-天気予報コム-

Flag counter

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

ジブチの国歌

先日、ジブチの国歌について周りで話題になったので、調べてみました。

ジブチの国歌は1977年のフランスからの独立の際から採用されているそうです。作詞はAden Elmi氏、作曲はAbdi Robleh氏とのことです。訓練所時代は毎朝派遣国の国歌が日替わりで流れるのですが、平成16年度3次隊の二本松訓練所ではジブチの国歌はなかなか好評だったようです(私の周りだけかも……)。ジブチでもRTDと言うTV局の放送終了時などに流れるようです。丁度、NHKで君が代が流れるような感じですね。
 ということで、曲のデータと歌詞のデータの在処を記します。

midiファイルです。
http://www.weltzeituhr.com/laender/midi/040.mid
real playerで再生する形式のrmファイルです。
http://www.djiboutiweb.net/hymne/hymne.rm

日本語訳の歌詞とソマリ語の歌詞です。
http://members.at.infoseek.co.jp/inouen/anthem/word/djibouti.html
http://www.national-anthems.net/countries/index.php?id=dj

英語訳・ソマリ語の歌詞とmidiファイルがあります。
http://david.national-anthems.net/dj.htm

まぁ、ジブチ以外でも国歌を調べたいとき参考になりそうなので、リンクを貼ります。
http://www.national-anthems.net/
http://david.national-anthems.net/
http://members.at.infoseek.co.jp/inouen/anthem/word/index.html

ちなみに国歌って英語でnational anthem、フランス語でhymne nationaleって言うそうです。

ぶりこらーじゅ

 今日、前から欲しかったものを作りました。イスラム教国だから金曜が休みなので、日曜大工ならぬ金曜大工です。作ったのは本棚です。高さ約2m、棚の幅50cm、棚の奥行き30cmってところです。

PA211336

裏面はこんな感じ。
PA211337


○材料
・4m×30cm×2.4cmの板1枚(2500フラン、棚板に使用)
・160cm×30cm位のベニア板2枚(家に転がってた、裏面及び上部補強に使用)
・スノコ(帰国隊員から貰った、側面に使用)
・木ねじ20本(1本7フラン、合計140フラン)

 とりあえず、掛かったお金は2640フラン。ジブチは家具がとても高いので、作るかもらうかしないといけません。
まぁ、今回は廃材利用なので安くついたけど、全部買うともう1枚板が必要となって倍くらい掛かったでしょう。
次は食器棚とガスレンジ置き用の机が欲しいなぁ……。
 あそうそう、板を買うとき運べるかどうか聞くため店で1枚当たりの重さを聞きました。
すると「ジブチじゃ板の値段は重さじゃなくて長さで決めるんだよ」と店員に言われました。いや、分かってるって(笑)。普通、板は量り売りしないでしょう。そんなに日本は変わってませんってば。

 ここでプチフランス語講座。板のことはplancheと言います。まな板の意味もあります。planche à painでパン用のまな板です。で、フランス語でもペチャパイのことをplanche à painと言うそうです。いや、会話で使ったことないですけど。

ナーQ棒?

 既にblogに載せたような載せないような、でもパソコンの中で写真を加工した形跡がないので、多分まだ未掲載だと思うので公開します。

 どこからどう見ても「うまい棒」です。でも、なんだか違う。棒しか読めない。でも、例のドラえもんもどき(通の間では、『うまえもん』と言うらしい)、日本のそれとそっくり。発売元のやおきんや製造元のリスカに許可は取っているのだろうか、いや取っていないはず(反語調)。
 いったいどこの国でこんなパチモンを作っているのか、と裏を見るとマレーシアでした。アラビア語の文字も書いてあると言うことは、アラブ圏への輸出も考えて作ってるんでしょうな。と言うことは、豚成分フリーだと思われます。他の国でもこれ見かけませんかねぇ?

 ちなみにお値段は20DF(約12円)、お味はちょっとどの味のうまい棒とも違うけど(敢えて言うと、チキン&魚醤味?)、まぁ許容範囲。歯ごたえはなんか固め。でも、うまい棒たこ焼き味ほどはカチカチではない。

P8311088

以上、自称うまい棒マニアのplatonからの報告でした。

ジブチ? ジブティ?

