-天気予報コム-

Flag counter

« ジブチテレコムがADSLの新サービスを提供か!? | トップページ | ジブチからgooとbiglobeのblogが見れない!? »

ジブチでのパソコン故障状況とその対策

 我々青年海外協力隊員が派遣される途上国は、大抵日本に比べて住みにくく、厳しい環境であります。また、パソコンにとっても悪条件な環境の国も少なくありません。

ジブチにおいては、首都でも高温・埃・停電・電圧変動などの悪条件が揃っています。
ここで実際どの程度の故障が発生しているのか説明しましょう。

現ジブチ隊員は10名、そのうち4台のパソコンに故障が発生しています。
どうですか? かなりの率でしょう。
さらに、過去に帰国した隊員に遡っても私が知る限り最近の3人中3台に何らかのパソコンのトラブルがあったようです。なお、私の派遣先の職場でもデスクトップPCが何台もトラブルになっています。

と、言うことでジブチに来られる隊員の方は『パソコンの故障はありえる』という考えを持った方がいいと思います。

さて、最近の隊員の4件の故障についてちょっと触れてみましょう。あ、当該の隊員様、お名前は出さないのでパソコンの症例出してもいいですよね? と事後報告をここで。

<事例その1>
○FMVの電源コネクタの接触不良、液晶パネルヒンジの破損。
→結構長く使っているパソコンで元々調子が悪かったらしいですが、接触不良の頻度が増して結局買い換えとのことです。買い替えのPCは私がお勧めしましたが、いいスペックなようです。

<事例その2>
○Mac(iBook G4)でのIDEコントローラの不具合。
→HDDが認識しなくなったのですが、HDD自体は取り出して別PCにつないでも問題ありませんでした。さらに、別のHDDを繋いでも認識しませんでした。あと、CDBootのLinux(Ubuntu)で起動したときもIDE周りでエラーが出ていました。本件で知りましたが、Macは開けにくいです。今までバラしたどのノートパソコンより開けにくいです。
同機種でHDD換装方法を紹介したサイトによると、開けるのに『3時間掛かります』と書いていたのを「ウソだろ」と思ったのですが、実際1時間半もかかりました。
 トラブルシュートに自信がなければ、Macを持ってくるのはお勧めしません。あと、誰かMacのファイルシステムを直接Windowsから見られるツールってご存知ですか? ま、今回は最初の段階でフォーマットをしてしまったので読めなくなっていますけど。

<事例その3>
○ThinkPadの液晶がぐらぐら。内蔵CD-RW/DVD-ROMコンボドライブでメディアを読まない。
→私のパソコンです。blogのエントリにある通り、ただいまIBM修理依頼中で梱包資材を送ってもらっています。

<事例その4>
○HP Compaq Business NotebookのHDDの故障。
→Windowsが起動しなくなりました。USB接続外付けケースに入れて他のPCに接続するも中身が見えず。
 いろいろgpartコマンドとか起動diskとかを試した挙句、WindowsXP起動ディスクにて回復コンソールよりchkdskコマンド実行で何とか復旧。但し、破損ファイルたくさん。BIOSのHDDのチェック(多分S.M.A.R.T.によるチェック?)でFailが出ているので、早急にHDDの交換が必要な模様。


とまぁ、こんな感じです。他国隊員はパソコンの故障状況はどうなんでしょうかねぇ。


 あ、そうそう最初にジブチ派遣予定隊員(隊員用語では『隊員候補生』と言います)向けにパソコンの故障は覚悟してくれと書きましたが、具体的な対策を挙げておきます。他国隊員候補生についても参考にはなると思います。


1.そもそも壊れにくいメーカ、パソコンを選ぶ
発熱量の大きいパソコンはその分パーツに熱的な負担がかかりやすいのでお勧めしません。具体的にはデスクトップ向けの消費電力が大きいCPUを搭載したノートパソコンです。事例その4がこれにあたります。
お勧めしないメーカって挙げていいんでしょうかねぇ(笑)。とりあえず、逆に無難なメーカだけ挙げておきます。Lenovo(旧IBM)、東芝、DELL、HPかなぁ。


2.壊れたときに修理窓口が派遣国にあるメーカのパソコンor妥当な値段で修理が受けられるパソコンを選ぶ。
大抵の国内で購入できるパソコンは、海外での故障時には日本に返送しなければならない場合がほとんどです。この際、送料がユーザ負担であれば、国によっては往復の送料で低スペックなノートパソコンが買えてしまう値段になってしまいます。
 私の使っているIBM(現Lenovo)だと購入1年以内は日本に送らなくても現地修理が受けられ(ジブチは対象国ですが、窓口がない国もあります)、その後の修理については日本に返送だけど修理代が10万円を超えない限りは送料も無料とのことです。
 東芝、DELL、HPでも一部の国で現地修理対応が受けられたはずです。また、HPは標準の1年保障期間が過ぎてからでも有償の延長保証に加入可能なようです。
 購入予定or所持しているパソコンに関して保証がどのようになっているか調べてみてはいかがでしょうか?


