-天気予報コム-

Flag counter

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

CMR-KING11のドライバ

CENTURYと言うメーカのマルチUSBメモリカードリーダ/ライタのCMR-KING11と言うのを使っています。
PS2にインスパイヤされた感じのデザインです。本体も比較的小さく、USBケーブルをコンパクトに収納できるのでお勧めです。やだ、メモリカードスロットの蓋のヒンジが弱くて片方折れてしまいましたけど。ということで、詳細は以下のページです。

http://www.century.co.jp/products/card-reader/king11.html
通常USBメモリリーダはWindowsXP環境ではドライバ不要ですが、Windows98環境だとドライバが必要です。
で、買ったときにドライバCDが付いてタのかも知れませんが、手元にありません。CENTURYのサイトを探しても見あたらない。多分どこかの会社のOEM品なのだろうけどこの型番だと引っかからない。

 ということで、ばらしてみました。迷ったらバラす。ジャンカーの正しきあり方ですな。……で、分かったのは「DATAFab」と言うところのチップが載っていることです。で、ここでこのキーワードを元に調べたら発見。
http://www.datafab.com/product/card_reader_writer_milti_ps4c.htm
って言ってもまだ試してないので本当に同一なものかは確証はありませんけど。
ドライバはここでした。しかし、rarファイルで配布してるってところが何ともですな。
http://www.datafab.com/support/driver_info.asp?mtype=1&stype=17&cnt=10

 DATAFabのUSAサイトにも公開されているようなのでリンクを貼っておきます。こっちはzipファイルでの配布です。でも、前者よりやたらファイルサイズが大きいのは気になりますが。
http://www.datafabusa.com/usb2.0memoryflashcardreaderwritermultislotdrivers.htm

ということで、パソコン1分メモでした。

時そば@ジブチ

時そばという古典落語のネタをご存じでしょうか?
そばを食べた客がお金を払い、店の主人が払ったお金を勘定しているときに「今何時だ?」と聞いて数えてる小銭の枚数を誤魔化そうとするネタです。ジブチじゃこれがリアルにありました。

 最寄りのキオスク(ジブチじゃ小さな売店はこう呼ぶ。他のアフリカ諸国でもそう呼んでるのかな)でジュースを買ったときの話です。1Lスプライトを3本、500mlシュウェップスを10本買いました。1Lビンはビン込みだと200DF、ビン持込で100DF、500mlビンはビン代込み100DF、ビン持込で50DFです。と言うことで私はビンを持ってきたので合計は100*3+50*10=800DFのはず。

 が、ジブチ人が数えると「100、200、300(ここまで大瓶を数える)、(以下小瓶を2本単位で)400、500、700、800、900。900DFだ。」とのこと。おいおい、数え間違えてるぞ! それともこっちが600(six cent[シッソン])と700(sept cent[セットソン])が瞬間的に判別するのが苦手なことを知っての仕業か? とりあえず、私が数え直して800だと主張しておきました。が、払うときに100DF硬貨を同じようにして500、700、800と数え返したら良かったのかな?

 とにかくジブチ人の暗算は信用ならないのは常識でしたが、100DF毎の加算で間違えられるとは、恐るべし。
そんなジブチには理数科教師の派遣が必要だなと思う今日この頃でした。

帰国後の献血について

 献血マニアと言うほどではないですが、気が向いて体調が良ければ献血に入っていたplatonですが、協力隊員として海外で活動すると、献血にも色々制約がつきます。

http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/index.html

……これ一番制約がきついですね。ジブチは隊員の感染は聞かないですが、現地人の感染は耳にするマラリア流行地のようなので。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/terms08.html
マラリア流行地に居住したことがある方は帰国後3年間、献血をご遠慮いただいています。

また、以下の条項により訓練期間中から献血NGに引っかかりそうですねぇ。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/terms05.html
B型肝炎ワクチンと抗HBs人免疫グロブリンの投与を併用した方については投与後、狂犬病ワクチン(動物に噛まれた後)を接種された方は接種後、それぞれ1年間の献血をご遠慮いただいています。

