-天気予報コム-

Flag counter

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

Windowsのサービスパック入手方法

 青年海外協力隊の隊員が赴任する国の多くがインターネットに接続出来ても速度があまり速くないというケースが多く見受けられます。このような環境でOSの修正パッチをダウンロードするにはかなり時間と通信代がかかってしまいます。
 ということで、WindowsXPのSP1およびSP2についてはネットでCDを注文して郵送してもらえば通信料金を削減できそうです。そのようなサービスを提供しているページのリンクを張りつつ、ジブチにちゃんと届くか実験をしてみたいと思います。
 SP2をさっき注文したら28日以内に着くと書いてました。ホントかなぁ。

http://www.microsoft.com/windowsxp/downloads/updates/sp2/cdorder/en_us/default.mspx

http://www.microsoft.com/windowsxp/sp2/default.mspx

http://www.microsoft.com/windowsxp/downloads/updates/sp1/ordercd.mspx

あ、これはDjibouti向けのサポート窓口だそうです。って、どこの国にあるんだろこの窓口。
http://www.microsoft.com/worldwide/phone/contact.aspx?country=Indian%20Ocean%20Islands

他の国に関してMicrosoftの窓口を探すのはここです。
http://www.microsoft.com/worldwide/

IP電話ソフトからFAX送信するハードウェア

 久々に面白いと思ったパソコン周辺機器を発見しました。

http://www.persol-jp.com/seihin/seihin/pbt001.html
ま、このPBT001、インターネット電話用USB電話コンバータと言うよく分からん名前です。
要は、パソコン上で動作するskype等のIP電話ソフト上で一般の加入電話の電話機が使える代物です。

しかし、単に通話が出来るだけだったらそんなに面白い代物ではありません。
実は、普通のFAXをこの機器に接続して、skype経由でFAXが送信できるらしいです。
つまり海外から日本にFAXを送らないといけない場合は通常国際電話でFAXを送るんでずいぶんコストがかかります。しかし、skype経由だったら、劇的に値段が安くなるわけです。
例えば、ジブチから日本国内だと直接国際電話で固定電話宛のFAXをすると600DF/分(日本円で約400円/分程度)だけど、skype経由だと約3円/分程度で済みます。

ただ、いくつか懸念事項はありますけど。
1つ目はskypeが動作保証してるわけじゃなく、独自にメーカーが検証してサポートツールを提供していると言うこと。つまり、skypeの仕様が変わればFAX送信が不可能になる可能性があるということです。

2つめはアナログ回線のダイヤルアップだと通信速度が遅いので、その上でFAXのデータはちゃんと問題なく送れるのか心配あるということです。

 ま、どっちにせよ「実験」と言うことで速攻買っちゃいました(笑)。衝動買いとも言いますな。
 一応口実としては、JICA事務所でFAX代を安くできないかなぁと調整員の方がぼやいていたので、勧めてみるためかな(笑)。ま、家からEMSでジブチに荷物を送ってもらうタイミングでなければ買ってなかったけど。

 そうそう、似たようなハードウェアがエバーグリーンで発売とのことです。これも気になるなぁ。同じようなことはできるのかなぁ。
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/9658.html
http://www.rakuten.co.jp/donya/573606/605110/

ジブチの隊員連絡所

 今度はジブチの隊員連絡所の様子を公開しちゃいます。
 先に言っておくと、今住処として与えられたアパルトモンよりずっと快適です。停電しても発電機があるからへっちゃらだし、なにより家だとエアコンは電気代を気にして使えないんで、ここぞとばかりに避暑に……もとい、快適な勉強空間を活用するためにしばしば訪れます。

まずは男性用寝室から。当時引っ越し前で使っていたのでちょっとごちゃごちゃしてるけど、普段はきれいです。任国外旅行や帰路変更でジブチに隊員が訪れた際もここに泊まれます。って言っても、今のとここの国に任国外とかで来れる派遣国はないんですけど(汗)。