 私の派遣されている「ジブチ共和国」ですが、過去の隊員報告書などの資料やインターネット上の文書を見ていると、「ジブティ共和国」と表されていることがあります。いったいどっちが正しいんでしょうか? 英語やフランス語だと"Djibouti"としか書きようがないのですけどね。

 で、これは外務省の公式な表記が元となっているようです。「在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律(昭和二十七年四月二十一日法律第九十三号)」に関連しているようです。
http://www.meti.go.jp/policy/anpo/kankei-horei/download/document/kaisei/15_4_7/country.pdf
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO093.html

 ということで、2003年4月頃から外務省的に「ジブティ」から「ジブチ」が正式な表記となったようです。
こちらのページによれば、一般的には現地語を仮名表記にしたものを使うのだが,外務省では英語を仮名に直していたので、一般人にわかりにくい表記だったようです。旧外務省的表記は関西の小学生的に言うと「イキった」書き方ですな。現代的若者的に言うと「チョーシこいた」書き方かな(笑)。
http://fukuokajin.gooside.com/diary/diary03-1.html

……が、お上のおふれに従わない困ったちゃんな公社があります。マスコットキャラのポストンで知られる日本郵政公社です。
http://www.post.japanpost.jp/service/intel_service/ko_johken/48/48h.htm
http://www.post.japanpost.jp/service/intel_service/ko_johken/html/atena.html
 2003年に公社が設立されたはずですけど、このときにページをちゃんと直さなかったのでしょうな。他にも「エチオピア」が「エティオピア」のままだったり突っ込みどころ満載です。

あ、そうそうこの未変更のおかげで実は以前迷惑を被りました。
 ジブチ宛にEMS(国際スピード郵便)を出すために郵便局に集荷の依頼をしようと電話をしたら、宛先国を聞かれました。そのときのやりとりがこんな感じです。
私:「宛先はアフリカのジブチです」
〒:「そのような国はアフリカにはないのですが」
私:「いやありますって(マイナーだからといっても、さすがに載ってるだろ)」
〒:「いいえ、そのような国はないのですが」
私:「(やっと気付いて)、ジブティならありますか」
〒:「はいあります」

 ジブチとジブティという新旧の表記の違いがあることを知っていないと、こういうことになるようです。とりあえず、郵政公社にwebサイトの更新と局員への周知願いメールでも出すかな。民営化したからって言って、ここは国に従って欲しいところです。

仏蘭西・亜剌比亜仕様キーボード?

ジブチにはこんなキーボードがあります。いわゆる「フランス語・アラビア語仕様」キーボードです。
PA131277

 フランス語キーボードはAとQ、ZとWの位置が入れ替わっています。あと、MもLの右隣です。まぁ、日本語キーボードでフランス語を入力することも多いので、慣れましたけどね。アラビア語の部分については……よく分からないですわ。アラビア語はフランス語と並んでジブチの公用語とはいえ、「アッサラームアレイクム」と「インシャラー」しか使わないので(爆)。
PA131278

 しかし、仏語キーボードなら"DELETE"キーは普通"SUPPRIMER"なんだけどなぁ。微妙に英語表記のキーが混じってるのはどうなんでしょうなぁ。
PA131279

 そうそう、掲題のように国名・海外の地域名に関して漢字表記をどう書くか調べてましたけど……「ジブチ」はありません。まぁ、戦前に使っていた表記であれば、ジブチが独立した時期的になくても当然ですな。
 とりあえず、参考にしたページをぺたぺた。
http://home.q05.itscom.net/joe/uni/St-u.htm
こっちはフランス語表記。
http://home.q05.itscom.net/joe/uni/Pays-u.html

仕事の話

 ひょっとして、blogで仕事の話をするのは初めてかも(笑)。
 パソコン系のサイトから飛んできた方に説明すると、私の身分は青年海外協力隊員でジブチ共和国に派遣中です。で、仕事は内務省人口局で前任のJOCV隊員が作った出生証明、出生届、死亡届などのDB(データベース)の拡張・修正とか、パソコンのネットワーク化の推進なんかです。あ、オフィスアプリの操作指導ってのもあるけど、いろんな理由で優先度最低にしてます(笑)。