そういえば、こんな制約もあるとは知りませんでした。日本にいるときは年に一回は歯石除去に行ってたので気になる一文です。ま、3日間なので大した制限ではないですけど。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/terms06.html
出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)に関しては、抜歯等により口腔内常在菌が血中に移行し、菌血症になる可能性があるので治癒後3日間は、献血をご遠慮いただいています。

ということで、献血好きの隊員&候補生はご注意あれ。

ThunderbirdとOpenOffice.orgの辞書とその他近況

 メモです。オープンソースのメールクライアントthunderbirdでのスペルチェッカはこれまたオープンソースのオフィスアプリケーションであるOpenOffice.org用のものが使えるとのこと。

http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/dictionaries.html

 でも、OOoの辞書ってOOoをインストールしたマシンがネットに繋がらないとインストールできなかったなぁと思ったのですが、以下のサイトにてzipファイルでdownload出来ることを発見。早速ダウンロード。
http://lingucomponent.openoffice.org/spell_dic.html


 そういえば3月からジブチ人の友達にパソコンの操作方法を週一で教え始めました。なかなか、ど初心者にフランス語で教えるのはとても大変です。ソリティア(Windowsについてるカードゲームね)を教えるのにトランプのマークとかK、Q、Jのフランス語での呼び方まで調べる羽目になりました。ちなみにKingはroi、Queenはdam、Jackはvalet、スペードはpique、ダイヤはcarreau、クローバーはtréfle、ハートはcoeurです。

 それはさておき、彼女は若い(19歳)ので記憶力はいいようです。ちゃんと前回やったことは覚えていました。さすがです。
 さらに先週、彼女の家でもお姉さんがパソコンを買ったと言うことでそのセットアップのため家にお邪魔しました。そのときMicrosoftOfficeが入っていなかったので、OpenOfficeを入れてきました。あと、ワクチンソフトもAVG Fewwを入れておきました。

 ジブチは他の多くの途上国と同じで、コネがないと仕事に就くのは難しいようです。彼女の場合、一応週に数回働いているようですが、稼ぎがいいわけではなさそうです。ちなみに以前ジブチにいた婦人子供服隊員の教え子なのでその職場でお手伝いをしているらしいです。
 彼女もコネがあるわけではないようなので、パソコンの操作方法を覚えて貰ってさらに仕事の幅が広がればなぁと思っています。
 国レベルでの援助も大事ではあります。が、真面目で努力もするのにコネがないため稼げないっていう人たちの手伝いが出来ればなとも思います。

 「身につけた知識は決して人に搾取されることはありません」との旨のスピーチをしたのは、私が日本で語学訓練を受けた際の語学講師の先生でした。最近この先生から突然国際電話がかかってきてびっくりしましたが。あまりの驚きのため、近況報告や挨拶よりも「ちゃんとフランス語を話さないと」とばかり考えてせっかくの機会にあまりちゃんと話が出来ませんでした。

 それはさておき、ODAで援助をしたところで、結局富めるものがより富を独占し、そうでない人たちの所にはあまり援助が回らずいつまでも貧乏ってのは、多くの途上国の実情です。が、誰にも搾取されない財産を残すことで、ささやかな抵抗をしたいなと思っています。

HPにメール

「HP」と言ってもホームページのことじゃありません。
コンピュータエンジニアがHPというと大抵hewlett-packardのことです。日本ではプリンタのメーカとして有名ですな。

 さて、仕事場である人口局のパソコンでCOMPAQ製のマシンがあります。Presario5367EAという2002年頃のPentium4マシンです。
 が、これが只今HDDがお亡くなりになり復旧の必要があります。そもそも、HDDの購入というのも必要ですが、リカバリーCDも必要なわけです。
が、このマシン、HDDにリカバリイメージを持つタイプでCDやDVDの媒体では付いてません。余談ですが、私はこのタイプのメーカ製パソコンは嫌いです。このようなケースはメーカにリカバリ媒体の送付を依頼する必要があるので。
 ま、今回もこのケースと同じで、メーカに頼む必要があります。が、COMPAQは件のHPに吸収されてまして、マニュアルではwww.compaqdocs.com/quickcdにアクセスすると注文可能だとなってました。が、明らか広告サイトに化けてました。「そう簡単に、サポートサイトのドメインを放棄するなよ」と思いました。