3.壊れたときに備え、メーカの延長保証やJOCAプロテクションに入る。
電器店などの店独自の延長保証だと、日本国内の販売店に送り返す必要があるのであまりお勧めは出来ません。
海外サポートのあるメーカの延長保証か、JICA・JOCVの関連団体であるJOCAが訓練所でパソコンに限らず総合海外保険のJOCAプロテクションを紹介しているようなので、加入料はちょっと高いですがこれに入るのがいいよう思います。


4.壊れにくいように使う
 未使用時は埃がかからないようにカバーをしておきましょう。
 使用時は熱がこもらないようにカバーを外し、机も熱を逃がしやすい金属製をお勧めします。部屋も埃っぽくならないよう掃除をしたり外からの埃の進入を極力許さないようにしましょう。対応のものが買えるなら、キーボードカバーなんかもいいかもしれません。
 ジブチでは手に入りますが、埃を飛ばすスプレーなどでCPUファン部分やキーボードの掃除もいいと思います。
 コーヒーなどの液体をこぼさないように気をつけましょう。自分が気をつけていても、現地人の友達が来たときには特に要注意です。
 ケーブルに足を引っ掛けにくいようにまとめておくとか。運ぶ際は衝撃吸収のためのケースを用意しておきましょう。パソコン専用カバンより、インナーケース(別のカバンにいれて運ぶための衝撃吸収機能のあるケース)がお勧めです。パソコン専用カバンだと見るからにパソコンを運んでいますと見えそうですし。
 内蔵バッテリがへたってくると、急な停電時に電源が落ちてしてしまうこともあります。これによりHDDが故障するケースもあります。これに備え、予備バッテリーをあらかじめ購入しておくのもお勧めです。そういえば、これを書いているパソコンも今日バッテリー駆動していて、残量70%のところでいきなり電源が落ちてしまいました。まぁ、特にトラブルがなかってよかったですが。
 また、適切なUPSや変圧器の選択もパソコンの故障リスクを減らすのに有効です。UPSや変圧器に関しては以下の過去のエントリを参考にしてください。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2005/07/ups_2e45.html


5.壊れたときに備え、常にデータのバックアップを行う
一番お勧めは外付けHDDです。現地で取った写真とかをバックアップするには最もお勧めです。特にポータブルHDDと呼ばれる電源不要なタイプがベストです。
1~2GBクラスのUSBメモリもお勧めです。
最近のパソコンだと大体CD-R/RWやDVD±R/RWドライブを内蔵しているので、これらを用いてバックアップするのも手です。媒体がかさばりますけどね。
上記の機器を併用して本体以外に2個所以上にバックアップを残すとより確実です。
詳細は以下のリンクを参考にしてください。
http://www.geocities.jp/platon_ymg/JOCV/goods/index.html#08electric

6.壊れたときに備え、リカバリディスクを持参する
大抵のパソコンには購入時の状態に戻す「リカバリディスク(再セットアップCD/DVDとも言われます)」が添付しています。付属していない場合は、HDD内にそれに相当するデータがあるのでここからリカバリディスクを作成できると思われます。
これらは、システムファイルが壊れて起動しなくなったときやHDDが壊れたため載せ替えた際などに必要です。
問題発生時に日本から取り寄せるのでも構わないのですが、大した大きさでないので説明書とともに任国に持参することをお勧めします。

7.壊れたときに備え、代替PCを持参する
協力隊員全体として、コンピュータ技術隊員以外でパソコンを複数台持ってくるのはまれなようです。が、実際故障率は上記で述べた通りです。最近だと通販だと7万円台からB5ファイルサイズPCを購入可能なので、コンピュータ技術隊員以外でも選択肢として一考の価値があると思います。
そういえば、10万円クラスでA5サイズの極小ノートPCが出たようです。CPU性能的にはかなり遅いですが、場所を取らないって言う面で予備機にいいかもしれません、と言うかおもちゃとして私がほしかったりします。ま、ぐぐっと衝動買い欲を抑えてますけど(笑)。


私はこんな感じで対策してます。

« ジブチテレコムがADSLの新サービスを提供か!? | トップページ | ジブチからgooとbiglobeのblogが見れない!? »

ジブチ」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「青年海外協力隊」カテゴリの記事

コメント

Lenovoになった時は不安でしたが、やっぱりThinkpadにして良かったな…と思っています。特に海外向けの保守契約をしているわけではないのですが(確かモンゴルは範囲外だったような)他と比べて壊れにくいような気はしますよね。
もっとも、僕にとって一番重要なのはtrackpointですが。

こんにちは&お久しぶりです。

確かにモンゴルの場合は中国に送らないといけなかったはずです。ま、それなら日本に送るのとあまり変わらなそうですね。
私はトラックポイントとスライドパッドの両方を使っていますけど、スライドパッドも他社のものより使いやすい気がします。

そういえば、モンゴルだと低温でHDDが回らなくなると言うことはないですか? 高温で故障というケースはすくなさそうですが、メーカ公称の動作温度下限を超えてそうなので。

実は最近ウランバートルにlenovoのショールームができました。
http://harunire.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_a547.html
どの程度使えるのかは不明ですが、Thinkpad一台だけ飾ってあったなあ。

えーと、部屋の中は暖房が効いているので寒くないですよ(^^; 外でPC使う事もないでしょうし。
ただ、デジカメの電池とかは冬を越すとてきめんに弱くなりますね。

電池と言えば、ジブチも高温のためか、自然放電が激しいようです。NiMH電池なんかは放っておくだけで電圧が落ちてます。

ちなみに、ジブチはサポート窓口があるにもかかわらず、lenovoを置いている店は見たことがないです。まぁ、取り寄せれば買えるようですが。
あと、やっぱりまだモンゴルはサポート窓口ないようですね。
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/warrantyLookup.do?type=2373&iws=on

最近、ジブチのサポート窓口の電話番号について電話帳で逆引きしました(電話帳には番号順という意味の分からないソート順掲載欄があるんです)。
そうすると、全然聞いたことのない店の名前が出てきて一体どこにあるのだろうと言う感じでした。2つある番号のうち1つは個人名で電話帳に登録してあったし……。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジブチテレコムがADSLの新サービスを提供か!? | トップページ | ジブチからgooとbiglobeのblogが見れない!? »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30