 で、当初からの懸念事項というか私にとって大きな仕事は2点。

 1つめはネットワークの拡張とそれに伴う周辺機器の選定及び予算交渉。ま、必要なパーツは大体把握してるけど、予算をどうするかが問題です。安直にJICAの隊員支援経費で買うのはよろしくないんで(そもそも、派遣先組織の自助努力を促して、時前で購入できる物は買わせないといけないなどなど)、知恵を絞りつつ説明の文章を作るところで時間が掛かってます。フランス語に関して、話すのに比べて如何に文章を書くのに時間が掛かるか痛感させられてます。

 2つめが今回の本論で、データベースの改善です。出生証明書発行業務用のDBの検索が遅いという件です。
Access2000のmdbが50MB程度なので、まさにこのケースが該当してます。
http://kashi.way-nifty.com/jalan/2004/05/ms_access.html

 さらにWin98 PC(P4-1.4Ghz)内のmdbファイルをLANで共有だからさらに遅いという感じです。ま、10Mbpsのダムハブを100Mbpsのスイッチングハブに取り替えたら(仮でだけど)多少はましになったけど、5分くらい掛かるので早いというレベルではありません。
 おまけにテーブルは非正規化状態というか1テーブルのみで件数が11万件……。仕事でOlacleのDML程度しかDBは使ったことはないけど、そんな私でも目に付く問題がゴロゴロです。

 とりあえず方針としてはこんな感じです。

・AccessのVBAの解析及び仕様書の作成
→まずこれをしないと、動作がさっぱり分からないんで。ソースにコメントないし、関数・変数に命名規則なんかないし。
 ま、後任JOCVに引き継ぐつもりなので、仕様書はフランス語でなく、日本語で作るつもりですけど。今の時点じゃ、仏語の仕様書があっても現地人で理解できるレベルの人間がいないし、そもそも技術者と呼べる職員がいないしねぇ。

・誤りデータ入力防止機能強化
 生年に"20005"って入ってたら明らか間違いなんだから、未来の年を入れたら警告出すくらいしないと。

・DBの正規化
 現状のカラムで不足しているもの、余分なものも洗い出さないとな。
 ちなみに正規化されていない極め付けは、性別カラムが可変長で"masculin"か"feminin"って入っていることです。いやはや、にんともかんとも。

・不正なデータの洗い出し。
→生年0年とか、誕生日11/31とか。元の帳簿の確認もまず要りそうなので、後回しかな。

・本来数値・日付データで持つべきカラムが可変長で保持しているところを直す。
→不正なデータの洗い出しと修正が済まないと出来ないかもな。

・規模的にAccessでデータを持つのに無理があるので、Accessはフロントエンドに残して、バックエンドサーバを構築する。
→ということで最近オープンソースのFirebirdを試し中。PostgreSQLでもMySQLでもいいんだけどファイル管理が楽という点で選びました。確かにどのファイルをバックアップしたらいいかわかりやすかったです。でも、Firebirdはweb上の日本語の情報が少ないのがなきどころですけど。ま、何とかなるでしょ。


・バックエンドサーバ構築に伴い、以下の順にシステムを変更
現状: フロントエンド&バックエンド Access(ファイルはWin98 PC上のmdbファイルをネットワークで共有)
Ver2: フロントエンド Access  バックエンド Firebird on Windows
Ver3: フロントエンド Access  バックエンド Firebird on Linux
Ver4: フロントエンド Webブラウザ バックエンド Firebird on Linux & Apache & PHP

 まぁ、まずは仕様書です。気分転換にその他の作業もちょっとずつしてるという感じです。仕様書を終えたら次は正規化かな、やっぱり。
 ……と言うように状況は分かってるんだけど、作業が進まないんだな、これが。

ジブチのFIFAランキング

 はっきり言って私はサッカーにはあんまり興味がなかったりします。
 が、いつものようにネットをふらふらしてると「FIFAランク発表(2005年9月)」というblogの記事を発見しました。
http://blog.goo.ne.jp/mundolatina/e/5ec9e023ca5da995c1378392e16cd146

……ジブチってアフリカでドベ(←関西弁で最下位のこと)やん!!