 結局google様に聞いたり、HPサイト内検索をしましたが、これと言ったサイトはほとんど見つからず。
以下のサイトもそれっぽかったですけど、当該マシンのシリアルナンバーを入れても受け付けられませんでした。
https://www.orderz.com/qrcons/page1.asp

 ということで、最終手段。webからサポートにメールを出しました。

http://wwemail.support.hp.com/fd2/EmailForm?countrycode=emea_africa&langcode=en&sni=compaqpres96388

以下はそのときの依頼文です。でも、フランス語じゃなくて英語なんですな。書くのは圧倒的にフランス語より英語の方が楽なんでねぇ。そんなダメダメなフランス語圏隊員です(爆)。

----------
I want to order "Quick Restore software on CD" for my Presario 5367EA.
According to recoverly manual, we can order through www at the following.
www.compaqdocs.com/quickcd

But, this site seems not to be any more compaq's .
I want to know proper site to order it.

In below site, even if I tried to enter my serial number, it wasn't accepted.
https://www.orderz.com/qrcons/page1.asp

And I want to know how much does it cost for ordering.
----------

自動応答メールは5分もしたら返ってきましたけど、さてさてちゃんと答えは返ってくるんでしょうかな?

と思った5分後。発見しました、情報を。でも、なかなか見つからなかったですわ。とりあえずここから注文してみるかな。

http://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/SupportTaskIndex.jsp?lang=en&cc=emea_africa&taskId=115&prodClassId=-1&prodTypeId=12454&prodSeriesId=96388

http://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/Document.jsp?lang=en&cc=emea_africa&taskId=115&prodSeriesId=96388&prodTypeId=12454&objectID=bph07143

 ま、早い話recovery CD作成ソフトがあるので、まずはそれを使えとのことです。2003年春以降のモデルなら隠しパーティション内にリカバリイメージがあるはずとのこと。うーん、時期的に微妙ですな。
 で、それが無理ならサポートセンターに注文せよとのこと。だけど、アフリカだと面倒っぽいですねぇ。
ま、とりあえず明日職場でrecovery CD作成ソフトが起動できるか確認してみます。前任者が既に作ってたりするとまずいいんですけどね。

まったく、インシャラーですな。

あ、そうそう、先日頼んだubuntu Linuxですが無事到着しました。前より到着が早かったんじゃないかなぁ。

ジブチTシャツ

どこの任国でもありがちな、お国Tシャツです。

背中です。ラクダはやはりジブチのマスコットな模様です。でも、地図と地名の位置はかなりいい加減です。
P3190367

前です。後ろのデザインと同じものが胸のワンポイントです。
P3190368


 ちなみにお値段1400DF(1000円)。でも、同じようなTシャツを他の隊員が800DFで買ったとのこと。きぃ~悔しい。関西人な割に値切りが甘かったりします。多人数で買い物に行ったり、酒が入ってるほうが激しく値切れるんだけどなぁ……。

 きっと帰るときの土産でまた買うでしょうな。でも、普段ジブチで着るのって結構恥ずかしいんだけどね。

BootCDとかバックアップとか

メモです。
Ultimate Boot CDというフリーのBoot CDです。ハードウェアのチェックとか色々出来ます。ブートディスクマニア(と言うほどでもないけど)なplatonは早速download開始です。これはよい子向けのBootCDですが、なにやら悪い子向けのBootCDもあるそうな……。
http://ubcd.sourceforge.net/
http://www.ultimatebootcd.com/


