-天気予報コム-

Flag counter

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

ダイの森(Forêt du Day)とアッサル湖(Lac Assal)

 平成15年度2次隊の隊員が12月頭に帰国すると言うことで、先週(アラブ圏は土曜が週明け)の金曜日にジブチ市から結構離れたダイの森と言うところに行ってきました。あと、帰りに塩湖のアッサル湖にも寄ってきました。このときの様子を紹介します。ということで、連れて行って下さったAMDAの皆さんありがとうございました。

この看板のあるところから凸凹道が始まりそこは四駆でないと踏破不可能でした。いや、揺れる揺れる。
PB251489


これは現地の遊牧民(nomade)の家です。モンゴルのゲルなんかに似てるような似てないような。
PB251497


ダイの森です。風光明媚です。ジブチでこの言葉がふさわしい所があるとは思ってもいませんでした(笑)。この場所は標高約1500mでした。涼しいです。現地人は「寒い」を連発です。温度は23~25℃ってとこなんですけどね。ま、一緒に行った日本人みんなも「日陰だと寒い」と言ってました。既に体がジブチになれてますな。と言うことで、暖かいチャイが非常に美味しかったです。
PB251504


これも同じ場所で角度を変えて撮りました。ホント緑が多かったです。
PB251506


涼しいだけあって、下界では見ない高山植物かと思われる花も見かけました。
PB251508


も~。牛です。野良牛ではなく飼牛です。「何じゃい、にーちゃん」と言いたげな顔です。ちなみに首都ではあんまり牛は見ません。やはり、ここのように食料となる草が多くないと、ジブチで牛は飼うのは難しいんでしょうかな。
PB251520


これも見かけた花です。
PB251524


さてさて、今度は高いところから低いところに。南の海の珊瑚礁のように見えますが、アッサル湖です。白いのは岩塩です。島のようなのも多分かなり岩塩を含んでいるでしょう。
PB251540


GPSを持ってきていたので、現在地を測定しました。海抜マイナス149mです。標高が低いと暑いと言いますが、このときは37℃位でした。でも、以前来たときは45℃だったので涼しく感じました。いや、慣れは恐ろしい。
PB251544


一面の銀世界……ではありません。一面の塩世界です。水がないところは固まってて、裸足で歩くと痛いです。けど、水際の陸側を歩くと塩の板が氷のように割れて面白かったです。
PB251550


で、これが氷のように割った塩の板です。舐めてませんが当然塩辛いです。
PB251557

さて、これはおまけです。アッサル湖の近くにあるアフリカ大地溝帯の一部です。
PB251562

これもそうです。
PB251564


……話は変わるけど、私がよく出没するwww.jocv.net興味深い情報がありました。
国連事務局が2006年国連職員競争試験の追加分野として「Webデザイナー/開発技術者(Web Designer/Developer)」の募集を発表したそうです。詳細は英文の以下のページとのこと。
http://www.un.org/Depts/OHRM/examin/exam.htm
 職種的に受けられそうな分野ですねぇ。ま今年末締めなので、これを受けるのは無理ですけどね。今後も追加募集としてあり得るなら注目しておきたいです。ま、その前に語学力を磨かないとね……。

WindowsXPが起動しなくなったのだ

 今日スーパーマーケットでデスクトップPC用ケースを買ってきたので日本から送ってもらったマザーボードを組み立てました。で、一緒に送ってもらったHDDと組み合わせました。元々WindowsXP Proが入っていたけど、別PC似て使っていたので、動きが怪しいだろうなぁと思いつつ起動させたら、ディスプレイのリフレッシュレートが合っていなくて画面が全く見えませんでした。

 そこで心眼で設定を変更……はなく、VGAモードで起動してちゃんとディスプレイ周りの設定を直しました。元々HDDを使っていた環境はCPU:AthlonXP2700、チップセット:nvidiaのnForce2で、今回使っているPCはCPU:Celeron2Ghz、チップセット:VIA P4M266Aと随分環境が違うので再度アクティベーションが必要かと思いましたけど何も出ませんでした、不思議だ。あ、ライセンスが怪しいボリュームディスカウント版じゃないですよ~。しっかりMSDN Deluxe Edition優待を58000円出して買ったのでライセンスはちゃんと持ってるんで。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/subscriptions/windows/