 で、いつからこんな感じか、FIFAのサイトを見に行きました。ランキングに現れ始めたのは1995年12月でしたが、このときはまだアフリカだと最下位ではなかったようです。と言っても、下から数えた方が早いにには代わりはなかったですが。順位の推移を調べようかと一瞬思ったけど、結果が見えてるから止めました(笑)。
http://www.fifa.com/en/mens/statistics/index/0,2548,All-Nov-1995,00.html

で、2005年9月時点での世界順位はこんな感じです。
http://www.fifa.com/en/mens/statistics/index/0,2548,All-Sep-2005,00.html

最近の戦績はこんな感じです。負けすぎですな。
http://www.fifa.com/en/mens/results/resultsdetails/0,2962,,00.html?param7=1&dd=0¶m5=ALL&select13=DJI&select14=ALL&radiobutton=ALL

 頑張れとは思わないけど、ジブチの街中で子供達がしているスポーツと言えばサッカーとペタンクなんだし、この成績なんとかならないのかな……。JOCVに要請掛かったりしないのだろうか?? ジブチの子供達はアフリカでのFIFAランキング最下位って知ってるのかなぁ……。

青年海外協力隊に関するレポート2件

 えーとネットをふらふらしていて、青年海外協力隊に関するレポートを2つほど発見しました。
 興味深い内容だったのでリンクを貼っておきます。

○モルディブ共和国における青年海外協力隊の現状と課題
http://www.rikkyo.ne.jp/~z3000268/journalsd/no1/no1_note1.pdf
 モルディブ共和国に関して青年海外協力隊事業について考察したものです。しかし、他の国での青年海外協力隊事業との共通の問題点も非常に多いと思います。
 『技術移転か人材育成か―方向性の明確化』、『「引継ぎ」が行なわれないという致命的な欠陥』、『実質の活動期間―適正技術の移転』という部分がああ、やっぱりどこでもそうだなぁ……と思いました。
 協力隊員や関係者は青年海外協力隊の目的の一つが、「隊員という国際感覚を持った日本人青年の育成」であることは周知の事実であるけど、それ以外の一般の人にとっては「そんなの知らないよ」という用に感じることでしょう。この辺りもJICAはもっとはっきり広報すべきでしょう。また、これを目的とするなら当然「国際感覚を持った日本人青年の育成」が達成されたかの評価システムもきちんと整備するべきでしょうね。

○青年海外協力隊の新しい姿-方向性の検討とキャリアアップシステムの構築-
http://library1.ba.u-bunkyo.ac.jp/kiyo/2004/kyukiyo/KIYOU1-24.pdf
「J ICAボランティア事業再編」の辺りが興味深いです。さらに、この再編の中で「NGOとの連携」に関して、技術のみの連携でなく「健康管理」の面でも連携というのは興味深いです。以前あるNGOの方から、現地での健康管理に問題があるケースを聞いたことがあったので、なるほどなと思いました。
 ま、あとは協力隊受験者向けの話だと、このレポートのタイトルにもある通り、『キャリアデザインの構築』からが非常に参考になるんじゃないでしょうか。

三日坊主ラマダン

 イスラム教国では、年に1か月間ラマダンという断食月があります。
 ま、断食と言っても1ヶ月間食事抜きではなく(だとした生き延びれたらすごいな)、日中の飲食、喫煙、飲酒、性行、唾を飲み込むなどの行為が禁じられます。と言っても、病人や妊婦はしなくていいらしいですけど(ただし、断食しなかった分は後日代わりの日に一人で断食する)。あ、ラマダンの断食中は普段ジブチで見かけるカット(覚醒作用のある草。アンフェタミンを含有するとのことなので、精製すればシャブと同じでしょうな)を噛む光景も見られません。本当は麻薬もイスラム教では禁忌(タブー)なので、そもそもやってるのもおかしいんですけどね。

 なお、国によって開始日は異なるそうで、国毎に宗教指導者が話し合って(月の満ち欠けを見て)決定するそうです。ということで、実は正確な開始日は直前にならないと分からなかったりします。ま、他のイスラム教の祝日でも同じように月の満ち欠けを見て決める日もあるので、そう言うアバウトさにはもう慣れっこですけど。でも、ラマダン開始日を一日間違えて、ラマダンでないのに朝4時に食べ貯めしたのは内緒です(爆)。