 そういえば、DOS/V Magazine 2005年4月号に「Acronis True Image LE 〔ドスブイマガジン特別版〕」というHDDバックアップソフトの機能限定版が付いてたらしいです。Vマガっていつの間にか月2回発行から月刊になってたのね。パソコン雑誌買わなくなって久しいので知りませんでした。
http://shop.sbcr.jp/bm_detail.asp?sku=1014200418
さてさて、通販で注文かな。

 と思ったら、2006年1月号にも付いているではありませんか。よかった、気付いて。
http://shop.sbcr.jp/bm_detail.asp?sku=1014200508

ついでにAcronis True Image LE 〔ドスブイマガジン特別版〕についても触れてるページのリンクをぺたぺた。
http://www.kag.dyndns.tv/link/backup.htm


 オフトピックですが、おまけ。
 雑誌の付録でびっくりしたのはこれ。オープンソースマガジン2006年1月号にMicrosoft Visual C++ 2005 Express Editionが付属とのこと。MicrosoftのWindows向けのIDE(統合開発環境)ですな。この前Visual Stuio 2005 Express Editionを日本の連れにダウンロードの依頼をしましたが、この本の通販でも良かったかも。といっても、この付録だとVC++しか付かないんだけどね。あと、もう一つ驚いたのは、この雑誌の前身はUNIX MAGAZINEなのにMicrosoftのソフトが付いたということですな。
http://www.unixuser.jp/magazine/2006/200603.html

 さらにおまけ2。
海外に雑誌を発送する場合、amazon以外だとだいたい国際郵便を使うことになります。この際送料と重量が密接に関係してくるので雑誌の重量も気にしないといけません。
 手元の雑誌で確認するとこんな感じ。
 SoftwareDesign 2005年12月号(CD1枚付属)→約650g
 SoftwareDesign 2006年1月号→約620g
 UNIX USER 2005年5月号(DVD3枚&CD1枚付属)→約480g

 さらに、国際郵便の場合、重量区分によってはCD付きかどうかで郵便物の扱いが変わり、料金が高くなるので要注意です。私がいつも利用しているCLUB JAPANではこんな感じです。コツは、航空郵便及び船便で発送の場合でCD付属書籍を含んで購入する場合、梱包込みで2kg以下の注文単位になるように注文を小分けにすることです。ISBN番号で書籍を検索した場合、CD/DVDの付属の有無や書籍重量が分かればありがたいんですけどねぇ。
https://www.clubjapan.jp/exec/common/pricelist/ips.html

電子辞書について

 電子辞書選択に関して参考になるサイトのリンクを貼っておきます。

http://www.gaikoku.info/ic_dictionary.htm
http://allabout.co.jp/career/dictionary/closeup/CU20060125A/

 最近の電子辞書は仏英や英仏が付いたものも出てきたんですねぇ。でも、協力隊員で英語、スペイン語、フランス語、中国語圏以外だと大変ですねぇ。日本で簡単に電子辞書を買うことは出来ませので。

 アラビア語の場合英-ア、ア-英辞書もあるらしいけど、日本語-アラビア語の電子辞書ってないみたいですし。あ、パソコンで使うなら以下の辞書もあるみたいですけど。
http://homepage1.nifty.com/A-JDIC/

 これをなんとかEPWINGに変換して、LinuxZaurusのZTENで使えないかなぁと思ってますけど。でも、多分アラビア語辞書は持ち運んで使わないと思います。第一、アラビア語は読めないので(爆)。
http://wiki.gohome.org/zten/

LinuxZaurus用のPDIC形式対応辞書ソフトはPDIC3というものがあるみたいですが、上記のアラビア語辞書は動かないような気がします。読み込み可能なPDIC形式も限定されてますし。
http://enjoy.pial.jp/~mab/zaurus/sl/soft_other/index.html

隊員向けマイレージ情報

 一般的に、青年海外協力隊員が任国に着任する際はエコノミークラスの正規料金で飛行機に搭乗します。ということで、マイレージプログラムを行っている航空会社を利用するのであれば、活用しない手はありません。私も丁度1年前の訓練所時代に色々調べましたが、今更ながらメモを残します。