連絡所男性用寝室

次は2Fの部屋です。あ、寝室も2Fでこの写真の部屋の向かいですけど。メールボックスとかがあってJICAからの書類はここに入れられます。本とか体重計とかいろいろあります。


2F部屋

トイレです。一見普通の日本のトイレっぽいですが、左のホースに注目。はい、イスラム式の手動ウオシュレットですな。ま、隊員連絡所のトイレだから、みんな紙で拭いてるようですけど。

トイレ

食堂です。冷蔵庫もあります。名前を書いてない食料は片付けられてしまいます。いつ開けたか分からない調味料がたくさんあります。でも、最近ジブチに来て賞味期限というのを気にしなくなりつつあるのは現地隊員化してきた証拠かも。

食堂

 コンロです。隊員連絡所暮らしのときはここでスパゲティを食って過ごしてました。ま、今でも昼食は大体パスタだけどね。ちなみに先日、先輩隊員がここでケーキを焼いてました。

食堂のコンロ

 シャワールームです。換気扇がないんでここだけ異常に蒸し暑いです。シャワーの出が悪いです。選択は外で出来るみたいだけど、蚊にかまれるのが嫌なんで、ここで手洗いしてました。

P4130661


 1Fの図書室です。電話もあってここでネットにも繋げます。ま、私費電話はちゃんと払わないとダメですが。

P4130668

 これは電話のコネクタです。フランスタイプのです。いまのとこ家などでも電話回線の極性が逆だったと言うことはないです。でも、最初はモデムセーバで確認しますけどね。

P4130669

 これはエアコンです。壁に電子レンジサイズの穴が開いててここにずぼっとエアコンを入れます。で、外から見ると、壁からエアコンのお尻がにょきっと出てきてる感じです。ちなみにこれだけ電圧が違ってます。370Vだったかな。感電に注意です。

P4130670

フランス滞在

 いまさらですが、ジブチに来る際中継地として寄った初めての外国おフランスのお写真をお公開します(←「お」を付けすぎ)。ちなみにフランスの感想などについての詳細は、日記に書いてますんでそちらもご覧下さい。
まずは、航空会社が無料で提供してくれたというらしいホテルシェラトンの窓からの風景です。
目の前飛行場でした。ま、空港の中にあるホテルだから当然ですけど。

ホテルの窓から飛行機が見えるぞ


 お次は、ホテル内装その1です。高級そうだけどTVは普通の代物でした。が、なんだかTV番組を見るサービスがリモコンでいろいろ操作するようになってたけど、相当ややこしい上、多くが追加料金が必要なものでした。基本料金高い上に、さらにぼるんですかいな?

内装その1(TV)

 次は、バスルームです。確かに高級感あふれるけど何かが足りない……。そう、排水溝。水が床に垂れたらどこから排出するんだろうと思いました。床に傾斜も付いてないから水は溜まったままだし。BAD Design賞があったら受賞間違いないですな。

内装その2(水はけの悪いバスルーム)

 次は空港内で買ったお菓子です。晩御飯を食べようとしたけど語学力に不安があったため、自販機のお菓子で済ませたのは内緒です。さらにこれ買うとき自販機のボタンの使い方分からなくてフランス人に助けてもらったんだよなぁ。あ、ちなみに1袋約1ユーロでした。量の割りにちょっと高めでした。ちなみに真ん中のお菓子はジブチでも見ました。さらに高かったですけど。


フランスのスナック菓子

一応フランスらしい建造物も入れておきます。エッフェル塔です。
……なわけない。凱旋門です。

凱旋門

 次は、有名なロンドンの2階建てバスです。
……はいこれも大嘘です。市内を回ってる観光バスです。当時極寒だったし、高かったので乗りませんでした。

パリ市内の観光バス

次は昔フランスがエジプトから貰ったと言うオベリスクです。これは本当です。よく人から分かりにくいうそをつくと言われますんで、一応強調しておきます。


オベリスク

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31