 で、ムスリム(イスラム教徒)でない私はしなくてもいいのですけど、ものは試しと言うことで挑戦しました。ラマダンをすることで、彼らの気持ちを少しでも理解すると言うこと、彼らと同じことをすることで少しでも距離を近くしたいという目的もあります。
 10/3から断食スタート。普通は早朝に食事をして、また少し寝て、起きて昼まで仕事して、昼から夕方まで寝て、夕方から食いまくると言うのが、ジブチのパターンのようです。が、私は朝起きれないので、朝抜きで一日1食で挑戦したせいか、10/6の深夜から早朝にかけてお腹を壊し、寝れませんでした。ということで、ラマダンギブアップしました。やはり食べ貯めは体に悪いですな。
 でも、断食中の人の前でものを食べるのが如何に相手に失礼かと言うことは身を持って理解できました。……って、職場の人が目の前でいい香りの鶏フライを食べてたんですわ。ま、彼女はなんかの理由で「私はラマダンしないよ」とは言っていたのですけど(詳細な理由は語学力不足で聞き取れませんでしたが)。

 他の派遣国でラマダン頑張ってる青年海外協力隊員の皆さん、あとは任せました。体を壊さない程度に頑張って下さい。そして、その相撲取りのような食生活が体重変化にどのような影響を与えるか、1ヶ月後身を持って体験して下さい……ふふふ。かなり意地悪な発言ですな(笑)。

 そういえば、以前「月観測衛星によるラマダン開始判定」と言う記事が東京新聞に掲載されたそうです。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~usuyu/MT3/archives/2005/04/post_49.html
 でも地域によって月齢って違うから、結局国毎にラマダン開始日を決めるのは変わらないような気がしますねぇ(ま、月齢の場所による差は微少だと思うけど)。では、どの地点を基準にして月を観測する人工衛星を打ち上げると発表したイスラム諸国会議機構(OIC)はラマダン開始判定ってするんでしょうかね。やっぱりメッカ基準なのかな?

注文物品到着

以前、ここで存在を教えてもらったubuntuというDebianベースのLinuxディストリビューションを注文していたのがようやく届きました。

7/12注文10/2到着なので、約12週間掛かりました。ちなみに全世界送料無料です。

申し込みはここのサイトで出来ます。
https://shipit.ubuntu.com/
ubuntuの日本語での情報はこんな感じですかな。
http://www.ubuntulinux.jp/
http://japan.linux.com/desktop/04/10/14/143228.shtml
ま、インストールは日本から送ってもらうデスクトップPCのパーツが来てからかな。

あと、別途CLUB JAPANにて航空便で頼んでいた雑誌も着きました。
オープンソースマガジンVol2
UNUX USER 2005年5月号です。
なお、CLUB JAPANのurlはこちらです。
http://www.clubjapan.jp/exec/top/index.php


 こちらは8/27注文、9/9発送なので約3週間です。他にもCLUB JAPANでは船便でSOFTWARE DESIGNも頼んでるんだけど、こっちはちゃんと着くかなぁ……。年末に掛かりそうだから、着くのは来年2月ごろも覚悟しないといけなさそうだけど。

 でこれらの引き取りのため、また今日も郵便局行ったのですけど、ここでもトラブル。
行ったときには荷物がなく、私の職場(人口局)の人間に郵便を渡したとか言われました。なんで私書箱がJOCV事務所宛のものなのに渡すねん!とかなり切れかけになりました。でも、あとで、JOCV事務所に行ったら……ありました。人口局の人間が取りに来たのではなくJICAの運転手さんが取りに行っただけのようです。むぅ、それなら問題ないんだけど。
 ちゃんと渡した相手の所属も記録しておけよ全く。名前も忘れたって言ってたし。ま、名前はフルネームじゃないと実質識別不可のうえ、その運転手のフルネームは知らないので聞いても意味ないんだけどね。

 また、荷物来たときにこれはトラブルになりそうだな……。

SNSとそのセキュリティについて

私は現状SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)を利用しています。また、このSNSに表示する日記と連携するため@niftyのココログというblogサービスも利用しています。
SNSとは以下のサイトで説明しているようなwebサイトです。
http://e-words.jp/w/SNS.html

あ、そうそうblogとはこういう意味です。
http://e-words.jp/w/Blog.html

 SNSは「既存の参加者からの招待がないと参加できない」というシステムになっているものがほとんどです。このため、非会員以外からはその中が見えないため、結構通常のwebサイトやblogでは書かないような個人情報まで書いてあることも多いわけです。

