが荒いこと。

ジブチでちょっと嬉しいと感じること
・ジブチ人に「コンニチハ」と挨拶されたとき。
・ジブチ人の友達にジュースをおごってもらったとき。
・スーパーでたまにしか売っていない中華食材がget出来たとき。
・インド人の散髪屋でマッサージをしてもらうとき。
・いつも通るたびに「シノア(中国人)」としか呼びかけてこない子供が、いつしか「ジャポネ(日本人)」と呼びかけるように変わったとき。
・行きつけのスーパーの店員に「コンニチハ」、「アリガトウゴザイマス」と言われたとき。
・バスを呼び止めたら満席でなくてすぐに乗れたとき。
・買い物で色々店を回って値段交渉して、一番安い店で買えたとき。

ジブチでちょっと微妙に感じるとき
・「フィリピーノ」と声をかけられるとき。
・とても汚くて臭い子供に笑顔で握手を求められたとき。
・ジブチ人の同僚が自分より高級なカメラ付きカラー携帯を使っているのを見たとき。
・ジブチ人がスパゲッティをテイクアウトしてビニール袋にそのまま入れて持ち歩いているのを見たとき(見た目生ゴミなので)


ジブチで既に達観の境地にあること
・時間を守ってくれないこと。
・レストランで頼むと料理が出てくるのが遅いこと。
・レストランで頼んだ料理と違うものが出てくること。
・買ったものがすぐ壊れること。

リカバリディスク作成に関するここだけの話

えーと、私はIBM(現レノボ)ThinkPadのT42と言う機種を使っています。

先日の修理上がりから快調に使っています。
さて、この機種もそうですが、最近のノートパソコンは購入時のHDDの状態に戻すためのプログラムである「リカバリディスク」と言うものが付いていないものが多いです。大抵はHDDの隠しパーティションないに格納されています。そこから、「リカバリディスク」作成プログラムを起動してCD-RかDVD-Rなどにデータを書き込むことが多いです。
もし、このリカバリディスクを作らないうちにHDDが完全に読めなくなるとどうしようも元に戻せません。ということで、最近パソコンを買った方で、リカバリディスクが手元にないかたは早々に作成しましょう。
でこのリカバリディスク、通常は1度しか作成不可能です。IBMのこの機種もそのようです。買った当時CD-RW/DVD-ROMコンボドライブしか付いてなかったので延々と何枚も書き込んで面倒くさかったことを覚えています。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd06.nsf/jtechinfo/SYJ0-0100E5D

が、最近ACCESS IBMというプログラムをアンインストールし、再インストールしたら……。あれ? リカバリディスク(プロダクトリカバリCD)作成機能のボタンが何故かONになってました。あれあれ、いいのかいな?
 ま、IBMのこの機種にしかリカバリできないようなシロモノなのでいくつも作っても意味のないシロモノですけどね。あ、他のソフトも多少再インストールしているので、他の環境で同じことをしても出来ないかも知れませんのでご注意下さいね。

AVG Free7.5の誤検出?

私は無料版のワクチンソフトAVG Free 7.5を使っています。個人利用に関しては無料、アップデート時にインターネット接続がなくても、別のパソコンでダウンロードしたパターンファイルが使えるということで気に入って使っています。

が、時々ウイルスが入っていないファイルに対しても「検出」動作をするときがあります。
Missdetect


 検出したのはWindows XP フランス語版用のサービスパック1(不具合を更新するソフトウェア群です)。Microsoftから直接DLしたし、exeファイル感染型のウイルスにファイル自体を改変されていない限り、感染はあり得ないと思ったんですけどねぇ。ま、正確には「Suspected(ウイルスっぽくて怪しいぞ)」と表示されただけでしたけど。
画面の通り検出した環境はスキャンエンジン7.5.432、パターンファイル288.15.15、ウイルスデータベース580でした。が、翌日パターンファイルを更新した後、再チェックをするとパターンファイル288.15.15、ウイルスデータベース581では反応なしでした。
 こういうこともあるのでAVG Freeをお使いの方はお気を付け下さい。とはいえ、誤検出自体は全てのワクチンソフトに関して存在すると言っても良い程なので、この事例だけでAVG Freeがダメダメなソフトとは言いませんよ。
各ワクチンソフトの検出率比較の比較と言えば、以下のようなサイトがあります。
http://homepage2.nifty.com/security_hikaku/comparison/index.htm
http://www.nazca.co.jp/virus/detection/

