-天気予報コム-

Flag counter

« オフラインアップデートの出来るワクチンソフト | トップページ | ジブチのバー »

インクジェットプリンタ(BJ S400/BJ F360)のランニングコストを考える

 えーと、ジブチJOCV調整員事務所(ジブチでのJICAの活動は小規模なので「JICA事務所」ではなくJOCV調整員事務所なのですな)付属の隊員宿舎(隊員用語でドミトリー又は略して「ドミ」と呼ぶ)に置いている隊員用プリンタの話です。
 メインであるものはCANONのBJ S400と言う型番です。実はこれは海外モデルで日本だとBJF360と呼ばれるものです。ま、入力電圧等の仕様は若干違うはずですが。
 連絡所でのプリンタ利用に関しては、他国ドミと同じくプリンタ利用毎の料金徴収を行います。で、今だと黒10DF、カラー50DFを徴収してます。が、これの算出根拠が不明なのでいったいどの程度掛かってるのかなぁと思いつつ算出を試みようと思った次第です。

 このプリンタの仕様などに関しては以下にありました。
○BJ F360
BJ F360機種仕様
BJ F360製品マニュアル

○BJ S400
BJ S Specification
このページからさらに「Product / Software Manuals」を選択すると新しいウインドウが開くのでここからpdfファイルをダウンロードします(sessionを使っているのでpdfのURLを直リン出来ないのよねぇ……)。
BJS Specification
こっちは仕様だけですが、直リン出来ました。

今回、このインクジェットプリンタを使用して印刷する場合のランニングコスト(1枚印刷する際に掛かる値段)を算出する場合以下を考慮しなければいけません。
 ま、電気代とかなんだとかもあるけど今回は考慮の必要はありませんので省きます。あと、通常のランニングコストに加えて、プリンタ故障時のコストも取っておく必要があります。まぁ、BJプリンタくらいのコストなら修理より新しいプリンタを買うほうが安そうですけど。

1.インクタンクに掛かるコスト
2.1枚辺りのインクコスト
3.インクヘッドに掛かるコスト
4.1枚辺りのインクヘッド交換コスト
5.印刷用紙に掛かるコスト
6.1枚辺りの印刷用紙のコスト
7.プリンタ故障時の予備コスト

 このうち、5.6.に関しては500枚1包の紙を買ってきていて800~1000DF(560~700円)なので、まぁ1枚当たりの計算は楽勝ですな。

 7に関してはまぁ難しいので後に置いときます(笑)。まぁ、メーカが想定する印刷枚数で寿命とするのが妥当そうですけど。これはインクヘッドクリーン時等の際、インク吸収体に吸わせるのですが、これの容量いっぱいまで行うと、プリンタのエラーが出るそうなので、これを寿命の限度とするのが妥当そうですけど。こうなるとメーカ曰く、
「廃インク吸収体(廃インクタンク)の交換およびプリンタの点検が必要になります。お客様では交換できませんので、できるだけ早く修理受付窓口にご相談ください」

とのことで、ジブチじゃBJプリンタの修理が出来るとは思えないので、新規購入が必要になると思われます。
ま、このカウンタもクリアできるし、インク吸収体の洗浄もユーザで出来るとか出来ないとからしいですけど……。
以下のリンクの「廃インクタンクが満杯になりそう」に当たるエラー発生時が、ここで言うインク吸収体が容量いっぱいになったというサインです。
http://cweb.canon.jp/e-support/qasearch/answer/bubblejetprinters/q035929358000.html

ということで、1.2.についてです。
これも印刷するデータによって全く変わってきます。極端な話、A4全面真っ黒だとか、全面写真とか。
ですが、基本的には連絡所のプリンタは隊員報告書を印刷することが主な用途なので、モノクロ文書か、カラー写真入りのモノクロ文書がメインと思われます。
また、プリンタメーカのCANONでも以下のページでこの部分のコストについては言及しています。
http://cweb.canon.jp/e-support/qasearch/answer/bubblejetprinters/q035027335661.html

このプリンタではインクヘッドはモノクロのみのBC-30、レギュラーカラーのBC-33e、フォトカラーのBC-34eが用意されています。が、ジブチではBC-30しか手に入らないし、カラーを日本から取り寄せるにしてもコスト的にレギュラーカラーで十分と言うことなので、フォトカラーに関しては考慮しないものとします。