 が、例えばSNSの一つであるgreeについて。いろいろセキュリティについて指摘されているようです。
http://www.gree.jp
世間ではこのようにgreeは招待制だけど、実は外部の人間からでもある程度情報を見ることが出来ると言うことは有名なことらしいです。まクローズドとはいえ、心ない人間が1人でもコミュニティに入り込めば、外部からじゃなくても色々登録者が公開している範囲の個人情報は簡単に収集出来そうですけど。
http://www.milkstand.net/fsgarage/archives/000614.html
http://artifact-jp.com/mt/archives/200502/greeget.html
http://artifact-jp.com/mt/archives/200411/greeview.html#001519
他にも"gree"、"不具合"で検索すると色々引っかかります。

 で、私自身もあれ? って思う挙動をgreeのページで何度か見ているので、何度か問い合わせています。

その1
urlさえ知っていれば、ログインしていないのに自分のプロフィール写真が見えること以前気付きました。で、問題のurlをサポートに伝えて問い合わせをしたらこんな感じでした。

いつもGREEをご利用いただきありがとうございます。
GREE ユーザーサポートでございます。

このたびはご不便をおかけして大変申し訳ありません。
また、ご連絡をいただきましてまことにありがとうございます。

問い合わせいただいている現象について
確認させていただきました。

頂いたお問い合わせ、ご意見につきましては
今後の開発の参考にさせていただき、よりよいサイト作りに
努めさせていただきます。

この度はご連絡頂きまして、誠にありがとうございました。

今後ともGREEをよろしくお願い申し上げます。

という感じで、意訳すると「当面対応する気はないよ」のです。実際この問題は未だにそのままでした。ホント、スクリプト組んでurl総当たりでファイルのリクエストしたらどうすんだろ??

その2
自分が作成したあるキーワードが、自分のプロフィールにあるurlでは正常に表示されない。
なお、ここで言う「キーワード」とは、こんなものです。
SNSでは興味のある趣味や好きな食べ物などの「キーワード」を登録出来ます。この機能により、同じ物事に興味がある人たち同士が知り合いやすくなります。例えばラーメンとかダイビングとか。

<結果>
問い合わせの結果、対応した形跡は見られました。が、今度はそのurlのページを開くと今度は「指定されたキーワードが見つかりません」と表示されました、むぅ。再度問い合わせ中です。

その3
友達のリンク申請を先日出しました。で、この相手からリンクの承認がされていないにもかかわらず、私の別の友達の「友達からの印象」ページ内の「友達の友達」リストに最初にリンク申請した人が表示されてしまっています。

「友達のリンク申請」ってのは、SNS内で人を検索して、実は実世界でも知り合いだったとかで、相互に友達である旨を表示したい際に相手の友達にお願いできるサービスです。で、片方から「友達のリンク申請」のお願いをしても片方が断れば、この2人が相互に友達であるような情報が表示されないはずです。が、ある条件下ではその情報が表示されてしまっていると言う問題です。
 ……うーんわかりにくい説明だな(笑)。でも、オープンなblogでもこの文章を書いている以上は詳細なurlは出せないんで仕方ないけど。

<結果>
いつもGREEをご利用いただきありがとうございます。
GREE ユーザーサポートでございます。

このたびはご不便をおかけして大変申し訳ありません。
また、ご連絡をいただきましてまことにありがとうございます。

問い合わせいただいている現象について
確認させていただきました。

順次対応させていただいておりますので、
正常に反映されるまで、しばらくお待ちくださいますよう
お願いします。

今後ともGREEをよろしくお願い申し上げます。
でも、これじゃ回避方法があるのかないのかが分からないので再度問い合わせましたけど。


 ま、今回の件でgreeに限らずmixiにも色々問題があると言うことを知りました。例えばこれ。ま、個人情報云々とはまたちょい別の問題ですけど。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0504/23/news005.html
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/column/ueno/33.html
この辺りは"mixi"、"不具合"で検索して調べてみて下さい。上記の問題は対応済みとのことですけど、根本対策ではないらしいです。

 今回色々調べてみたけど、所詮SNSも友達の紹介でしか入れないというフィルターがあってもそれがセキュリティやプライバシーを保証するものでは全くないと言うことを痛感させられました。
 SNSでは個人情報である本名をプロフィールに入れていた方が、確かに音信不通の知人と再会しやすいのは事実私も経験しています。でも、どこまで個人情報を垂れ流すかのさじ加減難しいですねぇ……。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30