しかし、誤検出については、ちゃんとしたテスト方法がないのか参考になる情報が見つかりません。身の回りであのソフトは誤検出が多いとかは、経験的にはある程度把握していますけど。

そういえば、アンチウイルスに関して興味深いこんなページもありました。
http://www.tokix.net/txt/VirusGuide.html

あと、ワクチンソフトでスキャンしたけどウイルスかどうか怪しいファイルをアップロードするとチェックしてくれるサービスもあるそうです。でも、私の場合、上記のファイルは100MB以上あったので送るのは諦めたんですけどね(笑)。
http://virusscan.jotti.org/

今の自分・帰国後のことを考える

帰国まで4ヶ月を切り、活動も仕上げに入らねばいけない時期となりました。
他の同期のblogを見ても活動の終わりを見据えた発言が多々見られるようになってきました。
私の場合は、以下のようなplanを考えていました。まだ未定ですが。
帰路変更に関しては、活動終了日の翌日から14日以内に帰国すればよいとされているので最もぶらぶらした場合のプランです。

日付 予定
2007/04/04 活動期間修了・ジブチ発(これは決定です)
2007/04/05 エチオピア・アジスアベバ着、表敬訪問・公用旅券ボイド&民間旅券申請
2007/04/?? エチオピア・アジスアベバ発
2007/04/?? タイ・バンコク着、しばらく滞在
2007/04/17(最遅) 日本・成田着
2007/04/18,19 帰国後研修@東京
2007/04~05 失業手当で食いつなぎつつ、短期のIT職探し&本職を探す。
2007/06~07 短期のIT系仕事に従事しつつ、正社員IT系の職を探す。
2007/08 正社員IT系で仕事開始(ができたらなぁ)

なーんて思ってましたが、最近心境の変化が。
以前、ジブチで大変お世話になったJICA関係の方からフランス語圏で短期派遣のコンピュータ技術の要請がありますよとメールを頂きました。
http://www.jica.go.jp/activities/short/application/job_info/pdf/ja26106401.pdf
要請では西アフリカのセネガルの首都ダカールで6ヶ月間、保健予防医学省のエイズ・性感染症対策課からの以下のような要請です。

①エイズ課ホームページ作成および更新
②エイズ課内LANシステム構築・改善
③エイズ課と各保健施設(パイロット地区選定)の情報ネットワークシステム構築
④上記、作成技術・維持管理技術のカウンターパートスタッフへの技術移転

6ヶ月は短すぎ過ぎず長すぎない期間です。既にJICAの専門家も同プロジェクトに配置され、関連プロジェクトサイトにも隊員が派遣されているそうです。
プログラマが本職ですが、LAN構築、Webサイト構築は経験有りなのでこなすことは可能だと思いますが。
インフラが既にあり技術的なものが必要なのであれば興味があります。が、あれこれしたいけど予算がないので某アジアの大国のようにODAをもらってきて色々買ってくれというのであればお断りしたいところです。

とはいえ、ちょっと心が揺れました。


もう、派遣修了したらジブチはお腹一杯、アフリカもお腹一杯と思っていましたが、果たしてジブチをたった2年経験しただけでは、アラブ・アフリカ・途上国・被援助国・フランス旧植民地を全て見てきたことになりません。ちょっとかじっただけにもかかわらず、「ジブチはこうだ」とか「これだから○○は」と偉そうに言うのはおこがましいような気がしました(でも、言うと思う(爆))。
また、両方で活動経験のあるJICA関係者の話を聞くかぎりはセネガルという国はジブチに比べて発展しておりJOCV隊員の派遣実績も多く活動しやすい環境であるよう聞きました。

派遣希望時期は2007年1月ですが、人が見つからなければ遅くてもいいと言うことなので帰国後すぐに行くというのも可能な選択肢のようです。
ま、本当に応募するなら時期・必要資料・面接時期・研修時期なども調べなきゃダメですけど。
ここに書いてるってことはまぁ、結構本気が入ってきたのかも知れません。
あ、セネガルのインターネット事情がジブチより遙かに良いってのも、興味を引いた点の一つであることは間違いありません。512kbps繋ぎ放題で月4000円の模様です。しかも独占企業でなく複数サービスが選択可能であること自体が健全だと思います。ジブチテレコムに爪の垢を煎じて飲ませたいですわ(爆)。
http://www.orange.sn/djoumtouwayyatu,3,8,ay,d507f182a4664ac
http://www.arconline.sn/index.php?idpage=48
また、無線LANサービスまでありますね。
http://www.orange.sn/djoumtouwayyatu,3,211,ay,d507f182a4664ac