BC-30使用時のコストは以下の通りです。
黒タンクの(BCI-3eBk)で印字可能枚数は約1,130枚
インクコストは1.0円/枚

BC-33e使用時のコストは以下の通りです。カラーヘッド使用時はBYMC(黒黄赤青)の4色をBC-33eにセットします。
レギュラーカラー黒色の(BCI-3eBk)で印字可能枚数は約1,470枚
レギュラーカラー黄色(BCI-3eY)で印字可能枚数は約280枚
レギュラーカラー赤色(BCI-3eM)で印字可能枚数は約 380枚
レギュラーカラー青色(BCI-3eC)で印字可能枚数は約 510枚
インクコストは8.9円/枚

で、このテスト環境は以下のような注釈が付いていました。

※ モノクロ:JEIDA標準パターン J1を印刷した場合。オートパレットで「文書」モードを選択。用紙は普通紙を選択。
※ カラー:JIS SCID No.5「自転車」を印刷した場合。オートパレットで「スーパーフォト」モードを選択。用紙は普通紙を選択。
※ 印字可能枚数は、当社プリンタテスト環境下におけるものです。お客様のご使用状況に応じて変動します。
※ 用紙およびヘッド部分の消耗によるコストは含みません。

ここで言う「JEIDA標準パターン」とはJEIDA(日本電子工業振興協会)が策定したプリンタ性能比較のために策定した印刷パターンのことです。
なお、JEIDAは2000年11月に日本電子機械工業会(EIAJ)と合併し、電子情報技術電子産業協会(JEITA)となったらしいですけど。
で、JEIDA標準パターンってどんなものよと思い調べてみました。どうもwebでタダで配布しているものじゃないようです。セコいなぁ。
http://it.jeita.or.jp/infosys/committee/print/SHOKAI/KISHO.HTML

ですが、JEITA規格 プリンタ用標準テストパターンとしては以下でパターンイメージがダウンロード出来るみたいです。ただし、このページで配布しているものもあくまで「イメージ」であり
入手には4,200円かかるようです。やっぱセコいなぁ。
http://it.jeita.or.jp/document/printer/pattern/index.html


 で、3.4.についてが少しやっかいです。大体何枚印刷でインクヘッドの交換が必要になるのかってのは使用条件によって大きく変動しますので。ご存じの方も多いかと思いますが、
使用頻度が低いとインクヘッドのノズルが固まってインクが出なくなってヘッド交換が必要になることがあります。ま、これは最低2~3週間に一回テスト印刷か電源を入れてやると良いとか聞いたことがありますが。ジブチの低い湿度の環境下だと日本での推奨頻度よりは多めの方がよさげですけど。
とりあえず日本で他のモデル(NEC Picty820とかCANONのBJC-400とか)を使っていた感覚からしてインクタンクを2~3回交換した位でヘッド交換もしてた気がします。ってPicty820はHPのOEMでインクとタンクは一体型だったからこの回数の見積には関係ないなぁ。

 まぁ、もうちょい計算の詳細が出たらまた更新します。
 本当はジブチでのインクヘッドの入手性が高いHPのインクジェットプリンタもあるんだけど、昔の隊員が残した大量のS400用のインクタンクを無駄に出来ないって事情があるんですな、実は。

« オフラインアップデートの出来るワクチンソフト | トップページ | ジブチのバー »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

印刷といえば白黒で十分って生活を長くやってます。
白黒のみのランニングコストが高いものがあれば考えようかな…
といいつつも持ち運びできるのと
引越しの際に邪魔にならないという理由で
PIXUS 50iを愛用してますよ。
実家のほうが複合プリンタですがね。
MP360だっけな?
 

50iってランニングコストものすごく悪くない?
詰め替えインク使ってるとか、大量印刷はしないのなら気にならないだろうけど。
ちなみに、50iは今手元にあります。ノズルつまりのため、先日インクヘッドだけ注文して入手しました。帰国隊員が置いていったのだけど、 日本で使えそうなので持って帰ろうと思ってます。その代わり最初に持ってきたHPの複合機PSC1210は置いて帰るけど。

>50iってランニングコストものすごく悪くない?
凶悪に悪いです。一度デジカメの写真を20枚ほどA4で印刷したんだがそれでカラーインク一気に無くなった。
まあ白黒しか使わないんで、しかも大半は会社で印刷するので我慢できます。
そして何よりもジプシーな私としては
”場所をとらない、引越しのとき楽”
これが一番なので満足してます。
買った値段も2万きってたし。(新品だよ)

HPって確かインクが糞高いイメージが払拭できないので嫌いです。
やっぱりCanonが個人的にはすきですな

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オフラインアップデートの出来るワクチンソフト | トップページ | ジブチのバー »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30