 まぇ、ジブチでの状況しか分からないので、ジブチ隊員以外には役に立たない情報ですな、すまぬです。
 ジブチ隊員は昔(平成16年度3次隊着任まで)は成田→パリ→ジブチという順で成田→パリ間はJAL、パリ→ジブチ間はAir Franceの飛行機に乗って来ました。このときはすべての区間でマイレージを貯めることが出来ました。

 JALのマイレージバンクだと搭乗日翌々年の年末でそのときに取得したマイレージがなくなるので、2年の任期のJOCV隊員だと、任国外旅行で使わない限り、帰国までに失効してしまうのであんまりお勧めではありません。
このときはAir FranceのFling Blueがお勧めでした。Air Franceだと最終搭乗日から3年ですべての取得マイルがなくなるけど、3年以内に「エールフランス航空、KLMオランダ航空、またはスカイチーム便」の利用があれば、取得マイルすべてが期限延長されるとのこと。JALの利用ではどうも更新は無理なようですが、失効するよりはましですねぇ。
http://www.airfrance.co.jp/Flying-Blue/earn-miles-other-partners.html
http://www.airfrance.co.jp/Flying-Blue/earning-miles.html
あと、American AirLineでもAir Franceと同じような条件のようです。
http://www.aal.co.jp/aadv/aadv_rule_01.html


最近(平成17年度1次隊隊着任及び、平成15年度2次隊以降)だと成田→バンコク(タイ)→アジスアベバ(エチオピア)→ジブチと南回りで来るようです。成田→バンコク間がJAL、バンコク→アジスアベバ間とアジスアベバ→ジブチ間はEthiopian Airlinesの飛行機で来るようです。
 でも、Ethiopian Airlinesは今のところどこのマイレージプログラムとも提携していないようです。ということで成田→バンコク間を貯めるだけしかできないようですね。
 ちなみにエチオピア経由になったのは、2005年4月にジブチ共和国における管轄大使館がフランス大使館からエチオピア大使館に代わり、ジブチJOCV調整員事務所の管轄もエチオピアJICA事務所になったためです。

 あそうそう、搭乗時にマイレージカードがなくても、後日マイレージプログラムに入って加算は可能です。Air Franceだとジブチにも事務所があるので加入は恐らく出来ると思います。あと、他のマイレージプログラムでもネットで申し込んでカードを送ってもらい、半券やコピーを郵送と言うことも出来ると思います。

 航空券のレシートと搭乗券のコピーなどが必要となるので、任国到着時に調整員に渡す前にコピーを取っておくと良いでしょう。私はこれを忘れていたので、後日加算が出来ませんでした(泣)。

ということで、各社のマイレージサービスについてのリンクです。私が入ってるマイレージプログラムだけですけどね。
http://www.jal.co.jp/jmb/
http://www.aal.co.jp/aadv/aadv_mil_index.html
http://www.airfrance.co.jp/Flying-Blue/flying-blue-glance.html

マラソンのポスター

この前出場したマラソンに関して、ポスターを秘密裏にゲットしたのでアップします。いや秘密でも何でもなく、マラソン開催組織で活動の陸上隊員に頼み込んだだけですけどね(笑)。

P3150354


 さる情報筋によると、この写真も去年JOCV隊員がトップ集団を撮影したものを使ったとか何とかという噂を聞きました。じゃ、今年写真を頼まれたら、こっそり日本をアピールするようにコラージュして渡すとポスターに使われるのかな……。

ちなみに前回マラソンを紹介したのはこのネタです。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/02/post_56b4.html

2006年3月29日の日食

 2006年3月29に日食があるそうです。
 協力隊員が派遣されている地域でも、今回は皆既日食が観測可能な国があるようです。
 うー、ジブチからも任国外旅行で行けるエジプトでも観測可能ですやん! 2ヶ月くらい前に気付いてたら旅行の申請してたのにぃ……。高校の時天文部員だったplatonにとっては皆既日食というのは憧れの一つでした。今から無理かなぁ。