 2年前、私の能力を必要とする真に真面目で前向きで誠実で約束を守る人間にはどこの人間であろうと手を貸したいと思い、会社を辞める決意をして協力隊を目指しました。同じような志を持って受験した人もいれば、学校、NGO、企業と併願した人、たまたま受けたら受かったから参加した人などいろいろだと思います。
ともあれ、私の最初の志は実を結んだのでしょうか? 最近、人口局でもパソコンのトラブルがあっても部品の交換や問題の特定が出来る職員も少しずつだけれど増えてきて少し嬉しく思っています。まぁ、私のおかげだとは思っていませんが。どっちかというと問題を放置してどのように問題解決するか様子を見ていたと言うところもあります。
JOCVは基本的に技術協力です。しかし、一から十まで手取り足取り教えるだけが活動の王道とは思いません。
最初の要請全てをこなすことは不可能なのははっきりしています。予算的、職員のリテラシー、もちろん私の仕事の進め方が原因です。
ただ、JOCVの要請自体も全てをこなすのが義務と捉えるべきではなく、要請機関が実現性を無視して「あんなこといいな、できたらいいな♪」と思っていること全部を上げてきますので、まぁあまり後悔はしていませんが。後任要請を出しているので、あとは後任が出来るだけ仕事をしやすくするのを主眼に置きたいと思っています。
後任ためのシステムの仕様に関する資料の作成(本来はフランス語で作成すべきだけど、職員でエンジニアと言えるレベルの人間でもプログラミング知識は不十分なので)、職員が手動で作成する統計データを自動化する、同じDBをスタンドアロンなPCでUSBメモリ経由で同期しているのをネットワークハブなしでピアツーピアで繋いで共有するとかかなと思っています。

 そして、ジブチでの活動はそもそも仕事場以外での方が何か本腰を入れている(モチべーションを高く感じた)ような感じもありました。しかし、眠りが浅い・寝てもすぐ目が覚めるなどで仕事に多大な遅滞を招き、同僚に会うたびに「元気か?」、「健康は大丈夫か?」と言われるたびに申し訳なく思っていたのも心苦しい点です。どんな睡眠薬を常用してたかはまた別のネタで触れるとします。日本じゃ睡眠薬が要るような不眠はなかったんですけどね。あ、胃痛はあったし、今でもありますが。いずれにせよ、心も体もボロボロとまでは言わないけど、来たときより疲弊しているのは事実です。


ともあれそんな状態でもさらに心身に大変な無理をかける危険性があるにもかかわらず、別の場所でボランティアとしてまた自分の力を試したいという気持ちが芽生えたわけです。ま、物好きだし、学習能力がないし、三十路を越えた独身(毒味噌というそうな)で社会復帰(ここではIT業界への復帰の意味です)も遠ざかりかねない選択であることは分かっています。


私の強みは、モチベーションがある時は強力に仕事を進められる自信はありますが、そんなときでも少なからず自分の精神的エネルギーを削っているのは自覚しています。これを削りすぎると鬱になり仕事への意欲がまたなくなるということになります。モチベーションを持続することが課題だと思います。何がモチベーションを回復する元なのか、最近気付き始めました。


なーんて書いてるのは、不眠症で飲んでる精神安定剤が効いているせいか効いてないせいなのか……。
ただ、少なくとも目先のやるべきことがはっきりして、スケジュール帳が黒く埋まり、その通りに仕事を進められる状態になってきたので前向きな気分になってきてはいます。
手帳が予定で黒く埋まるたびに充実感を感じているのも事実です。また色々することが増えきても、それが心配事でなければ今は眠りを阻害することもないようです。


Blogに滅多に書かないバラバラで纏まらない物書きとして自分の文章にさえ今ひとつと感じる内面のネタですが、まぁ人生の岐路にたつplatonに何らかのアドバイスがもらえたらなぁというちょっと他力本願なエントリであったりします。あ、最近ジャンク的ネタが多くコメントが希なので寂しいというのもあったりします(爆)。