 で、それはさておき、調子に乗って今の環境じゃ不要なアプリケーションの削除をするとシステムファイルの一部が破損したとかで起動しなくなりました。いやーん。で、とりあえず緊急起動用のBart-PEと言う便利なツールを使ってCDから起動しました。
http://pcweb.mycom.co.jp/special/2003/winpe/
で、プラグインを足せば、ネットワーク越しにもこの起動しなくなったPCのHDDにアクセスできるようになったりします。うーん便利。でも、ここで問題が発覚。サーバとして設定したこのPCにマイネットワークからアクセスするとパスワードを聞かれることに。……でも、上記の解説ページにはadministratorのパスワードに関して記述がなく、頭を抱えました。
が、いつものようにgoogleさんに聞くとこんな答えが。
http://homepage2.nifty.com/winfaq/howtoresetpassword.html#ntpass

 と言うことで無事にadministratorのパスワードを初期化できました。しかし、Bart-PEで強引に起動してネットワーク越しにHDDのファイルを抜くのって多くの環境ではかなり簡単に出来そうだなぁと思っていたところこんなページを見つけました。
http://shooting-star.myhome.cx/movabletype/archives/000202.html
 うーんやばいですな。BIOSのパスワードの外すようなツールがあるって初めて知りました。とはいえ、起動しなくなったorパスワードが分からなくなったPCからのファイルの復旧って何度か経験があるんで、これらのことを知ってたら苦労しなかっただろうなぁなんて思います。

 あ、そうそうWindowsXPとかWindows2000に回復コンソールを追加する方法に関してもリンクを貼っておきます。
データの待避じゃなくて根本的に復旧するには回復コンソールじゃないと直らなそうですなぁ。でも、日本語版WindowsXPのメディアをジブチに持ってきてないのが痛いなぁ……。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;216417

検索キーワード

 多くのwebサイト管理者が行っていることですが、どんな人がいつ、どこから自分のページを見に来ているのかを調べています。これを「アクセス解析」と言います。ご多分に漏れず、私もこの解析をしています。
 自分の直接の知り合いなら、ブックマークに登録してそこから見に来るのですが、それ以外の人の場合だと以下の2通りのケースが考えられます。
 1つは、自分のwebサイトのリンクが書かれたサイトからのアクセスです。
 そして、2つ目のケースは「検索サイトからの来訪」です。要はYahoo!などのサイトで、キーワードとし「platon」、「ジブチ」で検索した結果、私のwebサイトが検索結果に現れたのでそこからジャンプということです。

 で、先日私の協力隊同期が日記で触れていたネタですが、「変なキーワードで検索して来た人」と言うネタを書いていました。同じネタをパクるだけなのも何なので、まずはここ最近3ヶ月半(8月1日~11月18日)の上位「キーワード」を調べてみました。
1位 platon 54件
2位 PLATON 50件
3位 青年海外協力隊 38件
4位 らぶらぶ 34件
5位 ジブチ 32件

 ま、ここまでは大体順当ですね。「らぶらぶ」はblog名の「らぶらぶじゃんく」でヒットしているわけです。ラブラブな恋愛ネタを期待してやって来た人、残念でした(笑)。

6位 フランス語 31件
7位 ラマダン 28件
8位 2005 24件
9位 625EMP 21件
10位 ジャンク 21件

9位の「625EMP」は何だ? と思われるかも知れませんが、PentiumMと言うCPU対応のマザーボードの名前です。そのほかはまぁ順当ですね。

 で、このままずーっと順番に紹介するのもどうかと思うので、変なキーワードを挙げます。

「海外開発生年隊の仕事」
いや、青年海外協力隊だってば。受験しようと思った人が検索したのかな? ちなみに合格してからも青年海外協力隊と正式名称(英語名でも)を書けないと、訓練所で呼び出しがかかります。