ということで、関連情報のリンクです。なぜ日食が起こるのかの原理なども説明がありますよん。

http://www.astroarts.co.jp/news/2006/02/22eclipse_0329/index-j.shtml
http://www.nao.ac.jp/hoshizora/topics.html
http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/~ishizaka/se060329.html

 このNASAのサイトで、日食観測可能な地域の地図が出ます。ジブチも一応欠けるみたいですな、大した食分ではないですけど。
ジブチの場合は現地時間でこんな感じです。
開始:12:52
最大:13:38(食分:0.16)
終了:14:22

http://eclipse.astronomie.info/sofi/maps/solecl-2006-03-29.gif
http://star.gs/html/ni20060329.htm

 そうそう、実は月食と同じで大体年に1回はあるみたいです。ま、月との距離が変動するので毎回皆既日食とは限りませんけどね。

 あと、去年(2005/10/03)スペインで金環食があったのは知りませんでした。位置的に言ってジブチでも部分食があったと思われますけど、うーん残念。
http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000147.html
……と思って調べたら、ジブチでもかなり欠けてたみたいですやん(最大食分0.6以上)! むきー! くやしい。
http://eclipse.astronomie.info/sofi/maps/solecl-2005-10-03.gif

 今度から、隊員派遣国で見られる日食の日付とか調べるかなぁ。

そうそう、毎回の日食毎の観測可能地域について以下で見られます。
http://eclipse.astronomie.info/sofi/

2006年3月の更新情報

えーと、webサイト更新しました。隊員向けに任国に持って行くと便利なグッズを紹介してます。ジブチでの隊員生活の経験を元に書いてるので他の国にそのまま当てはまるわけではありませんが、多少は参考になると思います。ジブチ隊員の方は必見ですよん。
http://www.geocities.jp/platon_ymg/index.html
platonのページ>JOCVネタ>隊員向け便利グッズ集

マルチACアダプタ

 最近、ジブチにやって来たジブチOV隊員からの荷物(救援物資とも言う)に入れてもらったブツの一つに掲題ものものがありました。というか、国内で通販して送ってもらっただけなんですけどね(笑)。
 8種類の形状の電源コネクタに対応したノートパソコン用ACアダプタです。しかも入力電圧はAC100~240V対応、出力電圧も15~24Vまで出力可能。なかなか、ジャンカーにとっては優れものです。
http://www.chugoku-donya.com/it-u002.html

 予備ACアダプタにもよし、ACアダプタが壊れたマシンにもよし、ACアダプタが失踪したため埃をかぶっていたノートパソコンを復活させるにもよしです。ネットで見た限りでは3000~3500円で購入可能な模様です。
そういえばこのACアダプタ、PSEマーク付いてないけど2006/4/1以降は購入できるんかいな?
PSEマークについては、過去のネタを参照のこと。
http://platon.cocolog-nifty.com/lovelovejank/2006/02/post_f3f8.html

 ちなみにもう1つ頼んだパソコンパーツは「玄箱」です。じゃんかーならご存じの一品ですな。
http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-boxfset.html


 ……とか何とか書いてたら、変な訪問者に5分ほど玄関先で捕まる。
 アラブ系の男が「ふぃふぃ」と言う名の女性を探してるってガルディアン(ガードマンね)と共に現れました。そんな名の女は知らんし、忙しいと言ってるのに、中で飲み物でも飲んでゆっくり話をしないかだと?