あ、そうそうもしこの短期JOCVに参加しないのであっても、国外で活動の機会がある外資系IT系企業に興味があるので、日本に閉じこもるつもりはありませんけど。ま、そう言う企業が私を受け入れてくれればの話ですけどね。協力隊合格後2004年に退職したあと、技術補間研修開始前まで2ヶ月程派遣で仕事をしていた医薬品業界向け外資系IT企業での居心地がとても良かったのがその理由でもありますが。ま、将来的には技術と有能な仲間というコネを増やしたのち、個人事業主や起業も目指したいの

二重派遣、三重派遣による収入がメインで独自技術がないくせに『システムインテグレータ』と名乗る独立系IT企業や、このような企業からの派遣をあてにして開発を行い問題発生時は派遣元に責任をなすりつけるような『一流企業』には就職したくはありません。って、blogにこういうことを書くと就職の際に面接官が調査してくる場合があるので書かない方がいいとか言われていますが、敢えて言います(笑)。


>家族の皆さんへ
ということで、再度アフリカに行くことも視野に入れています。その場合は色々ご迷惑をかけるかも知れませんがよろしくお願いします。


そうそう、もしこの短期派遣に参加するのであれば発生する懸念事項をメモっておきます。あ、対して重要でないことも含んでますけど。

・失業保険の給付延長を短期派遣終了時まで伸ばすと長期派遣(+訓練期間)で延長した分との合計で延長期限3年にかかり、短期派遣帰国後に給付がもらえない可能性がある。
・2007年に大阪で世界陸上があり、ジブチ陸上隊員が選手と一緒に来阪するかも知れないけど、セネガルに行っていると相手が出来ない。
・派遣後、IT業界への復帰が難しくなる。6ヶ月の派遣期間の間にも技術者としてのスキルを磨く必要がある。
・7~13時のジブチオフィシャルタイムから9~17時のセネガルタイムに適応可能か心配。
・廃車して保管している自動車はそのまま保管の必要あり。保管依頼している叔父にお願いする必要あり。
・軽自動車税を払ったままの中型バイクがこのまま放置して再起不能にならないか心配(今更手遅れかもしれないけど)
・セネガルで語学力向上のためにTOEFL等は受験可能なのか? ジブチのようにとんでもない目に遭わないか心配。
・1,2ヶ月だけの日本滞在の場合はどこの携帯が一番お得なのだろうか?
・1歳の甥っ子に「知らないおじちゃんが来た~」とさらに泣かれる可能性がある。
・婚期が遅れる(爆)。まぁ、相手がいないので別段遅れるという心配はないとも言えますが。そういえば、長期隊員と違いJICAから補助の出る家族呼び寄せ制度ってのはなざげですね。
・短期派遣の場合、支度金(6ヶ月以上なら)長期派遣と異なり移転料(引っ越し代に相当)が出ないので

壊れたと思ったDVDマルチドライブI-DATA DVRP-UM8の動作検証

以前、某ジブチ隊員宅で使用中に誤って100V用ACアダプタを220Vラインに接続して使用したところACアダプタが膨張・異常過熱。その後、このACアダプタとともに使用するとエラーが発生しました。
で、これでお亡くなりになったのかなぁと思ったのですが、私はジャンカー。諦めません。

死人を直すギリシャ神話上の医者アスクレピオスのようになんとか患者を生き返らせられないかと奮闘しました。
いや、ひさびさにじゃんくなお話ですわ。ちなみにアスクレピオスはあまりに生き返らせすぎて黄泉の国に人が来なくなり、困ったあげく黄泉の国の神ハーデスが全能の神ゼウスにチクったことで哀れ、雷に打たれて死んだそうな。で、死後アスクレピオスはその業績によりへびつかい座として天に上げられたそうな。
今でもへびつかい座の蛇は知恵・医学の象徴としてあちこちで意匠として見受けられます。ジブチの薬局のビニール袋にもよく書いてあります。

……閑話休題。今回は壊れかけたDVDマルチドライブDVRP-UM8の話でした。


<今回の調査目的>
ACアダプタのみ破損かこのDVDマルチドライブの破損かを判定するべく調査。
また、DVDマルチドライブの破損の場合、どの動作で問題があるかも調査。

<実験環境>
実験のためにACアダプタは破損したと思われる純正ACアダプタは未使用。
代わりにエレコムルータLD-BBR/AのACアダプタを使用。

○電力供給
ステップダウントランス(CCVB-300W)、UPS(Pulsar EL-7)を使用

○PC
IBM ThinkPad T42
自作PC(Celeron 2Ghz)
ACアダプタの仕様は以下の通り

純正ACアダプタ
MODEL:TAS0066 入力 AC100V 26VA 50/60Hz 出力 DC5V 2.2A
ELECOM LD-BBR/AのACアダプタ
SPS10A-0001(TSA0310) 入力 AC100~120V 30~40VA 50/60Hz 出力 DC5V 2A