「牛タン」「キムチの作り方」
意外と牛タンもキムチも好評だったのかな? ジブチではplatonの作るものと言えば、牛タン、キムチ、たこ焼きが定評になっていますが。

「検索が遅い」
うーん、何の検索が遅いんでしょうな? ご愁傷様です。私のwebで触れてるのはAccessでの検索の問題ですけどね。

「見られない」
何が見られないのでしょうかな? 私にも見せて下さい(笑)。

J'ai coupé mon pouce

 先日料理をしていて、右手の親指を切ってしまいました。冷凍の牛タンを切っていると大抵多少の怪我をしていたのですけど、今回は派手にやってしまいました。1.5cmくらいかな。

 同じ建物に住む隊員が来ていたときなので、止血を手伝ってもらったり調整員にも電話をして貰ったりしました。
先生・ミラクルありがとう。結局、調整員が様子を見に来ることになりました。調整員は元看護婦隊員だけあって怪我の具合も見てもらったのですけど、病院に行かなくても大丈夫とのことでした。いや、ひとまず安心。

 ということで、今も日に1回交換しつつ包帯を巻き、化膿止めの抗生物質を飲みつつの生活です。抗生物質は飲むと頭痛がするし、親指使えないと、料理・洗濯・パソコンに仕事にもかなりの支障が出てます。今日締め切りだったレポートも完成しなかったし……(汗)。ま、皆さんも冷凍食品を切る際は十分気を付けて下さいな。

 あ、そうそうタイトルの意味は「私は親指を切った」です。pouce(プース)が親指です。インチの意味もあるそうです。単に手指だとle doigt(ドワ)、足指だとle orteil(オルテイユ)です。って、こんな基本的なフランス語もまだまだなんですな、実は。仕事で使わない言葉だと特に覚えられないです。

 追伸
 友人に依頼していた荷物が届きました。保険金額1000円なEMSですが、実際の金額は数万円という荷物がロストしたらいやんな感じでした。前述の品物の記述のせいか税金は取られず中身も開けさせられず、郵便局での荷物保管料500DF(約300円)のみですみました。やったぜ。パソコンパーツも届いたのでこれでデスクトップPCが組めるぞ~♪ 完成したらそのうちまたネタにします。他にも色々ネタになるものが入っていた(と言うか頼んだ)けど、また今度紹介します。Thanks to 黒さん。

更新情報

 えーと、本家サイトの更新情報です。
 ジブチネタにジブチの通貨ネタを追加しました。そういえば、何とか本家サイトは月1回の更新はしてますな。もうちょい更新したいところですが、最近忙しくなりつつあるんで難しいですなぁ。
http://www.geocities.jp/platon_ymg/djibouti/index.html

いじょ。

ジブチ人と写真

 私は普段ジブチ人の写真は撮らないです。撮ると、撮った他の人からも「俺も撮ってくれ。私も撮って頂戴」と言われて収拾がつかなくなる可能性がありますんで。用紙・インク代も安くはないし。

 ところがある日、神妙な顔をしてガルディアンの住んでる建物に出入りしてる女の子(ガルディアンの友達)が、片言のフランス語でphotoがどうこうと言ってきました。相手がカメラを持ってるはずがないので、撮って写真を欲しいと行っているのには気付きました。これは恋人と2ショットで撮って欲しいのかな~なんて思ってついて行くと、さにあらず。普通に友達と撮って欲しかっただけのようでした、残念(何が?)。
 と言うことで、デジカメで撮って印刷して進呈しました。ま、写真代の代わりに、ジブチ人ってどんな人たちなのかの紹介に使わせて貰います。