 「ココは『俺の家』だ! 初対面でどこの馬の骨とも知らん奴は家に入れるか! 図々しいぞ! ボケ!」

 ……はい、取り乱しました。うちはアパート1Fの入り口すぐなので、変な人間が訪ねてきた際、先述のガルディアンが、うちに連れてくる可能性が大のようです。と言うか泥棒の下見じゃなかろうな、と後から考えてみたりして。とにかく、奴の出入禁止通達をガルディアンにせねばなぁ。
 とにかくジブチでは相手のペースで話をしては行けませぬ。「図々しい」・「人の都合を考える」と言うことを知らないようですから。

 あ~、夜のまったり気分が台無しになりました(泣)。酒でも飲むかな。

キスイヤからメールが来た

それは1か月前のこと。1通のメールが私に届いた。

----------------------------------------
突然のメールにて失礼致します。

私は、読売テレビで制作しております島田紳助さん司会の恋愛バラエティー番組「キスだけじゃイヤッ!」のスタッフの○○と申します。

インターネットで貴方様のブログを拝見しまして、非常に興味を持ちメールさせていただきました。

現在、当番組では青年海外協力隊の方で番組にご協力していただける方を探しています。青年海外協力隊に携わっていらっしゃる方で、現在、海外と日本の遠距離恋愛になっている方、これから遠距離恋愛になる方、または任期を終えてまもなく帰国する方にお話を伺いたいと考えています。すでに海外と日本の遠距離恋愛になっている方に関しては、隊員の方の旦那様もしくは奥様、恋人の方にお話を伺いたいと考えています。

ちなみに番組に出演となると、「シャネルのトートバッグ・ヴァニティバッグ・財布」の中からいずれ

か1点、グッチの腕時計、豪華プラチナダイヤモンドリングがプレゼントされ、さらに出場者全員に

旅行、おこずかい20万円(おひとりでの出場なら10万円)付、豪華海外旅行や世界一周がプレゼ

ントされます。

もし興味を持っていただけましたら、一度、メールを頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

また、お知り合いの方で上記に該当するような方がいらっしゃれば是非、お教えいただきたいと思います。

もしこのメールで気分を害されましたら、大変申し訳なく存じます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〒540-8510 大阪市中央区城見2-2-33

読売テレビ 「キスだけじゃイヤッ!」○○

xxxx@ytv.co.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
----------------------------------------
プライバシー保護のため名前とメアドは伏せています。

 とまぁ、こんな感じです。怪しいなぁと思いつつ、アクセスログを見ると確かに読売テレビのネットワークからのアクセスはある。んで、メールヘッダを確認するとやっぱり読売テレビのネットワーク内のメールサーバからの送信の様子。
以下は、メールヘッダの抜粋。

Received: (from root@localhost)
by wall.ytv.co.jp (8.11.7p1+Sun/8.11.7) id k13A87b20324
for xxxxx_xxxx@hotmail.com; Fri, 3 Feb 2006 19:08:07 +0900 (JST)

 で、アクセスログからは他の同期隊員のwebサイトのリンクから飛んできているようでした。ということで、どうも私の周りでwebで情報を公開している隊員のところに同じメールが飛んでるんじゃないかなと思いました。

 でヒマだったので、このキスイヤについて調べると、番組も10年続いてネタ切れでマンネリ気味だとか、ネタ探しに困っているとか、2006年4月で番組がリニューアルするとか面白げな情報がwebで見つかりました。

 ということで、私の方も返事を出してみました。

----------------------------------------
To: 読売テレビ「キスイヤッ!」○○ 様
FROM: ××

はじめまして、platonこと××と申します。

「協力隊員の遠距離恋愛」という協力隊員に撮っては身近であるものの
一般の人には身近ではない状況のカップルについて探されているという、
○○様のお話興味深く伺いました。
 どこまでお手伝いできるか分かりませんが、可能であれば周りに当た
ってみようかと思います。

 さて、JICA(独立行政法人 国際協力機構)の一事業として
青年海外協力隊の活動は行われているため、現役協力隊員
としてマスコミへの露出や原稿執筆などを行う場合はJICA本部
や各国JICA事務所に話を通すこととなっています。