<調査項目>
1.DVD再生
WinDVDで再生
→OK

2.DVD吸い出し:
DVD Decrypter(ver3.5.4.0)で某DVDをISOに吸い出し
→OK

3.CD-ROM読み込み&コピー
DOS/V Magazine 2006年1月号付録CDの中身をExplorerでコピー
→OK

4.CDイメージ吸い出し
CD manipulator(ver2.70final)で音楽CDのイメージを吸い出し
→OK

5.音楽CDの再生
Mediaplayer10で音楽CDを再生
→OK

6.音楽CDのリッピング
cd2wav32(ver3.21)+gogo.dll(ver3.13)で音楽CDをmp3リッピング
→NG。OSがブルーバックになって再起動
自作PCで同じバージョンのcd2wav32(ver3.21)+gogo.dll(ver3.13)でmp3リッピング
→NG。OSがブルーバックになって再起動

7.DVD+RW書込
Nero Expressで実施
4倍書き込み
→OK

8.DVD-RW書込
B's Recorder Bold Basic 7.50で実施
内蔵DVDマルチドライブUJ-822Sを接続しているとUJ-835SまでUJ-822Sと認識されてしまっている。
また、UJ-822Sを接続せずにB's Recorderを起動するとUJ-835Sが書き込み可能なドライブとして認識されない。
しかし、本来はver7.50では対応しているはず。というかDVRP-UM8に付属していた書込ソフトであるのに。
→環境を自作デスクトップPCに替えると認識された。謎だ。よって以下はこのPCで続行

9.Nero Expressで実施
4倍書き込み
→OK

10.DVD-RW高速消去(B's Recorder Bold Basic 7.50 with自作PC)
→OK

11.DVD-RW標準消去(B's Recorder Bold Basic 7.50 with自作PC)
→OK

12.DVD+RW高速消去(B's Recorder Bold Basic 7.50 with自作PC)
→OK

と、まぁ完全に機能をチェックした訳じゃないですが音楽CDのリッピング以外は問題なく動作しました。

多分CD-R/RW DVD±Rの書き込みも大丈夫だと思うんですけどね。

折角ThinkPad T42の内蔵DVDマルチドライブを買ったんだけど買わなくてよかったんかもなぁ、残念。

ジブチはジプチじゃなくてジブチなんだよとジブチの真ん中辺りで叫んでみる

ちょっと関連のある過去のネタは以下です。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2005/12/jocv_news_19a5.html

 青年海外協力隊員でもマイナー国家に派遣される隊員独特の悩みがあります。
1.どこにあるか分からない
2.名前さえ聞いたことがない
3.そもそも読み方を間違えられる

まぁ、1はマイナーでもなくもよくある話です。2もまぁ仕方ないですな。でもジブチ隊員として耐え難いことが3.です。


であって、ではありません。

ガンビアとザンビア、コンゴとコンゴ共和国、ドミニカとドミニカ共和国、ハイチとタヒチだって全然違う国なのに。そういえば、オーストリアがオーストラリアと間違えられないように「オーストリー」に日本語表記をを変更するらしいですな。


 青年海外協力隊員の活動目的の一つとして、日本国民に派遣国のことについて知ってもらい国際理解を深めてもらうというものもあります。ジプチじゃなくてジブチだと知ってもらうこともこれに合致すると私は確信しています。
ところが、驚くところに青年海外協力隊員の派遣を行っているJICA、ODAにおける技術協力の一端を担うJOCVを推し進めている外務省、そしてその大本であり隊員派遣を外交材料にも使っているとか使っていないかの日本政府は一体どのように「ジブチ」を表現しているのか調べてみました。

○その1:『ジプチ site:jica.go.jp』でgoogleで検索結果8件
→つまりJICAのサイトに『ジプチ』の表現がいくつあるか検索したわけです。

○その2:『ジプチ site:mofa.go.jp』でgoogleで検索結果11件
→つまり外務省のサイトに『ジプチ』の表現がいくつあるか検索したわけです。

○その3:『ジプチ site:go.jp』でgoogleで検索結果89件
→goドメイン、つまり政府関係のサイトに『ジプチ』の表現がいくつあるか検索したわけです。