 ジブチにはエチオピア系のアッファール族、ソマリア系のイッサ族、そしてアラブ系、その他な人たちで構成されています。アッファールは黒人で顔の彫りが深い、イッサは黒人で卵形の顔、アラブ系はあまり肌が黒くなくて顔の彫りが深いです。アラブの人は髪やひげをヘンナと言う植物の染料でオレンジ色に染めている人もいます。
 最初は区別が付きませんでしたが今は大体分かります。まぁ、両方の血を引いている人もいるので判別困難なこともありますけど。写真に写ってるのはほぼ全員アッファールの人じゃないでしょうかね。

DSCN0455

DSCN0456


DSCN0457

 お気づきでしょうか? 右の女の子は写真に写ると言うことで間に服を着替えていたりします。聞いていた通り、ジブチの人は本当は写真に写るのがとても好きなようです。
DSCN0458

 多分彼らは今回進呈した写真を一生大事にしてくれるでしょう。ま、撮ったのは誰かというのは忘れられるかも知れませんが、思い出の片隅にでも覚えていてもらえたらうれしいなと思います。

ダイビング@アルタ海岸

先日、ジブチで初めてスキューバダイビングに行ってきました。
最初は船に乗ってムシャ島&マスカリ島に行く予定でしたが、船で待つこと2時間半。その結果、船は故障で出ないとのこと。まさにジブチ的です。ここでブチギレてるようでは、ジブチで生活していけません。

 で、結局は車で移動して、アルタ海岸(lArta plage)と言うところで潜ることになりました。途中の国道は100km/hで飛ばしていけましたが、途中からは凸凹道。車に弱い人なら即酔いますな。ま、そうこうしてジブチから1.5時間程で到着しました。アルタ海岸を含め、ジブチの海は紅海の固有種とインド洋の固有種が入り交じっているらしいです。アルタ海岸や先述のムシャ&マスカリ島はかなり紅海のような生態系らしいですけど。

 今回は1年ぶりのダイビングでかつダイビングでは初めてのカメラ使用でした。あ、緑っぽいのは画像の色バランスを未加工だからです。gimpで調整したいんだけど、ググっても見つかりませんでした。水中写真の画像調整のお勧めアプリがあればどなたか紹介して下さい。あ、Photoshopとか高額な市販ソフトは却下です(笑)。

 これは、イソギンチャクとクマノミです。日本でも見られるものですね。レア度は低いです。でも、2、3年前はアルタ海岸ではもっと沢山クマノミが見られたそうです
PB041400

ミノカサゴです。日本でも見れるタイプのようです。
PB041413

人糞ではありません(笑)。ナマコの腸かな??
PB041416

 アルタ海岸近くの小高い丘から撮影しました。ラマダン月終了の頃なので新月で大潮です。ということで、いつもより潮が引いて珊瑚礁が露出していました。
PB041434

 石積みのピラミッド。高さは1.5~2m程。アルタ海岸のあちこちに点々と建っています。ジブチ7不思議とも言える建造物です。……実は謎でも何でもなかったりします。先日、在ジブチフランス軍外人部隊の方に伺ったら、外人部隊の「シゴキ」の一環で罰として石を積まされるそうです。一つ積んでは親のため~♪ とさながら地獄の賽の河原のようですな。
 そういえば、海岸近くに軍の施設や戦車を見ましたねぇ、撮影したら怒られそうなので撮ってませんけど。海岸でも4~5mm径の薬莢が落ちてるのも見ましたし。
PB041438

 この日最大の収穫(と言っても捕まえた訳じゃないですが)は、この亀です。間近で見たのは初めてです。動きが素早いです。浦島太郎もこんな亀に乗っていたのなら、きっと振り落とされていることでしょう(笑)。
PB041453

 結局、潜ったのは2本、平均深度約15m、潜水時間約2時間、視界約5mと言った感じでした。ジブチは、砂やプランクトンのせいで視界がかなり悪いらしいです。今回でもマシな方と聞いたので、うーんという感じです。ま、今しかできないことなんでまた近々潜りたいです。
 あ、そうそう冬はアルタ海岸ではマンタが見れるそうです。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31