 今回のケースは取材とは異なると思うのですが、
万一現役隊員や元隊員が番組に参加となるとJICA側に連絡が
必要となるかも知れません。

 なお、日本のスポーツ新聞では「キスイヤも4月で10年目に入るこ
とからリニューアル」と報じられおり、公式webサイトでもオーディション
日程は2/26まで公開されているようですが、オーディションとなった場合
は、この日程(2/26)より前になると言う認識でよろしいでしょうか?
周囲の隊員・元隊員のつてを辿るにしても、いつ頃にオーディションや
収録があるのかがある程度分かっていないと、依頼が難しいのでは
と思いましたので。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060201-00000031-nks-ent
http://www.ytv.co.jp/kissiya/audition/audition_main.html

それでは失礼します。
----------------------------------------

 協力しようかとの匂いを出しつつ、情報を引き出そうという腹黒い魂胆です(笑)。
……が、1週間たっても2週間たっても音沙汰なし。シカ~トデエ~スカァ~?
まぁ、マスコミはそんなもんだと思ってましたけど。

 ということで、返事があろうがなかろうがblogのネタにしようとは思ってたので掲載します。

 地元の友達連中にこの話をすると、「キスイヤに出るために帰ってこい!」とのこと。
いや、彼女いないんですけど。それとも賞品ゲットのために偽カップルとして出るんですかな?
でも、そんな理由で任期短縮するのだけは恥ずかしくて出来ませんな。絶対某巨大掲示板でネタにされそうだし。

ということで、キスイヤのサイトはこちら。
http://www.ytv.co.jp/kissiya/

ちなみに私はこの番組を見た記憶がありません。名前は聞いたことあるんだけど。

ジブチ首都バトル

 今回は我が闘争、もといジブチで公僕とバトったことについてのタレコミです。

 先日晩10時頃自転車で警察の前を通ったら、無灯火と言うことで止められました。日本なら、職務質問と防犯登録の確認くらいですが、ここジブチでは違いました。

 「朝まで自転車を警察で預かる」とのこと。しかも、置けと指定されたのは留置所。日本人でジブチの留置所に入ったのは私が初めてなんじゃないかな。ちなみに、留置所は動物園のようでした。「アリババ」や「チンチュンチャン(アジア人への蔑視ね。本人は中国語を揶揄して言ってるつもりらしい)」の大合唱の中、一人だけ「コンバンハ」との挨拶。留置所で日本語で話しかけられてもちっとも嬉しくねーよ。
 自転車に乗らずに押して帰るとか担いで帰ると言っても、無灯火は危ないから駄目とか訳の分からない論理で却下。歩いて帰る方が安全的にいって遙かに問題なんだけど。そもそも、整備不良を指摘するのなら、よっぽど車検制度のないジブチの整備不良の車の方が危ないんだけど。あのツルツルタイヤとボコボコボディと窓ガラスひび割れまくりなバスやタクシーを何とかしろと言いたいところです。

 で、2日後取りに行くと、今度は「罰金を払え」とのこと。そんなの聞いてまへんがな。モウ、ブチギレデスヨ!
罰金2000DFだけど、自転車の購入証明がなければ「さらに倍」(クイズダービー風)の4000DF。帰国した隊員が残したものなんだからそんな証明書あるわけないのに。で、こんな時にそう言うものを要求するのだったら、そもそも販売時にそう言う仕組みだと説明してるとは思えないんだけどねぇ。

 と言うことで、小一時間問いつめたい気分になり、ジブチ人風に机を叩き、大声で文句を言ってもらちがあかず。
で、「人口局のディレクターに話をしてくる」と言い放ち去ろうとすると、ちょっと待てとのこと。そこに警察の偉い人が登場したのでした。警察の隣の人口局で働いてる日本人だと彼に説明があると、あっさり「返してやれ」とのことで一件落着でした。

 ま、ジブチにはあり得ないことだらけです。ということでまたバトルにならないように早速付けてたライトの電池を交換することにしました。

 しかしこういう非日常な経験を積むたび、語学力ってちょっとずつ上がるような気がします。普段使わない単語を使うわけですし。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30