そうそう、旧表記の「ジブティ」に対する「ジプティ」についても同様に調べました。
「ジブティ」が「ジブチ」に変わって経緯は最初に挙げたリンクを参照して下さい。

○その1:『ジプティ site:jica.go.jp』でgoogleで検索結果11件
→つまりJICAのサイトに『ジプティ』の表現がいくつあるか検索したわけです。

○その2:『ジプティ site:mofa.go.jp』でgoogleで検索結果7件
→つまり外務省のサイトに『ジプティ』の表現がいくつあるか検索したわけです。

○その3:『ジプティ site:go.jp』でgoogleで検索結果49件
→goドメイン、つまり政府関係のサイトに『ジプティ』の表現がいくつあるか検索したわけです。


 …ってか以外と多いです。一般サイトならともかくJOCVを推進してるが側がこのザマとはなんたることでしょうかな。
 と言うことで早速各サイト管理者にジブチが正しいことを知っているか? チェックはしたのか? 何故間違えたのかを質問しつつ訂正の要請を出してみますかな。あぁ、これだけで報告書のネタにもなりそうだな(ニヤリ)。
って、こんな事欠いてるヒマがあるなら4号報告書出せって感じですけど(汗)。

ちなみに一般サイトでは『ジプチ』って書いたサイトはこんなに多いです。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%81&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox&rls=org.mozilla:ja:official
いや、一軒一軒行って回るのは無駄ですな。

時々ジブチからメールを送受信できないのに業を煮やして……

 最近胃痛で寝られなかったり、下痢で夜中に38℃の熱を出したり散々でした。まぁ、長期間続く程でなかったので病院やら点滴やらにはお世話にならなくて済みましたが。

 前回ネタはこちらです。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/11/nifty_676c.html

今のところtorparkを使わなくても@nifty、yahoo!メール、gmail、hotmailも問題なく使えています。
が、またいつ急に使えるか分からないのは変わらぬ事実です。

 ということで、また別の対策をすることにしました。
 メールの転送です。今までの経験上、ジブチではgoogleのメールサービスであるgmailが利用不可能になったことはありません。ということで、「転送可能なメールは全てgmailに転送してしまえ!」 というのが今回の作戦です。ですが、全てのメアドに関してこの手は有効ではありません。
あと、何でもかんでも転送するとgmailをメールソフトで取得すると大変なこと(受信メールが山のようになるとか)になりそうなので注意する必要があります。

○@niftyの場合
他メールアドレス宛に転送しても、元のメールBOXにメールが残る仕様なので、メールソフトやWebメールでも受信可能です。よって、gmailに転送作戦は有効です。さらに月200円のメアドだけのアカウントなのでメールBOXが20MB、有効期間30日という比較的ショボいサービスなのでgmailに転送することでこのメールBOXの脆弱さを補強することも出来ます。

○Yahoo!メールの場合
他メールアドレス宛に転送すると元のメールBOXにメールは残りません。まぁ、大抵のフリーメールはそうなんですけど。ということで、今回はgmailへの転送は見送りです。でも、一番ジブチからの利用において、アクセス規制によるトラブルが多いのがYahoo!メールなので、ちょっと困りものですけど。ま、Yahoo!メール転送用にもう1つgmailのアカウントをとるのも手かな。

○hotmailの場合
そもそも他メールアドレス宛に転送出来ません。使えねぇ~。有料版はどうなのかな?

 ってことで、ジブチではアクセス規制のため、Yahoo!メールが使えなくなることがあるので要注意です。また、過去にも書きましたが、hotmailはwebメールでしか利用できず、現状OutlookExpress等からほぼ利用出来ないです。協力隊員には無料メールアドレスはgmailをお勧めします。
 あとは、月200円程払って日本のプロバイダのメールを使うのもいいと思います(でも、@niftyはアクセス規制でメール取れないときがあるけどね)。

いや、海外に来るとメールが使えないってのは致命的に困りますよ~。協力隊員候補生、特にジブチ派遣予定の候補生にはとりあえずgmailの取得を『強く』勧めておきます。

最後に、メール関係の過去のエントリのリンクを貼っておきます。gmailの取得方法とかの紹介もあります。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/09/outbound_port_2_9c1e.html

http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/08/post_0e21.html

ま、これも根本解決じゃありませんけどね。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31